やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一週間遅れのゴール


いまさらのようにルーンパニックのお話です。










 先週の土曜日午後10時、大和Tムングロの西の外れの畑前には人々が詰め掛けていた。そう、今年もやってきたルーンパニックの開始をいまや遅しと待ち構えている人達だ。お宮もその一人として並んでいた
 今回で7回目を向かえるルーンパニックは、年に一度開催される大和の名物イベントである。ギルドLBRチャンネルが企画主催しており、4回か5回くらいまでは大和文化祭での出し物となっていた。が、文化祭がぽしゃってからは単発イベントとして続いている

 内容としては、PCの家に隠されたルーンを探し当て、リコった先のPCの家でまたルーンを探してというのをゴールまで続けるオリエンテーションのようなもの
 ただ、隠されたルーンにはハズレも多数紛れており、ハズレを引くと前の家に戻されるイライラ仕様である。昔は同じ家の玄関に戻ってたような気もするが、前年あたりから前の家戻り仕様になったような。詳しく覚えては居ないが、今年も前の家戻り仕様だった

 今回のSSはスタッフの説明が終り、丁度スタートを切ったところ。ゴールの着順を競う面もあるため、参加者は非常に張り切っている。お宮はとりあえず72gp市の始まる0時までに一般コースをクリアできればいいくらいの心積もりなので、割りと余裕があった


 今年も内装を観ながら楽しんでコースを回った。計5軒の家を回ったが、何故か2軒目だけ家の名前が『RunePanic 7 ( 2 Kenme )』と親切表示だったのが、どうでもいいことながらちょっと気になった
 あと、総裁の家がコースに入っていた。そういえば最近どこかで見かけたような気がするので、どうやらUOに復帰した模様だ
 5軒目はかなり独特な作りの家で、お寺の(と思われる)内装だった。なかなか良かったのでいつかパクりたいと思う

 そしてゴールはT2Aの、いつだったかゴルモアイベントかなんかで使った砦だった。クリアした人は記念品を貰えるのだが、その記念品配布テーブルからゴール到着地点まで人の列が出来るくらいの盛況ぶりだった。今年も楽しませてもらった



 こんな感じのあっさり感想な訳は、何しろ一週間前のことなのであまり覚えていないという辛い事情があって。その日の内に書けばもう少し色々覚えてたのだが。痛恨の極みである
 でも書けない理由があった。それはそう、私はまだこの時、ルンパニをクリアしてはいなかったのだ

 ルーンパニックには正規ルートとは別にもう一つ、裏ルートという物が存在する

 この裏ルートをクリアしなくては、正しくルンパニを堪能したとは言えない
 裏ルートへのアクセス方法は正規ルートをクリアすると渡される本に書いてある。毎回、スタート地点の家の知ってなければそうそう見つからないところにルーンが隠されており、そこから裏ルートに入れる。なので、さっそく裏ルートにも行ったのだが


 撃沈


 初日は裏ルートの一軒目で敗退した。正確には二軒目だが、ここは二軒で一つの関門となっているらしい。さっぱりわからなかった
 そして日にちだけが過ぎ、翌週の金曜日になってようやく二回目のチャレンジとあいなった


 裏ルートのポイント1は、同じ大きさで似たような作りの家が東西に二軒並んでいる。西側の一軒目は割と楽に、というか力技でルーンの場所まで行けるのだが、東側の二軒目はどうやっても通れない通路の先にルーンが設置してある。この通路をどうやって突破できるかが、一軒目でヒントとして出されている構成になっている
 初回はあれこれ悩んだ挙句にタイムリミットとなってしまったが、2回目のチャレンジ時も時間をかけても解けるような気がしていなかった。1時間悩んで無理なものは、やっぱり無理だ

 と、途方に暮れていると、とある通りすがりの親切な方がアドバイスをしてくれた。で、色々教えてもらった結果、ポイント1をクリア
 正直、これは仕組みを知ってないとクリアは難しいような気がする。ここで正解を書くのはまだチャレンジしてない人に悪いのでヒントだけ書くとすると、二軒目のスタートは階段上がった座布団から。あと、二人でいまどこにいるか確認しあうと非常に分り易いと思う。この二人というのが孤独民の私にはかなりのハードルだった。一人で解くには多分1年くらいかかったと思う。アドバイスしてくれた人がいなければ、多分まだあの場所で唸ってただろう


 そしてポイント2。ここはもう定番の、鬼のゴミ屋敷。いや、散らばっているアイテムの中には高価そうなものもあるのだが、とにかくもう、UOにこれだけ多くのアイテムがあるのかと再認識させられるくらいに色とりどりのアイテムがロックダウンされている、挑戦者泣かせの家だった。お馴染みのモアイ像も屋上に並んでいた

 毎度のことながら、この家に入るのには勇気がいる。一歩踏み出した途端に読み込まれるアイテムの数は、尋常ではない
 足の踏み場もないとは正にこんな状態なのだろう。通行可能かどうかは実際に進んで見なければわからないくらいに散らかっている家で、リアルなら絶対近所から役所や警察へクレームが入ること請け合いである。いや、このロックダウン数だと超重力で近隣の家からGMコールが入るかもしれない(実際は重力はそれほど酷くなかったが)

 で、このゴミ屋敷にルーンが隠されているらしいのだが、なんというか、屋敷のどの部分にいけるかすら分らないくらいに複雑な作りだった。いまだに三階へは上れていない。もちろん、屋上にも昇れて居ない。果たしてあのアイテムの山のどこかにテレポータが仕込まれていたのだろうか

 正味、6,7時間は粘った結果、なんとか正解ルーンを見つけることができた。やっぱりオブジェクトハンドルは偉大だ
 T2Aの砦へ飛ぶ正解ルーンはイベント終了と共に差し替えられたようで、Tのとある場所へと飛んだ。目の前には台座だけ設置された小さな土台があり、その台座の上にはルーンが一つ。そこに刻まれた文字は私を十分満足させるものだった。まだ観てない人の為に、その言葉は伏せておこう。是非その目で確認してもらいたい



 とか言いながら、うおみん記事にそこのSSをはっつけてしまった訳で、色々楽しみにしていた人ゴメンなさい
 今年も裏ルートはしばらく公開され続けるそうなので、挑戦予定の人はお早めに。見つからない時は、本当に見つからないと思う
 ゴミハウスだけでも見たいという人は、カフェブレのUOショットあたりで紹介記事がSS付きで出るだろうから更新を待つべし。あるいは、正規ルートクリアした人に裏ルートを聞いて実際に挑戦してみるのも手かな

 ともあれ、今年も無事クリアできたので、気持ちの良い年末が過ごせそうだ
 いやはや、本当に疲れた。スタッフの皆さんもお疲れ様。十分に楽しませて、そして泣かさせて貰いました



気がつけば感謝祭イベントが終わりそうで、ここ一週間バルク引きくらいしかしておらず驚愕するFibでした。おかしい、七面鳥でもう少し遊ぶはずだったのに。
スポンサーサイト

収穫の刻


Happy Thanksgiving!







 巷では大変なことになっている。そう、Pub62.3によって導入された感謝祭イベントだ。まず、このイベントの概要を記そう

 11/18(水)朝に和鯖に導入されたPub62.3により、ブリタニアの各地にGiant Turkey(巨大七面鳥)が沸くようになった。沸いているのはT及びFの森のある場所っぽい。詳しく調べて回ってはいないが、マラスやロストランドでは沸いておらず、北極なんかでも見ることはできなかった。逆にムングロやヒスロス島なんかでも森があれば沸いている
 そしてこの七面鳥が鬼のように強い。飛竜がベースになっているという噂もあるが、強力な打撃に加えて攻撃速度を60%低下させる範囲攻撃を放ってくる。ペットによる攻撃は飼い主を引き寄せたりもして倒すのは相当な力押しか工夫が必要になっている

 そして、この七面鳥について話してくれるのが、Ornithologist(鳥類学者)のAl Wilsonさん。ルナに特設されたTCの言葉通り、ムングロの動物園にいる
 いつもの通りの囲い文字キーワードに反応して色々喋ってくれるのだが、その内容は以下の通り


・ハロウィンのときの月夜草により七面鳥が巨大化した
・色々食い荒らす上に繁殖力旺盛でマジやばい
・卵をかち割るためにスカウト雇ったけど食い殺された


 恐るべき七面鳥である。感謝祭の食卓に並べるにはそうとう苦労しそうだ

 ともかく、生態系を守る為に突然変異した七面鳥の卵だけを割ることが今回の目標となる。卵は巣にあるのだが、その巣の位置は殺されたスカウトの書いた地図にあるらしい。で、その地図はどこにあるかというと、


 巨大七面鳥の棺桶


 って、結局倒さないといけないのか。と言うわけで討伐プラスアルファなクエストである
 七面鳥の倒し方は色々あるようだが、今回はお宮では無理だろうと思い雑魚弓戦士を出した。他人の家に引っ掛けてLS連打してみたが、50発くらいで倒す事ができた
 しかし、途中でひっかけていた家の家主さんが帰ってきて、あまつさえ不調をかけてもらっての結果である。一人でやってたらもっとてこずったであろう。家主さんに感謝

 他の倒し方としては、二匹を扇動で戦わせると言うのが一般的らしい。難易度が高いので120がほぼ必須らしいが、一度扇動が成功してしまえばあとは楽だとか
 他にも上手い事やってガードに倒させる方法というのを某スレで見た。なんでも圏内まで引っ張ってから一回姿を消してタゲを切り、馬とか難易度の低いペットを扇動で七面鳥にけしかけて反応したらガードを呼ぶ、てな手順らしい。が、意図して強力なモンスをガードに倒させて利益を得るのは規約違反らしいので注意されたし



 私がやったときは七面鳥を倒した時点で地図が鞄に沸いたが、人によっては地図の欠片だけが沸く場合もあるとか。欠片の場合は3つ集めて地図にするらしいので、かなりの手間になるだろう。また地図以外に豊作の角なる新グラのアイテムが沸く場合もあるのだが、それはこの後の段階でも取れるアイテムなので、現在では大ハズレになる

 そんな苦労して手に入れた地図をWクリすると、お馴染みのトレハンマップのガンプが出てくる。あとはピンの立っている場所までいって巣を探せばOK
 巣を探す為には鳥類学者のウィルソンさんからブラシを貰っておく必要がある。キーワードを追っ掛けていくとある言葉に反応して鞄のなかに放り込まれる。ブレス属性で地面には置けず、制限時間までついている。たしか9999秒だったかな
 このブラシをWクリすると地図を指定しろとメッセがでてカーソルがターゲットモードになる。七面鳥から得た地図をタゲると、次はどこを探すかというメッセとともにさらにタゲを要求される。地図のピンの刺さっている場所と思しき地面をタゲり、みごとその場所ならば巣が見つかるという仕組みだ

 まったく見当違いの場所ではただ見つからないと言われるが、巣に近づいているとそれっぽいメッセに変わるので探すのは非常に楽。トレハンシステムの応用だろうが、おそらく掘りGM時の探索と同じだけの範囲で近場メッセが出るようだ

 そしていざ巣を探り当てると、宝箱ならぬNest(巣)が現れる
 巣はいかにも鳥の巣という木の枝がからまったグラが6マスくらいで構成されている。その巣の上には大きな卵が3つと、巣と同じような地味な色の袋が一つあり、袋の中には4〜5Kくらいのgpが入っている。大盤振る舞いだ
 お金のほかにもジャイアントターキーの羽なるアイテムが一つ入っている。これはインビジ効果があるらしい。詠唱遅延がなく使えるのがいいらしい
 他にも一定確率で豊作の角が入っている場合がある。3割くらいかな。他、細かいレアも色々でる。詳しくはパラリでも見てくださいまし

 肝心の卵割りだが、卵の中には突然変異していないものもあり、その場合は『突然変異じゃないから割らなかった』とメッセがでる。全部割ることができれば巣は消える。突然変異していない卵が一つでもあった場合は、ほっとくと一定時間で巣ごと消える。これで1セット終了となる。概要だけ書くつもりが長くなったが、こんなところだ


 本来であればこのクエスト、巣の袋から出る各種レアや、まぐわなんかを求めて七面鳥を狩っては巣を探す、という一連のプロセスが繰り返される事を想定して導入されたものと思われる
 が、毎度恒例ながらのバグが発覚した。なんと、巣が消えた後にブラシをもう一度使い、地図をタゲらず巣のあった場所を直接タゲると巣が再沸きするのだ。再沸きした巣の袋にはGPも羽も入っている。卵も3つある。早い話がGP増殖だ
 まったく、とんだ早さで巣作りをする七面鳥もいたものだ

 さらに、突然変異していない卵が沸いた場合、巣が消えるまでいくばくかの時間が必要なのだが、ブラシ使用→巣からある程度遠い場所をタゲ→ブラシ使用→巣の直近、で巣を再沸きさせる方法も発見された。もっと早く沸かせる方法もあるとかないとか。ともかくこれらにより、ブラシの制限時間一杯まで巣を沸かせては中身を回収を繰り返し行うことができるようになったのだ
 中にはターゲットを取ったあとに地図を家セキュアにしまい、地図の消滅すら回避する人まで現れた。どんだけ無限増殖する気だ

 簡単に巣が沸かせることができるため、既に今回のクエストのレアはレアとは認識されていないようだ。マクロで回すのは可愛い方で、放置BOTまで出る始末。そりゃ、スクリプト書くのも楽だろう。アイテム使用とGP抜きだけだ
 こうして収穫祭がいままさに開催されている。収穫物は小金色の麦ではなく、小金そのものだ
 巨大七面鳥により生態系が破壊されるとウィルソンは言ったが、本当に破壊されたのはブリタニアの経済だった、なんてことになりそうな勢いである

 今日の朝メンテでバグは修正されると思ったらまさかの放置。アンダーワールドのパズルのように、和鯖だけでも何らかの制限が入るかと思ってたが予想は外れた。EAJは様子見しているようだ
 蓄財を励みにしている人は、いまのうちにGPをトークンなりの高額アイテムに換えておいた方がいいかもしれない。このままGP収穫が続けば、地味にインフレしそうな気がしてならない

 にしても、この巣の再沸かせは仕様なのだろうか。私はかなりの部分で"意図していない仕様"であると思っている。が、UOでは明示されていない行為は全て違法の可能性がある。裏を返せば違法と案内されない限りプレイヤーは特定行為を違法とは判断できないのだ

 今回の巣の再沸かせは誰か他のプレイヤーに直接的に迷惑行為をしているわけではない。インフレが起これば財産家には打撃だろうが
 さらに今回の巣再沸かせは『ブリタニアに大量発生した迷惑七面鳥の卵を壊す』というストーリーラインの沿った行為だ。ブラシを使うときに『早くしないと巣が隠れちゃうよ』というメッセージがでるため、隠れた巣をまたブラシで見つける行為もなんら不自然ではない。つまるところ、金のなる木を開発が導入したようなものだ。EAJがすぐにウィルソンを消さなかったのも、そこら辺の確認を本国にしているからかもしれない。ほんと、最近の開発の暴走っぷりは尋常ではない。楽してGP稼げるのは、そりゃ一時は楽しいだろうが、それができなくなった後でまた地味に狩りをする気にどうやってなろう
 やった者勝ちがUOの常だが、UOの寿命を縮める結果とならない事を祈る



 とか言いながら、昨日50回まわして収穫祭のまぐわを貰らってしまった。いや、これホント便利っぽくて、ついね。つい




 えー、さて
 いつもなら週末更新のこのブログをなぜ平日のこんなときに更新しているかというと、これの宣伝をするため


サイト カフェブレーメン内:
ルーンパニック7 〜ロード・ブラックソン7回忌スペシャル〜
ttp://cafebremen.s45.xrea.com/runepanic07.htm


 とりあえず宣伝すると言った手前、こうして書いておけばOKだろう。分り易い説明が上記ページ書いてあるので、とりあえずそこを参照してくればルンパニがどういうものかもわかるはず。ここでダラダラ書くのもめんど‥私の技量不足でちゃんとした内容が伝わらないとまずいから。とりあえずページ見てください



ルンパニ宣伝の為に記事を書いたが、思いのほか長い前フリになって反省しているFibでした。

カウンセラーフェア2009開催


暇なので行ってきました








 先週のコンパニオンフェアに引き続き、今週はカウンセラーフェアが開催された。場所は桜鯖のガーゴイルシティ。時間は23時からだったかな
 カウンセラーフェアというと凝った迷路なんかが定番だが、その他にも舞台で出し物があったり、何より普段は気軽に雑談できないカウンセラーと触れ合う事ができる!というのが売りなイベントである

 が、しかし、特にそこまで触れ合いたいとも思わない人がほとんどのような気がするのは私だけだろうか
 というか、カウンセラーの人はボランティアスタッフである。カウンセラー活動をやっている以外の時は、普通にプレイヤーとしてUOをやっているだろう。カウンセラー個々人と話したいなら、その時に話せばいいし、大いに触れ合えばよい。もっとも、普通にUOプレイをしている時に自分がカウンセラーであることを他人に漏らすのはカウンセラーの規約違反(と思われる)ので、誰がカウンセラーかはカウンセラー同士でもおそらく分らないのだろうが
 UO自体がRPGなので、キャラクターベースで『カウンセラー』と雑談したい、そんな人が集まるイベントと理解しているが、そもそもカウンセラーというシステム自体がブリタニアの世界観の一歩外側にいるので、この種の触れ合いイベントにはいつも違和感を感じている。キャラの立ち居地が不自然になり、しっくりこないのだ
 もっとも、そんな小難しい事なんかほっぽり出して、楽しければいいじゃんと素直に楽しむのが正解なのだろう。なので私も楽しんできた





 ログインしたのは開始5分前
 場所が場所だけに馬で行こうと思ったところ、ブリ銀前、ニューヘイブン、ルナの各街にゲートが設置されていた。運営主催イベントはこういった移動で手間が省けて良い
 ガーゴイルシティ東側入り口近くに設置されたゲートから飛び出すと、すでに街はフェアの装いとなっていた。目抜き通りにの脇にはカウンセラー達の動く彫像が設置され、名前を呼ぶと色々喋っていた。また、建物の屋上には迷路のコースらしき不審なタイルやオブジェクトが。今年もイライラ迷路は健在らしい

 入り口から銀行を越えて真っ直ぐ西へ進んだ先、階段の上の広場に舞台が設置されていた。元は噴水があったとこかな。舞台を囲むように白いベンチが置かれ、既にそこには観客が半分くらい座っていた。人数としては40人くらいか
 ハロウィン衣装で埋め尽くされるかと思っていたが、他鯖からの観光組も多く、ブリ銀前に設置されていたソウルフォージグラの染め桶で染めた青い服を着ている人がほとんどだった。Fibもシャツを青に染めて参加している。この青は一般カウンセラーと同じ色という事らしい。まぁ、普通の青だ


 定刻を過ぎると舞台にMystic MoonGateが出現し、怪しく輝きだした。そして中からはカウンセラーが次々と現れては舞台にジャンプ。どうやら普通に歩けない仕様らしい。無理やりジャンプしてる感じがした。タイルの下の噴水の通行不可設定が生きてたのだろうか

 フェアは並んだ4人のカウンセラーのうち、Miriamさんが音頭をとって開会宣言がなされた。お決まりの爆破もあって、派手な開会式だった
 その後、カウンセラーさん達は街の各所に飛び、舞台に残ったカウンセラーによる掛け合い漫談も始まった。いつも通りの流れである

 0時から舞台でカウンセラー体験イベントがあるとの事だったので、とりあえずは恒例のイライラ迷路に挑戦する事にした
 迷路の入り口は街の北側に設置された緑ゲート。以下、コースを紹介


?見えないオブジェクトが邪魔をする迷路
 どこかの屋上。ゴールのテレポ床が見えていたので、とにかく動き回ってればいつかはたどり着く

?足元注意の看板が出ている屋上
 どこかの屋上。色違いタイルがそれっぽかったが、これはひっかけでハズレ。Wクリするとコース外へ飛ばされた
 正解は同じような屋上タイルをWクリだった。オブジェクトハンドルで見つけることができた

?中間ゾーン
 作りかけの彫刻とかがある部屋。『Give up?』という名前の転送タイルを踏むとコース外へ出れる。他、シニアだったかのコンパニオンカラーに染められるソウルフォージが設置されていた
 ここの正解は作りかけの彫像。カーソルをのせてもハイライトしないオブジェクトなので難易度が高かったかな

?椅子
 前右左を柱で囲まれたクリスタルの椅子に飛ばされた。各柱には意味不明なメッセージと思しき名前がついていたが、ここの正解は強制的に座っているその椅子をWクリだった

?お花畑で捕まえて
 どこかの屋上。ピンクの蝶を捕まえる(接触)すれば次へ
 ここでも見えないオブジェクトが邪魔をするが、とにかく頑張れば次へ進めた

?踏み外すな
 どこかの屋上。緑タイルに一本、ジグザグながらも白いタイルがゴールまで続いている
 踏み外したら飛ばされるのだろうとは思ったが、やり直すのも面倒なのでそのまま走破してしまった。実はブラフだったとしたら、非常にやりきれない。そんなイライラ迷路

?二択、三択、四択
 どこかの屋上。最初は赤いタイルか青いタイルかを選択。その後もとにかく色タイルを選んで次のゾーンへ進むスタイル。特にクイズという訳ではなかったが、カウンセラーの各階級の色が正解コースらしい。シニアの上ってなんて呼んでたか忘れたが、ともかく色さえわかればOK

?ゴール
 どこかの街の一画。柵で囲われた区画で、チキンリザードの孵化器にゆで卵が設置されていた。カウンセラーの一人、Eggさんにちなんだものらしい。そういえば、これまでもコース上や街のそこかしこにお菓子が設置されていたような。どうやら、カウンセラー一人一人にちなんだ食べ物が会場に設置されており、それを見つけるというオリエンテーション要素があったようだ。食べようと思ったらお腹一杯だった。残念

 ここにも染めソウルフォージが設置されていた。私が思い出せないカウンセラーの一番上の階級のローブの色に染めることができるものだった
 で、その色にシャツを染めて気づく。フェア前のシャツの色がこれだったような‥

 細かい事は気にせず、とにかく楽しんだのでよし



 そして、肝心のカウンセラー体験イベントをすっぽかして大和の72gp市へ行っていたので、その後の話
 もう一度桜へ戻ってきたのは2時ちょい前。舞台ではUOトリビアクイズが行われていた。ブリにある酒場は4軒であるとか、そんな話だったかな
 そして2時になり、舞台では閉会式が執り行われた。ここでもまた爆破。さらにピンクの爆破までも。どれだけ爆破好きなのか
 その後、入り口近くの歓談コーナーで2次会が始まった。カウンセラーフェアというと、この2次会が曲者だ。いつだったか出たときは夜が明けるまで続いた気がする
 今回は早いとこ切り上げようと思いつつも、とりあえずせっかく来たので、ここでしか聞けない事を聞いておこうと色々質問してみた。答えてくれたのはBonnieさんだったかな


1.カウンセラーへのコールの内容に、以前と変化はあったか
 Bonnieさんは長いことカウンセラーをやってらっしゃるとのこと。なので近頃のコール内容に変化がないか聞いてみたところ、初期クエスト絡みの定番コールが無くなって寂しいとの事だった
 弟子を探すクエストがその定番コールクエストだったらしい。いまは廃止されたパラディン初期クエストの奴だ。そういえば昔詰まった事があるような。というかあれ、システム的な不具合で沸かなくなるんじゃなかったっけか。となるとカウンセラーさんじゃ再沸きさせられないような‥。どうだろ、できたんだろうか


2.カウンセラーコールの回数は、増えたか減ったか
 減ってるそうだ。『暇なんだけど』というイタズラコールも減ってるそうな
 公式HPやeSearchの活用が促進されて減ったのでは、というのがカウンセラーさんの見解だが、まぁこれは誰もが思っている通り、プレイヤー人口の減少によるところ大だろう。ベテランプレイヤーばかりだからこそ、カウンセラーに振られるコールの数も減っているのだと思う
 普段、不特定のプレイヤーを相手にするカウンセラーさんだからこそ、こういう所がよく見えるのだと思って質問したが、悪い事を聞いたような気がした


 私がした質問は上記の通り。他にも歓談中にでてきた話としては

・英語ができなくてもカウンセラーにはなれる
・SAにアップグレードしてなくてもロットワームシチューは食べる事ができる

 こんなところか
 変身犬がカウンセラーに変身し、あまつさえそれが殺されカウンセラー死体が転がるという貴重な一場面を見ることもできた。カウンセラーは死なないようにできている(カウンセラー談)との事だったが、あのローブを着た状態での死体グラは用意されていたようだ。レプリカ等の幽霊ローブで再現できそうだ

 歓談は続き、結局お開きになる4時になるまでダラダラと話していた。久々に動くオークの人とかも見れた。相変わらずの博識を披露していた


 カウンセラーといえども一プレイヤー。こうしてプレイヤーに混じってダベるのが好きな人もいれば嫌いな人もいるだろう。本人の意思はわからないが、ともかく遅くまで付き合ってくれたカウンセラーの方々に感謝したい。今年も凝った仕掛け満載の楽しいフェアだった




気がつけばハロウィンイベントが終わりそうで、もうモヤモヤオンラインは諦めたFibでした。少なくとも72gp市で貰った赤結晶だけは消化しておかねば

第47回大和ダイナマーケット開催


はい、いつも通りです







 日々のUO生活の記録も兼ねているこのブログの主旨に従い、まずはこれを書いておかねばならない

 マウスが壊れた

 正確には、左ボタンが壊れた。クリックするとシングルクリックだろうが全てWクリックになる
 これにより毎日のバルク引きの難易度が一段上がった。いくら裁縫屋NPCをクリックしてもメニューが出ては閉じる。イライラが募る。あまつさえそのNPCがよく見たら裁縫屋のギルドマスターでバルクを貰うメニューがでなかったりするともう、怒りにワナなくことになる

 と、そんな事情により、現在この記事を書いているPCはマウスを『左利き』設定にしている。右ボタンと左ボタンを入れ替えたことにより、かなり使い勝手がよくなった。ブラウジングとUOくらいしかやらないので、これでもなんとか使えている。早いとこ替わりのマウスを調達せねばならない

 しかし、この左右ボタンが逆というのは面白い。操作に慣れきったUOで、なんというか、初心者のころの初めてUOをやった時に近いような『動きづらさ』を感じる。右へ行くにも左へ行くにもちょっと戸惑う。咄嗟の動きができない等々
 来週には新マウスを購入するだろうが、それまでこの不思議な感触を楽しんでおくことにする。もっとも、やろうと思えばいつでもできるので、大したことではないのだろうが


 そんな操作の難しい状態でも、ダイナマーケットには当然ながら参加することにした。動き回ることはそうそう無いし、売り文句のタイプさえできればいいと高をくくっていたのだが、これが甘かった。今回フェルナンドが色々おかしな挙動をしていたが、もしこれを見ている人がいたら、そういう事かと勘弁していただきたい
 発言について普段通りなので、それはそれで



 さて、今月もやってきたダイナマである。今回で四十七回を向かえる。次の四十八回で丸4年となる訳だが、まさかこんなに続くとは正直思っていなかった。私の予想は常に外れるが、これは嬉しい外れ方をしてくれている

 そんなダイナマではあるが、今回はいつも売っているテンプラ粉を用意していなかった。いや、ハロウィンクエストで忙しかった訳ではない。というか、ハロウィンクエストはようやく土曜日に一回やったきりだ。なんというか、またいつもの面倒臭がり病が発生して、日々バルク引きと2,3日置きの練成GGS上げだけでUOプレイを満足してしまっている。BBSなんかでハロウィンクエストの苦行の様子を見ていると、それだけで手をつけるのが億劫になってくるのだ
 ハロウィンクエスト自体は凝っていて非常に面白かった。開発GJだし、日本語化も問題ないと思うので運営もGJだ。いまさらここにストーリーを書く必要もないくらい他の場所で研究がされているっぽいので、詳細は省く

 いや、省いたら一年後に見返したときに私がわからなくなるか。とりあえずクエをこなした時のメモをコピっておこう



〜〜 ハロウィンクエスト 消えた細工師編 〜〜〜

BNN:失踪(Hyde and Seek)
ttp://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=89630


導入
 いつもの通り、捜査官のJasperがYewの裁判所でなにやら唸っている。話を聞くとストーリー開始。事件はミノック在住のJared氏が失踪し、妻のElizaが捜索願いを出したが一向に足取りが掴めないとのこと。冒険者はこの事件を解決するのが目標となる

Jared ミノックの細工師。Elizaの夫。玩具職人Tomasに弟子入りし、失踪した
Eliza ミノックの細工師。Jaredの妻。失踪したJaredの捜索願を出した
Jasper 毎度お馴染みの捜査官


聞き込み
 ミノックの細工屋にいるElizaに話を聞くと、色々話してくれる。Jaredはなにか研究していた模様。Jaredの師匠であるTomasへの手紙を託される
 Elizaからの手紙を見せることでトリンシックの玩具職人Tomasからさらに話を聞くことができる。Jaredは研究のためにジプシーを使っていたそうだ
 ミノックのジプシーキャンプではAlanaから話を聞くことができる。Jaredの研究に参加した5人のジプシーがキャンプへ帰って来ていないそうだ。研究所の手がかりを探して失踪したジプシーのIshamからLydiaへ向けて書かれた書置きの断片を集める

Tomas O'Neerlan 玩具職人。トリンシックの細工師ギルドにいる
Alana キャンプにいるジプシー。話をしてくれる
Isham 帰ってこなかった5人のジプシーの一人。Lydiaの彼氏
Laura 帰ってこなかった5人のジプシー。Samと双子の魔術師
Sam 帰ってこなかった5人のジプシー。Lauraと双子の魔術師
Carl 帰ってこなかった5人のジプシー。技師でオーク採掘技術に通じる
Leto 帰ってこなかった5人のジプシー。インテリ昆虫学者
Lydia Ishamの彼女で、彼が書置きを残して失踪したため怒ってキャンプを去った。研究所の場所を知っているらしい


真相
 破かれた書置きの破片をつなぎ合わせたところ、研究所の場所が判明した。ケンダル山の採掘洞窟奥にあった頭蓋骨でキーワードを発したところ、コブトス内の洞窟に転送される。目の前には護衛であるオーガのTinyがいたが、つなぎ合わせた書置きを見せたところ中にいれてくれた
 残された日誌によると、Jaredは人をモンスへ形態を変化させる研究をしていた模様。ただし、失敗し、5人はみんな心までモンスになってしまい、どこかへ行ってしまったとか
 Jaredも研究の為にモンス変化薬を飲んでモンスになってしまった模様
 件の薬を魔女グリゼルダに見せたところ、素人が作ったものだと笑われた。彼女なら治せるとのこと

 直すにはモヤモヤを集めなくてはならない
  →モヤモヤは体格因子を使ってモンスになった状態でダンジョンを歩き回る
   →体格因子は月見草をモンスの死体に使う事で得ることができる

→モヤモヤオンラインに続く

〜〜〜


 グリゼルダ以降を適当に書いているのは、そこらへんで力尽きたため。とりあえず、モヤモヤを集めると三種類の結晶どれかが得られて

青 ジプシーやジャレッドの治療薬
赤 トーマスへの貢物
金 黒天使召還

 となるらしい。赤い結晶を貰ったのでトーマスに渡したところ、ゲイザーへ変身する変装マスクを貰った。ちょっと動いてみたがキモかった


 色々アイテムが貰えるらしいのだが、これがまぁ面倒そうで手をつけるべきかどうか迷っている。おそらく最終週は一生懸命やっているだろうが、果たしてこれからやって間に合うかどうかも疑問の残るところだ
 変装は面白そうなのだが、レイス変身用のマスクなんて、そうそうでないらしい。トーマスへ初めに会いに行った時に、お宮の近くでレイス変身を繰り返して『♪』とか発言していた人は、いま思い返すと恐らく自慢したかったのだろうと思う。それくらいでないものらしい



 で、そんなドリームレイスの変装をしている人が、ダイナマにわんさかいたのだが
(ようやく話がダイナマに戻った)

 出にくいと言われながらも結局のところ頑張る人が多いようだ。UOはいまだに物欲オンラインが続いているようだ。とりあえずSSを撮ってみたが、他にも結構いたと思う。レイス以外にも影竜変装マスクが出にくいらしいのだが、それもいくらかいたと思う。みなさん頑張ってますな
 しかし、ブラッドワームのキモさに適うのはなかなかないだろう。アレだけは自力か他力か関係なしにGETしておきたいと思う



 さて、ようやくダイナマのレポートに入れる。が、正直ここでいくら書いても、もっと分り易いSS付きのレポートがダイナマ公式HPに載るので意味がないような気がしてならない。まぁいいか

 今月は先月に引き続き秋がテーマとなっていた。本部奥の憩いの場では焼き芋オブジェが設置され、深まる秋を演出していた
 舞台もシックな落ち着いた色合いに調整され、今月はUO小噺がやっていた
 今月の噺はUO小噺の人曰く、一年前に同じネタをやったとの事だが私の記憶にはないDOOMネタだった。テンプラ粉売りかなんかで観そびれていたのだろう、ありがたいアンコール公演だった。ネタが間に合わなくてのアンコールだったためか、来月もよろしくという言葉で締めていたので、小噺が聞きたい人は来月も要チェックである

 他、舞台には久しぶりのIN THE PO氏が立っていた。UOに戻ってきた挨拶をしていたようだ
 あえて『氏』とつけるのは名前をそのまま書くとなんかまずいような気がしたため。ブログを某スレに晒してから一時期、時の人となったのだが、名前が悪かったためか垢BANの憂き目にあったとは本人の談。ブログの更新もなくなったかに見えたがその後もいくらか活動は続けていた模様で、今回ようやく人前に姿を表したわけだ
 好き嫌いは人それぞれだろうが、こういったパフォーマンスをする人は一昔前のヘイブンなんかには一杯いたような気がする。やはり、銀行横に舞台があったオールドヘイブンは、色モノを育てる環境的な利点があったようだ。こういう賑やかしをやる人も、UOの華やかさに一役買うことができると思うので、今後もGMの目を忍んで活動していって欲しい。やっぱりカオスが一番


 カオスと言えば、先日Lv2のトレハンをやるために武勇島へ飛んだところ、目の前にいた黒閣下2体にボコボコにされた。掘っても無いのになぜガーディアンが出ているのかと灰色の世界で頭を捻ったが、よくよく考えれば単なる放置であることは明白だった
 ここ最近はトレハンのバッティングもめっきり減ってしまい、トレハンなんかやっているのはもう自分だけかと思っていたが、少なくともLv6を掘って中身を得たいと思っている人、あるいはトレジャーハンターを罠に嵌めてほくそ笑む人がいたことにちょっと嬉しくなった
 確かにトレハン放置はマナーとしては悪い事だし私はしないが、しかし、それができるようにUOはデザインされている。私のように『面倒だけどとりあえず地図があるから掘るかなぁ。ダルいな〜』なんて腑抜けた人間の目を覚まさせるには非常に良いパンチだった。こういうドッキリがあるからUOは辞められない

 とりあえず、なんとかその場を制圧しようとしたものの、ヘタレなトレハン親父では何度も転がった挙句に黒閣下二体の同士討ちくらいしかできず、古代竜を残したままその場を後にした。いやはや、ドラゴンには手を出せん
 放置はそのポイントだけでなく、近場の別の場所にも黒閣下が数体沸いてた。どうやら数をこなしているようだ
 単なる愉快犯なのかMAF→レリック目当ての悪質ハンターの所業か、はたまた武勇島をモンスの生息地として確立したい確信犯の仕業かはわからないが、大和でトレハンをやる人は少し注意していたほうがいいだろう



 さて、話がまた逸れたがダイナマの出店模様も書いておこう
 ペット行商のチキン売り、ヒヨコ売り、オスタ売りは健在。マタタビ出版とかその他の出店もいつも通りだった。ハロウィングッズを取り扱う店があったのが特徴的か。かぼちゃ50gpなんてのもあった。ルンパニの宣伝は今月も引き続きやっていた

 そしてフェルナンドはと言えば、今回はてんぷら粉が間に合わなかったのでセキュア整理をかねてのガラクタ市となった。ハロウィンの結晶を集めるにしてもセキュアの空きが必要と判断し、なぜうちのストレージの残りが一桁なのかを色々探ってみた。調査の結果、かつてベンダーを出していた時の在庫がまるまる残っていたことが判明した。そのベンダーの名前は『ゴミ』だったような気がする。そう、普段銀行前に捨てられていてもおかしくなく、それでいて欲しい人は100gpくらいなら出してもいいかなと思うような、そんなアイテムが満載された鞄を発掘してしまったのだ


お宮 『これは捨てねば』


 しかし、一度は値段をつけて売ろうとしたもの。そのまま捨ててしまっては勿体無い。なので今回のダイナマで売ることにした。売るのは当然、フェルナンド
 まず、一つ一つの商品名を本やプロフに書くという面倒なことはしたくなかった。なので青空市のようにセキュアに詰め込んだままで売る事にした。全部かっさらっていかれても惜しくないものばかりだから、地面直置きで問題なし
 ただ、そのまま掻っ攫われるとセキュアにはありがたいのだが、何もしない時間が増えてしまう。折角の市なので一応は賑やかしとして商売をやってる風の佇まいをする必要がある。なので、値段を53gpとした。この値段なら誰もが『ああゴミか』と納得してくれる。100gpだとまかり間違って全部持ってく人がいるかもしれないが、これなら親切なゴミ掃除ボランティア以外は手をつけないだろう

 そしていざ店を開いてみたのだが、よくよく考えるとこれ



 72gp市を丸パクりしてる



 のですわ。いや、そういやそうだ
 それに気がついたのは一番初めの客にオスタ売りが来たところ。このオスタ売り、72gp市の店員でもある。いや、スマン。そういうつもりじゃなかったんだ
 これはもう、ライセンス料を支払うしかない。72gpでライセンス買おう!と言うつもりだったが、本人が笑ってスルーしてくれたので事なきを得た。どうやら72gpより安いのがよかったらしい
 というか、よくよく商品をみると72gp市で買ったとおぼしき物がいくつか。ん、原価割れしてる(ToT)


 商品の中身は売ってる本人さえあまり把握してない状態。果たしてどれだけ売れるか心配したものの、空気を読んでくれるお客さんが大勢いて、商品を丸パクリされることもなく大盛況の幕切れとあいなった。また、売り上げを見ると、どう考えても減った商品より手持ちのGPの方が多すぎるのだが、これは善意のお客さんのお陰だろう。この場を借りて御礼申し上げたい


 今月は開会式前にゲートを出す係りの緑ごるぁが寝オチしていたらしく、人が少ないことが予想されたが、蓋を開けてみれば結構な客足だった。開会式直後にゲート出しに参加してくれたヒヨコ売りと某カフェ店長のお陰だろう。いや、ヒヨコ売りはいつもゲート出しをやっているようだが
 他にも、見えるところ見えないところでダイナマーケットを支えている人はいる。当たり前のように享受しているGMサポだって、中の人はちゃんといて、毎月毎月頑張ってくれている
 多くの人がいて多くの言葉が飛び交うダイナマが私は好きだ。皆で盛り立てるダイナマに、今後も参加し続けようと思う



売り上げに味をしめて来月もガラクタ販売でいこうかなと画策するフェルナンドでした

ハロウィンはイベント集中日


10/31は色々あったようです。





 10月はことのほか早く終わってしまった。季節はもう秋から冬へと確実に移り変わっていくようだ。冬になると貧乏な私の部屋では寒くてタイプも億劫になるので、ここのブログの文章量もそれなりに減るだろう。そんな事を感じさせる10月最後の土曜日に大きなイベントがやたらとあった

 一つは毎年行われているコンパニオンフェア。コンパニオンはUO初心者のプレイの手助けをする無償のボランティアスタッフで、一般のプレイヤーが応募してなることができる。ただし、私のように垢に傷のある人はなれない
 そんなコンパニオンとの振れ合いの場としてフェアが各鯖で毎年開催されてきたが、今年は飛鳥、桜、北斗、出雲、桜が合同開催となった。これは単純に、これらの鯖のコンパニオン数が少ないからという事だろう。プレイヤーの減少はこういった形で顕在化するようだ。なんとも寂しい限り

 他に何もなければ行って盛り上げようかなとも思ったが、他にもあったので今回はスルーさせてもらった。コンパニオンフェアというと、ヘイブン前にたむろするそっち系の人が一杯という印象が強い(偏見)ので、足が向かなかったのもある。きっとコンパニオンをやるようなマメな人はブログも書いていると思うので、そういう人のところで内容を見てればいいかな。あときっと、ブリウオとかにも載るだろう



・無限祭

 で、私が行ってたのはこっち
 21:00からTべスパの街で開催された。GMの公認を受けているらしく、設置物も華やかだった。普段イベントのときくらいしか入らない無限であるが、この日は観客も多く軽くラグが発生するくらいに人がいた
 ヴェスパ銀行南の広場に小型の舞台が設置され、そこで主催の代表が開会の挨拶をしていた。よくある「これより〜祭り開催です!」のようなはっきりとした開会宣言がなかったために、見ていた観客は少し戸惑った様子だった

 無限ではあまりお金を持っていないので、お小遣い300gpを持ってブラブラ歩く事に。各店を覗いて見たが、やたらとクジが多かった。無限はギャンブル好きが多いのだろうか

 会場入り口で配られていたパンフレットに載っていた酒場は、時間が早かったためかあまり人はいなかった。べスパ魔法屋南の川岸に設営されたバンブー素材の艀上にこさえられた、ウォーターフロントって感じの酒場は中々に雰囲気のいいものだった
 その酒場の先の川面には今年のハロウィンで導入されたランタンかぼちゃがいくつも浮かんでおり、月まで出ていた。普段見れない光景なので、今回のSSとして上げておく

 クジは色々やったがほとんどハズレ。出た目の数だけ青リンゴ貰える奴は、とりあえず6個貰えたから当たりといえば当たりなのか。値段としては破格なので良しとすべきだろう。果たして使うときはくるのか
 他にも、靴を履いてなかったので作ってもらおうかと思ったらハロウィン衣装セットを貰ってしまったりと、無限でもこの祭りの最中は結構暖かい人情に触れることができた。無限のヴェスパと言えばゲートの先が中州で、そのままキルされるか放置されるというネガティブな印象しかなかったが、少し考えを改めることになりそうだ

 無限といえばハードコアシャードなので、Tルールファセットでも赤ネームをよく見かける。この祭りも赤ネーム参加OKなのでPKギルドのIGAが揃いの衣装で参加していた。やっぱりここもクジをやっていた
 さらに特設神社なんかも作られていた。そこいらのモンバットを倒した分のお賽銭を入れたところ、結構いいことが起ったりもした。霊験あらたかだ

 ここで販売していたIGAの歴史書2009年版はSA導入の200ページ本で書かれていた。200ページ本は普通のNPC売りの本とはグラフィックも違う独自のものだった。始めて見る本に少し驚いた。そういえば去年だったか一昨年だったかも、このギルドの歴史書を読んだ覚えがある。ボリューム増の歴史は一冊5kの20部限定販売とのことなので、大切にしようと思う。クエストのコレクター本もいいが、こういうプレイヤーが好き勝手書いた本のほうが私は好きだ。値段が高い気もしたが、40ページくらいの青本換算だと一冊1000gpになるので、そうそう高いものでもないだろう。これを書く苦労を味わえば値段は納得の数字だ

 暖かみに触れると言えば、ダイナマでよく見かける温泉がこの祭り会場にも設置されていた。布風呂でなく水タイルだったので、GM設置物だったのかもしれない
 折角なので入ってみようかと思ったら、入浴料が必要と言われた。温かいながらもシビアな世界を垣間見た気がした

 手持ちのお金もなくなりやることもなくなったので1時間くらいで会場を後にした。この後、舞台で色々あったりイベントなんかもあったりしたのだろうが、詳しい事は無限BBSなり特設ページなどで確認してもらおう。前夜祭、後夜祭なんかもあったっぽいし




・UO本スレ1400章記念イベント

 で、次はこっちに出てました
 10/30(金)11:05にめでたく2chのUOスレッド(本スレ)は1400番代に突入した。私のプロバイダは一年中規制されているが、それとは別の規制で多くの人間がスレッドに書き込めない悲惨な状況でありながらも避難所を中心に話が動き、土曜日23時より北斗オールドヘイブンにて恒例のホコツイベントが開始された

 ちょっと遅れて行ったのだが、メインには間に合った。丁度、強スケルトンが出るヘイブンT字路で集合写真を撮っているところだった。この日の主旨はホコツで黒天使を倒すという内容
 週末になったらハロウィンイベントを謳歌しようと思っていたものの、実は面倒くさくてJasperクエストにまったく手をつけていなかった。なので黒天使がどのくらいの強さかまったくわからないまま、突撃とあいなった


 ホコツでハート型を作り黒天使をいざ召還。いや、特に型は関係ないか
 範囲に変なものを撒き散らしながら一撃必殺の攻撃をしかける黒天使にみるみるホコツ達の死体の山が築かれていった。いつも通りの光景だ
 途中から黒天使二匹目が召還され、虐殺具合に加速がついた。棍棒で殴っても6とか7とかしか入らないので始末に悪い。なんやかんやとやっていたが、10分経たずして倒す事ができた。ホコツの中に高性能なのが混じっていたのだろうか


 そして気を良くしたホコツ達は、そのままスラッシャー討伐のためにアビスへ侵入する事に。ゲートが出され入った先はSAでできたアバタール島北の砂漠。アンダーワールド、ひいてはアビスへ続く入り口がぽっかりとその口を開けていた
 臆するという言葉を辞書ごと投げ捨てたホコツ達は我先に奥へと進む。が、私はいまだにアンダーワールドからアビスへ入るクエストをこなしてないのでさっぱりだった
 どうやらいくつかの鍵をアンダーワールドの各隠し部屋で入手し、それを合わせることでアビス入り口を突破できるようになるらしい。今回は誘導に従ってガンガン突き進み、アンク部屋の主も横殴りでなんとかルート権を得る事ができた
 アンダーワールドからアビスへの侵入クエストを始めてこなしたのがホコツキャラ、というのは幾分引っかかるところがあるが、まあいい。UOとはこういうものだ


 その後、さらに誘導されてアビス中央のスラッシャーのいる場所へ。スラッシャーは中央魔法陣より南西の街のなかにいた
 ガーゴイルで逆側から来た時に一度すれ違ったきりだったので、カラーでまじまじと見るのは初めてだった。なかなかに凶悪そうな奴だった
 ここでは黒天使の時と違い、かなり死なないように戦った。長期戦だったしね
 エネワンを使うだけのマナがなんとかあったのでフォーカスアタックと併用して15打点を平均して当て続けたところ、なんとかルート権を得ることができた。ここまで攻勢に出たホコツ祭りは初めてかもしれない

 実際のところ、スラッシャーのHPを大きく削ったのは現地サポの人が放つEVやらコロ助とか一部の高性能ホコツかもしれないが、ともかくホコツ達がわらわら沸いてはスラッシャーに突っ込む姿は見ていて面白かった。ここまで上手く回ったのは現地北斗のサポートあったればこそだろう。この場を借りて深く感謝の意を表する
 この模様は有志により動画となってネットに上げられているので、詳しく見たい人はこちらをどうぞ


TonyUO大和:本スレ1400章イベント
ttp://zoome.jp/tonyuo/diary/6


 動画のUP主はここ最近ニコニコなんかにも動画をUPしているようなので、要チェックだ



 スラッシャーを倒したのは日付が変わった0:20頃だったろうか。その後は大和に戻り72gp市へ行ったりとまた色々あったが、その時に買い占めたトレハン地図をこなさなければならないので、今日のブログはこれくらいにしておこう

 ハロウィンクエストについては、乞食は前のブログにコメント追記した通り。死亡TRICKが無くなったお陰で高回転ができた
 畑のランタン取りもやってみたが、動画を見ながらちょこちょこやってたら、あっという間にセキュアが一杯になった


楽な方を先にやって後がきつくなりそうなFibでした。でも、Jasperクエは修正が入ったとか聞いているので、落ち着いた後半にでも手をつけるつもりです。
予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。