やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

討伐



 ここ最近、生産に凝っている。数多く作る生産品は全て戦士用の防具だ。
 とっても特に何に使うわけでもない。ただ、自分の戦士キャラクターに着せるだけ。強敵を倒す事にまったく関心を示さない私は、いわば車を買っても乗らずに眺めているタイプの人間だろう。
 それでも、狙ったプロパがついた時の嬉しさは病みつきになる。ブロンズルニを貰ってはしばき、Hルニを貰ってはしばき、そしてとうとうセキュアの片隅に眠っていた虎の子のBルニまで引っ張り出して使ってしまった。お陰で我が家のベンダーには有象無象の夢のカケラが詰まる事になった。

『売れないものを持たせないでください』

 もし喋れたら、うちのベンダーはきっとこう言うに違いない。


 その甲斐あって、なんとかマナコス装備が揃いつつあった。あとは毒抵抗の高い胴さえ作れば‥というところで、突然ギルマスからのメッセが入った。

『あと、Irkとワカメ』

 分かる人には分かるだろうが、そんな人は多分極少数だと思うので解説せねばなるまい。
 まず、Irk。これはイルシェナのドレッドダンジョンに生息する黄色い妖精である。こいつはドレッドダンジョンのボス討伐をするために必要な鍵をドロップする中ボスで、非常に強い。PCに化けたりもする。
 次にワカメ。恐らくこれはドレッドダンジョン奥の砂漠に沸くThorny Briarの事だ。これもボス討伐に必要な鍵。つまり


『既にドレッドホースを倒す為の鍵を集め始めており、残りはIrkの出す脳みそとワカメだけ集めれば全て鍵は揃う。揃ったらボス討伐をするから、すぐに集合せよ』

 というギルド内の通達事項であるわけだ。ギルド内といってもアクトのあるのは私とギルマスくらいなので、通達というより単なるお誘い。IRCでなくメッセというのがそれをよく表している。

 私は準備が出来たら行くと言いつつネットサーフィンを楽しんだ。そしてその後は遅い夕食をとった。特製BLTサンドは非常に美味であった
 さて、そろそろUOにログインしてマナコス装備の胴でも作るかと思ったところでまたもメッセージが来た。


『揃った』


 どうやら3時間くらいかけて、必死に鍵を集めていたらしい。とても私には真似できない強い執念を感じた。
 と、同時になぜそれほどまでしてボス討伐をやる必要があるのかという疑問がふつふつと沸いて来た。

 ギルマスはここのところ私をよくボス討伐に誘ってくる。それはエプロンの取得がギルマスの目標であるとの予想から、特に疑問には思っていなかった。だが、話をきくに、今回は私が白豚を出すようにとのお達し。はて、確実に倒すのであればギルマスがメインでこちらが補助をしたほうが確実なのに。そういえば前にも何度かこちらから白豚を出して欲しいとの要請があった。私はたいしてPスキルもなく、転がり続けるのが当たり前と言うくらいの『下手くそ』だ。私が白豚を出した時は大抵失敗している。成功したのは一回くらいか。それでもなお彼は私に戦士を出して欲しいらしい。サポートの包帯キャラで出るとまで言ってくれた。

 なぜだ
 エプロンの取得が目的であれば、ギルマスがメイン、私がサポートに徹した方が確実だ。ギルマスはソロでもなんとか討伐を成功させるだけの力量がある。私は万一の時の蘇生係くらいでいいはずだ。もちろん一緒に行った時は回復なりなんなりをしているが。
 倒せるかどうかもわからない人間をメインにする彼の意図が図りかねた。


 考えた末に思い至った。これはギルマスなりの私へのサービスなのだ。
 まずはっきり言っておく必要があるが、私はボス討伐が嫌いだ。ハンパなキャラで行っても簡単に転がされるし、頑張って育てたキャラで行っても転がされて保険金ががっぽり取られる。そう、まだ私のPスキルはボス討伐をする段階ではないのだ。そして、ボス討伐自体が時間はかかるし実入りは少ない。なにより同じ動作を一定時間続けるのは苦痛でしかない。
 しかし、ギルマスは違うのであろう。ギルマスにとってボス討伐とは挑戦であり、討伐成功の折には達成感を得ているはずだ。そしてその喜びを私にも味あわせてあげようという心遣いなのだ。


 正直、迷惑とし‥‥いやいや、なんともありがたい。その気持ちだけで十分なのだが、いかんせん既に鍵は集まったとのことなので仕方なく準備を進めた。
 Hルニを使いガンガンとリーフ胴を縫った。毒抵抗の高いものがなんとかできた。次に、いつの間にか在庫がなくなっていたAPBをこしらえた。POTも必要かと思ったが、じれて自宅に押しかけてきたギルマスがGHにあるものを使って良いと言う。至れり尽くせりだ。



 結果から先に言うと討伐は失敗した。
 私は名誉を取る事に失敗するという致命的なミスを冒し、ダメージの少なさからマナの枯渇、そしてフェイントを繰り出せずに連激をくらい憤死というパターンを繰り返した。ギルマスは必死に包帯を巻いてくれるのだが、いかんせん一撃が重すぎて回復が間に合わない。死んで蘇生される度の秘薬低減-18%腕輪に頼るヴァンプ化は非常に苦労した。

 なかなか討伐の進まない状態で、鍵待ちをしている人達にはまたしても迷惑をかけた。最初こそ『わざと時間かけているんじゃないか』と勘ぐられたのか、蘇生中にドレッドのタゲをとって引っ張りまわされもしたが(そのためにまたも死んだが)、最後は鍵入れ場所近くでドレッドを固定し、蘇生を安全に行えるよう配慮してもらったりもした。
 しかし、そうやって戦っていくうちに、段々と戦闘が楽しくなっていった。次はああしてみよう、こうしてみようという工夫を重ね、それがうまく行ったり行かなかったり。訳も分からず転がされるのはつまらないが、訳が分かって転がされるのは面白い。ここに来て、遅まきながらの戦士への目覚めである。

 携行したPOTも使い切り、最後のアタックも失敗した。私の白豚が死んだ後はネクパラ構成のギルマスが果敢にも一人でドレッドにアタックを仕掛けたが、やはり炎に焼かれて死んだ。二人して順番待ちをしているギャラリーに幽霊で頭を下げて退場した。イルシェナのミーア村北に立ち尽くす二体の幽霊。



ギルマス「出るとき、ギャラリーにお辞儀したでしょ」

Fib「うん。したした」

ギルマス「向こうも全員、下馬してお辞儀返してくれてた(T T)」

Fib「マジかwwwww」


 恐らく鍵待ちをしている人達はちんたらやっている私達を疎ましく思っていたに違いない。あるいは呆れていたか。ともすれば「ふざけているのか」と怒られそうなパフォーマンスではあったが、こちらの行動に対して向こうはわざわざ反応を示してくれた。お辞儀を返してくれた人達は画面の向こう側で苦笑しているに違いない。私はそう確信した。そしてそれが嬉しかった。
 献身アンクまでギルマスとかけっこをする間も、私はニヤニヤしていた。ギルマスにとっては失敗だったかもしれないが、私にとっては最後の最後で『成功』になった。

 次にやるときは、鍵集めから自分でやってみるつもりだ。もっともその前に金閣下くらいを安定して倒せるくらい操作を身につけておかなければならないが。既にできる人には簡単であろう一連の動作は、未熟者の私にとってはまだまだ難しい。今回も色々マクロを押し間違えていたりしている。リベンジするときまでになんとかしなくてはならない。マクロも組みなおそう。
 ともあれ、今日、私はボス討伐を好きになった。




-------------ここまで

 長々とどうも
 さわやか文章を書いてみようという試み、いかがだったかな。普段は意識して文章の最後の『。』とかつけないで書いているのだが、今回はつけてみた。これで少しは印象がかわるのではないかなと思ってだが

 実は、昔作ったサイトを読み直す機会があった。このブログを書き始めるよりずっと前の過去の遺物だ。UOと全然関係ないものなのでここでは内容には触れないが、その文章が結構面白かった。自分で書いておいて言うのもなんだが、若さというか勢いがあった
 そして、その流れでこのブログの当初の記事も読み返してみることにしたわけだ。そしたらまぁ、酷いこと酷いこと

 このブログ、当初はフェルナンドオンリーのキャラクター視点の日記のような形だったが、いかんせんネタも技術も足りてない。アフリでお小遣い!を狙ってダメになる典型的な例だ。アフリ登録しなくて本当によかった
 放置のあとはお宮の日常&イベント報告が続くが、これも初めの方は丁寧語を使っていて、いま読むとキモい。多分、中身男とハッキリさせないようにして書いてたんだと思う。ネカマ詐欺でもやるつもりだったのだろうか。セコいのう
 そのあとはずっと、こんな適当な話が続いている

 そんな訳で、たまには真面目そうな日記も書いてみようかなと思ったのが、今回の日記の趣旨。もちろんノンフィクション。シリアスとは程遠いが、こういった中の人の感情の変移も書いたほうが、読んでる人も楽しいのではないかと思い実験的にやってみた。なんとなく後悔してるが、反省はしない
 今後もこうやって適当に書いていくつもりなので、よろしゅうご贔屓に



初めて自キャラのイラストを描いてもらったら、人間でなくオスタだったFibでなくお宮でした。
スポンサーサイト

コンパニオンフェアと第33回大和ダイナマーケット


混みすぎ&空きすぎ




 土曜日は基本的にイベントが多い。平日より週末のほうが人があつまるのだから当然と言えば当然。そして9/20(土)のイベントはやたらと多かった


 ‥‥うおみんのイベント告知に慣れてしまって自分ではメモしてないからわからんが、とにかく多かったハズ
 大和では月に一度のダイナマが開催され、それに加えて、年に一回?のコンパニオンフェアまで開催された。どうみてもイベントの潰しあい


 とりあえずどっちもチラ見するつもりでまずは22時スタートのダイナマへ行った
 いつもどおりユッピーが歌ってたようだが、私がトリンシックへついたのは22時一分前。最後のサビを聞いて終了。ほどなく組長が姿を表しダイナマスタートとなった。しかし、やはり人がいない
 出店も常連組みが2,3店といったところ。これではマーケットと呼ぶのもおこがましい。フェアもハシゴするつもりで出店の予定は無かったが、これは適当になにか売ったほうがよさそうな状況に思えた。枯れ木も山の賑わいだ

 で、そんなダイナマを見捨ててコンパニオンフェアも見に行った
 ニューヘイブンの銀行前から誘導布が敷かれ、戦士トレーナーの集まる砦の屋上に会場が設営されてされているのがわかった。開始10分くらいのところで会場についたが、こっちは鬼のように混んでいる。やっぱり人はこっちに流れたようだ
 花で装飾された舞台の上ではコンパニオンっぽい人がプログラムを紹介していた。どうやら大和では一部が寸劇で二部がフルーツバスケットらしい。なんか去年も見た気がしたのでパスすることにした。というか、人が多すぎて処理が重く、思うように動けなくなった。人込みを掻き分けて銀行前へ通じるはずの白いムーンゲートに入るも動作せず。リコでなんとか脱出した。PCが唸っていた

 もうニューヘイブンに行く気力はなくなったのでこっからはダイナマに集中。とりあえず家に余っていた高価そうなものを引っつかんで会場に戻った。会場はと言うと、SSのような状況。この差はなんなんだ

 とりあえず舞台でマリオとしゃべっていたら、少し人が集まってきた。マリオは神出鬼没の芸人で、昔はよくブリ銀前とかで見かけていた。私がブリ銀前に行かなくなったのでいまはどうかわからない。こっちは向こうを覚えているが、向こうが覚えているかどうかはわからない。昔、カビ熊さんが夕霧と名乗りブラクソン城の横で酒場をやっていた頃にマリオの引越しネタを観たことがあるが、それ以来私は彼を買っている。3Dクラのサービス終了か、はたまたバグか、UOAでできた様々なモーションが使えなくなったのは彼にとって大打撃だったらしい。十八番の1upができなくなってかなり落ち込んでいた。モーション芸人復活のためにも、はやいとこモーションの追加をして欲しいものだ

 マリオとそれから組長の寸劇で少し人が来た。ここぞとばかりに商売開始。以前は相場が分からなかったテンプラ粉を今回も売った。在庫はあまりなく4つ。一つ20Kで売ったらあっという間に売り切れた。そりゃそうか

 80Kという大金を何に使うか迷ったが、出店がないので結局使わず終い。久しぶりにしゃおさんからカラーヒヨコという名前の蛙を買って遊んでいた
 他にも見知った顔が割といた。ここのところUOで話す機会はほとんどなかっただけに、やはりダイナマに来て正解だなと思った。もっともPC酒場なり銀行前などに行けば大抵会えるのだが。出不精はいかんね

 閉会式では主催の組長から開催日時と開催場所の変更があるやもしれんてな話があった。詳しくは来月に報告できるかもということで、とりあえず10月も第三土曜のトリンシックでOKらしい。うっかりすると忘れてしまうので注意しておかねば
 それから大和文化祭がちらっと話題に出た。毎年やっているが、今年はどうなってるとかの動きをまったく知らない。もう準備をしてないと間に合わない時期だろうが、果たして今年は委員会が発足しているのだろうか。とりあえずLBRのルンパニは文化祭がなくても単独で決行するらしい。あの時間のかかるイベントというかイライラ地獄はむしろ文化祭とは別にやってもらいたい(いつも相当あそこで時間をくう)のだが、ともかく開催は決定らしいので一安心。今年も泣きながらリコを唱えることになるだろう


 ダイナマが終わったのが23時40分過ぎで、なんだかんだですぐに日付も変わりそうな時間になっていた。コンパニオンフェアにまた行く気はなかったのでそのまま72gp市へ行った
 今週のタイムセールもサイコロ振りだったがやたらと人が多く、既出目のゾロ目は一回しか出なかった。しかし、それで十分。とうとうランタンが100個貯まった
 知らない人のために解説‥‥といっても、大和の72gp市に来る予定の無い人にはどうでもいい話だが、ともかく解説しよう

 72gp市は大和で行われるギルド72gpが主催するマーケットイベント。ニジェルム銀行横の広場で毎週土曜日24時(日曜0時)から一時間くらいやっている。地面に商品を置いて、客はそれを好きなだけ拾い個数を店員に申告。個数に応じた金額を払うシステムである。商品はどれでも1つ72gp。品揃えは週によってまちまちだが、大抵良い。値段の割には品質の良いものも(良すぎるものも)あるので、初心者や他鯖から遊びに来た人には重宝する場所だ。私はいまでも重宝している

 そんな72gp市の名物イベントがタイムセール。0:30くらいから始まり、サイコロゲームや○×クイズなんかをやっている。基本的に運に頼るものなのでスキルや知識がなくてもまったく問題ない。○×といっても、今日の司会の晩御飯を当てるとか、その程度のもの。ゲームに勝つと賞品を貰えるのだが、その賞品の中に残念賞として司会の銘の入ったランタンが含まれる。これこそマニア垂涎の人気アイテム。10個集めると違う色のランタンに換えてくれるというカタ屋システムがその人気の秘密だと思われる

 で、毎週タイムセールに参加してはちまちま集め続けたランタンだったが、このほどようやく100個集まったわけである。正確にはレア色9個にノーマル色10個だが
 多分、知らない人から見ればただ銘の入ったランタンだろうが、私にとっては数少ないUOの中の宝物となった。私は引退した友人の銘の入った装備などは持ってないが、そういうものを大切に銀行にしまっている人の気持ちがようやく分かった
 いまは家の壁にロックして飾ってあるランタンだが、多分UOを離れる時は銀行にしまうか、手に持ってログアウトするだろう

 いや、だから辞めないけどさ


 その後はギルマスとふらりドレッド討伐の旅に出かけたが、返り討ちにあって二人して幽霊で帰ってきた。常連ぽい人達が回してる途中に割り込む形になったが、やたらと時間をかけつつボスそのまま放置という酷い結果になって申し訳ない。初めに名誉取れなかったのが痛かった。まだまだ精進の足りなさに身を焦がしているが、いつかはどうにかしたいと思う。とりあえずポーションを使ってみる方向でなんとかしたいが、果たしてどうなることやら


3年目過ぎても進歩の少ないFibでした。ってか、前より操作の腕が落ちてるようなのは気のせいにしておきたい
 

シーアフェア2008


一年に一度くらいあるシーアフェアを見てきました。





 2008/09/13(土) 22:00より、Izumoのデルシア広場でシーアフェアが開催された。当日は各街の銀行横に緑のムーンゲートが設置され、多くの人を集めていた
 とりあえず全鯖にお散歩キャラは用意していたつもりだったが、IzumoのFibは魔法がどうにかリコ100%成功になるくらいで他はまったく延びていない、まさにイベント参加くらいしかしていないキャラだった。去年のゴルモア三回目復活祭りに参加した様子でなぜかサベージのコスプレをしていたが、気にせずそのまま会場入り。なんとなく浮いていた

 会場は前月あたりからちょこちょこGMイベントによって作られていた模様。ほぼノータッチでBNNの内容くらいしかしらないが、白を基調とした華やかでいて落ち着いた会場だった。カスタマ下手な私から見ると、これだけ作るのにどれくらいの苦労が必要かわからない。よくやったもんだ
 人の入りはまずまず。北斗祭りや他のイベントもあったようだが、開会式のときは例年の人の入りを見せていた
 時間になって舞台に現れたのは会場を作ったという大工達。エリックだったかコニーだったか、そんな名前のNPCと親方の三人。しかし会話がちぐはぐで、話が進むと着ぐるみを着たシーアであることが判明。チャックを下ろして緑ローブのいつもの姿を現す。シーアならではのお茶目な演出といったところか

 シーアは総じてノリが良い
 ボランティアでイベントを企画するような人たちだからこその姿勢だろう。会場ではいかに参加者を楽しませるか、色々考えが凝らされていた
 舞台では常に何かしらのパフォーマンスが行われていた模様で、舞台以外でも染めスライムよろしく染めファイヤーエレメンタルと染めウォーターエレメンタルが闊歩していた。(シーアローブの緑二色)
 私はというと、今回のシーアからの挑戦であるシロアリの弱点探しをやっていた


 デルシアの会場が作られる一連のイベント中に、凶暴な女王蟻が登場したとのこと。会場から直通ゲートで行けるロング前広場に作られた闘技場に、その蟻が閉じ込められていた。誰でも挑戦できる様子だったが、闘技場の壁に上って見学している時点でわけのわからないブレスかなんかでダメを受けるという危険度。闘技場に入った途端に毒を受けて、ゲートへ逃げようとしながら倒れる冒険者続出。ロングの闘技場前は結構な数の死体が転がっていた
 果敢に弓や白豚で対抗しようとする人もいたが、無敵属性になっているのか一向にHPが減らない。それもそのはず、開会式で説明があったとおり弱点を見つけないと倒せないようになっているらしい。それの弱点を見るけるのもシーアフェアのイベントに組み込まれているとのこと。シーアVioletのプロフにはその旨の参加要項が長々と書いてあった



Seer Fair 2008 「大捜索」参加要項

 デルシアにルーンを隠した。
 それでリコれば次の街に行く。
 5都市回れ。
 ルーンに暗号書いたからそれで解け。
 弱点が分かったら俺に伝えろ。本をやる。



 実際は非常に丁寧な文章で書かれている。先着30人にパンフを渡すそうな。さらに10番目まではシリアルナンバーが入っているそうな


欲しいぃいいいいいいい(笑)


 いや、こういう時ははっきり欲しいと言った方がいい。事に臨むには姿勢が大事だ。やる気を出さなくては
 折角のイベントなのでとりあえず参加することにした


 といっても徒歩。スタートの合図(SS参照)と共にイベント参加者は街中に散っていったが、私はとりあえず先ほど話した白蟻を見に行った。赤蟻女王の名前だったが体が白かった。赤蟻なのか白蟻なのかいまいちわからん

 そんなゆっくり目のスタートだったので、先行組みとかなり引き離されてしまった。こういう探し物系はルンパニでコリゴリだったのだが、頑張ってなんとか5都市回った。まだイベント設置が残っているか疑問だが、とりあえずネタバレになるので先に断っておく


順番/都市/設置場所/暗号

1 デルシア 魔法屋東の小屋 Sasroup
2 パプア 細工屋近くのつり橋南の小屋 Husuli
3 ニジェルム チェス広場 Lk'ssde
4 ジェローム 闘技場中央橋下 Rspier
5 サーペンツホールド 道具屋東道路 Lekpbla


 途中で馬を買ったり、秘薬が尽きて補充したりという波乱万丈な旅の末上記のワードを手に入れた。しかし、まったく分からない。ここに色々考えたメモ書きでも乗っけておこう


一文字ずらし
 Tbtspvq
 Ivtvmj
 Ml"ttef
 Stqjfs
 Mflqcmb
('がずれないので、これは考えづらい)

キーボードかな打ち
 とちとすらなせ
 くなとなりに
 りのやととしい
 すいせにいす
 りいのせこりち

 他にも魔法のマントラとかガーゴイルやリザードマン語に当てはめるのかと四苦八苦。ブリカツの舐めるように見回した。そういやブリカツの更新が止まって久しい。オークの人は疲れてしまったのだろうか、そんな事を考えたりもしていた

 23時半前には5つ全ての街を回ってワードを回収していたのだが、結局わからずYMTの72gp市へ。25時過ぎにもう一度戻ってきた時には既に閉会式が始まっており。ほどなく一部が終了。開会式に比べ閉会式はやはり人が減っていた。というか、このリコで街を回るイベントのために人が分散した様子で、イベント中の会場は結構空いていた

 閉会式後にVioletからネタばらしがあるとのことで残っていたが、もう一度ワードを確認しようと各街を巡って戻ってきたら、すでにネタばらしが始まっていた。どうにも間が悪い。あとあとそこら辺の人の話とかで補填してなんとか理解できた解読法をここに書く



1.見つけた順に一列に並べる
SasroupHusuliLk'ssdeRspierLekpbla

2.三文字づつに区切る
 Sas rou pHu sul iLk 'ss deR spi erL ekp bla

3.逆から並べ替える
 bla ekp erL spi deR 'ss iLk sul pHu rou Sas

4.整形
 black perl spider's silk sulphurous as

5.綴りとか気にしない
 black pearl(黒真珠)spider's silk(蜘蛛糸)sulfurous ash(硫黄の灰)

これら三つの秘薬を用いる魔法 → Fire Field



 なるほどねぇー‥‥‥ってわかるかい!



 いや、これでもちゃんと解いた人がいたらしい。魔法かアイテム名かのあたりはつけていたが、なるほど秘薬の名前だったとは。完敗である
 ルーンの設置場所は探せばなんとかわかるくらいの簡単使用。暗号解読はUOの知識を必要とする難度なので、適切だと思う。常に秘薬を使うメイジやアルケミの人ならピンと来るだろう
 秘薬低減プロパがはびこる前のUOで人もいまの二倍ほどいれば、おそらく二時間で10人以上が正解してたと思う。正解者が少なかったのはそれだけ今のUOが秘薬を必要としなくなった現われだろう。まぁ、私に限った事かもしれないが

 それでも、ルーン探索の途中に秘薬を買いに走って、リコに必要な黒真珠、血苔、人参とかを調べていた手前、なぜ気づかなかったのかが悔やまれる。やっぱりこういうのを解く人は頭の回転が違うのか

 そんなこんなでシーアフェアは終了。おそらく明け方まで二次会が行われていただろうが、私はネタばらしが終わったところで撤退した
 久しぶりにブリタニアの街を走り回れたので、よいイベントだった




 次はSA関連の話

 ティザーサイトにいくらか変更があった模様
http://ultimaonline.jp/uosa/

 で、困ったのが新スキル。どうやら三つ追加らしい
 一つはプロパをいじる生産系。これはもう生産キャラにいれるしかない。うちの生産キャラであるコラプーはこんな感じ

 鍛冶(120)
 裁縫(120)
 大工
 細工
 弓作成
 武器学
 魔法60
 音楽15

 三年垢なので715のスキル枠いっぱいだ。いつもは魔法をアクセで底上げ。楽器を作るときは音楽に30足してる
 とりあえず音楽は腕装備やらでさらに10減らせる。魔法ももう少しなんとかできそうだが、いかんせん新たに1スキル入れるとなると、どうしても何かを抜かなくてはならない。現状で武器の生産や修繕が全部できることを売りにしているだけにこれは面倒。やはり弓作成が魂石入りだろうか

 現在スキル倉庫兼一次生産的なフェルナンドはFでの掘りや樵のためにステハイ仕様になっている。しかしいつからかのPubでハイド掘りができなくなったので、こちらを一次生産&マイナー二次生産にするしかなくなった。前に言ったとおり、コラプーに似た名前に作り変える事にする

 採掘
 伐採
 錬金術
 書写
 弓作成or料理
 大工(これから育てる予定)
 細工30(罠箱用)
 魔法70

 多分、こんな感じにする予定。もっともプロパの入れ替えが出来るスキルはガーゴだとボーナスがつくと案内されているので、メイン二次生産がガーゴイルになり、一次生産&サブ二次生産がエルフになりそう

 さらに戦闘系のスキル[投擲]が未知数。これがメインスキルになると戦士はガーゴが決定だ。さらに新ペットがガーゴでないと使役できないとか言われると、テイマーもガーゴになってしまう。さらに新魔法。是非お宮に入れたい。だが、もやはそんな余地はほぼない。フォーカス90を捨ててしまうと走り回れないのが辛い。そろそろステハイは辞めて本格メイジにすべきなのか。とにもかくにも、満遍なくキャラを持ちたい派なので非常に頭が痛い問題だ
 以下は他人様にはまったく関係ない私個人のまとめ用記事。他人のスキル構成やキャラ構成ほどどうでもいいものはないので、読み飛ばし推奨


【現状】

白豚戦士・エルフ・男
BTM・エルフ・女
トレハン親父・人間・男
ステハイ忍者メイジ(お宮)・人間・女
スキル倉庫(Fib)・エルフ・男
メイン二次生産(コラプー)・エルフ・女
一次生産&サブ二次生産&スキル倉庫(Fernando)・人間・男

【SA仕様】

☆新戦士・ガーゴ・男 投擲を仕様いかんで導入。ガーゴになれればなる
☆BTM・ガーゴorエルフ・女 ペットの仕様いかんでガーゴになれればなる
★トレハン親父・人間・男
☆ステハイ忍者メイジ(お宮)・人間・女 新魔法をどうにか突っ込む
☆一次生産&サブ二次生産(新生産銘用名前)・エルフ・男
☆メイン二次生産(コラプー)・ガーゴ・女 新生産スキル導入。ガーゴになれればなる
☆もうスキル倉庫でいいよ(Fib)・バランス用種族・バランス用性別

☆仕様によって変更あり ★現状のまま


 大改造になりそうだ。もっともガーゴ転生がなければほとんど作り直し。それはそれで楽しいかもしれない。ただ、PSCとかまた買い揃えるのが面倒。そろそろ自力PSCゲットを視野に入れるべきかもしれない。それでまた楽しめると言うものさ

 ともあれ、SAの導入は2009年。来年の話をすると鬼に笑われるので、とりあえずあと一年はいまのキャラで楽しんでいることにする




種集めで忙しい人がいるなか、いまだにブロンズルニで装備作ってはインゴットに戻す仕事をしているFibでした。

Pub55導入


いつも通りの適当な紹介。






 9/11(木)の朝メンテで導入されたとのこと
 一時的にガード圏が消失する不具合があった模様で、本スレは『ブリ西農家に18*18の家建てた』などの話題で盛り上がりを見せていた。そんなお祭りということもあり、今日は久しぶりに生産以外でもINして、ちょこっとだけPub55を見てみた


・Arcane Foucsの修正

 昔:アーケインサークルだろうが魔法陣(Pentagram,Abbatoir)だろうが、メンバー人数と同じSTRの石が作れた

 ちょっと前:メンバー人数マイナス1のSTR石が出来るようになった。なので、一人だと0になり作れなくなった。大して強くないSWを、何故に弱体化する。ふざけんな。DoomでWoD打ちづらくなったじゃないか!(糞SWメイジ発言)

 Pub55:魔法陣でなくアーケインサークルで作る場合のみ、メンバーの人数と同じSTRの石が作れるようになった!

 アーケインサークルはエルフ村や光晶洞?だったかには設置されているが、基本はPC生産人が作るアドオンだ。生産の重要性を高めるよい変更だと思う
 今回のSSは、さっそく自宅で試したときのもの。ところが石は作られない。石を作るのには複数人が必要になったようだ。検証に付き合ってくれそうなスペルマスターに心当たりがなかったので断念。っていうか、まだ黒岩汚染の電波受信が続いており、友達がいないことを痛感した瞬間に「お元気ですか?」とか謎の言葉が。この仕打ちはこたえた


・Fムーンゲート近くに赤ヒーラー増産
 またどっかの鯖ではバグって沸きすぎて鯖落ちしたらしい

・報奨スタチューのLichの綴り修正
 なぜいまさら

・他のギルドに対して同盟と戦争の同時要請不可
 そういや、こんな事やった覚えが無い。ええ、弱小ギルドです

・イルでペット召還クリスタル使用不可
 いままでできてたんだっけ

・ステルス失敗時の文言修正
 見たこと無い

・ペットと犯罪フラグの問題修正
 気がつくほどペット使ってなかった

・飛行ペットがプライベートハウスへ進入する問題の追加修正
 気がつくほどペット使って(ry

・Quiver of Rageのダメージ修正
 無属性ダメが無くなったそうな。使った事無いからわからん。対人関連の修正か

・Arcane Glove(神秘グローブ)が修理可能に
 そいつはよかった

・SpellbookがDisarm可能に
 へー

・equipマクロ使用時の盾が外れる問題の修正
 そんなのあったのか

・ライジングスワイプ(ノダチのSpM)がNPCへは無効に
 始めた当初はノダチに憧れた。いつか最強のノダチ使いになりたかった。いまでは反省している
 とりあえず、ボーラを使えという事か

・ポリモフ時の灰色ネーム化修正
 これはFでは結構重要‥‥でもないか。いや、エルフでありながら人間に化けたいファッショナブルな対人家やパワスク野朗もいるはずだ

・プレイヤーが「騎乗」モードのままになってしまう問題を修正
 なんかエロい。いやそうじゃなくて、とりあえず『PL』でなく『PC』ではないか、と突っ込んでおこう。いや突っ込むとか突っ込まないとかそういう問題であsdfjk

・調理できるものが追加
・ガーデニングの種追加
 チョコの材料とか生垣とかが増えたんだっけか。しかし、交配不可というのは盆栽の二の舞になりそうな気がしてならない。既存の配合表をいじる事ができなかったのだろうか

・コミクリ日本語対応!
 とうとう日本語に対応したコミュニケーションクリスタル。使い方は工夫次第で無限大。なぜこの修正がこんなにも延びたのか。おそらくEAJからのPUSHが足りなかったせいだろう。ともかく、日本公式で前にも案内されてたあんな使い方やこんな使い方ができることだろう。バッグに入ったままでも使えるか、反応する距離はどのくらいか、等は週末にでも検証‥‥‥するにはお友達のいる誰かさんがやってくれるだろう
 ともかく、次のホカ金が楽しみだ


・新クエスト追加
 とりあえずやってみた。ネタバレなのでとりあえず自分でやる人はこのセンテンスを飛ばして、ブリ城へGO
 といっても、そんなに大変なクエじゃない。ブリ城の王室料理人が味見するのに腹いっぱいになったので『腹を減らすクスリ』を作るのでその材料集めを頼むというもの。新鮮なジンジャーと青リンゴ二つ持ってけば完了
 新鮮ジンジャーは、前にレシピが追加になったジンジャーなんちゃらクッキーの材料のあれ。農家で売ってる。向きはどっちも納品可能だった
 青リンゴはサベージのシャーマンが持ってる白粉の材料になる奴
 報酬は赤い赤い瓶に入った薬で10チャージの使いきりタイプ。満腹状態を平常時に戻す。どのくらい戻るかは未検証。多分、空の状態にするんじゃないかな
 何度も受けれるクエストっぽいので、PC酒場に通う人やバナナ食いに命を燃やす人は大量ストックできる。これにより抹茶と称して毒ポーションを頼む文化が廃れるであろうが、細かい事は気にしない気にしない
 材料が生姜とリンゴというのも、食欲増進っぽいのでなんだかよさげ。割とセンスいい



 Pub55の導入により春の大掃除2008がようやく終わった模様。そして季節は秋になるわけだが、夏はどうしたんだとか文句を言ってはいけない。だって、夏にはSAがでるって言ってたじゃないか。SAはまだ出てない。つまりUOの夏は2009年までお預けなのだ


上手い事言ったつもりになって終わる。次はSティザーサイトも更新されたSAの話でも書く予定

  

カウンセラーフェアと第二回瑞穂文学賞


とりあえずそれぞれかじって見てみたので報告。





 9/6(土)の23:00より、大和のTニジェでカウンセラーフェアが行われた
 カウンセラーフェアとはその名の通り、カウンセラーが一堂に会しプレイヤーと触れ合うイベントである。カウンセラーについては説明もいらないだろう
 日頃、ボランティアとしてがんばるカウンセラーの労をねぎらうために催されるこのイベント。常に顔を隠し縁の下の力持ちに徹する彼らではあるが、この日ばかりは主役となり、大いにはっちゃける。年々イベントも凝ってきているようで、今年も迷路やクイズなどが催されたようだ

 伝聞系なのはしかたない。色々他の事をやっていたので、私が参加したのは開会式だけ。それも当初はニジェのパレスという案内だった為、結婚式の会場に陣取って23時を迎えた。しかし5分たっても始まらず、おかしいなと思ったら『裏の花畑に集まってる』との親切アナウンス。直リコでニジェに来ず、ブリやヘイブンのゲートから来れば間違わずに済んだであろうに、なんともやるせない
 開会式には大勢の人が集まっており、なんとか形は保てた模様。結婚式場にいたときは、こんなに人が少なくて大丈夫なのだろうかと思ったが、杞憂であった
 開会式は途中からと言うこともあって、よくわからなかった。何か色々盛り上がっているようだったが、完全に蚊帳の外。その後はいつも72gp市が催される銀行前の広場に行き待機していた。テーブルと椅子が備え付けられ談話スペースとなっていたが、それを見たみどりん@72gp店員の『今日は無理だな』の言葉を聴きニジェから撤退。市さえなければ特に用はない

 と言うわけで、詳しい内容はどっか他のブログで見てくだされ。きっと楽しいフェアだったことだろう



 いや、別にカウンセラーが嫌いとかそういうわけではなく、たまたま乗り気じゃなかっただけ。ボランティア大いに結構。来年はちゃんと行くと思う
 んで、また来週だかにシーアフェアがあるとのこと。こっちもあんまし変わらないような気がするのだが、時間があれば見に行くことにする



 続いて前にも書いた気がする第二回瑞穂文学賞のお話

 とりあえず今さっき見てきたが、今回も面白い話が結構あった。が、私は応募していない手前、あんまし人様の本をあれこれ言うのもなんなので感想についてはとくに触れないでおく
 会場は瑞穂のマラス、ルナ大橋を渡ってから海岸?沿いを北西に進んだところにある大理石の家だ。SSの地図やHPを参考にすれば、目立つのですぐわかると思う
 会場前には金属チェストが置いてあり、中にはモンクローブが入っている。これを着ていると『読書中につき声かけないで』の目印になるらしい。こういった配慮により、極度の人見知りの人でも安心して読みにいける仕掛けになっている。私もこれを着て一気に読んだ

 今回の応募作品は24本だったかな。前回より少ないと思うが、内容はどれも良い。前回チャンプの文才0は今回も面白かった。モッチー他、常連組みはしっかり書いてるし、見慣れない名前の人の本でも"これは!"と驚くようなものもあった。これだけ揃ってればUO文学はまだまだ大丈夫だろう。適当な焼きまわしで応募してたら赤っ恥かくところだった。やれやれ

 感想メールはまだ送ってない。もう一回くらい読み直して決めるつもりだが、果たしてどの作品が大賞となるか。人事なので楽しみに待っていよう。というか、感想メール送るのを忘れないようにしなければ



 さて、最近のUOプレイだが、やはり特に変わったことはなし
 ギルマスからトレハンに執拗に誘われたりもしたが、どうにも面倒で重い腰が上がらない。こういうときはやりたくなるまでほっとく以外に道は無い。なんといっても娯楽なのだから、やりたくないときは何もしないのが当たり前だ

 ログインしないというプレイスタイルもあります

 EAにとっては課金だけ続けるプレイヤーが二番目に嬉しいお得意さまだろう。一番はもちろん、人を誘って顧客を増やすプレイヤーだ。このブログを読んで新規に始める人間はいないだろうが、せめて辞めようとする人を止めるくらいの内容にはしたい。したいが、まぁ本人が辞めないのが精一杯なのでなんともかんとも
 いやいや、UOは面白いよ。面白いよUO


そんな訳の分からない事をほざきつつ終わる。次こそは『無茶苦茶楽しかった!』というようなネタを書きたいものだ。



 ‥‥いや、文学賞はそれなりに良かったぞ
予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。