やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Inuの残した暗号


今日は昨日よりネタバレです。



 今日から新ターゲットシステムが実装された。なんだかわけの分からないターゲットアイコンやらステータスバーなど、見慣れないものが画面に表示されている。使い慣れないものはウザイだけ。四苦八苦してアイコン抑止のマクロを登録した。LastObjectなど一部のマクロも潰れていたので、全キャラのマクロを総チェックした。どうやら一度ログインしないと新マクロのファイルが作成されないようだ。面倒な作業と思いながら、とりあえず復旧を急いだ。いつかは新ターゲットシステムを有効に使ったマクロ配置にしたいが、とりあえずは現状維持でよしとしよう


 以前から行きたいと思っていた雀荘「もっちり荘」に行ってみた。もっちり荘は72gpのDuneさんが経営する雀荘で、なんでも人が少ないとか。UO内で麻雀する機会も少ないので、是非うってみようと足を運ぶ事にした
 21時丁度に行ってみたものの、誰一人いない。後で聞いた話によると開店は22時からだったようだ。寂しく待つのもアレだったので、新ターゲットシステムを色々試していた

 その後、ブリ銀酒場を開催する予定のレナルドに会う。宣伝本も配るそうで、気合が入っているようだ。ブリ銀活性化を目指す活動を、お宮は影ながら応援する事にしよう。あくまで応援するだけだが
 その後、もっちり荘→カフェ誤字とハシゴする。どちらも雀卓はあったのだがやる人がいなかった。カフェ誤字は初めて行ったが、周囲にブリガンドが沸くデンジャラスな酒場だった。機会があればまた行ってみることにしよう。店長の退院記念との事なのか、飲み代がタダだった


 そして話は本題に入る。昨日のInuの暗号である
 ここからもう、思いっきりネタバレになるので自分で考えたい人は見ないように


















 昨日は速攻で暗号を解いた人がいて、その結果からさらにInuに話を聞いて現地に向かった。向かった先はダスタ南の沼地。サベージが一杯いるNPC小屋の三軒目を色々探し回っていたのだ。結局収穫はなかったものの、一個だけ動かせないファーがあったので、どうやらそこが今後のGMイベントでのポイントになるようだ
 Inuからその場所のヒントを聞きだすための反応ワードは「yrigor」
 これを以下のヒントから導き出さなくてはならない

・ニジェルムと六つの言葉が重なっている
・六つの言葉は「k...w..y....b..c...e」
(注:昨日書いた言葉には一部誤りがあった

 実は「kwybce」が反応ワードになっており、問いかけると

イヌ「頭を柔らかくして考えな!」

 と返してくれる。ここまでは昨日わかっていた



 そして、ようやく自力で暗号を解く事に成功した
 自慢を含めてここで解説する事にする



【解き方】

 まず、アルファベットのAから順にナンバーをふる
  A=1,B=2,C=3...Z=26

 Nijelm及びkwyhceを、この対応する数字に直す
  Nijelm=14,21,10,5,12,13
  kwybce=11,23,25,2,3,5

 二つの列を足す
  25,44,35,7,15,18

 上記の数字をもう一回アルファベットに直す
 この時、26を上回る場合はA=27,B=28...とする

 で、yrigorというワードが出てくるのだ



 今回はかなり運がよかったおかけで解読に至った
 上記の解き方は良く見るパターンなのだが、正直面倒なので試してなかったのだ。その面倒な解き方を試してみるきっかけは、時間があったことと、暗号解読をする人達の姿を見た事
 カフェ誤字のあと、たまたまブリに戻ったところでInuを探す人がいた。スケートリンク近くにいるという言葉に従い行ってみるとDuneさん発見。で、他にもイベント好きが集まって暗号について話していたので、解いてみる気になったという訳
 色々な物事の運びで結果が変わる。GMイベントも努力しだいで結果が変わったら面白いだろうと考える今日この頃

 とにもかくにも、今日はいい夢が見れそうだ。
スポンサーサイト

侵攻イベント開始?


とうとうGMイベント到来のようです。



 いつもアドオンキャラで一日一回バルグを貰っているのだが、今日は久しぶりの大口がでた。皮鎧6つの20個もの‥


――― 服ブレス!?


 嬉々として家に持ち帰り、さっそくベンダー周り。いままで引いた大口はなぜかPSC120ばかり。ようやく待ちに待った実用性のある物が出たのだ
 で、狩りキャラにチェンジして皮集め。もう嬉しくって嬉しくって、どの服にブレスつけるかあれこれ考えながらウッシャーを倒し続けた


 やっぱ、無難に幸運ローブにつけるかな。それとも良品のバンダナ探してお宮の終身装備にしようかな


 妄想を膨らませながらなんとか皮を集め、嬉しい嬉しい裁縫タイム。皮鎧を鬼のように作ってはバルグ登録。全て作り終えたら大口に連結。そして急いでルナの裁縫屋にリコール
 とりあえず、もっかいバルグを貰ってみようとしても、時間が経ってないと断られる。しかし、こちらには完成大口があるのだ〜
 さあ、この手に服ブレスを!






 で、Hルニが一つ手に入りましたよっと



 詳しい人ならウッシャー君=S皮という事で気づいてるだろうが、思いっきり間違えてた‥‥orz
 なんかもう、脱力の極みでなにもやる気が起きない
 オスタ姿のお宮でブリ銀前に立ち尽くす
 今日はもうここを動かないつもり



 そのはずが、昨日までそこらをウロウロ徘徊していたInu婆さんが、興奮[overwrough]したご様子
 で、前は自分の名前に反応していたのに、もう反応しない。しかし、挨拶から始まる反応ワードはかなり長く続いた


イヌ「あんた馬鹿かね」

イヌ「なにいってんだ」

イヌ「役立たずってのはあんたの事だよ」

注)長いので意訳&省略


 で、連鎖を続けて喋っていくと、途中で止まってしまう。どうやらまだ設定が不十分のようだ。これまで米公式で出てた話やBNN系の話から察するに、どうやらニジェルムあたりで何かが起こりそうな感じだった。あと、イヌはツンデレだった
 とりあえずニジェルムに移動してそこらを探し回るが、当然ながらなにも無し。もう一回ブリ銀で話しかけるとさらに続きが出る
 ようやく連鎖ワードが出なくなるまで聞いたところ以下のような内容だった




・預言者イヌが未来を予知した
・イヌには、ニジェルムと六つの言葉が重なって見えた
・その六つの言葉は「k...w..y....h..c...e」


 ブリ銀前のInuに「hi」の挨拶から続く会話でわかります。お試しあれ


 で、暗号の方はさっぱりわからなかった
 しかし、世間にはこういう事に強い人もいるようで、さっそく暗号が解かれた。ここで書くと折角自分で解きたい人のネタバレになってしまうので、そういう人は、先にブリ銀前にいるInuに話しかけて見て欲しい


 で、○○○南の●●へ行ってきた
 銀行前からゲート出してくれた人がいたので便乗。しかし、私自身が暗号といたわけでもなく、どうやって解くのかもわからない為、なにを探していいかもわからない。さらに散々探したあるものも、結局見つからなかった。お宮は終始隠れながら、時々危なそうな人に回復を入れていた
 結論としては、怪しい場所は発見したのでどうやらイベント待ちのようだ
 イヌの長い言葉から暗号が出て、それを解読してイベントに繋げる‥‥なかなか凝ってるようだ。凝ってるといえば、overwroughの意味に「凝っている」というのもあるらしい。楽しませてくれそうな予感

 そんな訳で、これからしばらくは銀行前に張り付く日々が続きそうだ。願わくば早くも遅くもなく、イベントが開始される事を望む。あと、できれば参加できる時間帯にして欲しい‥



 今日は酒場ができていたり、最近大和ブリ銀前の活気がでてきた感があるのを横目に、いつもと変わりなくオスタで立ってるお宮でした。


PS.オウムに餌をあげたところ、暴言吐かれました。侵攻イベントの余波がここにも?(SS参照

エルウッドクエスト


ヘイブンにある酒場「アルバトロス」で飲んだくれているElwoodという男の頼みを聞くと、何か貰えるそうです。



 まだエルウッドクエストやってた。日曜だったかのPC酒場の待ち時間で一回受けた奴を、とりあえず完了させた。キャラが育っているおかげで、昔やった時よりもかなり簡単に一回のクエストが終わった。そして味をしめてしまった

 はじめは指定場所まで走っていたが、数をこなすとなるとルーンを焼いた方が便利。一回行った場所の名前が次々とルーンブックに入っていく。久しぶりに充実したUOをした気分だ





 いや、正直だるかった


 昨日から風邪気味なので、なんか面倒事を抱えてしまった気分
 クエの内容自体が簡単な流れ作業なのでTV見ながらダラダラやってた
 しかし、このクエストの本当の恐ろしさは、その単調作業ではなかったのだ




トリンシックの細工師「とりあえず、この四体のスケッチを持ってきてくれ」

お宮「あいあい。ゴキに沼ドラにジュカメイジとマミーか。OKOK」


 簡単に引き受けるお宮。もう9回目ともなると慣れっこだ
 とりあえずヘイブンにリコール。ここではゴキを連れている人が沢山いる
 沼ドラは跨っている人こそいれど連れている人は居ない。トリンシック近郊の沼地のルーンがあるので、わざわざ頼んで降りてもらうようなことはしない。頼む時間がもったいないのだ。エルウッドクエのプロはゴキは常に乗っており、ドラは厩舎に入れておくそうだ。お宮はそこまでやり込んでいないので、わりとモンスは適当に探している
 ゴキの次はジュカメイジ。イルの慈悲ゲートからひた走る。ブラックソーン城にはジュカ以外にもベトレイヤーやらジャガーノートなど色々いる。城の外からスケッチできるので楽勝だ
 そして次はマミー
 マミーは前に一回だけ依頼された時、マラスのピラミッド内部でルーンを焼いてる。なんの躊躇いもなくリコール

 この時、なぜピラミッドの外でルーンを焼かなかったのか、未だに後悔している



 お宮はピラミッド最上階(屋上から落ちて入る部屋)にリコールイン
 しかし、そこには骸骨と蝙蝠達が集団でお出迎え


お宮「なぜだぁああああああ」


 焦りながらインビジを唱えるも、その間にボコボコに殴られる。あぁ、詠唱可FC-1の釣竿が恨めしい。あともう少しという所で灰色の世界。なんという事だ

 で、気づく




―――出れない!?



 マラスのピラミッド。もしかしたらあるのかもしれないが、お宮は二回ほど探索して周ったものの屋上から落ちたら最後、このピラミッドに出口はなかったのだ
 お宮の装備は基本的に大した物はないのだが、今は決定的に不味いものがあった



 これまでやったエルウッドクエストの報酬=欠片8個



お宮「誰かぁああああああ」


 叫べど、こんな所に人など居ない
 仕方なくヘルプスタック使用。本当にここから出れないのだから使って問題ないだろう

 しかし、ここで迷うのがどの街に飛ぶか。ブリを選べばいいのに何故かトリンシックを選んでしまった。日ごろゲートを使っているので、ブリゲート=「ヒーラーまでとっても距離がある」という認識が植えつけられてしまっている
 マラスでヘルプスタック使ってもトランメルに飛べるとは思っていなかったので、そこでも焦りが助長されてしまったようだ。ともかくトリンシックにお宮の幽霊が移動した
 で、普段トリンシックなど使っていないのでヒーラーがどこかもわからない。街を幽霊で走りながらなんとかヒーラー小屋を見つける。大分時間をロスしてしまった
 生き返ったらすぐに自宅へリコ。ルーンブックのチャージはこういう時便利だ。自宅でF徘徊用の捨て秘薬100%装備を着込む。そして土エレを二体召還し、ゲートを開いて再度ピラミッドへ
 ピラミッドの内部では哀れなお宮の死体と、それを取り囲むスケルトン達
 こちらはインビジしてタゲを土エレが受けたところで死体回収。プレゼント箱に入れておいた欠片は無事だったようなので一安心
 速攻でその場を脱出。もうピラミッドに近づくのはやめておこう。そう誓いながら自宅で装備を元に戻すが‥


 服がない!
 鞄がない!
 鎧がない!



 なんか色々取られてました(ToT)

 一番痛かったのはST回復3秘薬低減17の鎧。オスタで走り回るお宮にとって、スタミナ回復は貴重なのだ。がっくりと膝をつき涙する
 そして足の装備も無くなっていた。あと、色々雑貨の入った鞄が無くなってた。あの中には椅子とか六文儀とか‥‥あー、今日のエスコートクエストとエルウッドクエストのお金も全部あの中だ。いままでやったエルウッドクエのモンススケッチもあの中に入れっぱなしだった。あぁぁぁ‥orz
 欠片8個よりお宮の着ていた袴下がルートされている事に気づき、この欠片の価値ってのはそんなものなのかと落胆もした

 全ロスとはまた違う、なんというか半ロスも凹む

 一応、もう一度ピラミッドに戻ってみたのだが気づくのが遅れたせいで、すでに土エレが全てのスケルトンを掃除し終わった後。跡形すら残っていないようだ。未練足らしくそこらを探して周るも、なにも残っていない。消えてしまった。こうなったらもう、お宮にはエルウッドクエを完了させるしか、残された道はない!

 やけっぱちで残り一周をこなし、ようやく欠片10個を集めきった(SS参照)

 で、スタチューを作る
 欠片をWクリして、出てきたターゲットアイコンを別の欠片に合わせると合体するらしい。どんどん合わせていくも、二個目以降大きさが変わらず微妙な感じ
 しかし、最後の欠片が合わさった瞬間に


 スタチューできた!


 真っ黒なそれは、まぎれもなく胸像でした


―――なんか趣味悪いような‥


 そして、よく見るとスタチューに名前がついている




 capricious adventurer(気紛れな冒険家)







 はい、もうその通りです





 なんとなく、名前がしっくりきてしまった。気まぐれと言われながらも冒険者として認めてくれたような、なんとも言えぬ達成感に満たされた。レアな名前とか狙いだすとキリがなさそうなので、これで満足しておこう




 そんなこんなで、またST回復付きの装備を探して歩き回らないといけなくなってしまった。
 こんな面倒な思いをするなら、瞑想でなくフォーカスを入れたほうがいいかもしれないと思うお宮でした

死にゲート


しにげーと 1 【死にゲート】

(1)モンスターが大量にいる場所へのゲート。通常、入ると即死する。
「―を出す」



 今日も色々あった

 まずはマゲPSC120購入。これで念願のレジェンダリーメイジになれる
 当然ながら、財産のほとんどがふっ飛んだ
 で、120に上げられる素養はできたのだが、お宮のスキル合計は既に700突破。しかし、一年垢なので705が上限。スキルの空きがない
 なので、どのスキルを下げるか、しばし思案に暮れる。ちなみに今のお宮のスキル構成はこんな感じ

忍者
ネクロ
マゲ
SW
ハイド
ステルス
瞑想

 一応7GMという素敵な響き。暇人です
 変身を維持するため上から3つは落とせない。というかマゲはこれから上げるのだ
 SWは変身マスターを維持するだけなら落としても平気。しかし魅了の呪文は魅力的。あんまり落としたくない
 ハイドはGMのままでステルスは落としてもいいかもしれない。75さえあればよさそうだ。でも、どっちも上げるのが非常に面倒だった。いまさら下げるのもなんか嫌だ。そうなると、瞑想になる

 んー

 やっぱいいか
 しばらくはアクセサリーでもつけてマゲ120にしときます。土エレ召還が失敗しなければそれでいい。称号はいらん。ちゅうか、死んでばっかでフェイムないので人に称号見せられないし






 あれ、お宮が食べるべきじゃなかった? ^_^;



 まぁ、食べちまったもんはしょうがない。また必要になったらお金貯めて買えばいいのだ。というか次は自分で取りに行ってみたい。いつか、遠いいつか。UOがサービス終了しそうなほど過疎が進んで、PSやる人がほとんどいなくなったら行ってみようじゃないか




 次、GMイベント。台風が来たらしい
 ちょっと銀行から離れてる隙にGMイベント発生。タイミング悪い
 IRCで場所を聞いてマジンシアゲート西へ急ぐ。すると大量の水エレと風エレを生み出しながら、青色の風エレ(台風)がガードと街のNPCと冒険者を巻き込んで驀進中。お宮も何度もタゲられ死亡。一発45〜120とかなり痛い。しかし、当然ながら保険などかけていないし、街のすぐ横。さらに近くには野良ヒーラーも大量に沸いているのでお宮にとっては楽なもの。死んだらすぐ蘇生してもらい、荷物回収→また死亡。これの繰り返し
 土エレアタックをかましても2撃で屠られるという、いつもながらの傍若無人なGMコントロール垢ネーム風エレ(台風)は、いつの間にやらマジンシア市内に上陸。そして少しずつ植樹された桜のあるお花見会場へと近づいていく
 ぶっちゃけ桜の木に変化あったほうが面白いなぁと思ってたら、案の定桜の花を吹き飛ばす風エレ。酷いものだ
 というか、あれは完全に防げるものなのだろうか
 攻撃してもHPバーがちっとも減らない、いつも通りの仕様なので、桜の花びらが散るのは予定されていた事のように思えてしまう。どんなにがんばっても結果が同じというのはイベントとしては最低だ。一本道シナリオはGMのオナニーとTRPGなら揶揄されよう。まさにそんな感じ。これまでのGMイベントでもおそらく進行表なんかがあって、その通りにやっていくのだろうが、そろそろこの手の虐殺モノもまんねり感がでてしまっているような気がする。それはある程度時間が経ってからでしか敵モンスのHPバーが下がらないからだ。出来レースは面白みに欠ける
 かといって、初めから敵NPC属性で出すとGMのコントロールが効かなくなると、どこかで聞いた様な気がする。この場合、タゲが固定されてしまうのでプレイヤー側が囲んで簡単に倒せてしまうのだろう。難しいところだ
 今回のイベントなら、はじめに「規定数の雑魚水エレを倒せばGMコントロール解除」などプレイヤー側にわかる条件を出していれば楽しかったかもしれない。目に見える条件に人は燃えるものだ。ま、なんだかんだ言って

 GMイベントあっただけまし

と考える事にします。いまだに来ないシャードもあるらしいし


 で、最後は酒場
 UO酒場のデッドローブは店長がしばらく不在なので代理がカウンターに立っている。あえて名前は伏せておく
 ブリ銀前で復帰したてと言ってた人をつれて酒場へ行ってみる。最初はまったり話していたのだが、誰かが店長代理にねとらじ放送してくれと頼んだ。私なのだが
 面倒そうで渋る店長代理であったが、そのサービス精神から「ヘイブンで灘さんがいたら捕まえて、いっしょにやる」という話の運びになった。灘さんは文化協会設立で有名な下ネタ作家。文芸大賞でお世話になったが、いつもは青熊被ってヘイブンに出没するらしい
 店長代理がヘイブンへリコールしようとした所

黒仮面「ヘイブンならゲート出すよ」

 よくある光景だった。自然だった。誰も疑いなどしなかった


客達「いってらっしゃーい」
黒仮面「いってらっしゃい」



ゲートに入る店長代理




黒仮面「地獄にいってらっしゃい」





お宮爆笑





 こんなに綺麗に決まった死にゲートは初めて見た。流石黒ゴ‥‥こっちの名前も伏せとこう


 予想通り、すぐにゲートの横にでる幽霊一体


 お宮また爆笑


 幽霊のうつむき加減って最高にシュール

 店長代理はかなりオカンムリだった。どうやら大事なアイテムをしこたま持っていたそうだ。酒場のマスターや待ったり系イベント主催が主な役回りだから、確かに色々持ってそう
 服はブレスつけてると思いきや中途半端に残ってた模様
 帽子と靴とネックレスだけでわめいていた(SS参照)
 この姿がもう、ツボに入りまくり
 人の不幸を笑うのは大変申し訳ないが、こればっかりは仕方ない

 ともかく装備回収をしない事には始まらない。黒仮面に場所を聞くと、蜘蛛城最深部らしい。あそこはヤバイ
 黒仮面がゲート出すもブロックとの事。なんとか別のルーン?からかゲートを出して、酒場の客達による遺品捜索を始める。アミさんがいて本当によかった
 ゲートの先は蜘蛛城でも沼地あたりだったので、本当の意味での死にゲートでなかった。本当の死にゲートなら黒閣下の目の前だろう
 回収したもののファンシーシャツをルートされた事で、袖なし店長代理はかなりやる気をなくしたようだ。ねとらじの話は流れてクダクダ解散。でも、今日のUOの中で一番輝いていたのは、店長代理、あんただ


 慰めにもならない言葉で閉めさせてもらいます。

週末UO三昧


色々やってました。




 週末は色々やったのでとり合えず列挙

・MFN主催ブリ銀前オークション見学
・カタツムリ亭(仮OPEN)訪問
・72gp市でお買い物
・ヘイブン酒場訪問


 んで、先にお宮とは別キャラの話


 今、DoomでAF取った戦士を一時的に下界に下ろしている
 Doomは一度行くとずっとそこにとどまる為、下界に下ろすというのは言いえて妙だ。どっちかというと、Doomが地獄なので「上界に戻す」の方が適切かもしれないが
 そして常駐し続けると当然鎧や武器の耐久が減ってしまう。通常ならそこらのパパの死体から適当なものを見繕って使えばいいのだが、やっぱりそれではARも低く、よく転がる羽目になる。なのでここいらで高AR&沼ドラ仕様にしてみようと画策したわけである。ついでに剣から弓へと攻撃手段も変えるつもり
 なので今はそこらのダンジョンで弓修行中。こっちが一方的にダメージ与えるだけというのは、かなり気分がいい。調子に乗ってイルシェナ探検に出たのだが、砂漠のジプシーキャンプ近くを通っている時にパラゴンインプに遭遇。倒しきれるかと思ったが、今一歩であえなく撃沈。ヘタレ全開である
 で、すぐにNPCに蘇生してもらったのだが、そこへ先ほどのパラインプ登場。レスキルの憂き目に会う
 20回ぐらいやられて、泣く泣くその場を逃げる。なんとか装備を回収できたのは不幸中の幸いか。武器にだけ保険かけてたので手痛い出費だ

 ともかく、これはリベンジしかない

 お宮で再ログイン。すぐに現場に走る
 案の定、でかい顔してテントの中に居座っている


―――なぜNPCに攻撃しなくて、こっちだけ狙うんだ?


 ジプシーはインプの仲間なのかと疑いたくなる
 ともかく土エレ召還→アタック

 しかし、インプはテントの上に逃げてしまって土エレはウロウロするばかり。さらに視線も通らない。インプはこっちを見てニヤニヤしている(していたと思う)



お宮「降りてこいやぁあああ!」


 さっきは人が生き返った瞬間に魔法ぶち込んだり、逃げようとしたら毒入れたりと、かなりねちっこくやられた。この恨み晴らさでおくべきか


 土エレ消して鍛冶屋の家にひっそりと隠れていた所、ようやくインプは安心したのかテントの屋根から下りてきた。そこを再度火エレ召還→アタック
 最後はお宮自身のマインドブラストを入れて、ようやく討伐完了

お宮「はぁああっはっはっは。正義は勝つ!」







 このように、UOは激弱でも十分楽しめる仕様になっています


 そして色々イベント参加

 まずはMFN主催ブリ銀前オークションで骨頭ゲット。抵抗高くて秘薬低減がついていたので、戦士には丁度いいだろう
 UOの頭装備は種類も多いので、秘薬低減付きを各種そろえたりしている。いつか使うだろうと、ほとんどセキュアの肥やしだが‥

 次はこのたび新規にOPENする運びとなったUO酒場のカタツムリ亭
 店長のMuteさんはUOはじめてまだ日が浅いらしい。全て自分の手作りでないと嫌だそうで、石の机を並べたかったらしいが今のところスモールテーブルが店に並んでいる。(SS参照) 学校の給食の時間を彷彿とさせるそれは、いつしかカタツムリ亭→カタツムリ学校へとその場を変容させていったのであった
 ともかく、酒場が繁盛する事を祈っていよう
 
 72gp市はいつも通り
 週間72gpがもしずっと続いたら、セキュアを圧迫してきそうで怖い
 あと、最近サイコロ運がない。どこに行った、サイコロの神様
 タイムセールは自腹切ってるという話だが、正直そんなに高価な商品はいらない気もする(個人的な意見)。わいわいサイコロ振って楽しむだけで私は満足。もちろん高額賞品目当てにくる人もいるので、無くすのは難しいが。負担にならない範囲で頑張って欲しい。あと、ランタンが溜まっているのではやく2つ目の城が欲しい

 今日はメリマに出ていたゲリラ酒場inヘイブンに行ってきた
 Lenaldが主催らしい。レナルドとはブリ銀前で最近よく話す。知り合いの少ないお宮にとっては貴重な話し相手だ
 (きっと客も少なくて泣いているだろうなぁ)と思って行って見たが



 誰もいない!(ToT)



 いや、時間間違えてました
 で、暇つぶしにエルウッドのクエストをやってみようと思い立つ
 エルウッドクエストとは、ヘイブンノ酒場にいる金持ちエルウッドの依頼をこなしてよくわからん破片をもらうというもの。破片をいくつだか集めると彫像になるらしい
 ヤングの頃一回だけやってみたのだが、当時は当然リコールなど使えず、延々走り回ってクエストを完了させた。そして貰ったのが破片一つ。さらにその破片がバックパックの中で迷子になってしまい


――― 二度と受けるかコンチキショー


 と、ぶち切れたいい思い出がある

 しかし、時は経ち今ではエスコートクエを10秒でこなすまでになった。リコ移動でちょちょいのちょいだと思い、再度エルウッドのわがままを聞いてやることにする



 で、レンボーパールが釣れなくてまたぶち切れると



 そんなこんなしていると酒場がOPEN
 当初はお宮しか客がいなかったものの、なんだかんだで結構人が来た
 酒場ではRPについて深く語ったりと有意義な時間がもてた



 酒場で話題になったのがRP。いわゆるロールプレイの話
 そこから今後のUOについて考えてみた

 UOではロールプレイをする人は少ない
 色々聞いてみたが、特に大和は少ないとの事。なんでも和鯖立ち上げ当初、戦闘系が大和に流れ、文化系が飛鳥に流れたそうな
 確かに飛鳥ではこの前作家同士の本の即売会があったとか。大和で作家活動は厳しそうだ
 ロールプレイにしても、定義が曖昧とのこと
 TRPGにおいてすら定義は曖昧な部分がある。というか、確立されていないのが現状だ
 キャラプレイや役割演技などの言葉も共通の認識としてあるかどうか疑問だ

 TRPGは衰退している。これは避けられない事実だ
 そしてその衰退の原因はキャラプレイによるゲーム性の破壊である、ととある一派が主張しており、賛否両論が展開されている。(それすら衰退しているかもしれない)
 で、UOはというと、ゲーム性が濃くなっているように思える。これはTRPG衰退を見てきた人間からすれば、繁栄の為の条件ともいうべき喜ばしい事だ
 しかし、現状においてUOのプレイ人口は低下している。数字はわからないが、Tの自宅近くに空き地が目立つようになって来たのだから、そういう事だろう
 MMO全体としては、プレイ人口は増えているように思う。各種サービスが増え、顧客の囲い込みも熾烈を極めている。それらのゲームには、いわゆる廃人仕様の過酷なノルマが課せられ、「クリア」を目的としてプレイする
 UOにはそうなって欲しくない。人が減るのは寂しいが、この箱庭的感覚がなくなってしまうのは寂しい限りだ
 過去に他のオンラインゲームに移ってからUOに戻ってくる人もいる。復帰組みの人の話を聞くと、
 「この何にもしなくてもいい感じがいい」
 という事だ
 重要なのは、「なにもしなくていい」ではなく「なにもしなくてもいい」という所だと思う

 ML導入で益々アイテムゲーに拍車がかかった感もあるが、エルフなど魅力的な素材も加わった。これらをいかに料理するかは、プレイヤーの手腕にかかっている。運営会社に全てをまかせて、口をあけてイベントを待つのではなく、プレイヤー自身がイベントを企画し積極的な活動を行うことこそ、今のUOに求められているのだ



以上、口をあけてイベントを待つお宮でした

飢餓


PSCのマゲ120が食べたくて食べたくて仕方ありません。




 雪の結晶の使用用途について考えてみた。以前のクリスマスプレゼントで配布された、アレだ
 なんとなくレアっぽくて取っておいてのだが、まったくもってセキュアの肥やしにしかなっていない。さりとて何か効果の出るアイテムでなし、単にブレスのついたゴミと化している
 これまで見たあの結晶の使用用途は三種類

・台座として植木鉢の下に引く
・魔方陣とスタチューで挟んで擬似噴水
・オーソドックスな巨大クリスマスツリーの飾り

 他にもあるだろうが、取り合えず覚えているのはこのぐらい。いずれも内装だ
 という訳でお宮もなんとか内装なるものをやってみようと、色々頑張ってみた



―――氷の結晶だから冷たいに違いない


 くそ暑いであろうお宮の自宅ヒスロス島では、きっと重宝されるものにちがいない
 というわけで椅子の上に設置してみた(SS参照)




 なんか、パーマあててるようだ‥


 さりとて、特に他に使い道も無いのでしばらくこのままとする

 そんな話は置いといて、今日はダイナマーケットの日
 今回も本を書いて売ってみる事にした
 しかし、これまでずっと舞台のイベントを見逃してきたので、今回はなるべく舞台を堪能する事を目的とする。なのでお店も舞台の近く

 しかし、お店の設営からしてうまくいかなかった。何度丸椅子を置いても座れない。しかたなくテーブルを前に置き立って販売。立っているとお辞儀しないといけないようなので面倒だ。お辞儀されるのはいいが、するのは面倒。なので本を売るたびに敬礼する、訳の分からない事をしていた
 そして肝心の舞台。最初は無声劇かと思っていたら、ちゃんと喋っていたようだ。見えていても舞台からある程度離れていると話し声が聞こえないらしい。あるいは視線が通っていなかったのか
 他にも、すぐ横で
 「マゲPSC120、大特価12000K」
 とか言ってる人がいる



 欲しぃー




 忍者として生まれてきたお宮だが、いまはすっかり魔法使い。いつかは伝説級の腕前になって、余裕の表情で土エレを召還したいものである。ちなみにあと二つ夢があり、一つは城に住む事。もう一つは徳のコンプリート。どちらも遠い先の話になりそうだ


 特価品を目の前に
 「PSC買います!」
 と言いたいところだが全財産はたいても無理なものは無理
 何気にトレハンキャラが地味に稼ぎ続けたお金がいくらかあるので、あと3000Kあれば即買いに走っているのだが‥

 そこへ、さらに行商人登場

 「緑リング5000Kで売ってください!」


 お、お

 緑リングはDOOMに篭って半年、ようやく出た初めてにして最後になるであろう唯一持っているAF
 噂によると次回の熟練度導入Pubで値段が上がりそうだというので、期待しながら待っていたのだ。ちなみに荷ラマあたりだと相場5000K

 で、ちょっと迷った結果、売り払う事に決定
 自分で使う事もないだろうし、とりあえず使いたい人が持ってた方がアイテムも喜ぶだろう。次のPubで値上がりしたら泣けばいいさ
 銀行と自宅を往復。7000Kの大金を持って大生会場に戻ってくる
 さっきの買い文句を言っていた人を探し、売る。これで12000K。一冊100gpで本を売っている人間が、なんでこんな大金を持っているのか甚だ疑問だ

 次に魔法120を売っていた人を探すが、見当たらず




 あれ‥‥^^;



 既に別の人と取引成立したのか、それとも売れなくて嫌気がさしたのかどこにもいない。というか名前覚えていなかったので、誰か売り文句を叫んでいないか会場中を走り回る‥‥‥いない

 どうやら先走ったようだ

 見れば舞台の方では稲川が怪談話を、路上ではUOHBのコンサートが佳境をむかえている。なんだか、また舞台そっちのけでカラ回りしてたようだ


 大生も無事終わり、手にした小切手だけが空しくバックパックを占領していた。あと、売れ残った本も結構あった。いつも20以上は売れているのだが、今回は15に満たないくらいだ。そういえば、ねとらじ放送で宣伝してもらったような気もする。買いに来てくれたのに不在で変えなかった人がもし仮にいたとしたら、本当に申し訳ない。売れ残りはベンダーに入れるので、探して欲しい
 真面目に商売していれば完売できたかと思うと、なんとも残念な結果になってしまった

 それでもPSCへの欲求は収まらず、とりあえずPSCベンダーを廻ってみる。ルナの城門出てすぐの(お店の名前知らない)でっかい高級デパートだと13600K。高い。さっき買えていればなぁと思いながら、とりあえず自宅に戻り死に装備に着替える。過疎った地域のベンダーなら安くおいてあるに違いないという予想の元、骨馬に乗ってFを走り回った。しかし、Fではベンダー自体が希少。まったくめぐり合えない
 その後、諦めてルナに戻ってくるも、高いPSCすら買われてしまって在庫がないようだった

 なんともはや

 一縷の望みを託して荷ラマを見てみる
 すると、あれだけ探したマゲ120が3人から売りに出ている。しかも一人は在庫2ときたもんだ。でも、あんまり売れてなさそう


 うーん


 理由がわからないので保留にした。冷静になる為に自宅に戻り頭と気持ちを抑える事にする。転売屋はやった事がないので相場などほとんどわからず。しかし、もし安く買えるならそれにこした事はない。なので待つ事にした
 貧乏性の人間は大金を手にしても、結局なにも買わず終い。そんな感じ
 はてさて、どうしたものか。椅子に座りしばらくボーっとしていた

 ボーっとするのはいい

 心が洗われる
 あくせくアイテムを求めて走り回るより、海を見ながら落ち着いて音楽聴いてたほうが何倍も有意義な気がしてきた






 あ、氷椅子、役にたった^^





 そんなこんなのお宮でした。明日は大生で宣伝してた新規酒場へ行くつもりです

出歯亀

白状するとネカマです。





 今日はとっても興味深い光景を見てしまった。恋人達の語らいである
 場所は伏せよう。時間も伏せよう。晒すのは酷いかもしれないが、でも言いたいのだ

 今日も今日とてエスコート。そろそろ慈悲の徳も3段階目に入るのではという頃合で、とりあえずお宮でログイン。それまで散々ぱら戦士キャラで狩りと散歩をつづけてそろそろ本日最後のエスコートをして落ちようとしていた
 貴族の溜まり場にリコールしてそこらを見回すと、普段めったに見ないのだがPCが二人。はて、こんな所に珍しい
 どうやら犬たちとじゃれあってるようだ
 しかしこっちはこっちでとり合えず貴族を物色。どっか行きたい奴を探していると、画面の片隅で二人の声が聞こえてくる

「もう‥」



 ん?



 気になる。非常に気になる
 と言うわけで出したゲートに貴族を連れて飛び込み、すぐにその場に戻ってくる。と、同時にハイド
 気にしてる二人なら一瞬こちらの名前が見えただろうが、どうやら気づいてないらしい
 とりあえず様子を見る


 女「もう、お別れなんだね」

 男「うん、そろそろ寝るよ」

 女「寂しいよー><」








 おぉおおおおおおおおおお(゜O゜)





 なんかもうアレ。UO=チャットソフト+αって感じだ
 二人の世界が出来てる。周囲3マス、見えないエネルギーフィールドが張られているかのようだ

 さっそく二人のプロフ拝見。男は大した事書いてないが、女は生産系らしい。衣装も凄い。あまり詳しくは書けないが、とにかく

 『ゲーム内でも僕達イケメンカップルです』

 的なオーラがかもし出されている(一部偏見あり)
 そして二人はそれから延々と別れを惜しみ、「落ちるね」→「うん」を繰り返す



お宮 (こっちは眠いんだから、早く終わってくれ)



 出歯亀ですいません。でも、こういう時のためにステハイ入れてるようなもんだし、しかたない。仕方ないのだ
 ともかくエンディングロールが終わるまで席は立たない派なので、最後まで見てやろうと腹をくくる







 20分経過







お宮 (落ちろ!落ちろ!さっさと落ちろ!)


 何度「くぁああああ」と狂声を上げながらオスタでその場を蹂躙したい衝動に駆られたかわからないが、ともかくようやく最後の最後の別れらしい




女「じゃ^^」

女「Kol Ort Por」

男「ちゅ」








   ザ・ワールド
   「 世 界 」








 そしてようやく時が動き出した時には、二人の姿はそこにはなかった
 オスタ姿のお宮は水面近くを飛ぶ鳥をゆっくりと目で追っていた



 ふと、脳裏にこんな言葉が浮かんだ

 「UOのネカマ率は120%です><」(某巨大掲示板より)

 もし、さっきの女キャラが‥‥いや、仮に‥‥だとすると‥




 プ ロ だ !



 あれはプロに間違いありません!そうです。UO上に女性プレイヤーはいません!
 いや、主婦はいるだろうけど(^^;

 そういえば男キャラの方はいかにもMLボス倒してブイブイ言わせてそうだったし、女キャラのほうは高級装備が目に付いた(純白布のアレンジが目に付いた)
 という訳で夢も希望もない底辺の人間の結論としては、先ほど見たものはプロの仕事だったと、そういう事だ
 いやー、すっかり騙されてしまった


 で、話は今日のブログの一番初めに戻る。フェルナンドの頃から読んでる人はいまさら言わなくても分かってると思うが、お宮はネカマキャラだ
 しかし、ネカマというと御幣があるかもしれない。リア男と聞かれれば当然と返すので別に隠してるわけでもない。一応ネトゲ上で取り立てて自分の性別を言う必要もないので自ら率先して主張はしないが
 現在手持ちのキャラは男3女3と半々。人間3エルフ3と種族も半々。もし仮にドワーフが入ったら2:2:2にするつもり。なるべく多くの種類をやってみたいのだ(複数垢はリアルケチなので嫌だ)
 TRPGやってたので女キャラを使うことに抵抗は微塵もない。RPもやってくれと言われればやる。ちょっとおかしくなるが、そこら辺はご愛嬌だ。相手がリアル男と分かっていても、女キャラに話しかける時はあくまで「女性に話しかける場合の話し方」にしている。ハック&スラッシュばかりだったD&D以降のTRPGは、基本演技をするのが普通だと思っている
 UOしかり。せっかくRPGやってるんだからロールプレイしたい。しかし、これまでUOをやってきて本格的なRPをやった事など皆無だ。今度そういう所に行ってみるのもいいかもしれない。ただし、お宮のような訳のわからんスキル構成じゃ門前払いかもしれないが

 さらにぶっちゃけると、このブログもかなり面倒。わざわざ読んでくださる人には申し訳ないが、お宮のキャラで書いているのと素で書いているのとごちゃごちゃになるので、なんか嫌だ。ですます口調とだである口調が混ざっているのも気持ち悪い。フェルナンドの頃のように冒険日記一色にしたほうがまだ書きやすいかもしれない。それになんとか女色を出そうと慣れない顔文字を連発するのもダルイ。UOで会話の語尾に「^^」とかwつけるのもダルイ。今度の大生で売る予定の小説書くのもダルイ(まだ書いてないのです)

 愚痴だらけで大変申し訳ない

 そもそも、このブログは忘れっぽい自分の脳みそ内の内容を外部記憶たるブログに保存する事が最大の目的なのだ。だからまぁ、適当に書いていた方がいいだろう なんとか面白いものを作って提供するという行為は決して嫌じゃないので、自分にできる範囲でなんとかやってきます。いつもながら小説落ちたらごめんなさいと先に謝っておく


 もしあの二人がそういうRPをしているのであれば、それはそれで奥深いなと現実逃避してみるお宮でした

カジノに挑戦


フェルッカブリ北の砂漠に程近い邸宅で、闇賭博が行われていました。


 カジノ@LEONに行ってきた。場所はフェルッカ。危険な匂いがプンプンした
 めりまで開始時間をチェックしていたものの少し遅刻。最初はTの同じ場所をうろうろしていたが、あまりにも人の気配が無いので再チェック→オフィスGMLからのルーンを頼ってなんとかカジノまでたどり着くことが出来た
 着いてみてもまだ始まってないとの事。少しずつ人が集まってくる。参加者は少なめ。やっぱりFだからだろうか。よくよく見れば客はほとんど同じギルドの人たち。身内イベントだったのだろうか
 ともかく小切手を握り締めて説明を聞く。そうそう、ここのカジノは結構掛け金が高い。なんと一回5K。場所柄お金は小切手でないと危険なのだろう。お宮が参加したUOでのギャンブルというと、レッドロブスターでやっている闘技場で最大1500gp。金の山を受け渡しするのは結構気楽にできるのだが、小切手となるとちょっと躊躇する。やはり金額がでかいからか
 参加者の人数が偏った場合は胴元のLEONさんがその分負担する事になる。ただし、この時人数の少ない側から超過分をさらに払うことで倍賭けできるのだ。みんな熱くなり、基本的にお客の中から倍賭けする人が現れるのが常だが


 最初は召還動物同士を戦わせるという、簡単なルール。召還前に賭けないといけないのでまったくの運頼みとなる


お宮「やっちまえーー」


お宮「白熊先生お願いします!」


お宮「なんだとぉおおお」




 結果:1勝5敗





 途中倍賭けも受けたので25Kが飛んでいった。(ToT)
 ギャンブルは身を崩すいい例になってしまいそうだ


 続いては対人戦。スタッフの都合がつかなかったのか、急遽ギルドGMLから臨時の人がきた。そして対戦相手は途中から観戦しにきた赤ネームのお客さんになった。なんとも急な話だ
 対人戦は掛け金が10Kとなる。本日のメインイベントとのこと
 しかし、お宮にとってはどちらも強そうとしか判断つかず、とりあえずお客さんに賭けた







 結果:お客さんの勝ち!




 花火を打ち上げて盛大に勝利の宣言。かなりいい勝負だったようで、一進一退の攻防だった。やっぱり人が戦う方が熱くなる

 なんだかんだで15Kスッてしまったが、イベント参加費と思って泣いて忘れよう。次こそは勝って帰りたいものである。また、カジノの集金や位置取り等、まだまだ改善の余地がありそうなので、今後に期待である



 来週も開催されるらしいのですが、果たして掛け金を捻出できるか微妙なお宮でした 

マジンシアに桜咲く


マジンシアに植樹された桜が満開になりました。


 先日めでたく規定数まで土が集まり、今日行ってみたらすでに満開だった
 しかし、集め終わった後の慰労会で燃え尽きたのか、すでに会場は人もほとんどおらず閑散としたもの。とりあえず記念に一枚SS撮ってきた


 今回のイベントで久しぶりに「武器を使って」狩りをした。基本的に土エレかEVだしてアタックを仕掛けるのがお宮の狩りのやり方。しかし、今回は違う


 弓使ってみました!(魔道武器)


 世間では弓が大流行だ。と言うわけでようやく弓なるものを使ってみる。強そうな弓を拾ったのでこの期を逃すわけにはいかないのだ
 だが、この前作ってみた経験上、自分で矢を用意するのは非常に面倒だと骨身にしみている。というわけで今回はラットマンアーチャーから拝借する事にした。慈悲ゲートから南にたむろしているネズミをぶち倒して矢を奪い、目指すはエクソダスダンジョンの南、へんな岩のかまくらがあるところ。溶岩地帯は火エレが、砂漠には風エレがいるのだが、ここには土エレ沸きスポットがあるのだ
 本当はTのデスパやシェイムの方がゲート出せて楽なのだが、あそこらへんは既に猛者たちの戦場なのでパス。当然ながら、なるべく他の人と重ならずに集めた方がいいからだ

 弓の使い心地はきわめて良好。これは結構癖になりそうだ。直接相手にダメージを当ててる!という感覚が新鮮だった

 結局のところ、集めたかずは1Kちょっと。休日はあんまりUOに入る時間がなかった
 しかし、初動では最下位だった大和がいつの間にやら二位まで浮上した。あんまり参加する人いないかと思っていたが、なんだかんだでみんなやる気になったようだ。そして急に集まった件については、さる有名な生産系HPの管理人さんが自身の大量に補完していた在庫を提供した結果だとうい噂が‥

 とてもじゃないが、土をあそこまで集める事はできない
 ガーデニングやる人がいっぱい持っているのだろうか


 ともあれ、お疲れ様でした

72GP市と大和文芸大賞


ギルド「72GP」は、毎週土曜日に市を開いています。



 先日土曜日の22時より、UO RADIO PLUSで72GPのぴのさんとらぶさんがゲスト出演していた。公開放送の会場はもちろん毎週市が開かれているニジェルムである

 72GPの方には、大変お世話になっている。まだUOを始めたばっかりの時、とりあえず全ロスしたら市で装備を買いなおすという事をしていた。1品72gpの激安値段は初心者にとって非常にありがたかった。初めに行ったキャラがお宮ではなかったので、結局いまでもそのトレハンキャラで通っている。当然人見知り全開なので、必要な用件以外は特に喋る事も無く、黙々と買い物をしている。おそらく、お店側の人にこちらを知っている人はいなさそうだ^^

 ラジオは当初22時開始だったのだが15分遅れた。なんだかバタバタしているようだ。そしていざ始まってみると、当然ながらいつもの72GPのノリで展開されるトーク。軽く電波チックだ。ネトラジの副題も「ファイア厨とネカマ」という、清清しいまでのDQNぶり

 毎週このノリを傍観しているせいか、まったく違和感無く聞いていたが、どうやらMCはかなり疲れていたようだ。そういえば夕霧さんはBBNNなどを「ボイチャの垂れ流し」と批判していたようだし、ある程度格式あるラジオを目指しているように思える。格式というと固くなってしまうが、いわゆる身内ネタだけにとどまらず、より多くのUOプレイヤー全体に対して有益となる情報を提供するというコンセプトを持っておられる、と勝手にお宮は想像している。土曜日の放送はとにかく「膨らまない話」「電波な発言」が多かった

 ちょー 面白かった

 しかし、あれでは72GPのイメージが下がったような気がしてならない(^^;
 もっとも、72GP市はその性質上あまり多数のお客が押し寄せても機能不全を起こしそうな危ういイベントだ。永田議員風に言うと「最大限守ってあげたい」ような感じ
 MCには苦労の多い結果となったが、これもいい経験。UOプレイヤーは暇してるヘイブン色キチから暴言ツーラー対人野郎、DOOM廃人、内装職人、ネカマ詐欺師。乞食ロールプレイヤーと多岐にわたる(一部偏ってます)。それぞれが素でやっているか演技でやっているかは置いといても、そんな多種多様な価値観を許容できるような、そんなラジオでいいと思う。放送後のMCの壊れっぷりも面白かった。放送自体は面白かったのだ。ただ、最後に気になる一言が‥



 いえ、土集めではありません。あれはお宮もちょこちょこがんばってます
 大和文芸大賞に関してです





MC 「組織票らしき‥」







お宮 「なにー」

 そして心の中では



 ―――― やっぱりか


 ずるいぞ!こっちもやればよかった!(ぉぃ
 というのはもちろん冗談。動員できる知り合いいないし(ToT)
 しかし、これでは泣く泣く入れたお宮の貴重な一票が無駄になってしまうではないか

 で、今日、表彰式に行ってきました。副賞はゆきさんの羊と林檎のお話。ほのぼの系なので票は入るだろう。というかお宮も入れたような気がする(投票箱ロスト前だけ。二回目投票はかなり厳選した)そして大賞は‥





 あれ、どんな話だったっけ?


 見た事のない題名だ。一応展示作品は全部読んだはずだが、覚えがない。これは作者に大変失礼な話だ。翼のない悪魔の話か蛇の話なら記憶に残っているが、題名までは覚えていない。どっちだったか気になり、受賞者のコメントを待っていると‥



大賞受賞者「‥まふぃん教は何年に日本を独立‥‥〜の教えを‥」











電波キターーーーー




 思わず2chチックに叫びそうになった。ヤバイ。最初はネタかと思ったが、あまりにも長すぎる。会場のどん引き具合がそれを加速させていく。ようやく終わった頃にはあまりの脱力でSS撮るのを忘れていたくらいだ


 しかし、よくよく会場を見渡してみると
 「怪しい連句会主催者」
 「語尾に音符をつける司会者」
 など、十分ここは怪しいところだった



 もしや、皆さん楽しんでらっしゃる‥‥?


 酷く場違いな気がしたが、なんとか最後までその場に踏みとどまった。どうやら私はこの会場に来るべきでなく、その資格もなかったようだ。表彰後の稲川さんの話は芸としていいもだったので、そこは良かった。また、今回読んだ作品でお宮が一番作品の完成度が高いと思ったピレミン(読み方あってるかな?)さんに、良かったと伝えられた事で満足した。表彰後はそそくさとその場を後にした





 さて、今回は二つのイタイ系イベントに参加した訳だが、一方は楽しむ事ができて、もう一方はどん引きした。これは何を意味するのか





 関係者であるかないか



 これだと思う。はたから見ている分には楽しいが、実際近くでやられると引く

 あと、ネタなのか真性なのかもはっきりさせて欲しい。ウケを狙って失敗したら逆切れくらいの事をしてくれないと、本気にとってしまう。そこら辺は社会の通念上、あってしかるべきだ。辛口コメントばっかりになってしまったが、土集めに疲れたのでもう寝ます



 投票した自分以外の4作品とも受賞にからなまかったので、どうやら自分の感性のほうが世間とずれているような気がしだしたお宮でした。

サクラサケ


マジンシアに植樹された桜がピンチだそうです。



 先日、ブリタニアイベント振興協会がマジンシアに植えた桜が、まったく咲く気配がないとの事。どうやら栄養不足らしい。マジンシアは海に囲まれた島なので、おそらく土の塩分濃度が高すぎるのであろう

詳細はこちら
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=86466


 という訳で『ふぇーろーでぇーとっ』(Fertile Dirt)を集めることになった。土エレとかが持ってるガーデニングで使うあれだ

 公式HPによれば一万個につき桜の木一本が満開になるらしい

 数えてみると植樹された桜は24本  →  24万個のダートが必要

 相変わらず容赦ない設定数だ
 あまりの数に飽きれていたところ、マジンシア集積所に顔見知りのヴァラドが来た。とりあえず聞いてみる



お宮「頼みがあるんだけど」

ヴァラド「はい?」

お宮「土240Kよろ」

ヴァラド「240Kって、日本円にしていくらぐらい?」 (なぜ日本円)

お宮「多分24万だ」 (多分ってなんだ)

ヴァラド「おっけ」


 OKが出たので安心して帰宅(SS参照)




 しかし、その後待てど暮らせど24万個溜まった様子はなし。しかたなく自分でも土集めに行ってきました
 最初はデスパB1に行ったのだが、当然人は多い。さっさと地下へ降りてオーガロードを拉致し、シェイムへ。しかし、ここも1Fは混んでいる。しかたなく3Fへ移動して狩り。ケチな性格が災いして土以外のGPや宝石類もルートしているので、あっというまにバックパックが一杯になってしまう。一、二回休憩をはさんで次はイルへ。エクソダスダンジョン手前の土エレスポットで狩っていた
 イルはパラゴンが出るので、お宮は当然、結構な数転がった
 
 途中から集計しなくなったが、おそらく初日は500くらい納品できたと思う。さっき見てみたら合計8000を超えていたので、色々がんばってくれている人もいるようだ。シャード一位は無理としても、満開の桜は拝んでみたいじゃないか
 なんだかんだでお金も結構貯まっているのでいい感じだ


 公式HPのエイプリルフールネタも好感触なお宮でした
予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。