やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このUO小説が面白い 『Blackrock』

読んだことのある方は『何をいまさら』な話になって恐縮ですが、とりあえず紹介しておきたいので





 うおみんのコミュニティにWriter in UOというものがある。その昔、本を書いてはダイナマで売っぱらうという細かい商売をしていた頃にお宮の名前で入り、そのままずっと登録だけはしているコミュニティだ。もうそろそろ追い出されてもおかしくないのだが、いまだに新規書込みがあるとうおみんのTOP画面に出てくる
 昨日あたりに久しぶりの書込みがあって覗いてみたら、とあるイベントの告知であった

 2009 Ultima Online ショートストーリーズ(作品受付)

 さらに紹介ページのリンクにIONA's Libraryがあった。当然ながら即クリック
 どうやらまた浮き猫さんのところで応募形式の文学賞っぽいものがあるらしい。もちろん筆に蜘蛛の巣のはったお宮には遠い世界の話なので、ページを斜め読みしていたのだが、そこで気になる文章が

----

たまには原点に返ってみるのもよいものです
という訳で物語を書きあげました

短編小説『Blackrock』
何と完成までに2年かかりました!

----IONA's Library TOPより一部抜粋
ttp://members3.jcom.home.ne.jp/ukineko/


 なんか気合の入った本が書けたらしい
 ここしばらくUO小説も読んでないので、さっそく瑞穂の地へとはせ参じた



 瑞穂は前にお宮のコピーを作っている。マジンシア崩壊の火事場泥棒で儲けたので装備もスキルも結構充実している。目的地のルーンも前回だかの文学賞の時にもらったのでまったく問題はない。すぐさま”文学賞会場”のルーンでリコってみると‥あるはずの家がない




お宮『馬鹿な!』




 一所懸命に探してはみたのだが見つからない。私の記憶ではマラスのルナから橋を渡って北側すぐの草原なのだが、そこにあるのは全然違う人の家っぽい
 近場のSHOPに買い物に来ていた人とかに尋ねてもみたが、Libraryを見つけることはできなかった

 ここで諦めてはなんか悔しい。本格調査開始だ
 とりあえず座標さえわかれば、なんとかなる。IONA's Libraryはショップアワードかなんか受賞してたと記憶してたので、UO公式HPを色々探す。しかし、お目当てのページには到らず
 そして原点に戻り、IONA's LibraryのWebページを嘗め回すように調べた結果、移転したことがわかった。場所はアンブラから北西の街道沿いとのこと。普通に図書館情報(Library)のとこに出てた。くぅ


 気を取り直してゲートをくぐりアンブラへ。北西の橋を渡り街道をひたすら西進。ショップアワードの設置物である噴水を見逃さないように常に右側を見て走り続けた
 森を超え、エルフの盗賊キャンプを走りぬけ、オーク砦を後にして‥

 なんで岩山まで来ちゃうんだ

 どっかで見落としたらしい。なんてこったい
 現在アワードの設置物はないという可能性を鑑み、もう一度HPで建物の外観をよく確認した後、アンブラへ向かって東進を開始した
 結局、アンブラに程近い花崗岩の城がLibraryだった。いやはや、とんだ回り道をしたようだ

 お目当ての本は新刊のベンダーで売っていた。5冊+2冊セットで、お値段は非常に良心的な500gp。私なら1000gpは欲しいと思ってしまうところだ。いや、ベンダーの給料が高くなるから、一冊150gpのバラ売りにするか
 人の家の前で値段について色々考えるのも悪いので、場所をルナ銀に移して、いざ読み始めてみたが



 おもしろい


 やっぱ浮き猫さんは良いわ。UO作家で、手放しで誉められる人って結構少ないのだが、この人の書くものにハズレは無い。正確に言うと、私はまだハズレを引いてない。今回の話も個人的に大変満足のいくものだった

 内容について書くとすぐネタバレしそうなので、自重しよう。全体的には、UOをある程度やっててGMイベントに興味のある人なら、ニヤニヤしながら読める要素が詰まっている、とだけ言っておく

 二年越しの構想で色々設定が膨らみつつも、それらを取捨選択したのであろう、5冊にまとめているところも良い。なんといってもバランスが良い
 私は長くても気にならない口なのだが、それでも分量の多い話というだけで敬遠する人もいるだろう。UO本で5冊なら短編程度の分量なので、そういう人にも苦にはならない冊数だ

 特に予定も無く、ちょいと暇だななんて時にはお手にとって見てはいかがか。値段的にも負担にはならないと思う。これが『50kで販売』とかだったら、私もちょっと紹介するのをためらうが、500gpならエスコート一回分だ。瑞穂にキャラのいない人は初期キャラで走ってもらおう
 気になる販売場所は、瑞穂のINOA's Libraryほか、大和のポチョムキンなんかでも売ってるかもしれない(ポチョは未確認)
 ただ、売り切れてたらゴメンなさい。その時は浮き猫さんに連絡とるか、店の掲示板ででも補充をせっついて欲しい。これは読んで損のない本だ





INOA's LibraryのHPには後書きも載っているが、それらを読み終わったあと、『Blackrock』の発表報告が今年の3/1だったことに気づいたFibでした。もしかして、私は何か非常にいまさらな話をしているのかもしれない
スポンサーサイト

劇団チロル公演「奥様はミナクス」&「森の熊さん」


久しぶりに飛鳥に行って見ました。





 去る2009/5/24(日)、劇団チロルの公演が催された
 劇団チロルはもう老舗になりつつある飛鳥の劇団で、今回より劇場を「Milky Way」に改装しての初舞台となる。劇団員の顔ぶれも変わったとの事で、どんなものかと久しぶりの野次馬根性で飛鳥に入ってみた

 開演30分前からルナゲート横に送迎用ゲートが出され、一見さんにも優しい仕様。入場は劇場入り口に立つベンダーから紫色のマント(300gp)を買って身につけるシステムなので、会場内は派手な紫で埋め尽くされていた。紫と言うと、どうしてもYou-know-whoなあの人を思い起こさせられてしまうが、特に関係はないと思われる


 劇は『奥様はミナクス』と『森の熊さん』の二本立て
 『奥様はミナクス』は会社員モンディンが実はミナクスである妻の正体を同僚に隠そうと奮闘するドタバタコメディー
 モンディンの髪がフサフサだったり、同僚がブラックソンだったりと突っ込みどころも満載。そもそも、なぜモンディンは良くてミナクスだけ正体がばれるとまずいのかといった説明は一切ないが、そこは喜劇なので関係ない。設定をあれこれ考えるような退屈な時間は一切なく、テンポの良い展開だった

 『森の熊さん』は森の中でブロードウェイスターを目指す少女と熊が出会い、そこにオークが登場して一悶着という、これまたドタバタもの
 この劇では台詞の端々に、昔(リアルで)流行した言葉がちりばめられ、ご丁寧に『いつ流行ったか』の西暦までくっつけて喋ってくれる。この罠により、その言葉に反応すると年がバレてしまう事になる。なんと巧妙な。特に若くもないFibの中の人だが、一番古いものはわからなかったとだけ言っておこう。いや、中の人なんてイマセンヨ

 幕の内には人間とオークの漫談らしきものもあった。残念ながらここ最近のお笑い事情に詳しくない私には、元ネタがわからなかった。観客のウケは上々だったので、きっと有名なコントかなにかなのだろう


 劇団チロルは”笑い”を主題とした演目が多い。チロルチョコのように、ちょっとした幸せを観る人に届けたいというコンセプトで結成されたと聞き及ぶ。さもありなん
 笑いにも色々あるが、チロルが取る手法はUOの世界観を逸脱するものも多い。これを許容できないRP原理主義の人は眉をひそめるかもしれないが、細かい事にこだわらず観て楽しめれば良い人にはお勧めできるUO劇団だ。もっともお勧めするにもUO劇団自体が数も少なく、私の知る限り現在活動中の劇団はチロルだけ。それも、今回の公演は一年ぶりだとか

 UO上で他のプレイヤーに対して何か面白い事を提供する、いわゆるエンターティナーの数が減っていると言われている。過疎の影響か、プレイヤーの質の変化か、要因はいくらか推察はできるだろう
 現存する、そしてこれからいくらかは挑戦してくるエンターティナー達のやる気を維持向上させていくには何が必要か。それは観客の声援である。なので何かしらの芸を観にいく機会が得られたならば、素晴らしい芸には惜しみない拍手を送って欲しい。そして、つまらない芸には義理の拍手でなく、それを笑いに変える突っ込みを



世の中、そうそう上手く行かない事は重々承知のFibでした。

この木なんの木


平和な一週間が過ぎました。







 平和すぎて特に書く事も無いので、ブリウオで紹介されていたヘイブンツリーを撮ってきた。ただし、大和のだが

 いつだったかの鯖間奉納合戦で破れ酷い結果になった大和のヘイブンツリー。幹は4マス別個のグラフィックで構成されているが、左から二番目だけ『Yew Tree』で残りは『Tree』という、なんとも奇怪な樹である
 昔から害虫がたかっていたが、それはいまもなお健在。おまけに火花まで散らしているので、おそらく妖樹としての覚醒も近いのだろう。コープサーの亜種として触手が伸びてきてもなんらおかしくない異彩を放っている。既に葉の一部が『竹』と思しき形状に変化しているので、近づく人は注意されたし


 ヘイブンといえば、KRの導入時にニューヘイブンに変わっていたことをすっかり忘れていた
 昔のオクローの町並みを残したあのヘイブンは、すでに旧市街地となり亡霊がたむろする酷い場所となっている。変わりに銀行と複雑な建物が立ち並ぶ奇怪なニューヘイブンができたわけだが、この町は未来の世界から忽然とタイムワープして出現したという。そんな設定を、久しぶりにヘイブンで買い物をしていたときに、市長をWクリックして思い出した。市長はいまでも街のありようを語ってくれる

 なんというか、私が言いたいのは、そう、ニューヘイブンの人達は


 未来人


 なわけなのですよ。ほら、なんかSFチックじゃないですかい。あそこにいる人達は未来のブリタニアから来たわけだ
 遠い遠い未来からか、はたまた別世界からきたと言われるジュカよりはよっぽど既存の人間種に近い。というか、普通に人間だ。話も普通に通じる
 となると気になるのが、未来の世界のブリタニアだ。彼らなら未来世界の状況を知っていたのではないか。というか、今後どういった変化が起きるか知っているのではないか。その内容をニューヘイブン出現当時の統治評議会は知りえていたのではないか。そんな憶測をめぐらしてしまった

 実際は開発サイドの都合で『未来に関してはなんら話す事はできない』と言うに留まらせているわけだが、設定上は『実はニューヘイブンからもたらされた情報で今回の行動が決まった』なんていうストーリー展開もあるのではと思ってしまう

 もっとも、彼らのいた世界でヘイブンが滅びてニューヘイブンが現れたという事実があったのかはわからない。同様の事象があったとするとあのニューヘイブンはこのあとやってくるであろう未来に忽然と世界から消えて、過去の、現時点で言う現在へと飛ばされなくてはならない。ループ構造になる。やっぱりなんかSFだ
 UOは中世ヨーロッパ風の世界感などという話は、UOの一部分だけを指しているに過ぎない。宝珠の欠片の世界である各シャード内に宝珠の欠片そのものが存在するというメタ構造の面白さは、いまなお私を惹きつける要素の一つである






 特になんでもない事を書くのはつかれるので、あったこと日記を書きます

 うおみん上で場所当てクイズをやっていたしゃおさんに召喚され、景品を貰いにカタツムリ亭へ行った。カタツムリ亭は大和のUO酒場。店長はMuteさんで、もう結構長いことやっているのではなかろうか
 しかし、カタツムリ亭に限らず、UO酒場に行くのは随分とご無沙汰していた。酒場のルーンでリコったら、すでにそこはベンダーハウスになっていた。そういえば移転したんだっけか。その家の玄関に酒場ルーンが設置してあったので酒場へは行けたが、お宮の持つ酒場ルーンブックも大分古くなったようだ。大和でいま稼動しているUO酒場はほとんど私の知らないものばかり。こりゃ話題にもついていけそうにない
 客層はLBR関連の人が多かった。食べ物の話題が多かったのが印象的だ

 そんな中で某かくにの人の家の話が出た。大和のT謙譲の街のあった島になお一軒だけしつこく建つ家の持ち主だ。カスタマを変えたという事なので、ゲートを出してもらい客達で押しかけたが、いつの間にやら神殿風の佇まいになっていた。前より堅牢な石壁で囲まれており、外からの視線も通らない造りになっていた。地上げに屈する気はないらしい。氏の今後も同様の活躍を祈る

 ついでというか、カタツムリ亭の横にある徳の神殿(PCカスタマ)も観にいった。こちらも石造りで、広い土台にでっかく砦のような形で建っている。こっちは賭博闘技場を経営する人が所有しているとのこと
 クリーンナップでもらえた徳のタイルを設置するために作られたと思えるそれは、ちゃんと三原理に合わせて六芒星の形で配置されていた。真ん中は霊性で、アンクもあった。三原理から導かれない謙譲は上の階にある凝りよう
 やっぱり、徳タイルを持ってたらこういうカスタマにしたくなる。よくわかる
 ただ、カオスタイルの場所を聞く前に隣のカタツムリ亭から砲撃が開始され、聞きそびれてしまったのが残念。徳の並び順なんかはUOのRP部分に対するその人の考え表す指標になる。今度会ったら聞いておこう


 その後、24時の閉店時間になったので72gp市へ行こうと一回ログアウトしたら、まさかのベリアカ鑑賞会。認証鯖がメンテに入ってしまい、いつものランタンゲットができなかったのが悔やまれる。わざわざトレハン親父にキャラチェンジしようとしなければ行けただけに、せつなさが炸裂した
 なぜ土曜日のこの時間にというのはユーザ側からの勝手な文句だが、なるたけ障害は少ないよう、日々のメンテをしっかりやってもらいたい。あと、障害検知の迅速化と復旧時間の短縮も是非


『日本語ローカライズなんかより、質の高いメンテ要員の確保か教育資金に金回せよ!』

 などとは、私は口が裂けても言わない。UOは他のゲームより質の高いサービスを保っている。だから‥せめて‥30分くらいで復旧できないものだろうか
 もっとも認証鯖の管理を日本運営がしていないのであれば、それはまったく関係のない話‥‥というわけでもない。顧客からのクレームを受けてサービスの改善を請け負う義務が彼らにはあるのだから。運営頑張ってくれ



 他、ブリ銀の前で設楽につかまりマラスの設定について200文字の作文を書かされた。ミルクホールなるHPに載るらしいので、ファンサイトが相次いで閉鎖される昨今、少しでもてこ入れ効果があればと思い宣伝も兼ねてここに記す

ウルティマ・オンライン・ミルクホール
ttp://sansouko.sakura.ne.jp/milkhall/



以上、平和な一週間をのんべんだらりと過ごしたFibでした。

第41回大和ダイナマーケット開催


恒例のあれです。







 今月もつつがなく開催された大和ダイナマーケット。今回で41回目だそうだ。よくまぁ長いこと続いているものだ
 今回も、いつものとおり時間ギリギリで会場入り。場所取りはあきらめて、とりあえず開会挨拶を聞く
 会場が変わってからというもの、日曜日のこの時間はすっかり気が抜けており、油断するとすぐに忘れそうになる。今回はうおみんで主催者の日記を見かけたところで思い出した。危ういところだった



 今回も売り物はてんぷら粉。前月の閉会式のときには、『次こそ小説販売をやろう』とかなんとか思っていたことを今更ながらに思い出した
 だが、今回はたとえ書いたとしても売れない。売ることができない。今回はてんぷら粉を売らねばならない訳がある
 実は今回の商品であるテンプラ粉は私のものでなく、ギルマスから預かった借用物。いわゆる委託販売なのだ。そしてその数60個。よくもまぁ溜め込んだものだ
 相当、長い期間貯め込んだらしく、熟成されたような香りがするこのてんぷら粉を売らないことには、うちのセキュアが空かないわけで、しかたなく今回はこれを売り切ることを目標に、いざ決戦の地へと赴いた。が、


 気がついたら完売してた


 60個が瞬く間に売り切れた。こちらはギルマスから『値段は自由につけて売り上げは山分け』と言われているのでいつもの値段で売ったのだが、世の中、お金を持っている人は持っているようだ。もっとも相場より安値なのでルナ場内に店を持つ人なら転売目的やもしれんが。それでもOK。売れれば何でもいい

 あっという間に売り切れて気分がよかったのでカラーヒヨコを買ってみた。あのダイナマ名物のアレだ
 一番美味しそうな奴という注文をすると赤い蛙、もといヒヨコを勧められた訳だが、どういう基準で赤なのかはわからない。やっぱり肉質はササミっぽいのだろうか
 売主には申し訳ないが、学術調査のためダイナマ終了後に解剖してみたところ、『生のあばら肉』なるものが採取できた。やはり鳥とは違うようだった


 他、今回は芸をやる人がいくらかいて目にする機会を得た
 一人は毎回舞台でUO関連の落語をやる人。今回は『老人と釣り』だったかの話をしていた
 この人は毎回新作を持ってくるらしく、最近の名物になっている。名前は‥忘れた。とりあえず舞台でやる人なので、ダイナマに行けばわかる
 落語らしく登場人物に合わせて左右を向いて話し分けているのが特徴的だったが、東と西という180度向きを変えるのはちょっとわかりにくいかなと思った。UOは斜め向きができるので、斜めに振って話す方がより落語らしいのではなかろうか。向きはテンキー入力で間違いなくできるし、CtrlかAltキー押下でその場で向きだけ変えれたような気がするので、他にやる人がいたらその辺も気をつけてやってみて欲しい
 今回やってた人は歩き出さないようにバッグボールを四隅に置いて自分を囲っていた。もしかしたらKRユーザーなのかもしれない


 昔ながらの語り部として、ダイナマがまだ北大通りでやってたころに徳の話を中心にやっていたシオさんも来ていた
 こっちは街角の隅っこで暗い色のローブを着てランタンを持っているから、見慣れた人にはわかりやすい。プロフに書いてある小話を客からのリクエストで離すタイプで、今回私は四夜物語を注文した
 内容については一度も聞いたことがない話だったが、果たしてどこから引っ張ってきたのやら。それともオリジナルなのだろうか。アセションの徳の話は一通りオーダー表に載っているので、まだ知らない人なんかはここで聞くのも一興だろう。聞くときは椅子を持っていくといいかも。それなりに時間がかかる


 他にも舞台ではハム芸をやろうとしていた人とかもいた。結構、舞台は活用されているようだ
 そんな中、茸茶さんから聞いた今日のトリビアとしては、本場のハム芸は逆向きのハムを使うんだとか。さらに、ハムの人はもう第一線を退いて表舞台には出ないことになったとか
 いったいこの知識が何の役に立つのかさっぱりわからないので、ここに書いて脳の記憶容量を空ける事にする


 そんなこんなで嬉し恥ずかしダイナマーケットはお終い。次回は6/14だそうなので、忘れないでおこう。‥‥本当に、忘れないでおこう
 あと、7/1はダイナマ主催の生ごるぁ組合がめでたく結成8周年を迎えるとのことで、恒例のアレをやるとのこと。アレといえばアレだ。黒でローブで狩りなヤツだ
 ただなんか、ブリタニアのルールがどうのこうのと言っていて、○○でやりたいみたいな話をしていたので、7/1は赤い月の名前のファセットで宴をしていることになるやもしれない。ま、一ヶ月以上先の話なので6月のダイナマで詳しい告知がでるだろう。それまで乞うご期待!っと勝手に宣伝しておく



 ダイナマはそんなもんで、とりあえず今週あたりの活動記録

 とりあえず、鍛冶バルグの量をなんとか減らしてきたので次は裁縫バルグに取り掛かっている。だが、こっちは布を大量消費して赤字になりそうな予感。報奨で貰った布はことごとく染め直してリセットに回しているが、やっぱり足りない。皮バルクにいたっては皮を集めるのがダルイので破棄している。これは早く無くなりそうだ

 あとは、高性能Gドラ捕縛のためにBTMで名誉の徳を貯めまくった。最高ランクまで貯めたのは初めてかもしれない。気がついたら貯まってたというくらい、熱中してやってしまった
 しかし、徳が貯まったところでやる気低下。このまま徳が腐っていくのを見ているだけなのは悲しすぎるので、近いうちにイルにでも探しにいく予定。いつになることやら




牧羊スキルで羊に指示を出しても、希望の場所にきっちり動かない事をいまさらながらに知ったFibでした。あの羊達は弛みすぎじゃ

KRのUI(BB-Enhanced)導入


GWの真っ只中に暇しているFibです。






 最近色々なところで話題になっているKRクライアントのユーザインタフェース、BB-Enhancedを入れてみた
 糞KRなんて市ね!とか言う人には本当にどうでもいい話題だが、一応感想を書いてみる


 まずBB-Enhancedの説明。KRはUIをユーザ側でカスタマイズできる。で、自分の好みに合わせて弄ったそのUI設定のファイルを公開してくれている人がいる。使い勝手の良いUIは誰もが望むものであるから、当然ながら重宝される。そんな話題沸騰のUIがこれ

UO Modders Exchange
http://uo.modders-exchange.net/packaging

 私はBB-Enhanced(2.4.5)を入れたが、他にも色々あるっぽい。KRダイスキーな人はお好みで色々入れているのだろう


 入れてみたところ、概ね動作は快適。デフォルトよりも反応速度が幾分速いような気がする。ちゃんと計ってないから気のせいと言えば気のせいかも
 そこらを歩いている時の移動速度まで速くなったような気がする。UIが変わるとそこまで違うものだろうか。やっぱこれは気のせいか

 あと、ボタンの視認性が良くなった。やっぱ金ぴかに黒文字はよくなかったわけだ。RBなども綺麗にまとめられていて、デフォのでっかい画面より使い易い。より2Dに近づいた感じがする

 もちろんUIを変えただけなので、2Dで上手く表示されていたフィールド画面がKRに反映されないのはそのまま。うちの家の池もKRクライアントではいまだ雑草の生えた地面のまま。これはもうずっと直らないのだろう。残念だ

 あと、日本語の文字切れもそのまま。ヘイブンのGuideのおっさんと初心者チュートリアルのグエノの台詞を見たが、前と同じく途中で切れていた。これももう、ずっと直らな(ry



 初心者チュートリアルといえば、途中のアイテムを拾う箇所で『アイテムが拾えずチュートリアルが先に進まない』というバグが出ているらしい。今回TCで行ったチュートリアルでも再現した
 ただ、一所懸命に色々なものを引っ張っていたら、途中から拾えるようになった。なにかのフラグがあるのかもしれない

 アイテムが拾えなくなるのはなにも初心者チュートリアルだけではない。2Dでも普段から私の環境ではちょこちょこ起きる。アイテム拾ったというパケが上手くサーバに届いていないか送っていないのか、そこら辺の内部動作はわからないが、ともかくログインしてすぐに何かアイテムを動かそうとするとロックされたように動かせないという事象は時たま発生する。床に落ちているバルクを拾おうとして拾えない、なんとも間抜けな事をさせられている。酷いイジメだ
 ともかく、そういうときは一旦ログアウトして再ログインしている。これで大体直る。KRのチュートリアルは再ログインしても外に出されたりはしないので、物が拾えなくて先に進めない場合はリログ対処でどうにかなるだろう

 もっとも、ガイドの文字は切れ、進行中に説明書きもなく再ログインを強要するチュートリアルが有りか無しかの判断は、私にはできかねるが



 おっと、話が逸れた。KRのUIである
 BB-Enhancedのお陰でまた一つ、KRに移行するハードルが消えた感じがする。このまま進化していって是非ともスムーズなKRへの移行を促して欲しいものである
 KRはホットバーをガンガン出せて、そこにお目当てのアイコンをガンガン貼り付けられるのでその点に関しては2Dとどっこいどっこいの良さだと思っている。2Dはアイコンを適当に並べあられる良さがある反面、アイテムに関しては指定できない。KRはホットバーにアイテムも入れられるので、お金や秘薬のカウンターが簡単に設定できる利点がある

 PDについては賛否の分かれるところだが、私はKRのロール用スキンが結構好きだ。10周年の何かでNPCの肉体彫刻家から選べるようになったあれ
 ただ、残念な事にこの前選ぼうと思ったら、もうサービス期間は終了してしまったらしい。無料では無理っぽい
 KRのPDではバンダナもいまだに表示されていないようだったが、これはSAクラに変身するときに直るのだろうか。はてさて


 そもそも開発に携われない日本運営がこのくらいのUIの改造をやって日本ユーザ向けに提供してもいいのではないか、それこそ運営の仕事ではないかと思う気持ちをぐっと堪えて、今日もKRのUIカスタマーは頑張っている。(勝手な妄想です)
 BB-Enhancedの開発は海外の人らしいが、日本にもUIカスタマーは必ずいる(と思う)
 彼らの仕事を是非とも評価する為に、日本運営さえ見捨てたKRを今一度手にとって見てはいかがか



とかなんとか言いつつ、2Dを中々手放せないFibでした。画像を出したかったのだが別PCから回すのが面倒なので、うおみんで出した適当なネタ画像を張ってお茶を濁します。UIはBB-Enhancedでなくデフォのものです‥
予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。