やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずパラリラ

パラリラ 【parari-ra】
 UOの新仕様について自分勝手に妄想する事、またはその行為をする者。大抵の場合非現実的であり、自分の利益につながる仕様である事が多い。
 UO総合情報サイト:ウルティマオンラインパラリシャンの時事ネタ掲示板において、自分の求める仕様を熱く語る者達を嘲笑する言葉から派生。



 最近帰りも遅いので中々UOできない。すっかりバルクを貰うだけの生活に慣れてしまった
 今日は久しぶりに早く帰ってこれたのだが、特にやることもないので仕様について考えてみた。発端となったのはこのgame watch の記事


「ウルティマ オンライン 甦りし王国」プロデューサーインタビュー
「2Dクライアントは残したい」10年見守ってきたスタッフのこだわりとは?
ttp://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20070725/kri.htm


 普段何気なくログインしているブリタニアの世界だが、やはり裏には作り手や運用の仕事をしている人がいる。開発はEA本社経由になるわけで、EAJのPDはユーザの意見を伝えたり、イベントやサポートに力を入れることしか出来ない。具体的な仕様を決定する立場にない人が、それでも日本でのUOの発展に努力している様が文章から伝わってくるような気がする
 とは言ってもそれなりの立場なようだし、日本側からの意見も開発方針を決める重要な要素の一つくらいにはなるだろう。なので、これからのUOの発展を憂い、壮大なパラリらをやってみようと思う



1.生産品目拡大

 街中で目に付く大抵のものは生産者が作れるようにするべきである。大体、革鎧までつくれる技術者がとぐろ任せたロープ一つ作れないなんておかしい。無意味にレアリティのついた置物なんぞ不用。全部作れるようにすればいいのだ
 その際に、楽器などと同様、他のスキルが必要値まで必要などの関連付けを行えば様々なタイプの生産者が出来上がることだろう

 あと、向きは全てデコツールで回転でき、それがそのまま保存されるようにすべきだ。上記の仕様と合わせてプチレアやパッチレアなどが大打撃を受けるだろう。だがそれでいいじゃないか。当たり前に手に入りそうなものが当たり前に手に入る、それが元来ある姿だ

 また、是非造船もできるようにしてもらいたい。大工+釣りスキルあたりでいい。樽作成の込み入った版として100パーツくらいの壮大な組み合わせで作る船は、きっと愛着が持てることだろう。船頭はやっぱり雇うべきなのか


2.銘or刻印について

 金属箱に刻印できるのに武器に刻印するには長期褒賞が必要など、ありえない。また、GMになってようやく銘を入れる事ができるなど馬鹿げている。ツールの機能の一つに「刻印する」を追加して、刻印すれば1チャージ消費ぐらいでいい

 だいたい、GMにならないと銘が入らない、しかもキャラクターの名前のみというのが、「HappyBirthday」やら「MerryXmas」などの、通常ありえない名前が街中に見受けられる事態を引き起こしているのだ。スキル値が低ければ文字化けする可能性があるくらいで、刻印なり銘なりは簡単にできるようにすべきだ
 
 長期褒賞の武器刻印ツールがゴミになってしまうのは忍びないので、武器の色変更ツールあたりに変更すれば文句も出まい


3.モンスのドロップ品変更

 まず、GPは特定のモンス以外は落とさなくする。いわゆるモンハンの世界。毒蜘蛛を倒した死体から毎回決まってGPが出てくるのは不自然だ。
 それと、落とすアイテム数も減らし、落とすアイテムその物もモンスに合ったものに変更する。モンバットが持ち歩けるはずのないプレート胴を落とすなんて、訳の分からない事はなくなる

 GPを落とすモンスは、盗賊など一般的に持っていておかしくない者や、生前持っていたかもしれないアンデッドの一部(レイスなんかは持ってないだろう)、人間を丸ごと飲み込む大型のモンスやスライム、それに光物を集めるのが好きなドラゴン族くらいでいい。金が欲しけりゃドラゴンを狩りに行けばよいという、ファンタジーの原点に立ち戻るのだ

 あとは、リッチなら水晶をよく落とすなど、固有ドロップ品を落とすモンスをもう少し多くして欲しい。河童なら皿とか、くらだないものでもいい

 GPを落とさなくする代わりに、以下の仕様を追加する


4.マジック武器の買取

 現在マジック品をNPCベンダーに売ることができない。どう考えてもおかしい

 マジックプロパを計算し、適切な値段をつけてNPCベンダーは買い取るべきである。ノーマルブロードソードは買い取るのに、ダメージUPのプロパがついたブロードソードは買い取れないなど、不条理だ。プロパティにあわせた値段で買い取るようにすれば、モンスがGPを落とさなくともそれを売る事によってGPを稼げる。金だけ貯めて転送粉で銀行に送るという、現在のBOTウマウマ仕様の狩りとはおさらばだ
 モンスの落とす武具は上記仕様により0個40%、1個50%、2個10%くらいを想定している。落とすプロパとドロップ率を計算して、現状のドロップGPとほぼ同額の収入になるよう調整すべきだ

 普通に手動で狩りをしている人ならば、そこまで大変だとも思わないだろう。UOAにある袋指定の一括買取をUOKRクライアントに実装すれば、狩りの後にまとめて売却という、より冒険者っぽい世界になるではないか

 また、大抵のアイテムをNPCベンダーは買い取るべきである。上記の生産品目を増やす仕様と合わせて、よりアイテムがGPと密接にリンクすべきである。既存モンスが落とす宝石、革以外にも、上記のモンス固有ドロップ品なども上手い事組み合わせてドロップ額を調整して欲しい

 そこで登場するのがアイテム鑑定のスキルだ


5.武器学及びアイテム鑑定スキル復活

 全てのマジックプロパティは伏せられる。武器学で鑑定する事によってのみアイテムのプロパティが表示され、表示されているプロパティでのみアイテム鑑定によりNPC売却価格が判明する。中途半端なスキルでは、一部のプロパティは見えないままというのでもよい。何故、プロパティが誰でも見えるようになったのか不思議でならない



 1.3.4.及び5.の仕様によって、アイテム=換金できるものとなるため、MLで入れたにも関わらず誰もやろうとしない粗品バッグを貰えるクエストにも日の目があたることになるだろう。最も、クエストに関して言えば、より直接的に現金を報酬とする討伐クエストがあるべきだとは思う。モンスからドロップするGPを絞り、アイテムを集めて換金する流れができればブリタニアの世界から氾濫するゴミマジックが消えセキュア問題も解消されるのだ。プチレアなんかも、いつでも作れるようになればセキュアが空く




 そう、つまりこれらの仕様のほとんどは、私の家のセキュアを空ける為のものである




Doom帰りの戦士の銀行分空いたセキュアがみるみる埋まっていきそうなお宮でした。
スポンサーサイト

第14回黒ローブ狩り


逝ってきました。






 金曜日の夜は日付が回って帰宅。なので大和の海開きは参加できなかった
 仕方なく、本日20時より飛鳥のニジェルムで行われた海開きに参加。時間ギリギリでなんとか滑り込みセーフだった

 フィニガンは相変わらずだったが、どうもイベント自体の盛り上がりに欠ける感があったような気がする。バーカウンターに座ったまま遠目で見ていたが、人のざわめきとかがあんまり聞こえなかった。座っている位置が悪かったのだろうか
 市民のブーイングを物ともせず、フィニガンがテープカットをして無事イベント終了。海にはなぜか1ブロック砂浜が浮かんでいた。酷いバグだ。事前の確認などまったくやっていないのだろう。これぞGMイベントという、やっつけ感を満喫して大和に戻った


 そして今日の本命、黒ローブ狩りに参加した
 黒ローブ狩りとは大和ダイナマーケット運営でもおなじみの生ごるぁ組合が主催するイベント。黒いローブを求めて30分間殺し合いをするという、かなりアレな主旨なイベントである。詳しいルールはこちらを参照


生ごるぁ組合公式HP
ttp://nama.cside.com/


 前回はフェルナンドで参加したのだが、次こそお宮で参加したようと思っており、今回ようやくその機会が訪れた
 参加の条件の一つに「アイテムは一切所持しないで集合」というものがある。殺し合いの際には主催がランダムで用意したものを使うので、他のものを持ってるとマズイのだ。バックパックの中に100以上のアイテムがあるお宮にとって、この条件は結構厳しい。前回はこの条件によりフェルナンドで参加することにしたのだ

 しかし、今回はDoomから戻ってきた雑魚戦士がいる。こいつの銀行は結構空いていたはず。見てみると案の定、ヤングチケットと和服がちょこっと入っているだけだった。一気にセキュアが増えた訳である
 キャラ間での大掛かりなアイテム移動も完了し、どうにか自宅に130の空きストレージを確保する事が出来た。転送技で強引に取得しバックパックに張り付いたクエストアイテムもなんとか床に落とす事ができて一安心。お宮で参加できる体制が整った

 22時5分前にYewの家を出発。ムーンゲート目指してひた走る。素っ裸で走るのも妙な絵だ。知り合いに見られたらなんだと思われるのだろうか。ローブでも被ってルーンブックからムングロ銀行に飛べばよかったと今更ながらに後悔。しかし、奔り出した以上止まるわけにはいかない。ムーンゲートをくぐってムーングロウの地に降り立った
 銀行につくまで人には会わなかった。やはり過疎の影響だろうか。土曜のこの時間にムングロ前に人がいないというのは寂しいものだ。ブリ銀前ですら過疎っているから仕方の無いことかもしれない。そんな事を考えながら集合場所に走りこむ。既に参加者らしき人が一人、主催の生ごるぁ組合員もいた。裸の連中の間にいると、一人浮いているわけでもないのでなんとなく安心できる。真っ裸、みんなで脱げば、怖くない

 3,4人集まったところで生ごるぁタワー屋上に移動。前に見たとおりの会場がそこにあった。ここでこれから凄惨な殺し合いが始まるのだ。血が滾る
 参加者7人の予定が飛び入りが結構来て、結局13人。大人数でのゲーム開始となった。諸注意を聞いてアイテム配布を受け、いざバトル開始

 初めにお宮が貰ったアイテムはsummon creature(例によってスペル適当)の巻物2つ
一回目は召還スペースが無くて失敗。貴重な戦力を無駄にした。二回目の詠唱で大蠍を呼び出す事に成功。今思えば名前を変えて遊べたなぁとも思えるが、その時はともかく急いでKILL命令を出した
 スコーピオンはよい働きをして、ほどなくローブGET。そしてすぐに死亡

 このゲーム、とにかく死にまくる。ローブを着ている=鬼 なので、1対12の戦闘を強いられるわけである。どんなに頑張っても2分はもたない。今回はハイド、ステルス、霊話は禁止なので隠れる事も出来ない。あっという間に毒が回り、弓が刺さり、雷を落とされてHPバーが真っ赤になる

 もし、ガチで戦闘特化キャラにしたらそれなりに持つかもしれない。配布されるアイテムには大抵ワンドがあるので、とりあえずワンドと素手を伝説まで上げておく。毒もなるべく喰らわないようにレジを伝説へ。おそらく武士本などは配布されないため、見切りは使えない。盾もそうそう入手できないだろうから武士と受け流しは不要。ハサミが無いので包帯も作れない。他に、マジック関係のアイテムを有効に使うにはマゲとEIが必要になる。武器のダメージを上げる為に戦術もありだろう結果、

棍棒
格闘
魔法
EI
レジ
戦術

 これらを伝説まで上げているキャラなら、かなりの鬼っぷりを見せてくれるのではなかろうか。ステータスはSTR120,DEX40,INT90あたりまで欲しい


 そこまでやっても、30秒持たないのが黒ローブ狩りではあるがw


 そう、理不尽な集団攻撃の前には個人の力など無力。そして死して屍を晒すのがこのイベントの醍醐味なのだ
 お宮も5,6回はローブを着たのだが、長くて1分持ってないと思う。嘲笑の台詞を打つために立ち止まるだけで瀕死。やっぱりSayマクロを組んでおくべきだった


 なんやかんやで楽しい30分が終了。今回の優勝者は、前日イベントを知って急遽大和にキャラを作ってHP120まで育て上げたジョンマトリックスさん。名前は昨日の夜に放送していた映画から取ったそうな。執念の勝利だ
 セクシー賞はアレなリョウヘイさん。何がアレなのかはアレなのでわからない
 特別賞はベンヌさん。ねとらじのMCやってる人だったはず。番組名はUltimaOnlineBBだったかな。キモ声でさらに音量がめちゃデカイのが有名


 この黒ローブ狩り、やってみないと楽しさは伝わらないので、参加者は是非日記ブログなりで宣伝して欲しいという組長の意向により、今日ここに書く次第である
 実際、やってみればかなり面白いと思うので、興味のある人は次の機会に参加してみてはいかがか。参加する場合は上記生ごるぁ組合HPのBBSで参加表明して欲しいとの事。人数把握が出来ないと配布アイテムが足りなくなる恐れがあるとか。今回も飛び入りが多くて主催者はかなり焦っていたらしい。多い分には用意したアイテムは次回に回せるだろうから、参加出来るかどうかはっきりしない時は、とりあえずその旨書いておいたほうがいいだろう
 ただ、次が何時になるかはわかっていない


 次は72gp市の話
 0時丁度に終わり、すぐにキャラを変えて72gp市に行った。ローブ狩りの会場からも誘導ゲートが出ていたが、市は違うキャラで参加しているのでお宮はムングロ宿屋に放置した。今週もなんとか間に合った
 タイムセールは久しぶりのノーマルサイコロによるぞろ目出し
 ディーラーサイコロに慣れた客達は、あっという間に6種類のぞろ目を出してしまった。やはり36分の1の確率など、もはや物足りなくなっているのか。客は確実に成長している

 二回戦はしりとりをしながら振るルールになった。「り」攻め「る」攻めに苦労しながらとりあえず一つぞろ目を出した。新規ぞろ目なのでランタンゲットならず。賞品は‥‥かなり高いであろう物。あんまり書くと72gp市に人が雪崩込んで運営できなくなりそうなので書かないが、やはり賞品にはかなりばらつきがあるようだ
 しりとりは皆苦戦して、どうにかこうにか終了。結構時間がかかったが、普通のサイコロにしりとりを合わせれば、時間的に丁度いいかもしれない。タイムセールはだいたい0時30分から30分くらいかけて行われている。今回は1回戦が10分、2回戦が終わったのが1時15分だったので、しりとりサイコロは理想のスタイルかもしれない。これが定番化すると頭がさび付いているお宮にとっては結構辛いものがある。時々は頭を使わないと本当に止まってしまいそうなので、それはそれで良いが

 市も終わりUOを終了したものの、何か忘れていると思ったらお宮を忘れていた。ゲーム中に奪った革鎧を着ていたので素っ裸ではないが、とりあえず人を警戒しながら自宅に走って帰った。やっぱりルーンブックを銀行に入れておけばよかった


ふと気がついたらマゲがとうとう伝説になっていたお宮でした。ゲートエスコーターが伝説のメイジ。これぞスキルの無駄遣いだ。

第19回大和ダイナマーケット

間に合ったような間に合わなかったような。





 SSも無しに日記書くなよ
 と、怒られそうな日々の記録をつけよう。昨日はダイナマの日だった

 木曜の夜はなんだかんだで5時くらいまでかかって本を書いていた。私のUO小説の書き方は、一回テキストにおこしてそれをUO本にコピペするというもの。この方法だとUO本の改行がかなりおかしな事になるので、コピペ後に色々整形しないといけない
 木曜のうちにコピペまで終え、金曜のダイナマ前に整形&書写で増刷を予定していたのだが、帰って来たらもう22時。とりあえずトリにリコると、丁度赤ごるぁことグリッツさんが開会宣言をするところだった。舞台はGMのミスか何もなく、原っぱに色布やら花が置かれて代用されていた。ここの運営も大変そうだ

 開会宣言後すぐにブリに行き空本を購入。まだ誤字チェックも整形もしていなかったがしょうがないと、三巻の本をコピーした
 どうにか売れる形までもっていき、トリに戻ってテーブルと椅子を運営から借りて街を走る。今回は西側通路が開いていたのでそこで売り出した

 お馴染みな人やら他鯖やらの観光の人など、結構売れたような気がする。前回の話がよかったよというお客さんもいたが、それは先々月の話だったりしたのもご愛嬌。なんとか今月も乗り切れたようだ
 バックナンバーが欲しいと言う人のために、自宅の座標をうおみんに晒す事にした。どうせ本には色々書いているから、隠す必要もないだろう。しかし、ただルーンを渡しても面白くない。私もルーンを貰うだけだとそれで満足してしまう節がある。なので自分で現地まで探しに来て欲しいという願いを込めて、座標だけ見せるのだ

 本の在庫が半分ほどはけたところで馬上槍試合が始まった。これはPC酒場血祭城で毎週行われている賭け試合の出張版との事。1位の賞品が1Mだとか。それでも参加者が定員16人に対して13人しか集まっていないとか、みんなどれだけ金持ちなんだ。小説売りがなくて、武器スキルが80以上のキャラがいたら、確実に出ていただけに、惜しい事をしたもんだ。弓を抜いてメイスを鍛え始めたうちの雑魚戦士は、まだたしか60にも満たないくらいのスキル値だったはず。こんな事なら真面目にダスタでも行って修行しておくんだったよ

 試合が始まると同時だったか、その前からか、ねとらじが始まった。たしか「だいなまでぐだぐだ」という、以前にも見たようなタイトルだった。色々やっていたみたいだが、やはり賭けがないとつまらない。適当にそこらの人と握ってればよかったのだが、手持ちが本の売上金しかないのでどうしようもない。大人しく観戦していたら、あっという間に0時近くになっていた

 試合終了後に残りの本を売りぬけ、赤ごるぁに誘われて来週の黒ローブ狩りにも参戦する事になった。黒ローブ狩りは参加するときに素っ裸にならなければならない男の競技。次こそお宮で参戦したいのだが、あいかわらずバックパックの中に100以上のアイテムが詰まっているので、それらの一時置き場が確保できないと辛そうだ。今週末で少しアイテムを整理するべきだろう。セキュアの肥やしになっている内装アイテムもそろそろ捨て時という事だろうか


そんなこんなで今週は終了。週末は久しぶりにUOがいっぱい出来そうで、何をしようか考えながら何もしないであろうお宮でした。

もう時間が無い

明日のダイナマに書く小説がまだ半分
でも遊んでる


山遠く 北都の桜 夢幻楼 いつも明日かと 観ずは酷 

2007七夕


日付は変わってしまいましたが、昨日は七夕でした。







 一週間、結局たいしてログインできなかった。白豚作成は順調に遅れている。きっとSAが出る頃にはなんとかなっているだろうと思う



 今日は銀行前でボーっとしていたところ、珍しくホヤさんに会った。七夕イベントのNPCは設置された時に一通り見たが、今日になって配置が換わったとの情報を受け、実際に行ってみた

 光の橋まで走っていくと、見知った人がちらほら。アルタイルとベガ?だっけかな、七夕NPCのお二人が宇宙の上で熱い逢瀬をしているのを、じっと見守っていた。どう見ても野次馬

 お宮も野次馬の列に加わる。NPCの名前を呼んだりhiとか声をかけると反応した。前回の「会いたくても会えない〜」とか言ってた台詞から「会えてよかった」的なものに変わっていた。どうやらハッピーエンドのようだ

 光の橋を作ったという妖精Pieも見に行く事になった。実はここでお宮はKRクラを起動している。光の橋は以前にSSを撮っていたのだが、その場にいる人達のPDも見てみたかったのだ。見てみると、割とみんな凛々しい顔つきになっていた。お宮もまぁOKな感じ。エルフの一人だけはOUTだと思ったが、あえて口にはださなかった。これからも2D派が主流だろうし、敢えて指摘するほどの事もなかろう。3Dクラと一緒で仕方の無い事なのだ

 そして、ウッドゴーレムだったか変な木人間のPieに会いに行ったところが今回のSS。マス目で分かりにくいバックパックからどうにか忍者本を探し、やっとの事でオスタ変身したお宮が映っている。小さくてわかりにくいかもしれないが、尻尾がやたらと長い。もうオスタは鳥ではなく、爬虫類という認識でよいかもしれない
 KRでは土エレなんかもやたらと体が大きくなる。どっかにぶつかってそうだ


 その後の流れで、久しぶりにカタツムリ亭に行った。酒場に行くのも久しぶりだ
 KRクラのまま行ったので歩くのも一苦労。ようやく座ってあたりを見回すと、なんとも不思議な感じがした
 とりあえずそこらの人のPDを見てみたが、一つ非常に気になった事がある



 眼 鏡 が ヤ バ イ



 2Dのファッション感覚で眼鏡をつけていると、明らかにおかしくなる
 酒場には二人眼鏡をかけている人がいたが、どちらも結構ヤバ目だった。どちらかというと可愛げのある格好を目指しているネカマの人(名前は出さない)は、もうなんか、どこの田舎のイタイ子だと言わんばかりの姿だった。可哀想だ
 ハリポタ風になるので、きっとそれに合わせた服にすれば、どうにか見えるようになるのだろう
 あと、忍者変身していたバーテンはPDに姿が映らなかった。透明人間になるようだ

 カタツムリ亭では恒例になっているビンゴ大会が開催された。お宮は実は初参加。1〜50の番号を5×5の25マス中に被り無く任意に埋めていく。参加者はリアルでビンゴカードを作って自己申告らしい。お宮はエクセルで代用し、一応証拠として数字の配置をうおみんにUPしておいた

1戦目
 1〜25の数字を上から順番に入れた。とてもやる気の無いように見えるが、確率上なんら不利なところはない。むしろ、司会のお手製ビンゴという事らしいので、連番の方が当たりやすいのではないかと予想した

 結果、見事一位

 正確には同率一位。劇団風の新団長がまったく同じ配置だったっぽい。あんたも面倒臭がり屋か

2戦目
 被るのも良くないので26から50までの数列をちょこちょこ改変。折角の七夕なので真ん中にきた38の数字を7に変更した
 ところがどっこい、28、33、38、43、48の縦列が司会によってコールされた。ジンクスなんて追うんじゃなかったー

 と思ったら7が出て、また一位

 おいしいところを持って行ってしまった様だ。ビギナーズラックという事だろう


 優勝賞品にもらったオウムの餌を、何を間違えたかメロンだと思ってバグバグ食べてしまった。一個残ったところで気がついた。よっぽど腹が減っていたのだろう



 12時になったのでカタツムリ亭を途中退場。キャラを変えてニジェルムに行った
 72gp市は、今日も店員が少なかった。今日は3人だっただろうか
 割といいものが出ていたのでちょこちょこ買った。服ブレスDeedの元が72gpで手に入るなら安いもんだ
 先週はやたらとサイコロを振った気がするが、今週はクイズだった。1問目を間違えて残念賞のランタンを貰うつもりが、ひっかけで正解してしまった。結局、最終戦で敗れて何も貰えず。来週に期待しよう

 家に戻って気がついたが、実はランタン10個そろっていた。なので急遽戻ってノーマルから金に交換してもらった。これでゴールドが3個目。ゴールド10個で緑になるらしい。その緑を10個集めると‥‥いや多分、数的に無理だろう。カタ屋みたいなもんだと思って集めている
 (カタ屋を知らない人は適当に流してください)



そんなこんなで今週のUOは終了。明日の日曜は多分出かけているのでUOはできない。いつになったら戦士育成が終わるのか、いまだに分からないお宮でした。


PS.
本スレ1000章イベントに参加したい

白豚作成中

特に書くこともございません。




 ギルマスのお使いも兼ねて、ようやく雑魚弓をDoomから下界へ降ろした。いったい何ヶ月ぶりの帰郷だろうか
 元は戦士だったがDoomを楽に回ることに特化されたそいつは、もはや武士の誇りもなにもかも全てを捨てていた


 ハズだったが、クリプレや数々の『ゴミ』ブレス品を携えての帰還となった。お陰でセキュアがアップアップ。ギルマスをせっついてギルドハウスに新規のセキュアを確保。ようやく荷物が片付いた
 そして念願の‥‥と言う訳でもないが、とりあえず時代に追いつこうという涙ぐましい努力で白豚作成を開始。といっても既にタクアナはGM。それになぜかネクロもGMという育ちきった戦士だったので、弓だけ抜いてメイスを上げる事にした。ニューヘイブンで新クエ受けてポコポコとゾンビやスケルトンを殴っていたら、あっという間に50到達。その後はあてども無くブリタニアを放浪し、そこらのハーピーやオークに挑んでいた

 不毛だ

 と言う訳で、これまであまり入っていなかった背徳ダンジョン巡りでもしてみようと思う。シェイムの深いところとかあんまし行った記憶がないので良い機会だと思う


 ところで白豚用装備だが、得物がようやく決まった。ヘイブン爆破の少し前にSL一派と思しきトレーダーに黒岩を横流してもらったアガパイトルニック。これを一本使い潰して作ったDメイスである。強度とかは神と呼ばれる武器よりも一段低いが、組み合わせはよさそうなのでしばらくはこれを使ってみようと思う。ギルマスはゴールドルニックを大枚はたいて買って使い潰したらしいので、無駄にならなかっただけでも儲けものだろう。うん、折角生産人もいることだし、使わないと損だ


 そんなこんなで今週も、人並のUOの楽しみ方を今更やってみようという挑戦は続く




 あと、そろそろ時期も過ぎたようなので張っておく。こういうのを作る暇がまた欲しい物だ
ttp://jimaku.in/w/TjCXdlPQraI/kx__SEP_adc



以上、来月のダイナマに向けてネタ出しに精を出すお宮でした。
予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。