やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エニエール登場


ネタバレ注意








 公式HPで予告されたGMイベントが、昨日行われた。7/24(金)に和鯖のうち4鯖で行われ、本日7/25(土)に残り4鯖でも開催される予定のイベントだ

 内容については公式HPにあるとおり
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89420

 リンクページ内で示されたBNNを見てわかるとおり、カスカがサーペンツホールドに手勢を差し向けて、それを追っ払うイベントだった。つまるところ、恒例の強モンスが出てPCの死体が積み重なる虐殺イベントの類だ
 内容は薄かったのだが、果たしてこれが運命の戦士ストーリーの一環で行われたものなのか、日本運営独自のものなのか詳細は不明。多分独自と思われる
 一発目の倭国で予習しつつ、当日最終回の大和回に、お宮で参加した際のイベントの経過を記す


 

 予告地図ではサーペンツホールド西の銀行横ジャングル内がスタート地点であったが、冒険者達は銀行の壁近くに集まっていた。結構な人数がいる。倭国の二倍くらいだろうか。SL沸き時間と被ってないせいもあるのだろう。見知った顔もちらほら見かけた

 時間になるとエニエール(Eniale)なる人物がジャングルに忽然と現れた。服装は清楚な町娘といったところ。シャツが白い
 この娘の言うことには、これからこのサーペンツホールドに向けてカスカの差し向けた軍勢が押し寄せるそうだ。それから街を守ってくれだとか

 なぜそれを知りえたかの説明はなされなかった。カスカの動向を調査していた、みたいな事は言っていたが具体的な話はなかった

 普通なら、なに言ってんだこいつはと笑われるような話だが、その言葉を裏付けるかのように突然現れる、黒い鎧をつけたいかにも悪役風なロイヤルガードJethro。他鯖では違う名前だったので、本当にどうでもいいキャラっぽい
 この黒ガードが言うには、カスカ卿の邪魔だてをするなら女共々消してしまうぞとかなんとか。え、なにそれこわい

 で、話も中途半端なところで突然のダメージ表示。どうやら今回の討伐予定モンスが沸いてしまったらしい。後付のように黒ガードが『やってしまえ!』と叫んだのはなんとか確認できた


 今回出てきたのは、あの悪名高き影エレ。ハロウィンイベントで多くの冒険者を地面に転がしたその腕前は、今回もいかんなく発揮された
 なんといっても、イベントNPCの話を聞くために密集していたPC達をいきなり襲ったのだから始末に悪い。うめき声が絶え間なく聞こえ、死体表示が画面を埋めていった。範囲HPドレインは凶悪すぎる

 お宮も当然ながら巻き込まれて死亡。これを見越してGoLを掛けていたので、特に問題もなく復活。他のPCも銀行手前に設置された赤十字などで蘇生され、徐々に影エレを押していった
 EVは影エレの肥やしになるので、今回のお宮は、ただただマジックアローを打ち込むだけの作業をしていた。MBは距離が離れているとダメージが小さく効率が悪いからだ
 ほどなく、締めのモンスが現れる。カスカ絡みのイベントで良く出てくるマッシブタグのついた黒閣下だ。The Slayerとか言う名前だったかな
 こっちはただHPがでかいだけなので、強ドラが盾となり戦士が囲んで殴ったり弓で矢を浴びせてたりと、普通に削れた。SW使いも普通にダメが入っていた模様。予定通りといったところか

 黒閣下が現れたころには激を飛ばしていた黒ガードだが、倒れる前にはすでに姿を消していた。適切な判断だ
 黒閣下が倒れたあとはエニエールが礼を言い、さらに残党の影エレがひと暴れしてイベント終了。エニエールはそのままジャングルの中に消える。この流れは倭国で予習済み

 なのでこの期を逃すまいと質問をしてみた。あんたは一体何者なのかと


 このエニエールだが、私はなぜか当日、名前を『エリエール』だと勘違いしていた。なんでティッシュの商品名やねんとか突っ込みを入れていたが、よくよく考えたら違った。なんとも馬鹿な話だ
 いや、そうじゃない。このEnialeなる人物がエレインかどうかを確かめるのが今回の目的だったはずだ


エニエール「ありがとうございました、うんたらかんたら」

冒険者達「あなたは誰なのですか」


 他にも質問する人はいたのだが、あまりにストレートすぎたか答えてはもらえず。その代わりというか、話をはぐらかすためか、予定通りの残党登場で会話は中断。その後はなし崩し的にありがとう、いやいや的なエピローグを迎え、イベントは終わってしまった。タイミングをしくった感が残った



 まず、このエニエールなるキャラクターがエレインなのかという問題だが、服装、髪型、髪の色、発言色からして全て違った。肌の色は、同じだったかな
 まぁ、名前をわざわざ変えるより、イベントGMにしてみれば新規にキャラ作ったほうがはやいので新キャラであることは間違いないだろう。が、そこは問題でなく、いわゆる設定としてどうなのかという点が気になるのだ


 カスカの跳梁でエレインはブリを追われ、地下に潜伏した。ウィザードハットなどしていれば一発でバレるので、当然ながら服は目立たないものに。髪もブライト色なんかじゃ目立つから地味色にしたのだろう。声色も少し変えた。全てはカスカに対抗するために。独自のルートで情報を得て、カスカの陰謀を阻止する為に動く、元執政官エレイン・ベイフェリー

 こんな想像の余地を残すために、日本運営は今回のイベントを企画したのではなかろうか。いまはもう少なくなったエレインファンのために


 米公式では登場予定のないエレインだけに、こういう形で残すというのであれば私は賛成だ。いいやり方だと思う
 今後、ドーンとかいうカタカナで書くとギャグのような名前のヒロイン登場が待っているが、その脇で影ながら活躍することを期待しつつ終わる



それにしてもカスカのやる事がいまいち見えてこないFibでした。彼はこのままピエロの道を進んでいくのだろうか。華を咲かせて欲しい






 いや、まだ終わりたくない
 今回の話だって、カスカ実はいい人説につなげることはできる
 まず、エニエールなる人物がカスカ凋落を謀る。彼女はモンスを引き連れてサーペンツホールドを襲うのだ。ロイヤルガードに扮した仲間も含めて一芝居を打てば、お馬鹿な冒険者は簡単に引っかかるだろう。そして彼らはこう叫ぶのだ
『カスカ許すまじ!』

でも、BNNにカスカの差し金って出ているんだよねぇ (ToT)
スポンサーサイト

来るのかエレイン女史


暇なので日記をつけます。





 さて、BNNが更新された

BNN - 罠
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89420


 注目すべきはここ

>皆さん、聞いてください。長い間、私エニエール(Eniale)はカスカ(Casca)の動向を探っていました。


 アナグラムとか難しいことは言わない。逆だ。エニエールを逆に読むと‥


 elainE ‥‥ elain ‥‥ Elain Bayfery ‥


 いやいや、まさかね
 とりあえず、もう日付も変わり本日となる7/24(金)の予告時間に全てがわかる。期待して待つとする




 で、BNNの広告だけするのもなんなので、適当に他に気になった事を書いてみる
 まずはこれ


米公式: TC1: Pub 59.01 Notes
ttp://www.uoherald.com/news/news.php?newsid=866


>Fixed the ability to throw the cream pies at another player if they do not have one in their backpacks.

勝手訳:持ってない人にクリームパイを投げつけられた問題を解消しました。



 えー



 これにはかなりガックリきた。まったく、開発はなにもわかっちょらん
 そんな訳で、クリームパイは雪球の名前違い品となりましたとさ


 つづいて、こんな記事もいま注目を集めている

4gamer: あの「Ultima Online」に新作登場? NetDragonとEA,アジア向けにUOをベースにした新作を開発
ttp://www.4gamer.net/games/005/G000570/20090723026/


 中国産UOとな
 いまのUOより、よりUltimaに近いもの、あるいは初期のUOに近いものができたらどうしよう。昔のUOを懐かしむ人にとっていまのUOはエミュ鯖のようなものだから、復帰者はこっちに移るかもしれないなぁ
 なんて思ったりした

 が、そもそも中国ではWoWの新パッケに政府の許可が下りなかったりと、暴力ゲーム排除の方向になっているらしい。死体解体したりPK上等の初期UOのようにはならないものと思われる。むしろ、骨組みだけを使ったUOとはまったく違う萌え系MMOになる可能性の方が高い。絵はROとかのほうが受けそうだしね
 


 えーと、他はSL関連
 トクノ祭りは一旦今週末で終了のアナウンスが出たものの、やっぱり今月末まで続くことになった。日本運営は米開発に、いいように振り回されているようだ
 いや、本当に振り回されているのは必死にSL狩りをしているプレイヤーなのだが
 もっとも連携がより強まったという話は本当のようだ。なぜなら、昔の日本運営なら、延長も再延長のアナウンスもなく、全てが終わった後に発表する羽目になっていたのだから


 そんな人気のSL狩りに、私も雑魚戦士で参加した
 コンポジ持ってイグノア打っているだけで参加賞が貰えるので非常に楽なものである。残念なことに面頬はでなかったが、染め粉はようやく9種にまでなった。あと一種がなんなのかは調べていない。はて、何なんだろう。何でもいいか

 あと、SLの沸く場所が今日から微妙に変わった模様
 前は砂漠だと庵の中に沸いていたが、今日から一画面下のほうに沸くようになったそうな。ランダムなのか単に沸き場所が変わったのかは、まだ行ってないのでわからない。獲り逃しの人とかもいるので多分ランダム沸きになったのだろう
 沸く時間もこれまでのきっちり2時間後でなく、いくらかぶれるようになったとか。これ以上走り回るのも面倒なので、残りの染め粉は交換かなんかでいいかなと思ってる

 砂漠会場のゲドン詠唱は久しぶりの超重力を感じたので記念に撮った。以前は固まらなかったSL沸きだが、今週末終了の案内が出てからは人も増え、沸き時にいくらか固まるようになった。やっぱり過疎過疎と言われながらも人はいるもんだ。多分私みたいに普段あんましINしない人なんかも来ているのだろう。良きかな良きかな


 そういえば、前の記事で地面に黒岩を置いてのアーマゲドン詠唱ができなくなっていると書いたが、そのあとお宮で何度か試したら普通に爆発した。単に詠唱失敗が連続してただけだった
 ただ、詠唱が成功したときも腕を上げなかったような。スペルブック持ってると詠唱モーション起こらなかったんだっけか
 アーマゲドンを打つときは腕を広げて


 さー、世界よ滅びるがよい!


 的な動作をすると、勝手なイメージを頭の中につくっていたっぽい。適当なこと言ってすみません


 短いが、とりあえずこんなところで。上手く予告イベントに立ち会えれば、次はその記事を書く予定



残業が入らないことを祈りつつ終わります。

第15回 黒ローブ狩り


散々ぱら宣伝しておいて書かないハズがないイベントの参加レポート






 というわけで、7/19(日)22時から開催された黒ローブ狩りに参加してきた
 以前に聞いた人は繰り返しになるかもしれないが、まずはこのイベントの説明をしておこう

 大和のギルド、生ごるぁ組合が不定期で開催するこのイベントは、簡単に言えば鬼ごっこ。鬼が黒く染まったローブを着て、他の人間がそれを奪うというルール。黒ローブが着たくて着たくてしょうがいない人達がやるゲームだ
 どのくらい着たいかというと


 殺してでも、奪い取る


 レベルでみんな着たがっている。そのぐらいローブに執着しないといけない
 参加する際には、アイテムを一切もたない状態でないといけない。スペルブックや騎士、忍術本もないので使えるスキルもかなり限られている
 さらに今回に限って言えばステハイ、霊話の使用も禁止されていた。鬼がより死にやすくなるための措置だ

 ただ、素手で殴り合ってもそうそう死なない場合がほとんどだろう。そこは主催がちゃんと考えていて、ゲーム開始時と死んだ後の蘇生復活時にアイテムを渡してくれる。何がもらえるかはランダムなのでわからない。裁縫セットとか貰っても泣いちゃいけない

 そうそう、鬼はみんなによってたかってタコ殴りにあうが、鬼だって殴り返して良い。鬼だけはその場にいる参加者誰でも攻撃してよいが、鬼でないものは鬼以外を攻撃してはいけないというルールになっている
 運悪く死んでしまった場合は蘇生コーナーで蘇生してもらい、またゲームに復帰する
 これを30分間延々と続け、最後に黒ローブを着ていたものが勝ち、というゲームだ



 こういうアホな企画がもう15回も行われているわけである。続いているのは単純に、やってて面白いからだが




 では、詳細レポートに入ろう

 予定集合時間ギリギリの21時45分、フェルナンドはムングロ銀行に走っていた。集合場所は銀行横の空き地。見ればもう参加者らしき人影がちらほらと見えた
 スキル構成なんてどうでもいい、とか言っていたフェルナンドではあるが、折角だからと欲の島イベントに合わせて棍棒スキルを上げていたのだ。その日ようやくGMとなった。加えてステハイを抜き、直前までフォーカスも上げていた。これでチャンプの称号はいただきだ

 銀行に持ち物、着ているもの全てを詰め込んで空き地へ行くと、すでにこのイベントの主催、生ごるぁ組合長の赤ごるぁが点呼をとっているところだった。なんとか間に合ったようだ
 イベント中は一時的に生ごるぁ組合のギルドに入る必要がある。なのでクレイニン討伐イベント時にSL派閥へ入ったフェルナンドが派閥を辞めて今回のイベントに参加することになった。フェルナンドは本当に、しがらみがない男だ

 参加者はフェルナンドを入れて5人いた。夜のムングロに立つ裸の男女5名。そのもの達に見つめられる半裸の仮面男。街灯の明かりに照らし出されたその姿は、これからの怪しい宴を嫌がおうにも連想させずにはいられないものだった


 ってか、一般の人に見られた。そして逃げられた


 怪しいですよねー
 実際、こんな集団がリアルでいたら即逮捕だ。さすがブリタニア。全てを許容する深い愛に満ちている
 訳のわからない事を言っていると、さっき逃げていった人が尻をだして戻ってきた


 あんたもかーー!


 その後、遅れてきた人とかその場で鍛冶修理をしていた人とかもひっくるめて、総勢8名の参加者達が揃った。何気に前回より人数多いのでは
 定刻にフェルッカにある生ごるぁタワーへゲート移送してもらい、ゲームの説明を受け開会式に臨む
 Minax派閥のいたずらに笑ったり、初期配布アイテムが弓と矢でまずったなと思ったりもしたが、とにかくゲームは開始を待つばかりとなった
 初めの鬼である黒ローブが配布されたのは、某PC酒場のラマベンダーだった。一人ローブを着込み、それを狙うこちら側に向けて

『この、裸の変態共が!』

 とか毒づく様は最高にCoolだった。横を見ても手ごわそうな面々が揃っている。緊張の一瞬を待った


 ゲーム開始の号令と同時に一斉に攻撃が飛ぶ。矢が、魔法ワンドから放たれる火球が鬼を襲い、逃げ惑うもやがて地に臥す。そして死体からローブを漁った次の鬼も同様に‥
 もうこうなると誰が何をしているかとか見ている余裕はほとんどない。ただただ黒い人影を追っかけてしばき倒し、死体からローブを掻っ攫う。そして着たらすぐに走り出す。余裕があれば高笑い
 開会式の裏で急遽設定したSayマクロは2つしか機能しなかった。ちゃんと事前に組んでおくべきだった

 ゲーム序盤を制したのは召還スクロールで呼び出された熊だった
 召還生物なので普通のよりは多少強いくらいなのだが、なんといっても威圧感がある。こちらは真っ裸の人間。相手は熊。大山倍達クラスでないと素手で熊は相手に出来ないと子供の頃から脳みそに刻まれている私にとって、熊は脅威だった

 また、やはりというか魔法ワンドがかなり有効打になった。魔法100%命中は、こういった狭いフィールドでは逃げ場がないので確実にHPを削ることのできる手段となる。私の後半の止め攻撃はほとんどワンドによるものだった
 途中、クラの不正落ちでタワーから出てしまった参加者の回収で中断があったものの、30分はあっという間に過ぎた



 終了の号令でようやく場が落ち着いたものの、黒ローブを着ている人はいなかった。否、死体が着ていた
 だが、その着ていた死体の持ち主も、号令後にルートして着て、そして殺されていたとのこと。厳正なる判定の元、第15回黒ローブ狩りチャンプの栄光はオルファさんの物となった。一同、拍手で祝福した

 このオルファさん、実はムングロに鍛冶修理にきていた生産の人。集合場所で誘われるがまま参加した人なのだ。こういう所が黒ローブ狩りらしい
 私の記憶によると、オルファさんが黒ローブを着ているときには『武器防具修理しますよ〜』てな言葉を連呼していたような気がする。その後、『修理してくださ〜い』という鉄アイアンを持った娘に撲殺されていたが


 なにはともあれ、こうしてゲームは終わった
 セクシー賞はその撲殺天使ことカトリさんが受賞。この人、前回もセクシー賞とってたような
 緑ごるぁの選ぶラッキー賞は‥シルファさんだったかな。今回のイベントで蘇生した8人目だったからとか。生ごるぁ組合は今年で結成8周年なので、それにちなんでの賞となった

 表彰と閉会の締めの挨拶も終わり、散開となった。今回も非常に良いイベントとあいなった。主催の生ごるぁ組合の面々には、ここで感謝の言葉を述べたい。楽しい時間をありがとう




 閉会式の際に赤ごるぁが、ゲームの長さや、配布アイテムについて色々と喋っていた

 まず、1ゲームの長さが30分では長いのではないかというもの
 確かに、やっていて長いとは感じた。人間の集中できる時間は45分と言われているが、逃げ回っているとそれ以上に集中するのか、途中で少し疲れが出てしまう。これは私が年寄りだからというのもある
 また、同じステップを繰り返している感が強くなるので、メリハリをつけるために20分の一本勝負。10分、5分、3分、1分と、残り時間をアナウンスして緊迫感を煽る演出なんかをしてみるのもいいかなと思った


 また、配布するアイテムの種類が、仕様の変更で年々減っているのも問題だそうだ
 今回のイベントで配布されていたアイテムは、全部は確認していないものの

 武器各種
 巻物(当たり外れあり)
 魔法ワンド(武器としても使える優れもの)
 
 なんかがメインだった
 ハズレもいくらかあり、各種生産道具や松明といった笑いを誘うものや、ポーチの中にポーチという、かなりがっかりする物や、ファイヤーフォーンに硫黄の灰一つという、突っ込みを入れずにはいられないものまであった(ファイアーフォーンセットの灰の数については主催のミスらしい)

 そんな多様なアイテムの種類ではあったが、これでも昔よりその数は減っているらしい
 昔はBSを召還して主催者まで殺されるなんてハプニングもあったが、いまではタワー内でBSは出せない。他にも紫POTが同ギルドメンには効かなくなったりと、殺しのバリエーションが減っているからだそうだ
 UO全体としては、より死ににくくなる仕様が導入され、一般的なゲームプレイでは喜ばれてはいるのだが、こうしたニッチな遊びをしている者にとっては、それも逆効果になってしまうようだ。困ったものだ

 ダメージ源となるアイテム種類の減少は、今回のフェルナンドのような戦士キャラと生産や初期キャラとでの差をひらいてしまうことになる。戦士の有効性が目立ちすぎると、ゲームが味気ないものになってしまう可能性が高い。では、戦士キャラは使用禁止、などとやってしまうとそれはそれで開かれたイベントとは言えなくなってしまう。難しい問題だ

 悩みは尽きぬが面白さを欲する心はそうそう満たされるものではない。次回に向けていろいろ試みはされていくとのことなので、彼らの努力を影ながら応援することにする




 散会後にニューヘイブンでまったりしていたら、チャンプのオルファさんとばったり会った。ムングロではバシを被った真っ当な鍛冶屋だったのに、いまのその姿は半裸の尻出し変態さんウェアー。どうやら何かに目覚めてしまったようだった
 人間としてそれはいかん、と諭し、着ていたkiltを脱いでチャンプに渡し、フェルナンドは宿屋へ歩いていった。もちろん尻を出して
 そう、フェルナンドも目覚めてしまったようだ



まぁ、明日には消えているかもしれないフェルナンドなので、それでいいかなと思うFibでした。また来週

kill! kill them all!


タゲがとれません








 6/15(水)の未明にPub59が導入された。まずはこの話から
 Pub59でようやく追加された腐敗クロークの交換だが、導入当初、バグがあったとのこと。追加されたNPCからクエを受け、指定のものを選んでクエを完了すると、受け取るべき報酬のクロークとは別に、もう一つクロークが足元に落ちるというバグだったらしい。なんともお粗末な話だ
 これによりクロークがいくらか量産された模様。TCでクエを試した人は大抵わかっていたそうな。絶対バグ報告されてるはずだが、そのまま一般鯖へ導入された
 そして、その日のうちに緊急メンテで修正が入った。クエを一時的に取り消すのでなく修正したということは、修正できる準備ができていたということ。パブリッシュを当てる際に未修正バージョンを当ててしまったというポカミスなのか、『TCでバグ潰しをする人へ向けてのささやかな報酬』なのかは不明。前者であることを祈る



 そんな訳で腐敗クロークである
 前にムングロで頑張っていなかったせいもあって、手持ちには2枚しかクロークが無い。交換クエは3つあるので、是非とも全部やっておきたい。なので追加のクロークを取りに行った。場所はもちろん、シャドーロードの沸くトクノだ

 Pub59導入後、徳之諸島の3箇所でSLが沸くようになった。場所はそれぞれ、誠島のWaste砂漠にあるイヌ婆さんの庵、勇島の火山頂上地点北西、勇島の雪原で黒く地面が露出している場所、となっている
 Pub導入時に、SLは半日に一回沸くとアナウンスされていた。が、メンテ直後と12時間後の夜八時代の2回というレアっぷりにブーイングが出て、結局リアル2時間ごとに沸くことになった。いまここが一番盛況である。ルート権さえ取れればTMAFがもらえて、おまけにTOPダメ3位には腐敗クロークが出るのだ。誰でも目が血走る
 今回のSSは7/17(金)の20:40頃の大和。大変に混みあっている事がお分かりいただけるだろう。お宮もリッチに変身して混ざっている

 今回のSLはブラックロックアタックが一体につき1回しか効かない。SLが沸いたあと一番初めにアルマゲドンを詠唱した人が詠唱成功となり、以降はモーションも出ない
なので会場はSLが沸く直前はアルマゲドンの呪文詠唱大会になる。早い者勝ち仕様ではあるが、ブラックロック大量保持者、いわゆるBOTerを優遇しない仕様でもある

 というか、いつの間にかそこいらの地面に黒岩を置いて、普通にアルマゲドンを詠唱する事ができなくなっていた。まだウィスプに逢ってなかっただけに残念。吹っ飛び技で他人の敷地やら通常入れないところに入る、なんてのもこれで出来なくなった訳だ。Tブリ城の王座はまた閉ざされたようだ


 ちなみにこれまでアルマゲドン詠唱者には電波な声が聞こえ続けていたが、Pub59以降、最初のログイン時にメッセージが出て、もう聞こえなくなったことがわかった。お宮の聞いたメッセージはこんな感じ


『あなたを苦しめていた声は消えた。が、あなたの頭の中にあった何かが現実のものとなっただけのような、気がするのだ。何かが・・・間違っている。』


 確かに現実になっている。お宮が聞き続けた言葉は『殺せ!殺せ!殺せ!』ばっかりだったような気がする。いまトクノではまさにそんな感じだ
 まさか殺されようとしている対象がシャドーロードだったとは思いもよらなかった。確かに、何かが間違ってる

 ともあれ、人が多くてタゲすらまともに取れないような状況ではヘタレお宮ではそうそう上手くいくはずもなく、なんとか人の少ない場所でルート権を取るのが精一杯といったところ。腐敗クロークは別の場所で買うかなんとかするしかなさげ
 もっともSL討伐会に参加してTMAFが貰えてしまうのだから、おいしいと言えばおいしい。なんといっても、EV出して地震打ってるだけである。これまで一所懸命に火トカゲやらゲロ猫をぶち殺してきた苦労はなんだったのだろうかと、ちょっとしんみりした


 もっとも、苦労したのはオークブルート先生なんだけどね


 ハイド放置の楽ちん狩りでも結構出るもので、これまでに50個くらいのTMAFを出している。運が良いのか幸運面頬も出ている。あとは染め粉をだが、この分だとSL討伐に参加していれば揃いそう。なので、7月末まで継続が決まったトレジャートクノだが、もうブルート君に頼らなくてもいいかなと思っている



 そして、そんな自堕落狩りとは別の狩りもしていた。狩りをしたのはフェルナンド。昔はレスラーを目指して素手戦闘を頑張っていたフェルナンドだが、今回は得物を持っている。それは棍棒。いつだったか考えた黒ローブ狩り最適スキル構成を試すべく、フェルナンドをニワカ戦士へと作り変えることにしたのだ
 とりあえず八徳装備を着せて忍術に40振り犬になって砂漠で暴れ続けた。その甲斐あってか、スキルは95を越えた。できれば今日中にGMまでもってく予定。PSCも115を食べさせてしまった。110を探していたが見つからず、面倒なので115を買ってしまったのだが、今考えると非常にもったいない気がしている。黒ローブ狩り終わったらスキルは消してしまうのだから


 というか、SAリリース後にはキャラも消えている可能性が大である


 やっぱり無駄な買い物をしてしまったようだ




 公式でやっている第1回イラストコンテストの話

 7/13だったかが締め切りで、ようやく選考も終わった模様。応募は100通を超えていたという話で、その内30作品が公開され最終選考がなされることとなった
 最終選考は一般からの意見を参考に運営が決めるようだ。無難と言えば無難な方法である。組織票で決まるよかよっぽどよい


イラストコンテスト入賞候補へ応援メッセージを送ろう!
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89411
応募フォーム
ttp://japan.ea.com/webform/uo/illust200906_comment


 さて、選考に残った30作品を見ていかがであろうか。やはりというか、実力派はガーゴイル部門に集中したようだ
 良い悪いは人それぞれだろう。特に絵心も無い素人の私があれこれ言うのは角が立つのでここでは自重‥自重‥‥


 自重することにしました。このあと書いた長文をごっそり削ってこれだけ張っておきます

某掲示板で作者自ら晒してくれた選考から漏れた作品
ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=5191445

 多分、ガーゴイルの肌の色がUOの設定と合ってないからガーゴイル部門10番に負けたんだと思う。もうそれくらいしか言えない
 他にも首をかしげ‥いやよそう。とりあえずホコツのスク水見て笑っておこう。それでいい。そういうものだ




 あとは先週のダイナマの話

 特にこれといって目立った事もなかったように思えるが、とりあえずトクノイベントの影響か、客の出足は鈍ったようだ。また、来月の開催日は9日なので連句会と被る。これにより出店側の数がいくらか減るものと思われる
 今月はてんぷら粉の在庫がなかったために、Pub59を見越して一足お先に黒岩の販売をした。掘りで取れるちっこい奴ね

 が、一つも売れず

 話を聞くに、みんな持っているとのこと。そりゃそうか。フェルナンドが売るほど持ってるってことは、当然ながら皆さんお持ちですよねー
 そんな訳で久しぶりに懐の寂しいダイナマとなった。来月はまたてんぷら粉を用意しようと思う
 こんなところかな



オークの人が始めたUOの職業まとめに突っ込みを入れるために、過去のSSを一生懸命見回しているFibでした。loan sharkの訳がサラ金業者だって、初めて知った

怒涛のPub59導入間近!

慌ただしき日々




 ついにPub59がTC1に導入された。欲の島イベントが終わってしまうのではないかと焦りを感じる人もいたかもしれないが、どうやらPub59でも徳之島イベントは継続される模様
 Pub59では徳之にSLまで沸きはじめ、ルート権を取ればTMAFが貰えるとか。さらにTOPダメ上位3人には前に取れた腐敗クロークが貰え、さらにさらに、レアアイテムの不死の宝珠の欠片×3とかDoomAFとかを持ってるとかなんとか

 とりあえずSLを叩けばアイテムが貰えるという事はわかった


 あと、これまでにも入手できた腐敗クローク(Cloaks of Corruption)、確か裏ムングロのSL倒して手に入れた奴が、とうとう交換できるようになるとのこと
 交換品は三種類あって、エンパスアピー、ライキューム、サーペンツホールドの各場所にNPCが設置されクエストで交換だそうだ
 交換には裏ムングロの天使とか、マジンシアの幽霊を浄化して得られたあの糸を使うそうな。一回の交換で10個必要らしいので、一杯交換する人はいまのうちから集めておいたほうがよさげ。Pub59でもマジンシアに幽霊が沸きつづけるかどうかはわからない。不安なら、いまのうちに必要数分確保しておくべきだ


 他にもDawnが戻ってくるとか、クリムゾンドラゴンとプラチナドラゴンの怪獣大決戦が行われるとか、ストーリーも動くらしい。細かい仕様の変更や追加はパラリなり資料館なりを見てもらえばわかるだろう。とりあえず高品質の食べ物に銘がまた入るようになるのはありがたい

 で、そんな導入項目では案内されていないものなんかもある。クライアントにパッチがあたると日本語ファイルなんかも更新されるのだが、それの新旧を比較して、毎回某掲示板の検証スレッドに投稿してくれる人がいる。その情報によると、なんとクリームパイに関するメッセージデータが追加されたそうだ


>笑えるメッセージ編

>Mesannaのクリームパイ
>クリームパイはバックパックに入れる必要があります。
>騎乗中はクリームパイを投げられません。
>Mesannaのクリームパイが当たった!
>クリームパイがターゲットに当たった!


 ちなみにクライアントの解析行為は規約違反なので、運営上等のパラリはこの情報もちゃんと載せていた。まぁ、ここを見るような重度のUOマニアはパラリとか検証スレも見ているだろうから、私も気兼ねなく晒す事にするが

 ともあれ、クリームパイですよ、クリームパイ

 これまで何度も導入を望みつつ(フィードバックは送ってないけど)、導入される事はないだろうと思っていた仕様がUOに導入されるのだ。純粋に嬉しい
 とにかくこの、クリームパイというものは、全ての事象をコメディに変える、そんな力を持っている。これまでは雪球がその役割を果たしていたが、より”つっこみ”の意思表示が明確になるこのアイテムの導入は、UO酒場に新たな未来をもたらすであろう

 できればでいいのだが、雪球みたいな永久アイテムでなく、料理スキルで作れる消費アイテムにして欲しい。Cakeの作成難易度は結構高いが、まぁ、あのくらいの難易度でいい
 あと、投げる相手が持って無くても当たるようにして欲しい。これは追加されたメッセージの中に雪球のような『相手が持ってません』てな奴がないから大丈夫だとは思うが

 このパイ仕様導入後の各種GMイベントが楽しみだ。少なくともフィニガンはパイの山に埋まるであろう
 真剣なイベントNPCの演説中なんかにパイを投げたら、イベント追っかけと荒し好きとの間でパイ投げ合戦が始まるかもしれない。いまから楽しみだ




 SAのベータテストについて

 クローズドの招待メールがまた一斉に発送されたらしい。応募してない私にはもちろん着てないが
 んで、ガーゴのPDがカッコいい、でもバグってるとかちらほら話が聞こえてくるが、肝心のクライアントがでかすぎらしい。一向にテストが始められない人が結構いるとかいないとか。EAも、回線貧弱な鯖しか用意できないなら週末前の3日に分けて招待メール出すとか、工夫をすればいいのに。このまま本番のSAリリースとかになったら、きっとクラのダウンロードだけを眺める一日とかもありそうで怖い。是非、対策をしてもらいたいものだ



 他、UO外のお話

 長いこと質の高いレポートを誇っていたブリカツことLycaeum.netだが、昨年の5月で更新が停まってしまった事は皆さんもご存知の通り
 管理人のオークの人がどうなったのか、ここのところ他鯖のイベントにもあんまし顔を出さなくなった私にはさっぱりだったのだが、どうやら生きていた模様。先日、といっても4月だが、うおみんの日記に更新があったのでわかった。リアル多忙でやもなく離れていたとのこと。うん、リアルは大事だ
 その後、ブリカツの更新が再開されるかと思っていたのだが、待てど暮らせどその気配なし。やはり、一度止まるとそうそう再開する気力はおきないか。というか、これまでの更新頻度は正直おかしかった。中の人が三人は欲しいくらいの活動内容だったし

 が、オークは目覚めたようだ
 先日のうおみん日記で百科事典を作るという記事が上がった。これまでの記事を整理、再編するらしい。さらに新たな知識、いわゆるここ一年とこれから先の仕様変更等の知識も欲しがっており、協力者募集中とのこと
 UOはWebはもとよりエンサイクロペディアの発刊等、個人で情報をまとめる人は結構いるが、wiki的な集合知が日本ではあまり目立っていない。しかし、個人の力に限界があることはVMの閉鎖などを見ても明らかだ。UOの安定とオークの人のリアル生活を守る上で、こういった情報収集にはちょっとだけでも協力していこうかなと思った。あくまで、できる範囲で
 ともかく、志しある人がいれば、是非ご参加を。ブリカツの問合先にあるメールかうおみんのメッセあたりでオークの人に連絡つけてくだされ


 で、なんでこんな事を書くのかというと、ネタで百科事典にFibの項目を作ってもらったから。このブログのはるか初期の頃の話がまとまっていた
 1時間でまとめてちゃらっとPDFに起こしてしまう技術もさることながら、『あんたも見ていたのか』という気持ちが強い。一体、どれだけの人がここを見ているのか。迂闊な事でも書くのを信条にしているので、萎縮しない為にもUO内で『ブログ見てますよ』発言は禁止とさせていただくことを、再度ここに記す





 ついでなので、Fibに関わるとロクな事が無いと思えるような事も書いておこう。当然ながら話題はツール関係だ
 SAが出ると、予想通りというかお爺さんが動かなくなってしまうらしい。FIXされるかどうかは影の人のみぞ知るといったところだが、SA対応版が初めに公開されるのは会員向けにだと思われる
 で、その会員登録が7月一杯で締め切られるとのこと。先日、某専用スレに本人とおぼしき書込みがあった。会員になりたくて頑張っている人はお急ぎあれ、というアナウンスだ
 おそらく、困った時の神頼み的に大量に会員登録が来るのを懸念しての措置と思われるが、そもそも私は会員でないので詳しい事はわからない
 こっちの世界はダークな面があるので、足を突っ込む人は気を付けてくだされ

 上で、集合知がうんたらと言っていたが、物によりけりだなと思った





ラマボルテックスの出現確率を増やしたと、どこかでアナウンスされた気がしたていたが、今週のFoFで1/1024から2/1024に変わった(正確には1/500とドラコニ発言)と案内され、まぁどうでもいいかなと思ったFibでした。うん、本当にどうでもいいな

愛しのVelgaに逢いたくて


予告GMイベントにいってきました。








 欲の島が盛況である。原因はそう、TMAFのあの面頬だ
 新しいAFやらアイテムやらが追加されると大抵略称で呼ばれるのがUOの常だが、今回の面頬は幸運首やらラッキーメンポなどと呼ばれている。幸運300のプロパは部位としていまのところ最大でこれを越すものもはない。今後SAが出て吹き込みができるようになっても、そうそうこれに匹敵するものはでないのではないかと思われる。期間限定もあいまって値上がりは必至。なので皆、血眼になってトクノで狩りをしているようだ

 当然ながら、アイテムスキーの私もトクノ祭りに参戦した。先週は3つ出したと記憶しているが、今週はさらにもう一つ出し、着実な戦果を上げている。未来は明るい。はっはっは


 ガチで獲ってる人は400とか出してるらしい


 いやもう、無理っす。そんな根気ありません。とりあえず土曜日の今日、各地をお宮でちょろちょろ回ったのだが、まぁいるわいるわ。先週よりかは人も少なくなっては来ているようだが、出しやすいポイントにはしっかりといる。密度が濃くなったかもしれない

 ちゃらっとボス沸きに参加したら今回は死なずに済み、 Spite of Evil だかなんかの称号がついたのには驚いた。EVメイジにもちゃんと称号がつくとは
 結局、黒盟郭の入り口で劣飛龍にかじられたり、雪原で雪女に凍らされたり、ヨモツ鉱山の深部でエルダーにぶち殺されたり(触れただけっすよ!)、やまんどんにちょっかい出して追い掛け回されたりと、散々な目にあった。いや、まぁ、これが楽しいんだけどね

 今日一日あれだけ苦労して駆けずり回って獲ったTMAFの数が1つ。そして夜の72gp市でサイコロ振ったところ貰ったTMAFの数が2つ。どうやら私はトクノよりニジェルムで頑張っていた方がよいようだ


 そんなプレイヤーの欲が渦巻くイベント期間中の最中、GMイベントの予告がBNNに上がった。それがこれ


公式:News 愛のために
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89388


 一昨年だったかにあった七夕イベントの続編らしい
 確か当時はKRクラが導入されたあとで、マラスの宇宙を足元に、かなり綺麗な天の川を見ることができたイベントだ。今回も不甲斐ないアルタイルを手助けすべく、冒険者が料理と言う名の壁を食うイベントだ

 季節ものはかなりしっかり抑える日本運営の姿勢は評価できる。さらにこの、

>「今徳之諸島はお祭り騒ぎじゃないですか。(中略)行かずにはいられないんですよ!」

 という、アルタイルまでもがトクノに出ずっぱりという設定には笑わせられた。ユーモアたっぷりだ



 そんなわけで時間指定が一番はやい大和の回に参加した模様を以下レポート



 7/4 21:00

 アンブラの街ゲート付近にアルタイル出現
 やっぱりヘタレなアルタイルは義父の出した課題の解決を冒険者に求め、件の場所への白ゲートをだす。本人は腹の調子が悪いとかいう言い訳をして常設黒ゲートへ消えた。おそらくトクノに行ったのであろう

 一度は食い切った料理の壁、今回も冒険者達は我先にと壁にひっつき喰い始める
 通路は南から北へと向かっていく直線。幅は11マス。直線の先には延々と壁が設置されている。壁は1マスごとのオブジェクト。濃い茶色でカーソルを合わせると『愛の料理』『男の食べ物』『生臭い料理』等のアイテム名がハイライトと共に表示された
 満腹になる量は壁ブロックごとに違いがあるようだったが、必ずしも料理名で違いがあるようには思えなかった。なにしろそんなこと気にする暇もなく、ひたすら食い続けていた
 当初は手当たり次第だったが、すぐに一番進んだ者のさらに先の壁を食べるという連携がとられるようになった。大勢の冒険者はひとつの生き物のように、壁を喰い破り続けた


 ここで仕様の説明をしておこう。満腹度は0を含む25段階ある。0ならなんでも食べる事ができ、25になるともうそれ以上食べる事が出来ない満腹状態となる。食べ物には満腹度が設定されており、人参などの1のものは25個食べる事ができるが、豚の丸焼きなど25のものは一つ食べただけでも満腹となる。詳しくは職人の部屋とかで見てくだされ
 そして、現在のUOの仕様では腹を減らすメジャーな方法は以下の2種
 一つは消化薬。これを使うと一気に0段階目の腹ペコ状態になる。ブリ城に追加されたクエストの報酬アイテムで10チャージの使いきり。多分、ブレス品
 もう一つはお馴染みのHP回復連動。減ったHPが自然回復するときに、回復量にあわせて満腹度が減っていくというもの。HPの増減がない生産者が2年前に食べたきりずっと満腹状態なんて話があるのもこれのため

 で、消化薬は最近追加されたものだが、今回のイベントに限って言えば10チャージなどすぐに使い切るのでまったく意味は無い
 結局、古式ゆかしい緑茶(毒ポーション)によるHP減らしと自然回復により腹を減らす方法で壁の除去は進められた。また、自分に攻撃魔法を打つなどの強行手段を取る者も大勢いた。頼もしい限りだ
 何が彼らをそこまで追い立てるのか。この問いには恐らく、『そこに壁があるから』という答えが返ってくるのだろう。冒険者達は壁を食べ続けた


 とにもかくにも一生懸命食べ続けた冒険者の前に、よくやく道のようなブロックの隙間が見えてきた。方向転換してその隙間に合流。開けた通路を一気に進むと、そこには赤ネームの処刑人の文字が!



 って、なんでホコツやねん(SS参照)


 通路に配置しただけだと姿を確認する前に倒されてしまうだろうと、わざわざ一番手前のブロックを一つあけて処刑人を配置する芸の細かさ。大いに笑った。てか、この料理を設置したヴェルガの父は、アルタイルを抹殺する事に決めたようだ。殺意が溢れている
 いくらかの犠牲を出しつつ、行く手を遮る処刑人を打ち払い、さらに冒険者は先へと進んだ。そしてとうとうあと1ブロック食べれば先は開けた場所というところで、まさかの事態が発生した


冒険者「この壁食えねぇ」


 なんと、これまでの料理はなんとか口に突っ込むことが出来たが、目の前の壁はもはや口に入れることすらできない物であった。どれも同じように見えたが、やはり、いままでの壁は一応食べ物だったということだ
 本物の壁伝いに食べ進んでいくものの、結局あと1マスは全て同じように突破できない壁で遮られていた。これは最後の一口はアルタイルが食べなければという事なのだろうか
 と、ここで感のよい誰かが気づいた


感の良い冒険者「東側2マス残ってね?」


 ブロックの幅は11マス。我々はほぼ真ん中をつっきって食べ進んできた。が、いま壁を目の前にして自暴自棄になった欠食冒険者が食べ広げた空間の幅は9マス。東側2マス目は最後の列以外の手前部分も最後の壁と同じく食べる事ができない壁だった。なので東側2マスはスタート地点からずっと壁が続いている。食べられない壁だ
 いや、正確に言うと我々から見て手前の1マス、東側から2マス目の壁が食べる事ができなかった壁だ。さらにその先、一番東側のマスにある壁は‥


全員「謀られた!」


 見事にハメられた
 結局スタート地点まで戻り、一番東側のマスを食べ進めていったところ、最後のマスの壁も食べる事が可能であり、通路が開通した
 このマップを作ったGMはしばらく自慢していいよ。ここに拍手喝采を送ったプレイヤーがいるから

 このあと無限の回にも参加したが、こちらはスタート地点まで戻る必要はなく、10マスくらい戻ったところで西側に通れる道ができてゴールできるようになっていた。スタート時間が鯖ごとに違うため、他鯖攻略組のもたらす情報でネタバレせぬようコースを変えているのであろう。無限の場合は参加人数も少なそうだから、リカバリを容易にしていたのかもしれない。細やかな配慮だ
 もっとも、無限では大和の人もいくらか見かけたが、みんな真ん中掘りを注意するわけでもなく、現地の人と一緒になってワイワイやっていたので、ネタバレはしていなかったようだ。プレイヤー側でもそういった気遣いができているのはUOの良いところだと思う


 とにもかくにも、料理と言う名の悪意の壁は越えた
 足元には星々がきらめく透明な床を走り進んだその先に、果たして、彼女はいた
 ヴェルガ
 ヘタレなアルタイルを献身的に待つ女性。ネクロマンサーらしく肌が青黒いのがちょっと不気味だ
 二つ並んだ椅子に座りアルタイルを待つ彼女は待ちくたびれたのか眠っていた。そういや一昨年の時もずっと寝ていて、起きるまでかなりの時間がかかったような

 このエンディングが見れない、話に決着がつかないという事態に冒険者達は苛立った

「起きろー」
「おきろ!」
「起きないとチューしちゃうぞ〜」

 セクハラまがいの脅迫にも気づかずヴェルガは眠り続ける
 誰かがヴェルガの鞄を覗け、物を入れられることを発見したので、雪球が投入された。だが、雪球連射にもヴェルガは目を覚まさなかった
 いつの間にやら、お調子者の冒険者達の手により、彼女の鞄の中は大変なことになっていた(SS参照)
 もしや、目は覚めているもののあまりの人数を恐れて眠ったフリをしているのでは、そんな考えが頭を過ぎった


 そんな状況でイベント終了
 実際のところは、これで予定通りなのだと思う。一昨年と同じく、後日、椅子に座って仲良くしている二人の姿を見ることができるだろう。アルタイルがTMAFにまみれていたら大笑いなのだが

 また、ゴール地点には竹と渓流?のオブジェが設置されていた。短冊ノートは未設置だったが7/7までにはきっと設置されると思われる。無ければ自分で赤本にでも書いて置いとけばいいだろう。UOのなかで願い事をするのも一興。幸運面頬が欲しいって願い事が多そうだが
 今回のイベント、毎年やるやっつけ季節モノと思いきや、なかなか凝ったイベントだった


アルタイルですら欲の島をやっている昨今。幸運面頬は無理としても染め粉コンプくらいはやっておこうと思うFibでした。でも面倒なんだよねぇ
予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。