やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイプリルフール2013

今年も日本公式が頑張ってネタを仕込んだ様子


日本公式:パブリッシュ4XX1.4X1: アップデート情報
http://ultimaonline.jp/news.phtml?id=91156

 今年はなんと、待望のベンダーサーチ機能が追加された!

 ‥とはいっても、そこはエイプリルフールのジョーク。内容は早押しゲームだった
 いやでも、ゲームの上のほうの文章は頑張って考えた感がひしひしと伝わってくる。いいねボタンがあれば押してるね
 そして、ページの下には前にも見た気がするガチャゲームがあった。懐かしい


 さて、ベンダーサーチの早押しゲームだが、とりあえずヒントを書いておこう
 三問目の台詞はベンダーが実際に吐く台詞を選べばOK
 四問目は‥多分、旧3DクラかSAクラのベンダー画像かな
 五問目はルーン文字多分これでいけるはず
ルーン文字でVendor
 結局、総当りでいいんだけどね

 とりあえず、ベンダーサーチでスコア2万超えを目指して頑張ってみることにする 2万が最高っぽいので、19500超えを狙ってみたところ、以下の結果となった

20130401_ベンダーサーチの記録

 私にはこれが精一杯。皆さん頑張ってくだされ
スポンサーサイト

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

フィッシュパイはどこへ消えたのか

イエローバラクーダ

SSは本文となんの関係もありません。



 3/15あたりに、Pub80でスタックするようになったアイテムの数が1に減ってしまうという不具合が発生した
 加えて、同種のアイテムがスタックしない等の不具合も出ているようだ

参考:公式HP:魔法のフィッシュパイに関する問題について
http://ultimaonline.jp/news.phtml?id=91150


 スタックするはずのアイテムがスタックしないというのは、UOをやっていればよく遭遇する事象だろう。私の家にも海蛇の鱗やらオレンジの種など、同じ名前なのにちっともまとまってくれないアイテムがいくつかある
 しかし、今回発生したバグはそれらとは趣が異なる。なにせ、多数保管していたアイテムの数が問答無用で1つになってしまうというものだからだ。上記のリンクにも書かれている通り、これで減ってしまったアイテムが補償されることはない。忍耐に感謝されつつ、泣き寝入りとなる

 なぜこのような不具合が発生したか。それは単純に、スタック属性が解除されたからだ
 アイテム関連のオブジェクトにはスタック可能かどうかのプロパが設定されている。スタック可能オブジェクト同士が重なった場合に、正確にはスタック可能オブジェクトが同種のオブジェクトへドロップされた場合にスタック可能かどうかの判定があり、可能であればドロップ元のオブジェクトを消しつつ、ドロップ先のオブジェクトのスタック数をドロップ元のオブジェクトのスタック数だけ増やすという処理がなされている。スタックした時点で前のオブジェクトは消えているので、スタック属性が消されてしまえば、当然見えてるオブジェクトだけが残るのだ
 今回のバグは、Pub80で追加したスタック情報を消したことを引き金として、スタック不可と数情報の喪失という二種類のバグが発生したのであろう


 で、なぜスタック情報が消えたのか。これがさっぱりわからない。連日のラグによる巻き戻りに関係しているのだろうか
 Pub80が導入されたのはかなり前だ。去年の12月とかだったはず
 その後、スタック品に関しては問題も無く動いていたような気がするが、ここにきての情報喪失。鯖を変えた時にアイテム情報を移動し、その際に抜け落ちたのだろうか。仕組みがさっぱり見えてこない

 なぜそんなことを気にするのかと言うと、プレイヤー側でできる予防策がないかと考えているからである。私自身は魔法のフィッシュパイ屋やルーンの小枝(タリスマンチャージする奴)屋をやっているわけではないので、今回のバグの被害者ではない。だが、スタック品が減るという事象だけを見れば、いつ自身に降りかかってくるかわかったものではない。秘薬やらインゴットやらはそれなりに貯めている。宝石とかもあるし。明日はわが身と考えて対策を立てないわけにはいかない
 だが、私の考えうる唯一の対策は『直近のPubでスタックするようになったものは、スタックさせないで保管』という、消極的なものでしかない。困ったものだ


 Pub80はこれまでのバグを修正するためのパブリッシュとして入れられたが、それ以上に色々とバグを増やした悪名高きパブリッシュになってしまった。加えて最近はクラウド化によってなのかそうでないのか、やたらと鯖が落ちたりラグが発生している。長年の運用によりバグの少ない完成度の高いプログラムだったUOは5年くらい前の話で、最近のUOはバグとの戦いといった様相を呈している
 開発側もデバック要員の足りなさを意識し始めたようで、次のPub81はTCでの運用テストを長々と続けている。建前としてはユーザの意見を取り入れた仕様の策定となっているが、単に自分たちでデバックするのは無理との判断も過分にあると思われる。プレイヤー側もこれに応えて、是非TCを積極的に利用し、フィードバックを送っていただきたい
 Pub81で武器仕様変更する前に、Pub80とそれ以降に発生したバグとラグを直すのが先だろう、という文句は抑えていただきたい。ただでさえ予算も少なくまともな開発もできない状況で、それ以上にやりたい放題やっている開発をかかえたUOを支えるのは、プレイヤーの熱意なのだ

 

開発の悪口を書かないと決めた手前、『ふざけんな、EA!』という言葉を使わないよう、オブラートに包んだ言い回しをしてみたFibでした。

テーマ:Ultima Online - ジャンル:オンラインゲーム

ブログの引越し

FC2ブログ初記事は、引越しのご挨拶です。


 UOを始めてしばらくたった頃、gooブログでブログを書き始めた。
 当初はフェルナンドを主人公にして、冒険記を書く予定だった。だが、見事に挫折し更新は停滞した。ブログを書くよりUOをやってたほうが楽しかったのだから仕方ない。ネタになるようなプレイもできなかった。ブログは誰も見向きもされないまま放置された

 そして、UOプレイにもある程度慣れ、大和でいくらか知人もできた頃にブログは再開された。日常のプレイをそのまま書くスタイルだ。と言えば聞こえはよいが、つまるところ愚痴日記である
 誰も見ていないからといい気になって、色々なことを書いた。お陰でウザスレに晒されるくらいに名は売れた
 が、しかし当初の目的であったアフィでウハウハという私の目論見は崩れ去った。gooブログがアフィリエイトをするには課金しなければならない仕様であったからだ。ケチな私は月に500円払うことも躊躇われた。そして今日までgooブログでダラダラと愚痴を続けてきたのである

 だが、時代は変った
 400を超える記事を転送できるFC2ブログの引越しサービスを知り、私は飛びついた。とうとう求めていた環境が整ったのだ
 そんな訳で、今回の引越しと相成った訳である


 引っ越しを機会に、今後書いていく記事の内容も改めようと思う。具体的には以下の通りだ


・EMの悪口を書かない。特に大和EMの悪口を書かない

・メサンナの悪口を書かない

・ツールに関する話題を出さない

・課金アイテムにケチをつけない

・各種バグに対して愚痴を書かない


 八方美人になって全方位でゴマをすって、全てのUOプレイヤーに愛されるブログにする予定である



そんなブログ、誰も読まないだろうなと思うFibでした。

Wisp語に関する雑考


今回の記事は広義の解析行為を含む可能性がありますが、UOの規約に抵触するほどの内容・質ではないと考えております。



 先日、暇をもてあましてうおみんを見ていたら、おもしろいコミュニティを見つけた。その名もずばり、『wisp語録』というものだ
 コミュの内容はというと、UO内でWispが喋った瞬間のSSを撮り、それをひたすら記録し続けるというものだった。私が見た時点で投稿数は100くらい。世の中にはおかしなことをする人もいるものだと感心した

 Wispと言えば、UOでは手を出さなければ安全なモンスという認識だろうか。フィールド上にふよふよ浮いている、光ってるあれ。設定的には、異世界Xoriniaからの窓口だったか使者だったはず
 もっとも私にとってのwispは、トレハンのときにOLのHPを減らすのを手伝ってもらうための、扇動の第二ターゲットという認識だ
 ダンジョンの名前にもなったり、アーマゲドンの呪文を教えたりと大活躍のwispだが、その生態はあまり知られていない。というより、ほとんどわかっていない
 一応、UOの中の本にはwispについて書かれたものがある


Britannian Peacocks内のNPC本コーナー:ウィスプと話す Talking to Wisps By Yorick of Moonglow
ttp://home.att.ne.jp/gold/uo/uo/books/book_17.htm


 読み返してみたついでに上記のページ内にリンクのあったBritannian Bard Societyのページも見たところ、wispと話せるとかなんとかいう話が載っていた
 せっかくだから話してみようとファイア島を駆け回りwispを探したのだが、実際に話しかけてもなんの応答もなかった。街のNPCがコマンドを受け付けなくなった時点で、wispとの会話機能も無くなってしまったのかもしれない。黒岩ドロップでいくらか話せた時期もあったような気がするが、普通の会話をしてみたかっただけに残念でならない


 さて、そんなwispではあるが冒頭で紹介したうおみんの記事では、wispはいまなお元気良く喋くりまわっているようである。PC側からのアクションでは返答しないものの、自発的にはまだまだ喋るのだ
 では一体、彼らが何を喋っているのか。というより、wisp語とはどういう言葉なのかが気になった
 『ウィスプと話す』では、母音子はyだとかwcmlも母音だとか書かれていたが、しかし、それだけでwisp語録を読み解くことはできない。はてさて、どうしたものか


 で、探してみたところ、こんなページを見つけた


Moonglow Paradise:Wispについて
ttp://home.att.ne.jp/gold/konro/moopara/book/wisp.htm


 ここにもウィスプと話そうの原文が載っているが、注目すべきはその下。なんとウィスプの発言が542例も載っていた。なんつう暇人根性のある人だ
 また、サンプルの下にあるちょっとした考察も興味深い。同じ単語の繰り返しがほとんどないとか。ふむ


 これって、ランダムに文字列生成してるだけじゃね?


 そんな考えがふと頭をよぎった。もしそうであるなら、先人の苦労が水の泡だ。そうであって欲しくは無い。オークやリザードマンのように、一応はそれっぽく設定された意味ある言語をwispには喋っておいてもらいたい
 が、しかし一方で、500以上の台詞を当時開発元のOSIやギャリ夫さんがわざわざ設定するであろうか、という疑問も拭い去れない。wispの喋る言葉のパターン数が多すぎる。もし自分がゲームを作るとして、wispの台詞パターンをいくつ用意するだろう。多くて30くらいじゃなかろうか


 色々考えては見たが、それだけではなんともならないので、とりあえずサンプルを見ながらwisp語の規則性を探ってみた



Wisp語規則

・aeouを抜かした英字22文字及び『!』(エクスクラメーション)、『 』(半角空白)と『.』(ピリオド)を加えた合計25文字で構成される。

・文頭は必ず英大文字となる。
・文末は必ずピリオドないしはエクスクラメーションとなる。

・空白は連続しない。

・エクスクラメーションの直前は、必ず英文字となる。
・エクスクラメーションの直後は、空白ないしは文末となる。
 →xx!x といった単語は無い

・英大文字は文頭のみに出現する。
 →xxXx といった単語は無い


 なんとなく、英語の規則を踏襲した形になっている。というより、英語のわかる人が読みやすいようになっている。いや、もっと言えば単語の意味を無視した英語そのままだ
 また、サンプル内で一回に吐き出す文字列の文字数最小は4文字で、最大は61文字だった
 空白で区切ったものを単語とした場合の、ピリオドとエクスクラメーションを除いた単語の出現率は以下の通り

 1文字 28.9%
 2文字 29.0%
 3文字 31.0%
 4文字 5.4%
 5文字 5.6%
 6文字以上 0.0%



 見れば見るほど、『既存のNPCの吐く台詞テーブルから適当なものをチョイス→記号を除外して英字だけ抽出→全部小文字へ変換→乱数で換字処理→上記の出現率テーブルの乱数で区切ってピリオドかエクスクラメーション付与→文頭のみ大文字化』をやっているように思えてくる

 だがしかし、そうは問屋が卸さない。以下のグラフを見ていただきたい


 これはサンプル内で使用されている文字の使用数を文字ごとにグラフ化したものだ。青い棒が文字ごとの使用総数
 見ての通り、xの使用頻度が高いことがわかる。シャーロックホームズの踊る人形等で有名なシーザー暗号とかならば、これで『eはxに置換されたのだ!』とか言えるのだが、山の形が通常のアルファベットの使用頻度と合わないので、そう単純ではなさそうだ

 また、使用頻度200を超えるくらいの低使用頻度の文字のほうも気になる
 一つの文字を別の一つの文字に置換する単一換字処理であれば、そのまま他の文字に置き換わるので、英語でのアルファベットの使用頻度にそのまま当てはめていけばよい。しかし、グラフでは低使用頻度の文字が全て横並びになっている。普通、単換字暗号であればjqxzとかの低仕様頻度の文字はすぐわかるのだが、そう上手くはいかないようだ
 なので、単換字暗号のような処理であるならば、それに加えて50%くらいは英字22文字へランダム置換されていると見るべきだ

 おもしろいのは、文頭の文字だけをカウントした数字だ
 グラフの赤っぽい棒は見やすく数を10倍したものだが、これが総数とほぼ同じ形状をしている。つまり、文頭にくる文字と文中に存在する文字の使用比率が等しいという結果を示しているのだ。これは、もし適当な台詞からの抽出をしていたとしても、文頭からそのまま使用している訳ではないのである。途中から切って使っているのであろうか





 さて、そろそろ結論を書こう。結論は、お手上げだ
 そう、まったくわからん。私にはこのwispの喋る言葉がどうやって作られているのかまったくわからなかった。こうして私は、わけのわからない言葉を色々といじくりまわして時間を潰す、おかしな人たちの仲間入りをしてしまったのだ
 そしてあなたも、こうして訳の分からない文章を時間を割いて読む、おかしな人になったという訳である
 もし志ある人がいらっしゃるのであれば、是非このwispの謎に挑戦していただきたいものである



ソースコードを見ないで解くところに美学があると思うFibでした。

俺の大黒天がこんなにキショいわけがない


タイトルはたまたま見かけたツイートにインスパイアされたため



 さて、久々のUOである
 ここしばらくは、16日に一回ログインして、屋内花壇に植えたオレンジの植物から花びらを収穫しては、また種を植える日々が続いていた。植物の種類が何なのかすら知らない。酷い話だ
 そんないい加減な私のプレイスタイルなどお構い無しに、ブリタニアは元気に回っている。昨日あたりに発表のあったPub81の導入項目で本スレは今日も盛況のようだ。なんでも武器の振り速度やらSpMが変更されるらしい。リーフが隆盛を誇った時代も終わりになるのか、次はどんな武器が覇権を取るのか。楽しい談義が続いている
 変更内容は英語ならここ

米公式:Publish 81.0 Comes to TC1
ttp://uo.com/article/Publish-810-Comes-TC1

 日本語での検証はUO職人の部屋に載っていた。さすが職人、仕事がはやい


 で、当然といえば当然だが戦闘にあまり興味が無い、というかいまだに練成武具すらまともに作っていない私にとっては関係のない話なので、特にUOのログイン時間が増えることはなかった。が、面白くて本スレやらツイッターやらを久しぶりに覗いていたら、本日EMイベントがあるとの情報をキャチ。というか、大和でEMイベントが30分押しで開始されたというツイートをたまたま見かけたのだ。丁度良いので話のネタにと行って見た。今日はそのお話


 22:00過ぎ。ニジェのEMホール内に設置されたゲートをくぐった先は禅都の銀行前広場だった
 名前表示が大量に西側に見えたのでそちらへ行ってみる。すでに料理屋の中でEMの寸劇が始まっていた
 なんでも銀太郎という寿司職人見習いの男の師匠が行方不明になったとか。銀太郎は「これで俺が禅都一の寿司職人」とかなんとか言っている。なかなかに元気の良い若者のようだ
 それとは対照的に、師匠がいなくなって嘆く犬。寿司犬という名前だった。おいおいと泣いて普通に喋っていたが、そこは突っ込むところでは無さそうだ
 そんな様子を眺めながらEMサイトをチェック。話がどうなるのかを見守っていた

Setsubun Event 2013
ttp://yamato.uoem.net/?p=2708

 寿司犬曰く、師匠を探して色々歩き回ったとのこと。そして足取りは勇島へ続いていたとか。なら探しに行こうという話になり、なぜか犬が勇島へゲートを出す。かなり優秀な犬のようだ

 着いた先を道なりに行くと、寿司酢が道端に落ちていた。その後、卵やら海苔やら干瓢やらと、恵方巻の材料が道端に落ちている。どうやら最終的には恵方巻が配られるようだ
 また、しめじだったかの上にはモンバット姿の猿が乗っており、面白そうだからという理由で一行に加わった。その後、鬼に食べられそうな七面鳥に似たキジが加わり、キュウリを回収しつつ大陸の西端へ。船の渡し守にcrossと言えば先へ渡してくれるというキジの言葉で冒険者達は島へ渡った。色々混ざったりしているが、EMイベントはこのごった煮感を楽しむ作法らしいので、特に突っ込む点はない

 渡った先の島は、アリーナかなんかの施設が設置されていた。稼動しているのかどうかはわからなかったが
 そんな島の中ほどで鬼を発見。グラフィックもUOのoniだった。が、名前の後ろの職業表示が Legendary shushi chef だった。そう、この鬼こそ探していた銀太郎の師匠だったのだ
 驚愕の事実を受け止められない銀太郎。どんな姿になろうとも師匠は師匠だと喜ぶ寿司犬。一体、師匠になにがあったのか。その訳は鬼の姿の師匠の口から語られた

 師匠は元々鬼だった。しかし、人の姿に化けて寿司を握るようになった。禅都で店も出し、長い月日が経った。しかし、今年の節分で、大黒様が恵方巻をご所望されたそうだ。それも伝説の恵方巻だとか
 伝説の恵方巻は人の姿では作れぬ。強靭な肉体で巻いた寿司でなければならない。さらに、材料にはタコだかイカだか、とんでもない伝説の具材が必要だとかなんとか‥

 言ってるそばからおしりどん登場。辺りに悲鳴と怒号と断末魔が溢れる
 冒険者達が群がってなんとか討伐終了。具材を切り取ったとかなんとか言っていたら、つづいて金色の大黒様が登場。その姿はまごうことなきパロキモス。師匠が恵方巻を作り大黒様は満足。冒険者達もお相伴にあずかって賞味期限が10分くらいのマクラ大の恵方巻を貰ってその場で食した
 鬼に戻ってしまったので帰りづらいという師匠に、姿は変わっても師匠は師匠と説く寿司犬。こんな師匠は認めない、俺の師匠は人間だ、俺の師匠はどこだと叫ぶ銀太郎。彼らはゲートを開いて帰っていった。めでたしめでたし





 私はしらふだし、変な薬もやってないと断っておこう。こういう話だったんだから仕方が無い
 恐らく、もう少しは話がスムーズになるような台詞があったのだと思うが、キャラ被りやら中断やらで記憶から消えてしまった。さらに次に桜での開催も控えて時間が押していた。巻きで話を閉めたので尻切れ感が出てしまったと思われる。それでも、ちゃんと初めから真面目に参加していれば。筋の通った話になっているのだろう。多分

 そうそう、今回はEMイベント中に中断というハプニングがあった。鬼の師匠が大黒様について話しているときに、いきなり

「中断します」

 とか喋りだした。どこの台詞をトチったのかと思ったら素の言葉だった
 実はこの場所に来るまでの道中や、この会話中にもFへ通じる赤ゲートが頻繁に出されていた。EMはその度に入らないようにとチャットで注意していたのだが、あまりに目に余るということで中断になったのだろう
 中断するとその場にいたEMキャラ四体だったか五体が全部消えた。しばらく待つとEMローブのAsiantamさん登場。中断の説明と、次に赤ゲートを出したらイベント中止だと注意をした。ゲートを出していたっぽい人がもう出しませ〜んみたいな返事をしていたが、その人が消えて中断は終わった。EMによる操作かGMが後ろで支援してたのかは不明。イベント妨害は毎度のことだが、EMの人はお疲れ様


 クラウド化したという話だったのでクラがどのくらい耐えるか心配だったが、なんとか私の環境では2Dクラが落ちることは無かった。人は40人くらいはいただろうか。ただ、戦闘中に何度か落ちたという声はちらほら聞こえた。
 普段のプレイでもリコが異様に遅くなったりするという話は聞いている。クラウド化したのは鯖なのでクライアントには直接影響はないかもしれないが、パケットの遅延やら輻輳が発生するとクラ側にもいくらか影響は出る。比較的パケ待ちに強いSAクラでないとイベントは無理になったかとも思ったが、まだ2Dクラでもいけることがわかったのが今回のEMイベントの収穫と言えよう
 参加者、EMの皆さんお疲れ様



Pub81の仕様が固まっても新装備を作るのは春以降だろうな、とぼんやり考えているFibでした。
予約宿名人

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。