やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーゴイルになるのは誰だ

色々困ってます。





 9/9に迫るUO次期拡張のステイジアンアビスだが、これの導入前に何をやっておけばよいか色々考えている。正確には、色々やるべき事がありそうだが調べるのが面倒なので考えるのをやめている
 そんな問題山積みの中でもとりわけ頭をなやませているのは、どのキャラをガーゴイル転生すべきかということ
 今回はこの問題に終止符を打つべく、このブログを書きながら考えをまとめていくことにする



・いったいどのキャラをガーゴにすべきか

 MLはエルフ転生クエストが用意されていたので、後々調整が利いた。だが、今回は『ガーゴイル転生トークン』の貰えるコードがSAパッケにくっついてくるらしい。恐らく貰えるトークンはひとつだけだろうから、既存キャラクターをガーゴにする場合は1キャラのみとなる。もちろん、複数アカウント持ってる人や、パケを3つも4つも買うセレブな人は好きなようにできるだろうが、貧乏人の、そしてあまりやる気の無い私は、とりあえず1つ買うだけで精一杯だ。というか、買うかどうかすら怪しい
 なにより、店頭販売がなくなったのがつらい。今のところSA入手は3ルートあり、アマゾン、UOストア、EAストアでの販売となっている

公式:「ステイジアン アビス」購入方法
ttp://ultimaonline.jp/entertainment/museum/series/uosa_purchase.html

 アマゾンだと少し割引があって安いが、konozamaに泣く可能性もあるので注意が必要
 クレカ払いが楽といえば楽だが、セキュリティの強化が図られたという案内がない以上、UOストアやEAストアでカード番号晒すのも嫌なので、WebMoneyかなんかで支払いをする予定。様子見も兼ねて、9/9当日の購入はなさそうだ。特にスタートダッシュする必要もないことだし


 話がずれたがガーゴイルである。ガーゴイルの利点としては

 ・飛べる(ガーゴイルしか行けない通路があってショートカットできる)
 ・練成の成功にボーナス
 ・ガーゴ専用武具

 逆に欠点としては

 ・ガーゴ専用武具
 ・騎乗不可

 だろう。利点、欠点ともまだまだあるが、とりあえずここらが重要ではないかという部分だけ挙げてみた

 ガーゴ専用武具は利点にも欠点にも入れている。装備スロットや練成品の兼ね合いで、既存の武具構成と同じようにはいかないのが利点にも欠点にもなりえるところが悩ましい
 とりあえずスロットについては頭、手、足(靴部分)、背中(マント部分)が装備不可になっているので、白豚基準でいくと回避低下眼鏡、嵐篭手、回避矢筒が装備できなくなっている。さらに首はネックレスのみとなっている。これは既存の白豚戦術を使うには辛い仕様だ
 総抵抗でいくと、スロットが減っているもののガーゴ専用の防具は抵抗が高いので、頑張ればALL70もいくかなというところ。ただし、エプロン部分が抵抗つきのKiltを着せることになるので、やはり白豚としての戦闘力は低下する。酸ドラに乗れないので接近戦で不利になるのもいなめない

 結果として、PvMにおいて既存の白豚戦術を続ける限り、ガーゴの選択は無いと思う

 ではガーゴがPvMにおいて劣っているかというと、一概にそうとは言えない
 耳、首につけることのできるイヤリングとネックレスは練成でスキルをつけまくれる。人間の場合はリングとブレスレットだけだが、これにさらに2箇所のスキルブーストが可能となるのだ。結果としてこれまで成し得なかったスキル構成が可能となる
 練成で入れることのできるスキルは限られているが、それでもBTMでありながらさらにトレハン必須の2スキルが入ったりとかもできる。Gドラを盾にした不調テイマー戦士なんかもいけるので、ここらへんは練成品の流通にともなって色々試されていくことだろう

 また、ガーゴイルは投擲武器が使えるのが強みだ
 いま考えているガーゴ戦士の案としては、神秘呪文のSleepを使いつつ投擲で攻撃する中距離戦士
 レイス変身してマナリーチで吸い続けながらSleep連打。相手は動けないので攻撃が来ずに一方的に攻撃できる。Sleepの良いところはパラと違って解除後に耐性がつかないところだが、これが正式導入後も使えるかどうかは不明。猛威を振るったら下方修正されるだろうし、耐性がつかないというのが私の個人的な感覚によるところでまったくの出鱈目かもしれないのが穴だ。βの時にしっかり検証しとけばよかった

 ともかく、PvMでガーゴがまったくの役立たずか驚くべき性能を発揮するかはSAが導入されて色々試されてから判明するであろう。なので判断はつかない。少なくとも既存の白豚をガーゴにする必要はないと考える


 対人に関して言えば、より機動力が重視されるのでガーゴはまずこないと思われる。騎乗できず、飛んでもボーラで落とされるとなると飛ぶまでに似非馬召還よろしく遅延が発生するのはいただけない
 もっとも、私自身が対人を知らないので、あくまで机上の空論。対人に関してはやってる人の話を聞くのが一番だ


 生産職はどうだろう。まず、練成品の魅力について考えてみる
 練成品は非常に魅力的だ。プロパを自由に選べるので、これからの武具は練成品が多く出回ると思われる。たとえテンプラ粉が使えないと言っても、同じものをまた作ればいいだけの話なので問題は無い
 一級品は変わらずルニ製の神武器、一般的に使われるのは練成品となるだろう。昔のHQ感覚で使われることになると思われる
 となると、生産職に練成スキルは必須となる。そして練成の成功率が上がるガーゴは、練成スキルと相性ばっちり。なので生産職はガーゴ一択となる

 ‥なるのだが、ここにまた難しい問題がある
 まず、練成の元となる各種の宝石は堀りや樵、釣りなんかで集めてこなければならない。堀りをして宝石を集めやすいのはエルフだ。なので採掘スキルはエルフこそ相性ばっちりとなる。ここで問題になるのが鍛冶と堀を同じキャラに入れている場合だ。このキャラにさらに練成を入れるとしたら、はてさてエルフとガーゴのどっちにすべきかという問題

 また、もうひとつの問題としてガーゴは騎乗できないという欠点がある
 ルナ銀でバルクをもらう生産職のほとんどがゴキに乗っている。アンブラローブを着てゴキに乗るのは生産職の正装と言っていい。慣れ親しんだゴキに乗れなくなるのはちょっと悲しい

 私の場合、生産は一次職と二次職に分けているので、とりあえず材料を使って実際に作るほうの既存キャラをガーゴにする予定。前にちょっと出てきたエルフ女のカレプーだ
 これまで色々レシピを食べさせてきたこともあるので、これは仕方ないかなと思っている。ただ、全ての武具のメンテを一キャラでできるようにしているのでスキル枠がかつかつなのが辛い。現状からどう変えるか考えてみる

二次生産キャラ

鍛冶 120 → 120
裁縫 120 → 120
大工 100 → 100
細工 100 → 100
弓作成 100 → 100
武器学 100 → 100
音楽 15 → 0
魔法 55 → 0
練成  0 → 120

合計 710 → 760


 あー、収まらんかやっぱ
 現状では音楽は15UPアクセをつけて、HQ楽器を作るときだけ45にしている。ガーゴになればさらにスキルブーストができるのですっぱり切れる。魔法も普段から+15アクセを4つつけて本も持てば75くらいいくだろう。そんな風に考えていたが、いやはやそれでもやっぱり収まらなかったか。カレプーのガーゴ転生は断念せざるを得ない
 となるともう、二次生産キャラをもう一人つくるしかない

二次生産二人目(ガーゴ)

練成 120
魔法 100(ブースト120)
書写 100
料理 100
鑑定学 100
錬金術 100
毒 100

 これで合計720。鑑定学はいらんと言えばいらんが、魂石の欠片に入れているくらいならいれてもいいだろう。書写で作るスペルブックも魔法スキルの表示値が関係するので、120欲しい。SAで低級PSCをまとめて中級、上級と上げることができるようになるので、生産のためだけに120にするのも楽になるのではなかろうか。というか、このくらいの目標がないとキャラ作りに意欲がわかない

 有用な練成スキルだが、これを上げるには必要素材の関係から成功率の低い人間やエルフの方が楽になる。初期キャラに50ふって上げ続け、120になったら抜いて新しく作ったガーゴに入れることにしよう。練成PSC120が2枚必要となるが、入手のクエストは割りと簡単そうだったので、これは問題なさそうだ


 さて、生産キャラにもガーゴイル転生トークンを使わないとなると、次の候補はBTMだ
 私の持っているBTMはクーシーテイムを考えてエルフにしている。もちろん、ファッションとか全然気にしていない幸運濁装備だ。いや、幸運濁装備だった
 ずっと幸運濁でやってきたのだが、プレイヤースキルと抵抗の薄さから転がること度々だったので、仕方なく抵抗だけは上げようと、一部幸運装備を捨てている。さらに音楽スキルやらGドラ使うためのテイマースキルの関係でスキル枠もかつかつになり、MLで導入された音楽腕を使っている。結局、抵抗も幸運もそれなり、ついでに言うなら連れているペットもそれなりな中途半端BTMになっている
 そんな中途半端などっちつかずのBTMではあるが、ガーゴ専用のペットもなく、幸運面頬もつけられず、騎乗できないガーゴテイマーというのはやっぱり嫌だ。BTMをガーゴにすることはないだろう



 残りのキャラというと、かなり限られる

・お散歩ステハイ忍者(お宮)
・時代遅れのトレハンバード

 やはりこの二人のどちらかがガーゴイルになるのか
 お宮に関して言えば変身魔法を網羅するという目標があるので、神秘呪文は入れる予定。ただ、スキル枠がつらいのでSWを中途半端に下げ、空いたところにねじ込む予定。SWの変身呪文と神秘の変身呪文がそれぞれ100%成功できるスキル分だけ入ればいいかなと思っている
 神秘呪文に関しては召還生物のColossal Stone Titan(通称:コロ助)が強いという話だったが、使ってみた感想はそれなり、と言ったところ。マナを50消費するのでマナコス濁だと30で召還できる。ただスロットは5なのでこれまた結構使いづらい。トレハン時の盾にできるかとも思ったが、コロ助が真価を発揮するにはEIと練成が入ってないとならないので、ならGドラ使ったほうがいいじゃないかという突っ込みもある

 変身に関して言えば、現状のポリモフだとガーゴイルに変身しても、そこらを歩いている奴隷ガーゴにしかなれない。もし正規SAのポリモフ枠にPCガーゴが入っていないようであれば、お宮がガーゴに転生することになるだろう
 だが、これまでバンダナに袴姿で認識されていたお宮がガーゴイルになった場合、一体どれだけの人がお宮をお宮と認識してくれるかと言う問題がある。つい最近、イメチェンした服が着れなくなるのも問題だ
 が、まぁ、どうでもいいか。結局のところ根っこは孤独民なので特に誰に文句を言われるわけでもないし

 と言うわけで、私のSA導入後キャラ構成はこんな感じになる


・白豚(エルフ男)
・BTM(エルフ女)
・二次生産修理(エルフ女)
・二次生産練成(ガーゴ男)New
・一次生産(エルフ男)
・トレハンバード(人間男)
・お散歩ステハイ(ガーゴ女)お宮転生体


 あれ、人間の女がいない
 なるべく種族と性別はバラけさせるのが信条なので、BTMか二次生産を人間に転生させることにしよう

 新規導入される投擲を使ってワーキャー楽しむキャラを入れる余地がないのが悲しいところだが、それは別にメイン鯖でやらずとも適当にどっかの鯖に作ってやればいいかなと思っている


どうでもいい私事をつらつらと書いてはみたものの、果たしてこのブログの内容が読む人にとってどれだけ参考になるか、はなはだ疑問なFibでした。
スポンサーサイト

LUNA*LUNA Fashion Party! と 静寂の外套再配布


イベント盛り沢山の土曜日でした。







 平日のある日、うおみんに入るとメッセージがきていた。差出人はティファニーさん。大和のルナ場内にあるLUNA*LUNAというファッションを扱ったお店の店長さんだ
 内容は、とあるイベントの紹介。どうやらまたLUNA*LUNAでイベントをやるらしい

 最近だが、秋のルナコレなる偽イベントの告知本が撒かれたと店長が言っていたが、その件とは別らしい。ルナコレは春にやったGMに会場を作ってもらっての大規模なPCイベントだったが、今回は店の特設舞台でやる一般的なギルド主催イベントらしい
 って、そういやLUNA*LUNAってショップアワードとって店の前に特設ステージ作ってるんだっけか。過去にもこのステージで月ごとにファッションショーが開催されていたようだが、なんだかんだで行っていなかった。今回も静寂ローブがらみのイベントと被るのでどうかなと思ったが、なんとか時間が空いたので行ってみる事にした


 過去にルナコレなんぞに出てみたりはしたものの、基本的にファッションとは無縁のUOプレイをしているFibにとって、ファッションは未知の領域。幸運ローブで全てが隠されるからと適当な防具しかつけていないキャラばかりなので、今回はおそらく一番マシな部類に入るであろうお宮で行く事にした。一応、女キャラだしね


2009/08/22(土)

 会場は大和ルナの銀行から北へ行った城内にあるLUNA*LUNAショップ横特設ステージ。21:20くらいに行ったが、既に舞台の周りにはテーブルが置かれ、食べ物が盛り付けてあった。パーティーっぽい
 最初こそ人が少ないなと思ったが、次第に集まる人で席は埋まり、急遽増設ベンチが作られるほどに。人気のイベントのようだ
 定刻から遅れること5分、ようやくイベントが開始された。司会の鹿マスクの人が途中で落ちるなどのハプニングがあったものの、店長挨拶に続き順番に店員さんが自分の衣装を纏いステージに上がった

 このイベント、ただ店員さんが衣装を紹介するだけにとどまらず、客席から一人参加者を募って、その人に着て貰うことになっているらしい。その衣装は貰っていいそうだ
 さらにイベントの紹介文をイベント開始直前に読んだところ、どうやら物によってはBルニで作られた防具が入るとかなんとか。なるほど、これが客寄せの目玉だったか。セレブの街ルナを店の名に冠するだけあって、大盤振る舞いなイベントのようだ

 1番目レッドローズさん、2番目メープルさんの衣装はエルフ専用防具が使われていたため、エルフの人限定で着てくれる人を募集することになった。会場ではエルフが少なく、どちらも一人だけが手を上げて抽選はなくすんなり決まっていった
 というか、メープルさんの衣装に手を上げたのは自称イケメンの男エルフだったが、はたしてそれで良いのだろうか。スカート履けるのか

 二人の紹介を見て、やはりファッションを楽しむのであればエルフだと思った。着る事の出来る服の種類が多いのは、選択の幅が広がって良い。特に、あのエルフブーツを履けるところが良い。レッドローズさん、メープルさんとも、今回の衣装で使っていたし、ポイントだろう
 頭装備まで見せたいのであればポリモフで人間変身すればよい。やはりエルフは偉大だ


 続いての3番目は店長のティファニーさん。熊マスクの染め色に拘りがあるようだった。純白フルエプロンに違う色のハーフを重ねるのはセンスが問われるところだろうが、上手い事合わさっているところが流石といったところか
 4番目はフミさんで、この人のはエルフ専用でも女性専用でもないオールOKな衣装だった。最初、ローブ姿で出てきてそのローブを脱いで衣装を見せたのだが、ローブの染め色もシックな黒系だったので、一瞬ローブが衣装なのかと思ってしまった
 最後の5番目はアメジストさん。秘薬低減100%を揃えつつ、ファッションとして成立させていた。活動的でありながらオールシーンで使えそうな衣装だった
 

 気になるそれぞれの衣装は今回のSSで堪能してもらおう。左から1番目、2番目という順番。モデルは客席応募の人なので、一応名前は臥しておく
 で、なぜか5番目のPDだけ違和感があるのは、モデルがお宮なため。秘薬逓減100%に惹かれて挑戦したところ、抽選に勝ってしまった。抽選はサイコロによるBig or Smallで、見事3回勝ち抜いた。サイコロ運がよい日と言うのはあるようだ

 抽選後に店の奥に引っ張られて着替える事になったが、そこで今回の目玉でもあるBルニも使ってもらえる事になった。打って貰えるのは3点で、お宮は手、首に加えて脚を選択。さらに無理を言ってS革で作成してもらう事にした。なんというか、幸運140の限界に挑戦して貰いたかったのだ。後の会場お披露目の際は防具の抵抗強度で盛り上がってたので、ちょっとこの選択はまずったような気もしたが、まーしゃーない。出来たBルニも、強度こそBルニ!なのだが、お宮的には普通に貰った低減セットの方が有用なところが泣けた。やっぱルニはギャンブルですな

 肝心の衣装の方だが、これがまぁ、いいのですわ
 これまでずーっと袴下と袴、頭はバンダナのお宮であったが、それがこうしてまったく別の服を着ると、なんというか


 別垢の人のキャラを勝手に操作している


 かのような気分になってくる。いや、垢ハックとかやった事もやられた事もないですけどね
 妙なテンションになって叫んだりもした。いやはや、ファッションの力恐るべし
 このアメジストさんの衣装の売りは、夏の衣装に加えて重ね着することで秋と冬にも対応できるという所だ。貰ったセットには秋冬用にエプロン、ハーフエプロン、プレーンドレスなんかもついていて、その時々で着まわせるようになっていた。素晴らしい
 と言うわけでこれから一年くらいは、お宮はこの衣装で通してみる事にするが、果てさて、いつ全ロスするか、それだけが気がかりである


 レベルの高いファッションに参加者も盛り上がり、イベントは大盛況で終わった。その後の打ち上げは何故か会場横の通路で行われ、道行く人の視線を浴びながらも酒を飲み雑談に興じる店員と参加者達であった。0時までの暇つぶしにとお宮も残ったが、やはり酒が入ると場はカオスに
 エルフ装備を着るための派閥イヤリング獲得の為に、ギルド単位で派閥へ参戦すべきかという話題には笑った。ファッションとはそこまで人を動かすものだったのか
 その後、店長の懐からTMAF染め粉が出て抽選大会になったりと二次会も盛況となったが、0時を過ぎたのでお宮はそこでおいとました


 ともすればずっと同じ服を着続けてしまうUOのキャラ達ではあるが、『毎日服を着替える会』なんてのもあるようなので、お手持ちのキャラの一人くらいは色々服に凝って見るのもよいかもしれない。そんな折には、大和のブランドショップ、LUNA*LUNAを訪ねてみてはいかがか
 うまいこと宣伝も織り込めたような気がするので、とりあえずイベントリポートはこんなところで良いだろう




 続いてもイベントリポート。と言っても内容は薄い
 時間は前後するが、同じく8/22(土)の21:00、ブリタニアの各地で散発的に赤ネームのモンスが沸いた。内容としてはこれ

公式ニュース:BNN - 失態
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89475

 先日ブーイングの嵐だったステルス+10ローブの再配布だ。配布というのは間違いか。ローブを餌にしたGMイベント二回目といったところ
 一回目は鬼ごっこだったが二回目はモンス沸きである。それも恐らく虐殺系だろう。なんというか、そういう匂いがした

 ニュースの内容から、当初は


・赤ネームブリガントの鬼沸き


 を予想していたが、甘かった。実際は


・高抵抗ホードミニオン×5
・引き寄せカオスデーモン×1


 だった。Rissa改めRyssaが何故彼らの手にかからず生きながらえているのか、それだけが疑問だ
 恐らく死ぬであろう事を見越して勇の社で待っていたところ、21時過ぎに赤ネームが沸いた。どんな姿か確認する間もなく、とりあえずHPバーを引っ張り出して弓を打った。先日のSL戦でも活躍した雑魚戦士が今回も頑張ってくれたお陰で、なんとかミニオンのルート権を取れた。イグノアさえ決まれば一発なので楽だった
 で、棺桶の中を見るとローブぞろぞろと‥



( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚ Д゚) …!?



 5着入ってました

 先週ホコツで酷い目にあって、大和では参加すらできなかった配布イベント。ローブの数は絞ってくるだろうと思っていたが、ここまで大盤振る舞いとは

 いやまて、本当に大盤振る舞いなのだろうか
 このミニオンのルート権を取ったのは恐らく私ともう一人。多分ミニオンのローブ持ち数は10
 んで五匹?沸いたとしたら、この場所で50出ていることになる。これが5箇所なので、ミニオンだけで250枚出したことになる。これにデーモン分も合わせれば、確かに”数”としては大盤振る舞いだ。おそらく、アクティブなプレイヤー一人につき1枚は十分配布される数が出ていると思われる
 が、私が5枚独占しているという事は、当然ながらその分、割を食って取れなかった人もいるのだろう

 一回目のあの配布イベントをやったあととなると、このようなイベントにせざるを得ないというのはわかる。前回の失敗を踏まえて”悪者はモンス”という位置づけにしているのは良い。Dawn側の人間を悪者にすべきではない
 SL戦と同じく、強い者、運の良い者が勝つルート権獲得方式なので、公平性という点でも問題ないだろう。UOの常として取ったもの勝ちは受け入れられている

 うーむ、なのだが、この方式でも貰えなかった人が満足できるとは思えない。やっぱりモノが有用プロパ付アイテムだからだろう。これが色違いの特殊名内装品とかだったら、まったく違った評価になるのではなかろうか。スカベンジャーハントが盛り上がったのも、結局のところ負けてもそれほど惜しくないアイテムだったからだと思う
 結局のところ、煽ったのが物欲だった点がまずかったのだろう

 これからもこういうイベントが続くとなると、他のアイテムゲー嫌いでUOを続けている既存顧客がどんどん離れていくような気がしてならない。それだけが心配だ



余分な静寂ローブは次のダイナマで売り飛ばす事にしたFibでした。結局、1着あれば十分なんですよね

UOSA オープンβ開始

SAのオープンβをする際に必要そうな情報をちょこっとまとめてみます。



・激重覚悟のクライアントDL

SAクライアント
ttp://ultimaonline.jp/downloads/uosa/UOSASetup_104.exe

SA用2Dクライアント
ttp://l3-cdn2.nap.eamythic.com/uo/sa/UOSAClassicSetup_1_25_35a.exe



・SA用テストシャード

 RetributionシャードがUOSA用のテストシャード
 各種TC用発言コマンド使用可能。家は一般鯖とは別カウントだが、別TCはカウントされる。(Retributionで建てると別TCの家は接収)

テストセンターの発言コマンド集
ttp://ultimaonline.jp/game/system/tc/tc_001.html


・スタート地点

 キャラ作成でガーゴイルを選ぶと、テルマーの宿屋前からスタート
 キャラ作成で人間、エルフを選んだ場合はニューヘイブンから。SAクラなら初期クエが始まる


・ガーゴイルで飛ぶ方法

 SAクラ
  PD左下のキャラクター特性アイコンクリック→種族タブクリック→強力な翼アイコンを適当なホットバーに突っ込んで使用(ショートカット登録すると便利)

 2Dクラ
  PD左下のキャラ特性本?をWクリしてFlyingのアイコンを引っ張り出して使用

 どちらもSpM使用に似ている。というかSpMと同じようなもんか


・その他

 トカゲに気をつけろ




 時間がないのでとりあえずここまで。後々、適当に情報追加していこう
 あと、最後にこれを言っておかねばならない



 クローズβ、やってました



 秘密にしててすみません m(_ _)m
 いやー、なんか、漏らすとEAに怒られそうだったので、ずっとここには書かないでいました。NDAも解除されたそうで、ようやく書ける。ほんと、ストレス溜まりっぱなしでした

 えーと、他のファンサイト管理人なんかはEAから招待メールが来たそうなのですが、ファンサイトリンクにも登録せず、勝手なことばかり書いている当ブログには、当然ながら招待など無く、自力応募したわけです。いつだったか、酔っ払った勢いで捨てメアド作って色んな懸賞に応募しまくったとき、せっかくだからと4gamer枠でUOSAのクローズドβにも応募した所、受かってしまった訳で
 GT7が貰えてラッキーと思いつつもテストするのは面倒臭く、ちょこちょこやってはフィードバックしてました。どれだけ直ってるか、これから確認してみます


といいつつ、今日はUOはできなさげ。静寂だったか沈黙だったかのローブ配布イベントに出れないのが心残りのFibでした。
批判噴出の為か、昨日の瑞穂で配布したIGMの対応はかなり良く、アタリGMと認定された模様。最初からこうしておけばと思いつつ、改善されるだけでも十分よい対応だと思っております。

サイレントローブ配布は成功か失敗か


久々の考察です。









 先日ルナが襲われた直後に駆けつけたDawnが、『ルナを守った人にお礼がしたい』との事で、ステルス+10のついたエルフローブを配る事になった。BNNは下記の通り

BNN - 御礼
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89458


 海外では先行して行われたこのイベントだが、その様子を聞くに、なんとイベントモデレータがPCに対して一人ひとり手渡しで渡していたとのこと。人の少ない鯖ならいいものの、過疎と言われつつも和鯖はそれなりに人もいる。果たしてどうなることやらと見守っていたところ、12日(水)に無限で一発目の配布イベントが行われることになった

 だが、うっかり失念しており、この無限の配布イベントは行きそびれてしまった。参加した人の話だと、予告された時間にニューヘイブンにゲートが現れ、通った先は宇宙で、そこで10人ずつ椅子に並ばされて鞄にローブが自動で沸いたとか
 人も多かったせいか、もらえるまでに何時間か待った人もいたそうな。やはりというか、手渡しやそれに準じる方法では無理があるのではないかと思われた



 そして8/13(木)

 公式HPは書き換わり、手渡し方式でも並ばせ方式でもなく、宝探し方式にすると発表があった
 宝探し方式というのは、いわゆるスカベンジャーハントのあれ。ただし、今回はIGM操るキャラがブリタニアの各地に現れ、そこで手渡しされるとのこと。現れる場所は当日開始と同時に公式HPにて発表されると書かれていた
 どうなることか一抹の不安を覚えつつ、北斗鯖に乗り込んでみた

 20:20
 北斗と言えばホコツである。先日のルナ襲撃の際も魔法GMが意外と役に立ったホコツキャラを起動してニューヘイブンに急ぐ。すでに広場は人で埋め尽くされ、ルナ襲撃の時より多いのではないかと思われるほどの人込みだった。やはり他鯖からの出張組も多いのだろう。かく言う私もそうだが

 20:30
 公式HPが更新された

 ・フェルッカのジェローム
 ・トランメルのトリンシック
 ・イルシェナー ガーゴイルシティあたり
 ・マラスの砂漠のどこか
 ・誠島のどこか

 この5箇所のどこかに沸いているらしい。最後の二つは恐ろしく範囲が広いのだが、よくよく考えればトリンシックも広いか。ここから探し出さないといけない
 遊び半分ではあったが、折角来たのだから一着くらいは貰いたいなと思い、おそらく探索の範囲とリスクが一番少ないであろうガーゴシティを目標にして走ることにした
 ルナ襲撃の際に失った馬を買いなおし、なんとかガーゴシティにたどり着く。街ではすでに多くの冒険者が駆け回り、IGMの姿を探していた
 だが、一向に見つからない。おそらく別の場所にいるのだろうという結論に落ち着き、多くは町の中心である銀行のある十字路と、入り口近くの広場に集まっていった。もちろん、散発的に人の出入りはあり、常に街の中は誰かしらが走り回っていた。いつもは静かなガーゴイルシティがにわかに活気づいた

 が、待てど暮らせどIGMは現れなかった。シビレを切らせ、他の場所も探しに行ったところ、Fジェロームでは、とある家の前に行列ができていた。この家の中に現れる事を知っているか、それとも先ほどそこに現れて再度沸くのを待っているのか。声をかけても反応はなく、ちょっと異様な光景だった。アイテムの力、オソロシや

 その後、トリンシックや禅都にもいってみたが変わったことは起こらず。行列も私には見つけられなかった
 せっかく巡ったのだからマラスにも行ってみようと、ピラミッドのある砂漠に行って見たところ、ここにはいままで見た中で一番長い行列ができていた。テントの前から始まり、画面からはみ出るほどの行列だった
 これに並ぶのも面倒だと、砂漠を一回りして、さてどうしたものかと思案していたところ、なぜか隣に黄色ネームが走りこんできた。名前はRissa。白髪のおかっぱで色を抜いたサングラスをしていた。エルフ専用防具なのだが、人間の姿。ポリモフでもしている設定なのだろうか
 さらにこのRissaを追っ掛けるかのように3,4人が走りこんで来てRissaを取り囲む。ここでRissaの一言


Rissa「じゃぁ、この4人にだけあげるわ」

Rissa「一列に並びなさい」


 かなりご機嫌斜めなご様子。いや、こういうキャラ設定なのかもしれない
 一応、BNNの詳細としてDawnの近場の人が心配しているというフリがなされている

ttp://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=89459

 ともかく、近場にいたのでその4人に混ざって並んだところ、後から後から人がきてすぐに列が形成された。UO名物の列だが、今回は物を貰うと言う純然たる理由がある。あっという間に画面からはみ出した
 そして、4人に配布が終わったあと、私のホコツキャラが満面の笑み(脳内)で進み出たところ、

Rissa「あんたは、ずれなさい」

 と言われて、はじかれてしまった。酷い
 もっとも、ホコツにローブはいらないだろうと言われればごもっともなのだが、こんな展開になるとは思っておらず、かなり驚いてしまった
 ま、まさかゴルモアイベントの時に散々煽った茶色発言色のホコツを覚えてらっしゃるとか、そんな事ないですよね

 しょぼーん、とその後の配布を見守っていたが、10何枚か渡したところでローブが尽きたのか別の場所へ飛んでいってしまった。後には順番が回ってこずに取り残された列の残骸があるのみ
 お前には渡せん宣言をされてしまったので、仕方なくその列の残骸を見守る事にした
 列の先頭の人は去り際のRissaに『また来る』と言われたので、健気にその場で待つと宣言した。この結果がどうなるか気になり、ホコツも列には並んでいないものの、そこで見守る事にした。後続の列は最初は5人くらいだったかな
 Rissaが去ったのは21:20くらいだったと思う。それから、とにかく待った

 他鯖の自分と違って、おそらく本鯖なのだろう先頭の人は、とにかく一生懸命待っていた。色々場を和ます発言をしたり、PTを組んだり、和気藹々と待っていたが、それにしても焦燥感がつきまとう。人事ではあるが、貰えなかった自分に替わってという心理作用も働いて、せめてこの先頭の人にはローブが渡って欲しいなと思った
 蛇の襲撃や他の場所の状況を聞きながらやきもきしていたところ、21:50過ぎ、ようやくRissaが現れた。が、その場から脱兎のごとく走り去る。慌てて追うPC達。一体いままで並んでいたのはなんだったのかという、泣きたくなる状況

 その後、並んでいた場所より少し南西で配布が開始された。並んでいた人たちはだいたい貰えたっぽいが、私が見るに先頭の人の姿がなかった。追いかけっこに振り回されて、あらぬ方向に走っていってしまったのだろうか
 そして19着と宣言されたローブはまたたくまにはけ、またも取り残される列。時間的にもうこのマラスにはおそらく来ないであろう。次の場所を予想して走り回るか。それとも諦めるか
 地面に膝をついて、泣いて握りこぶしを振り下ろすモーションがあればいいな、と思った


 そんなこんなで北斗の配布時間は過ぎ去った。貰えた人、複数枚貰えた人、一枚も貰えなかった人、いろいろいるだろうが、数としては160着くらいは配布されたと思う。このローブがどれくらいの価値になるのかはわからない。だが少なくとも、いくらかのプレイヤーを悲しませた悲しみのローブとして、私の記憶には留まるであろう




 以上が参加した際の感想。こっから考察
 まだハードコアシャードの無限以外では1回目の配布だが、このイベントが成功と言えるか、はたまた失敗かを考えてみる
 まず、イベントの最大成功とは

・プレイヤーが満足し、それが結果としてUOの収益にプラスとなる

 状態だ。これが運営が目指すべきイベントの本来あるべき姿だ、と私は考えている
 今回のイベントに関して言えば、貰えた人1に対して貰えなかった人の数は恐らく2だろう。ニューヘイブンだけで100人以上の人がいて、さらに途中参加、複数貰い、あらぬ場所で1時間半棒に振った人など、現場を見ての勝手な数字なのでまったく信頼性はないが、参加した人は少なくとも、貰えなかった人のほうが多いと感じているのではなかろうか

 そしてこの貰えなかった人のなかでどのくらいの人が満足を感じていないか。これは言わずもがなか。イベント後に北斗トリンシックでは無言の行列デモが行われていた。モンクローブを着て行列をつくる様は、UOプレイヤーのエンターティナーっぷりを如実に表していていたが、それにしても数が多い

 逆に、貰えた人だが、一応アイテムを貰えたのだから満足はあるだろうが、果たしてそれで十分か。今回のイベントの趣旨は『ルナ襲撃の功労』にある。BNNの題の通り、『御礼』であるのだ
 だが、結果としてプレイヤーはブリタニアの各地を駆けずりまわされた挙句に、口の悪いIGMに頭を下げてアイテムを貰っている。およそ、礼とは程遠い内容だ

 Rissaをキャラクターとして見る人は少ないだろう。イベント中に急遽更新されたが、公式HPには最初、配布するキャラクターの名前すら載っていなかった。さらに更新された名前はRyssa。実際に回っているキャラクターと綴りが違う。いい加減なものだ
 主催する人間がそうなのであるから、参加する人間にとって『これはストーリーイベントの一環』などという認識がどうして持てようか。どう見ても態度の悪いIGMがプレイヤー相手に遊んでいるとしか見えなかった。昨日の無限で疲れているのではあろうが、その不満がキャラの口から出ているように見えてしまってはマズイ。そこは切り分けるべきだ。できないのであれば、それはIGM失格である。質の悪いバイトを雇って教育を疎かにした運営の責任だ
 が、話し方を見るに、あのRissaを操るIGMは、割とベテランの人のようだった。態度に一貫性があり、その場での各種の対応が早かったからだ
 だが、Rissaのキャラ設定が『態度の悪い女』であっても、それはそういう設定にしてその通りに実施してしまった運営の不手際と言えよう。現に不満が出ているのがその証明だ


 本スレにもいくらかの予想が出ていたが、これがカスカの仕組んだDawn人気の失墜を企んでの工作、という設定だったとしても、その経過を後日確認しない人にとっては『酷いIGMだった』という認識で終わってしまう
 もし、手渡し配布方式が米開発側からの指示で動かしようの無いものであったとしたら、少なくとも配布人の口調を丁寧にするなど、日本に合わせたローカライズをすれば、プレイヤーの不満は幾分収まったのではなかろうか


 上記の通り、プレイヤーにとっては満足を感じるより不満の残る内容のイベントであったが、運営側から見ると、また違った見方ができる

 まず、プレイヤーが満足しようが不満であろうが、短期の収益には一切関係がない。運営にとって重要なのは収益の一点にある
 ローブが貰えなくてUOの課金を止める人間がいるだろうか。いない。これははっきり言える。イベントにわざわざ来ている時点で、彼らはイベント好きかアイテム好きである。アイテム好きは既に手に入れているアイテムがある。それらを捨ててUOを辞めるか。いや、それはない。手に入らなかったローブを欲しがっていればいるほど、それはUOの課金を続けると言う証だ
 そして、イベント好きは振り回されることに慣れている。理不尽な物言いくらいで辞めるような人間はいない。ドンと来いだ

 さらに、いまUOはSAの導入待ちだ。8/15にオープンβ、9/8にSA導入のアナウンスがされ、おそらくその頃には今回のイベントなど話題にも上がっていないだろう。半年後は、そんなものあったっけ、と笑い話になっているか、忘れされられているかのどちらかだ。つまり、中期的に見ても今回のこのイベントで顧客減となる要因は無い
 やったもの勝ちはプレイヤーだけにあらず。運営だってやり逃げできるのだ


 次に、UO外への影響である
 このブログのように、今日のイベントをネタにして記事がいくらか書かれるだろう。肯定的に書くところもあるかもしれないが、多くは『こんな酷い事があった』という書き方ではなかろうか
 が、しかしこれは運営にとっては、とても都合の良いことなのだ

 まず、それらの記事は宣伝費のかからない広告になる。これが一番の良いところ
 何十万も出してバナーをポータルサイトに出すのと同じだけの効果が無料で得られるのだから、嬉しくないはずがない。記事の内容がUOの悪口だとしても、それはあまり関係ない。単純に検索ワードに引っかかるなど”ウルティマオンライン”という文字がいくら露出したかが広告効果を出すのだから
 さらに内容を読んだとしても、もし新規に始めようと言う人がいたとして

 『既存プレイヤーが漏れなく貴重なアイテムを貰ってニコニコ』

 と

 『既存プレイヤーの多くがアイテムを貰えなくてガックリ』

 では、後者の方が新規にやる人にとっては良いと思わないだろうか。もし自分がゲームを始める前に、既存プレイヤーだけにアイテムのばら撒きがあって自分が貰えないのだとしたら萎える。SAで新規をいくらかでも入れようと目論んでいる運営であれば、ここは既存のプレイヤーに少し不満の種をまいたとしても、新しいパイの獲得に挑戦すべきだろう
 不満はエネルギーとなり、UOの名前をインターネット上にばら撒く。少なくとも、記事が多くなればそれで運営は満足なのだ。顧客の満足度はそれが収益に繋がるなら重要だが、ローブを貰えたからと言って誰か追加で課金する人がいるのだろうか。そんな人いないなら、わざわざ全員に渡す必要ないのだ


 もちろん、あまり不満の声が大きくなって、UOSSなんかで暴れだして本国にまでクレームがいくのはまずい。国内フィードバックなら自分達の元にくるだけなのでなんの問題も無いが、本国で”日本プレイヤーが不満タラタラ”という話になると、都合が悪いので、その点についてはちゃんと保険をかけている。それが先の『Dawnの近場の人が心配しているというフリ』に繋がる。事が大きくなりそうだったら、Dawnが『不手際が合った』と謝って、再度簡単な方法でローブを配ればいいのだ。物さえ渡せば、とりあえず不満は収まる
 結局、今回のイベントは

・プレイヤーは不満であるが、UOの収益には影響を与えないか、いくらかプラスとなる

 イベントであった。イベントを実施した運営としては、成功と言っていいと思う
 うがった見方かもしれないが、私が運営だとしたら今日と同じ方法をとる。それもこれも、すでにここまでUOを続けている人間は、どんなことをやろうとも課金を続けるという、信頼関係があったればこそ。悪く言えば、顧客のUO依存に漬け込め
ればこそ、なのだが



で、このイベントの大和回に参加するかどうか、ちょっと尻込みしているFibでした。

第44回大和ダイナマーケットなのだが


詳しくは本文にて










 さて、毎度のダイナマである
 退屈な孤独民をやっているせいか、ダイナマはこの日記ブログにおいて主要コンテンツの一つとなっている。5分の1くらいは確実にダイナマの話だし
 が、そのダイナマに存亡の危機が訪れた
 それはダイナマーケット主催の組長こと生ごるぁ組合ギルドマスター、赤ごるぁの閉会式での言葉


赤ごるぁ「来週、出張でドイツ」


 この部長様は、本当に忙しい。どのくらい忙しいかというと、一般人なら血尿出して入院しててもおかしくないレベル
 で、その仕事が忙しくて大変な赤ごるぁが、なぜかダイナマーケットの運営もやっている。生ごるぁ組合主催とは言うものの、現在あのギルドで活動が確認できるのは赤と緑の二人のみ。さらに緑も仕事がきついらしく、今日のダイナマでは閉会式時点で寝落ちしていた。なにもかもが赤ごるぁの肩にのしかかっているらしい
 出張をずらすとか何とか言っていたが、それでも閉会式の赤ごるぁは終止弱気な発言が目立った。さらに『別のイベントがあれば〜』的なダイナマ休止を匂わすような発言まで出てくる始末。これはヤバイ。終了フラグだ


 思えばダイナマには色々お世話になってきた
 いらない物を売っぱらうには最高の、もとい、プレイヤー同士の交流が出来る孤独民にはとってもありがたい場所なのだ。交流の場は大切だ
 かなり昔は大和にも別の市が定期的に立っていた。楽天市だったかな
 で、これがポシャって空いたところに、ならば仕方ないと生ごるぁ組合がダイナマを立ち上げた経緯がある

 もしダイナマが終わってしまったとして、次に誰かが発起人となって市を立てたりするだろうか。なんだかんだで第二日曜夜22:00からというのは、大和では割と定番となっているのではなかろうか。これが無くなった時に我々を襲うのは、より一層の過疎感である。私としてはできれば避けたいところだ

 ダイナマ終了を回避するためにはどうすればよいか。簡単な話、赤ごるぁの負担を軽減すればよいのだ。本人に直接聞いた訳ではないが、おそらく彼のダイナマ運営の仕事はこんな感じ



事前準備
・運営へのイベント申請
・公式HPへの開催告知掲載
・各種ポータルサイトへのイベント開催の宣伝
・当日貸出する本部資材(椅子、テーブル)の準備
・その他物資(コミクリ等)の準備

当日
・設置物チェック
・開催式挨拶
・各出店のSS撮影、取材
・トラブル対応
・コミクリチャージ
・閉会式挨拶

後日
・運営へのイベントレポート提出
・公式HPへの開催日誌掲載



 私が知らないだけで、他にも見えないところで色々やっているかもしれない
 さらに重要なのが、毎月第二日曜夜を確実に空けておかなければならない点だ。これがきつい。何につけても、やりたいときにやるというのが信条の私としては、義務になった途端にやる気がうせる。義務になったそれは趣味とは言えん

 これらの仕事を一人におっかぶせるのでなく、ある程度の人間、具体的に言えば4人以上が持ちまわりないし手分けしてこなせば、かなり楽になるのではなかろうか
 特に、当日急用が入って担当が出れない時に代わりが出るというのは、仕事であれば必須の条項だ。一人コケてイベントができなくなったんじゃ洒落にもならん
 が、いまダイナマの現状は、まさにその洒落にならない状態なのだ。これは問題だ


 では、運営委員会など作って、運営をそちらに任せるべきか。赤ごるぁ含め組合員には委員会に入ってもらい、実質的な運営を継続してやってもらう。委員がスタッフを求め、人員を増やすという案が妥当といえば妥当なのだ。昨年は結局開催されなかったが、大和文化祭なんかがこの方式だ。ギルドなど関係なく有志でやるというスタンス
 しかしこれには一つ問題がある。当然ながらこれまでダイナマを運営してきたのは生ごるぁ組合であり、組合の、端的に言えば赤ごるぁの承諾が必要だ
 なんだかんだと言った所で、これまでダイナマが続いてきたのは赤ごるぁの頑張り以外に無い。大和のトリンシックにダイナマーケットの旗が立っているのは、あの男の功績なのだ。それを後からしゃしゃり出てきた人間が、勝手に旗の文字を書き換えたとしたら、そこまで言わないでも旗の色を染め直すのを、いい気分で見てくれるとは思えない。やっぱりダイナマ主催の看板は、生ごるぁ組合で掲げたいのが人情じゃなかろうか

 となると、もう一つの選択肢として、有志のボランティアスタッフが生ごるぁ組合に加盟するという方法があげられる
 が、これにも問題が一つ
 普通のギルドなら、それもまぁありな選択だと思うのだが、残念ながら生ごるぁ組合というギルドは普通のギルドと少し別路線を走っている。貶すつもりはさらさらないが、仮面に半裸で自爆する事をギルド活動にしているギルドは、人を選ぶだろう
 中の人は真っ当で好人物なのだが、いかんせんその風体では引く人もいるのだ。困ったものだ

 現在もボランティアとしてゲートポーターをしている人はいる。某酒場のラマベンダーなどだ。それらの人達が生ごるぁ組合に所属し、組長を補佐するまでになってくれれば話が早いのだが、それはそれで都合の良すぎる話だ。彼らには彼らの事情がある


 つまるところ、フェルナンドが褌締めて本部の机の向こう側に立てば解決する話なのだ。それはよくわかっている
 頭を下げて仮面を被って赤ごるぁの前で一発自爆すれば、快くギルドに入れてくれると勝手ながらに思っている。というか、前回の黒ローブ狩りの時に所属したまま、まだフェルナンドは生ごるぁ組合の傭兵ランクに所属していた。メンバーにしてくれと言えば多分してくれると思う。そして運営の雑務も半分ないしちょこちょこやって、赤ごるぁ不在のときはバッファくらいにはなれるだろう
 が、こちらにはこちらのまた複雑というか難儀な事情というものがある。それは、簡単に言えば



 私こと、Fibがかなりいい加減な人間である、という事だ


 もっと分り易く言うと



 いつブリタニアから追い出されても、おかしくない



 という事だ。このブログを読んでくれている人も、なんとなく空気を感じていると思うが、白じゃないんですよ。Fibは白くないの
 といってもDUPEやってるとか、垢ハック上等とかそういう真っ黒ってほど黒い訳じゃない。松崎シゲルほど黒くない

 ん、いや、よくよく考えたら放置で一回、デン酒場に飛ばされたくらいで、それほど悪い事はやってない。あれは警告メール貰っただけで、それでお終いなはず。他はまぁ、あまり大きな声では言えない反復ツールとかそんなところか。可愛いものじゃないか。一般レベルだ

 が、こうやって叩くとすぐ埃が出て、さらにそれをブログに書くような人間は、あんまし表舞台であれこれやっちゃいかんと、そう思う訳だ。必要ならばUO本の抜き出しツールとか使おうかとかも考えちゃうしね(未インストールです)
 いつかはJAILでGMと握手してUOを終わらせたいなんて破滅願望持ちがまっとうなギルドに所属すれば、必ずや迷惑をかける。そう思うが故に私は生ごるぁ組合には入れないのだ
 身を正せと言われるのもごもっとも。でも、そうそう人は変わらんのだよ


 長々と書いたが、言いたい事は一つ
 誰か赤ごるぁに愛の手を
 それだけ




 さて、もういいかなと思いつつ、いつものダイナマレポートでも書こう
 というか、こっちを書かないとクレームがきそうなので書く



 8/9(日) 22:00

 毎月9日は連句の日!てなことで、大和では別のメジャーイベントが進行しているなかでの開催となった今回のダイナマーケット。回数はすでに44回だとか。よくまぁここまで続いたもんだ
 開会式では赤ごるぁから各出店の取材をしてBNNに送るとかなんとか言っていたが、ノリPの逮捕というリアル事情もあいまって、怪しげな粉屋が窮地に立たされていた。ブリタニア産の粉は中毒にはならないからダイジョウブとか、適当なことを言っていたが、どうなる事やら

 今回はいつものテンプラ粉でなく、チョコレートの材料となるカカオとか砂糖袋とかを売ることにした。パラゴンから出るアレね。価格は100gp
 安いのか高いのか相場を見ていないのでまったくわからない。というか、これに相場なんてあるのだろうか
 手作りチョコを憧れのあの人に!とか言って売って見たところ、5セットほどはけた。みんなセット買いで買ってくれた。というか、単品で売っているとは思われていなかったっぽい。売り文句が悪かったかな
 ともかく、砂糖袋が五個しかなかったので、そこでお店は終了。カカオリカーだけが20個ほど余ったが、いったいどうしてこれだけこんなに在庫があるのか謎。売れる気もしないので、このままセキュアの肥やしになるっぽい。家にベンダーを再度立たせるか、いまだに検討中

 他の出店の状況としては、いつもの面々がいつも通りの営業をしていた。マタタビ出版では作家が戻ってきたのか、酒場本の最新9巻が売りに出されていた
 他にもオスタ屋、カラーヒヨコ屋、風呂屋、粉屋を確認。トレハン請負やグレチキも多分いたはず。手持ちが少なかったのであまりちゃんと見てなかった

 他には、UOHBがここでも舞台に出てた。一時期はウザスレの標的ともなり活動自粛状態となっていたが、ここ最近はまた活動を再開した様子。本スレをはじめ、色々なところにニコ動に上がった同グループの活動映像を映したURLが貼られたりもしている
 ニコ動に掲載したのが本人かどうかは不明。あれって、前によつべに上がってた奴ではなかろうか。ちゃんと見ていないのでわからないが、複数の自キャラをグループチャットで制御する方法はGMにモロバレしそうな気がしないでもないので、その点が気になると言えば気になる
 が、ここまでやってお咎めを受けていないという事は、おそらく運営黙認のお墨付きを受けているのだろう。これで本人のこれまでのネタがなければ、ヘイブンのアイドルResQと同じくGM操作疑惑が出てきたであろう

 ResQと言えば(呼び捨て失礼)、先日のルナ襲撃の際は出張でルナまで来ていたそうだ。というか、普通にいてびびった。東口出て北側のPCショップ内で包帯を巻いているところを激写したが、どうやら他鯖でも侵攻に合わせて出張していたらしい。なんだかんだ言って、ああいう活動をやってる人こそ慈悲の徳の恩恵を受けるべきだと思う。NPCのゲートエスコートより、よっぽど人の役に立っている

 話が逸れたがダイナマである
 他は、いつもの落語の人を後半待っていたのだが、どうにも現れず。早い段階でやってしまったのか今月は無かったのか。先月のが結構上手く作ってたので今月も期待していたのだが残念。毎月話を作るのもそれはそれで大変だろうが、また見たいものだ
 他には話屋もいたが今月は店をやっているうちにどこかへ行ってしまった。他には、突発漫才コンビのファッションズなる二人組みが舞台に乗り込んできたが、コミクリが作動していることにビビり、話の落ちもつけづに逃げてしまった。次回に期待ということか

 閉会式直前に港近くの本部前でなにやら行列が形成された模様。いつもと違い2列になっていたので、記念撮影的なものがあったのかもしれない。最後のほうにちらりと見かけただけなので詳細は不明。きっと公式の開催日誌に載ることだろう。気になる人はそちらをチェックしてくだされ


 こんな感じでダイナマレポート終了
 適当にぶらついただけで細かく見ていないし、そういう楽しみ方をしているので、ちゃんとしたレポートを書くとしたらそれはそれで大変そうだ。赤ごるぁは毎回どんな事を書いているのか、ちょっと気になった





 他、ここ最近のことも書いておこう
 というか、ダイナマに合わせてこれも書いておこうと思ったら予想以上に長くなってしまった。まぁ、いいか。自分じゃ読まないし



・さくらまーけっと with 桜納涼花火大会ぜんとでぽん!2009

 本来であればこれだけで日記を書くくらい大きなイベントなのだが、いつの間にか参加から時も過ぎ、さらに適当に見ていただけなので特に書くことも無かったので忘れそうになっていたのでここで書く

 確か、先週の8/1だったかな。という事は土曜日だ
 72gp市に行く前の時間つぶしにと、ちょろっと見に行った。今回は桜のマーケットと同時開催していたようで、マーケットの開催中に1イベントとしてやるようだった

 禅都の銀行広場で行われた開会式は別の事をやっていたのでほぼスルー。気がついたらUOHBが歌ってたような。ほんと、この名前はどこででも見れるようだ
 で、メインの花火だが、運営がしっかりしているのか今回は花火ワンドの配布が行われていた。前回もあったかもしれないがよく覚えていない
 で、そんな花火だが、打ち上げを仕切る人がいた。オレンジ色の服を着てミカンとかいう名前だったかな。どっかのファン漫画に出てくる多分有名な人だったと思う
 このミカンが非常に要領の悪い男で、時間になって花火を打ち上げ始めるプレイヤーに打ち上げを一旦止めるように指示。どうやらまだマーケットの方に人がたむろっていて、打ち上げ会場の橋に来ていないので待つようにとのこと
 仕方ないと待っていると人がいくらか流れてくる。さぁ打ち上げだと花火が上がり始めると、またも待ったがかかる

 どうやらこの男、打ち上げのカウントダウンをやりたがっている様子。おそらく、運営としてBNNかなんかにそれっぽいSSでも載っけてもらうつもりなのだろう。気持ちはわかるが、これだけの数の人間をまとめるだけの技量はなく、横にいる女キャラのギルマスに号令をしてくれとふる。桜の事情はさっぱりな他鯖の人間としては、そういう話は号令も含めて事前に取り決め、打ち上げ開始の告知時間ちょうどにカウントダウンが入るとアナウンスしておくべきだと、ちょいとイラついた
 さらに言うなら話し方に『お前らにイベントを提供してやってるんだぞ』的な上から目線が入っていて、どうにも気に入らなかった。あくまで個人的な感想。普段はジェントルメンであるに違いないが、そのときの私は、なんだこのダメな仕切り屋は、と不満が口から出かかった

 そんな空気を察してか、立場的に上であろう女キャラが気楽な口調で場を和ます。こっちはわかってる人っぽい
 だが、悲劇はそのあと起こった


女「それではカウントダウンしますのでー」
女「3」
女「2」
女「1」
女「と、言ったらー」


 花火を打ち上げてくださいねー、と続く声は聞こえなかった。あちこちで一斉に上がる花火。これには笑った。どうやら鬱憤が溜まっていたのは、私だけではなかったようだ
 一度上がってしまったテンションを戻す事はできず、こうしてグダグダな花火大会が始まった

 そんな花火の様子が今回のSS下段。どうにも前の方が派手だったようなと思い、2006年のものと比較してみたが、どうだろう
 前のときは周囲を暗くするという演出がなされていたが、今回はそれがなかった。どういう事情なのかは知らない。多分、主催の申請ミスでなく、鯖の仕様か日本公式のサポートの問題だと思われる
 ともかく、夜でないときの花火はやはり味気なく、いまいちな感じのイベントとなり途中で抜けてしまった。やっぱり花火は暗いところでこそ栄えるものだ
 あと、イベントで仕切る運営は、そのやり方で参加者の心持ちをこうも変える物かという事がわかり、いい意味で勉強になったイベントだった
 いい意味でって言葉、便利だね



 とりあえず、こんなところで日記は終了
 SAクラのオープンβが始まり、一応クラを落として色々やっているのだが、その話はまた後日



日本公式で発表されたガーゴイル辞書で往年の謎であった『七万円仕送りしたのに使っただろ〜』の日本語訳をやってみようと思ったものの、原文がわからずに放り出したFibでした。

夜明けのルナ


鬼ラグと戦ってきました






ニュース:BNN-希望の夜明け
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89448

 先週、ユーにあるDawnの家が焼けたかと思ったら、次はルナが襲撃された。サーペンツホールドの時と同じく、カスカが何をやりたいのかさっぱりわからないが、ともかくモンスが沸けばそれを倒すのがブリタニア憲法で定められた冒険者の義務である。野次馬根性丸出しのお宮で大和ルナに行って来た
 このイベントは和鯖では2日に分けて開催されるので、まだ参加してない人はネタバレになるので注意してほしい






 8/7(金) 20:30

 告知では21:00開始であったが、ルナではすでに散発的な赤ネームモンスの沸きが確認された。影エレ、骨ドラといったところか。次第に敵の量、質も増え、酸ダンジョンにいる緑閣下も沸き始めた。だが、この段階では冒険者達の方が力で圧倒し、モンスは沸く側から順に処理されていった


 同 21:00

 ルナ場内に[Revenger]タグのついたモンバットが沸き始めた。体は青、緑、赤とカラフルで、Blue Mongbat [Revenger]、Green Mongbat [Revenger]、Red Mongbat [Revenger] という名前だった
 お宮の周りでは赤が多かったような気がするが、全体ではわからない。赤モンバットは普通のモンバットよりちょっと強いかな、といったところだった

 またモンバット以外にも赤閣下やらサキュバスなんかも沸き始める。DoomにいるようなVoidだとかミノタウルスの親玉とか、普段見ないのも沸き始めて次第に冒険者の死体が目立つようになってきた
 ここら辺から本格的にラグが冒険者を襲い始めた。スペックの低いPCでは歩くのも苦労するくらい

 モンスの侵攻は続き、とうとうトクノで一躍ブリタニアトップアイドルの座にのし上がったSL(示威行動中)までもが沸く始末。事前に予習してた人もいたらしく、黒岩によるアルマゲ攻撃なんかも発生していた
 場内は断末魔が絶えず死体の山で前が見えないほど。青NPCは沸いた側から殺されたのかな。前のオフィディアン侵攻のときは蛇一色だったが、今回は彩りが鮮やだ

 それでも強い冒険者はいるもので、そういう人達の働きによってほとんどのモンスは片付けられた。最後に残ったのは一連のイベント定番のボスモンスであるThe Slayer。今回は [strength] タグがついてた
 範囲攻撃(地震だったらしい)が凶悪で、近づくだけで死んだ。さらに近場にNPCヒーラーがいたらしく、蘇生をされては死ぬというレスキルコンボを堪能してしまった
 結局、強ドラを盾にした地道な削りでSlayerは倒され、今回のイベントは終了した、かに見えたがさらに続きがあった


 同 21:30過ぎ

 ルナ城東庭にDawnとプラチナムドラゴン登場。今回のSSはその時のもの
 伝説の剣士の称号を掲げ、手にはロングソードとオーダーシールド。女性用プレート胴と鋲革の脚は武装も含め黒っぽく、なかなかに結構かっこいい。男受けする恰好だった

 Dawn曰く

・遅れて来てゴメンね
・カスカは悪い奴でSLの手先だ
・プラドラと組んで奴を倒す
・助成ヨロ

 だそうだ
 ブラックソンの復讐(2002年2月発売)あたりからやってた人ならわかるだろうが、これまでDawnの活躍を見ていない私のような人間からすれば

 どなた様?

 なわけで、感慨はゼロだった
 そういう人が多かったのか、Dawnが盛んに決め台詞を連発するも、周囲の反応はいまいち。全員が剣を掲げ勝どきをあげるような展開にはならなかった
 どちらかというと、まだ所用が残っているとDawnとプラチナムドラゴンが退場した時に起こった派手エフェクトに驚く声のほうが大きかったような

 ともかく、こうしてイベントは終了となった
 前に告知された『イベントキャラクターからCloak of Silenceを得られる』というのは、今回は無かった、と思う。もしかしたら登場直後に配ってたかもしれないが、そういう話も聞かないので多分無かったんだろう。これ目当てに参加した人は、本当にお疲れ様。まだまだ引っ張るかもしれないけど、懲りずに参加して欲しい


 Dawnが喋っている時に『あなたはエレインさんですか』と問う声が上がったのが印象に残った。やはりこういったイベントの時に出てくる冒険者のまとめ役はエレイン、と考える人もいるだろう
 だが、残念ながらエレイン女史は退場してしまった。とりあえず、今回の運命の戦士イベントでその名前はでてこないであろう。今回はDawnが活躍するイベントだ。余計なキャラの登場は望まれていない
 というよりDawnの焼き直しがエレイン、だと思っている。本物が出てきたら偽者に居場所はない。悲しい話だ

 運営としては『Dawnは冒険者のまとめ役で、主役は冒険者自身』というふれ込みでイベントを進めるであろうが、それでもやっぱり主役はイベントキャラになる。Dawnが理想的なヒロインであることは言うまでも無い。ジャンヌダルクをイメージして作られたこのキャラは、SLに対抗するヒロインとしてまさに適役。これからもGMパワーでバリバリ活躍していくのであろう
 だが、これでは規定された事象をこなしていくだけのつまらない展開になってしまう。消化試合だ

 もし本当にまとめ役として冒険者の心を鷲掴みにしたいのであれば、黄色ネームでなく青ネームで出すべきだ。HPは300くらいにしてちょっとやそっとでは死なないようにしつつ、それでも死ぬ危険がある状態にする。これなら近場の戦士は包帯を巻くだろうし、赤十字ボランティアはGHとGCをプレキャスすることになるだろう。何かを成したという達成感をプレイヤーに与えたいのであれば、当然ながら障害を設置すべきだ。危険に見える橋を渡らせる事によって満足させて欲しい

 もちろん、本当に危険を冒す必要はない。HP0近くになったらリコで逃げるとか、最悪死んでも話を進められる助手役をつけるとか、保険はいくらでもかけられる
 それに8鯖もあるのだから1鯖くらいDawnが死んだパターンがあってもいいじゃないか。フィニガンは既に代替わりしてJrになってる鯖もある。Dawnをイベント中に殺さない事と、米から注文つけられているならば、倒れた鯖だけ復活イベントやればいい。前にエレインでもやってるからプロットは既存のものを使い回せる
 
 適当な事を書いたが、それもこれもDawnの魅力がまだあまり伝わってきていないから。今後の展開では

 『Dawn万歳!!!』

 とかやってるかもしれない。是非そうなって欲しい
 今後のイベントが少しでもおもしろくなるよう期待しつつ待つことにする



ちなみに、エレインはカナで表記しつつ、Dawnだけ英字表記なのは、『ドーン』と書くと擬音にしか見えなくなってしまう個人的価値観によるところです。

 ”ドーンがドーンの家でドーンとドーンの友のためにドーンと花火を上げた。”

 これじゃ意味わからないし

Dawnの家が、燃えている


ここのところ、動きが激しくなっております。









 先週、エレインかと思わせるような密偵の密告によりサーペンツホールドへの攻撃を阻止したのは記憶に新しいが、今日になってまた動きがでた

BNN:狼狽
ttp://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=89442


 カスカ閣下はどうやら、先日の妨害工作にひどくおかんむりのご様子。Dawnの家が見つかったと聞くや、燃やす事にしたようだ
 タウンクライヤーも騒いでいるので行ってみた




 燃えているDawnの家はYMTだとユーの西海岸 48o2630'N 73o32'W あたり。鯖によって違うそうな。裁判所から海岸づたいに歩いていけばわかると思われる
 スモールハウスって奴なのか。家具は椅子とテーブル、それにタンスのみ。藁葺きの非常に簡素な家だった
 そんな家に火が放たれ、屋根や玄関口が燃えていた。カスカの指示通りゆっくり燃えている様子で、おそらくこの週末のあいだは燃え続けて、観光客の目を楽しませてくれるだろう

 実はこの家、かなりの建築基準法違反である
 昔、散々オーシャンビューのロケーションにこだわって海岸沿いを歩いたのでわかるが、ここは本来、家の建たない場所である。SSを見れば分るとおり、玄関のステップが海岸線に被っている。本来であれば1マス空けないとダメだ。さらに家の北側の木も、家の壁に隣接している。とんだ違法建築だ

 プライベートハウスなので玄関ステップには本来上がれないのだが、船から下船するジャンプ降りを行うとステップに乗ることができた。先に来ていた徳の騎士様に教えて貰った
 玄関ステップに乗ると、何故か藁葺き屋根の一列だけが欠けるという事象も発生していた。多分、火オブジェクトの配置している場所による不具合だと思われる
 また家の中は、13段までアイテムを重ねたマスに自キャラがいると屋根が透けるという、通称コインマジック(勝手に命名)技により見ることができた。とりあえず、家の中に動けない人とかがいなくてよかった。そこまで酷い話じゃないようだ


 さて、家が燃やされると聞いて思い出すのは、いつぞやの海外鯖ルナ城内である。一等地にあった18×18が一夜にして燃え上がり、後には瓦礫と『不正はいかん』という案山子が残ったアレだ。もう残っているかどうかはわからないが
 あの事件は確か、家主がDUPEだかなんだかの不正に手を染めたために行われたGMによる神の鉄槌だった訳で、今回の事件とはなんの関係もないのだが、あれを見てしまうと今回のDawnの家放火も


『こんな場所に家建てたらダメだよ』


 という、GMからのメッセージに見えてしまうから困る


 さて、この家が本当に彼のDawnの家なのかどうかは疑問が残る。先日まで何もなかった場所に家がいきなり建って燃え出したのだから

 カスカの部下がその場の言い訳として話をでっち上げ、急遽家をこしらえてとりあえず燃やして実績を作った

 なんてうがった見方もできなくもない訳である。うがち過ぎか


 あと、燃えている火だが、一応加熱の性質はつけてあるようで、ヒーティングスタンドと同様、隣接していれば料理スキルの丸焼きなんかはできた。その場で釣った魚をさばいて火であぶり、イベントスキーな知人達とその場で食べたりした
 Dawnの家にはベッドがないので、きっとベッドロールを使っているんだろうとか、生家は腐敗呪文で沼に飲み込まれ、第二の家であろうこの家はこうして燃えてしまいDawnは可哀想、なんて話をしていた
 キャンプファイヤーを囲って話は弾んだ。のどかでいいね。夏だし、キャンプもいいかもしれない。ある意味で、夏らしい風景だった。そんなわけないか

 ともかく、BNNでカスカがどんどん小物に貶められていくのは見るに耐えないので、この話はここまで




 次の話題はトクノのトレジャーについて
 終わる、終わらない、といういつも通りの繰り返しを経て、ようやくイベントは終わった様子。7月末までというアナウンスだったが、8/1の朝のPubで終了した。ミニバプ適用に合わせたらしく、雇用NPCが働かないという不具合に関する修正も同時に入ったようだ。そんな不具合があったことすら知らなかったよ

 ともかく、SLの示威行動は終わったようだ。一体、なにがしたかったことやら
 ただ、SLを求めて走り回る冒険者が多数いたことから、アイドル顔負けの人気っぷりだった事だけは間違いないようだ。アイテムの力はいつも人を動かす
 そんなこんなで前フリも終わり、上の話題の通りDawnの登場も待たれている。となると、8月は結構忙しくなるやも。なんたってまだDawn登場、SLの本物登場、怪獣大決戦なんかが残り、これを消化しないとSAをリリースできないのだから


 もっとも夏の期間というのは人それぞれなもので、それこそオセアニアではいま冬本番になりつつある季節でもある。そこはそれで何と言いうか、あまり過度な期待をせず待つというのが、ブリタニアンの節度ある態度というものであろう
 つまるところ、しばらく放置が続いても泣いちゃいかんということ




 えー、他には公式RMT品がまた増えたようだ

夏の新アイテムキャンペーン 2009
ttp://ultimaonline.jp/entertainment/campaign/special/summer2009/


 天道虫 700円
 1マスカーペット 500円
 髪染め 400円
 バルク本カバー 300円
(税別)


 天道虫の値段については何も言うまい
 そもそも公式アイテム販売はいまに始まった事ではない。商品が増えただけのことだ
 だが、こうやってリアルマネーを払わなければ入手できないアイテムが増えていく事に対して、少なくとも私は、いい気はしていない。こういうビジネスモデルでしか経営が成り立たないのであれば仕方ないと諦めてはいるが、UOの魅力をこういうものだと運営が認識しているのだとしたら、悲しい

 EAJには、運営としてできるイベントやらストーリー展開のほうで勝負して顧客を増やす努力をして欲しい。アイテム一つ売るのは顧客単価が上がってよいだろう。新規顧客の獲得より楽だし、そもそも接続人数が増えれば回線使用料が上がってしまう。企業として客からより多くの金を引き出そうとすのは当然の行為だ
 わかる。わかるが、これまでやってきた経緯ってものがある
 『月額料金さえ払えば基本は一緒。あとは個人の努力次第』という前提が崩れて久しい。その結果いくらの人が辞めていったことか
 お金を払わなければゲーム内で不利になるアイテム課金制度は、それを導入した時点でそのゲームの魅力が損なわれるという事を、EAJは認識しているのだろうか
 ベータテスターがなかなか集まらない理由を今一度考えてもらいたい




ネガキャンが何も生み出さない事はわかりつつ、とりあえずこの程度の過疎ブログなら何書いてもOKだろうと安直に考えているFibでした。
予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。