やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUNA COLLECTION 3rd memorial 開催


今年で三回目となりました。








 だいぶ暖かくなり昼間はそこまで厚着をしなくても外へ出れるようになりました今日この頃、みなさ(ry

 そんな訳でルナコレである。春の到来と共に開催されるファッションコンテストであるルナコレは今年で三回目。大和の服飾ショップLUNA*LUNAが主催するこのイベントは本ブログでも何度も紹介しているお馴染みのイベントだ。当然ながら今回はメインネタとしてこれを書く


 今回のルナコレ、1月あたりから応募者を募っていたが、最終的に出場者として決まったのは8名。(2名は都合により参加取消)
 2月27日(土)22:00より大和マラス西の空地に設置された豪華な会場でそのファッションコーディネートを競いあった

 テーマは

 Let's begin the new epoch 〜 来たれ、新時代のファッショニスタ 〜

 とのこと。ガーゴ衣装や自然染めなど既存の概念を打ち破る新しいファッションを目指しての大会となった。以下、参加レポ





 当日、帰宅が遅れて急いでマラスへ向かった。大会の開始宣言にこそ間に合わなかったがLUNA*LUNA店長の挨拶を聞く事はできた。
 特別審査員はさくらイベントレポーターズのflamさん、ブリカツのオークの人、アバタール原田さんとなった。flamさんは前回のコラボ企画の時にも顔を見たのでわかった。原田さんは休刊した月刊LOGiNの編集をしていた人らしく、古くから続くUOでは有名な人‥らしい。飛鳥がメインだそうだ

 この後の予定によりトレハン親父で参加とあいなった。そのため今回のSSでひとり半分隠れてるPDはルナコレと無関係なので無視してくだされ
 SSの下部分に並んだ7名+上段真ん中1名が今回出場した作品となる。モデルの人を使っている場合は、エントリー者を上に配置している。わかりづらいSSだが、名前も込みでとりあえず覚えている限り書いていくので、PDと見比べてもらおう



エントリー?1
 エントリー:i love music モデル:Cheryl Quupa
 大和総合店BIG1の店員。いつもは大和ブリ銀を金髪アフロで歩いている彼だが、今回気合の出場となった
 アガパイトのチェインメイルを主体とした落ち着いた色合いでの勝負となったが、審査員のオークの人に早速のセクハラを受けていた


エントリー?2
 エントリー:twisco モデル:Poliy
 新緑や若木をイメージした可愛らしさ、春らしさが光るファッションだった。会場からは『柏餅みたい』という言葉も出た
 忍者胴が植物の幹のように見え、作者のイメージがしっかり形になったように思えた。初参加ならぬ自信と貫禄があった


エントリー?3
 エントリー&モデル:Golden Fish
 登場早々自ら金魚と名乗ったとおり、一風変わったファッションだった。鱗鎧と八徳の篭手をピンクに染め、木ベルトやスカートを緑に染めたその姿はまさしく金魚
 この人も初参加らしいが、ちゃんと個人のテーマが表されていた。今大会は初参加の人もレベルが高い


エントリー?4
 エントリー&モデル:kikuno
 新しい時代という大会テーマを個人の新たな舞台『結婚』と捉え、花嫁衣裳で勝負となったkikunoさん。前回に引き続きの出場
 UOでの結婚式というとプレーンドレスやファンシードレスの色染めが定番だが、それを覆す大胆な衣装だった。胸がでかい
 しかし、失礼ながらこれを見た瞬間、美川憲一に見えてしまった。一度そう見えるとプレゼンで歌っていた歌までそれっぽく聞こえるので不思議だ


エントリー?5
 エントリー&モデル:G l a s sR o s e
 可愛らしい狩人ファッション。この人も初参加らしい
 綺麗にまとめられた森林警備隊仕様で、ガールスカウトの制服のようだった。エルフブーツはそれだけでポイントアップできることを上手く心得ているようだ


エントリー?6
 エントリー:Coca モデル:Cynthia
 前の硝子薔薇さんがスカウトなら、こちらはバリバリのレンジャー仕様。2度目の参加のCocaさん
 野戦仕様なので緑を貴重としていたが、市街戦、砂漠仕様などにも応用できるとかなんとか。ナイフを持つ姿も確かに様になりそうだ
 会場からはやっぱりなスネークコールが起こり、アバタール原田特別審査員のミリオタ心をくすぐっていたようだ


エントリー?7
 エントリー&モデル:L'EST ROSE
 初参加のL'EST ROSEさん。Let'sではない
 純白のフルエプロンはオーバーオールをイメージしたそうだ。しかし、生足が見えているのはどういう事だろう。説明を聞き漏らしてしまった
 特別審査員オークの人がまたもセクハラコメントを発し、雪玉の標的になっていたことが印象深い


エントリー?8
 エントリー&モデル:ForestRavine
 難しい道化服を選び、それを見事にコーディネートしていた技術点の高い作品だった。この人も初参加だとか
 道化服はそれを着た途端、頭にピエロ帽を被らなければならないように定められた服だと思っていたが、その幻想をぶち殺された





 全体として、レベルの高い大会となった。それもこれも新たに導入された自然染め粉の影響が大きい。既存の金属、木製防具でも好きな色に安価で染めることができるため、選択の幅が広がりより柔軟な発想が形にできる場が形成されたことが、今回の大会でも見て取れた

 また、初参加ながらも十分に優勝を争える人が多くいたことも今大会の特徴といえる。どれも個性的でありながらUOでのファッションとして成立している。個人の"らしさ"が出た服装こそ素体の等しいキャラクターに求められるものだ。そういった点で今回の大会は、観ている側にも自分の服装を見直すよいきっかけとなりえたと思われる。少なくとも私はもうちょっと服で遊んでみようかなと思った

 何を偉そうに書いてるんだと怒られそうだが、このぐらい書いておかないとまとまりそうにないのでとりあえず書いている

 ほか、新時代というテーマでありながらガーゴイルのファッションが1点もでなかったことにも触れておこう。やはりというか、それだけガーゴイル人口が少ないことが影響していたのだろう
 人間は派閥イヤリングによりエルフ装備も着る事ができるようになったが、それでもやはりエルフがモデルとなるケースが多かった。これは単純に着こなしが試し易いからであろう。また、エルフの特定髪型にある羽も、お洒落には欠かせないポイントとなる
 サンダルからエルフブーツへと推移してきたファッション業界にとって、靴の履けないガーゴイルはそれだけで手数の少ない不利なモデルと言えよう。頭装備がないのも致命的だ。この状況を打開するにはガーゴ装備のさらなる拡充、あるいはプロパのつかない装備部位の追加が必要と考える。戦闘面だけでなく、ファッションでもガーゴイルは一歩、二歩と不利なままなのが現状だ


 と、こんな事を審査中に考えていた
 えーさて、今大会の気になる結果は以下の通り



優勝:エントリー?3 Golden Fish
準優勝:エントリー?5 G l a s sR o s e
三位:エントリー?6 Coca
特別賞:エントリー?7 L'EST ROSE


 初参加勢が猛威を振るった結果となった。もっとも8名中5名が初参加なのだが
 そして、実はこの大会の裏で72gp市の店員誕生日ミニイベントが行われる予定だったため、優勝者の名前が発表されたと同時にリコアウトした。午前0時を1,2分過ぎたあたりだっただろうか
 なので優勝者コメントを聞いていない。まことに申し訳ないが、それは実際に見た人だけのお楽しみということで、いいんじゃなかろうか



 今大会から、観客からの一般投票も受け付けられるようになっていた。イベント公式ページから投票ページに移り、単純な好み、統一感、発想・着眼の3つの観点からそれぞれ1名を選ぶ方式だった。そして、審査中も観客を飽きさせないようにLUNA*LUNA店員による熊マスク対鹿マスクのエキシビジョンマッチが行われていた。あの手この手で色々やってくれる
 また、セクハラ発言を連発していた特別審査員のオークの人も『つっこみを入れる事で参加者がイベントに参加できる空気を作ろう』という考えのもとでの発言だったとtwitterで漏らしていた。結果は功を奏したようだ
 このように単純な服飾を競うだけのイベントから、観ている側も参加できるような仕掛けがなされたのも今大会の特徴だと言えよう


 運営スタッフ並びに審査員のみなさん、そしてエントリーした8名の方々、お疲れ様でした
 楽しい二時間を過ごせたことをここに感謝し、レポートならぬ感想文を〆たいと思う



ローブ姿のテイマーが被るバケツならぬプレートヘルムを、自然染めで若葉色に染めてみたFibでした。ええ、ファッションの域にまでは達していませんが
スポンサーサイト

スカベンジャーハント2010の顛末


書いておかないと忘れそうなので記録として残します。









 時間があるのでとりあえず起きたことだけ記録しておこう

 一日目は当初の予想通り問題なくイベントが進行した。ただ、収集物5品のうちブリティン音楽ホールで販売されているロマン選集だけは販売数に限りがあり、買占め行為なども発生したため、臨時の販売NPCが追加されたとの未確認情報あり

 二日目。音楽ホールの買占め対策としてロマン選集各巻が、販売NPCの脇に設置されたカラフルな本棚をWクリすることで入手できるようになった。ただ、アナウンスが無かったため気づかない人はNPCの前で待ち続けていた。ここでも洞察力が試されたようだ。私も横の人に教えてもらうまで立ちんぼしていた
 また、マラス、フェルッカ、テルマーに設置された受領箱のうち、テルマーに設置された箱は通常ゲーム進行では到達できない場所に設置されていた。詳しい場所はテルマーのロイヤルシティのある大陸東、テラスからさらに東に続く水面に浮かぶ島である

 運営側としては船を使って到達できるとの目測だったようだが、ご存知の通りテルマーでは現在船が設営できない。したがって到達不能地点となる。ただ、太公望さんのサイトを見る限り、大和でも誰かしらが突っ込んでいたようだ。不思議不思議
 一応、運営の言い分としては、テスト段階では問題なく到達できたとのことだったが、どうやって船をだしたことやら。一般アカウントとGM権限のアカウントでは制限も違うのだろう

 この事態を受けて、運営は急遽テルマー分を再設置した。それがこのページの下部、これまでの経緯という部分

ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89792

 21:30に一旦終わったハントだが、上記のページが22:00に公開され、テルマー分だけ再実施となった
 だが、ページ上部を見てもわかるとおり、再設置した箇所も現時点では到達できない場所だった。未公開大陸の破滅の神殿だったという噂。そのため後日再設置というアナウンスがなされている。後日っていつなのだろう。来週の週末はルナコレ見てるので参加はきつい



 こうして運営が予想した以上にプレイヤーが右往左往させられたイベントとなった。皆さんは十分にお楽しみいただけただろうか
 私は2日目も21:30には諦めて家路についたクチだが、頑張って探し続けた人はお疲れ様。その努力はきっと何か別の場所で役に立ったり立たなかったりすることだろう

 こうした経緯によりtwitter上では『反省会なう』という発言がUO運営からなされた訳だ。だが、これも血眼になって参加したプレイヤーにしてみれば




 m9(^Д^)



 こんな感じで受け止められてしまうかもしれない
 各鯖ではV3を達成した人もいくらかいるようで、常連と初参加の人には大きな壁のあるイベントとなった。大きなマラソン大会と同じくベテランとヤングで差が出るのは仕方ない。であれば、これ以外のイベントで差を埋めるようなものをやればよい。色々やってみればいいんだ。ともかく、こうしてスカベンジャーハントは終わった
 ああ、いやまだ後日再設置分が残っているか。しかし、どれだけ人が集まるものやら。運営とプレイヤーの苦難は続く



一部感想も含まれますが、こんな感じの結果でした。

カスタムUI素人の愚痴

別に大した話じゃありません。SAクラ使ってない人には何の役にも立たない情報なのでスルーしてください




 4時間前にスカベンジャーハントの記事を書いて、今週もとりあえずやる事はやったと思って満足していた。先週からこっち忙しくてろくにトレハン地図も消化できていなかったので、これから掘りにでもいこうかなと考えていた矢先、知り合いのこんな呟きが聞こえてきた

『UOの本にしおり機能とかページ索引機能とか欲しくないかい』



 これに対して私は何の気なしに、『SAクラでできんじゃない』と返信した。しかし、彼が望むのは2Dクライアント上でとの事で、確かに重いSAクラより 2Dクラで実装されたほうがより良いなと思った
 普通ならこれで終わる話なのだが、ふと気になったことがあった。それはこの記事


記事公式:開発チームに質問!-ログアウトマクロ(2/9)
 ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89779

>上級者向けになりますが 〜(略)
>script BroadcastEvent( SystemData.Events.LOG_OUT )
>(略)〜 これで「ログアウトだけする」ボタンの完成です!


 なんでもSAクラでログアウトのショートカットマクロが作れるとの話だ。この開発者コメントと、SAクラのカスタムUIで思い当たることが一つ。それは忘れもしない‥いつだったかな。ともかくかなり前にカスタムUIをいじってみて手も脚もでなかった苦い経験を思い出してしまったのだ
 /script WindowSetShowing と何度打ってもウィンドウが出てこない、非常に悲しい思い出だ


 このまま敗北したままでよいのか

 いや、まだ戦いは終わっていない。SAクライアントが終了するその日までに、なんとかサンプルウィンドウくらいは出してみたいと思って、途中忘れたりもしたが、とにかく思い続けてきた私は今日この日、再度SAクライアントのカスタマUIに挑戦することにした
 前にカスタマUIをいじくったのはKRクライアントの時だったので、今回もまた圧縮されたドキュメントとDefaultフォルダの解凍から始めた。ドキュメントの中身は一応、UOSAクライアントと書いてあったので更新はされているようだった

 久しぶりに起動したSAクラは90Mのパッチがあたりはじめ、そのパッチが適用されている様を見ながら一連の『とりあえず、サンプルのウィンドウ出してみ』という開発者のありがたいお言葉でかかれた手順をおさらいしながら準備にいそしんだ
 結局、やったことは前回と変わっていない。だって、同じことが書いてあるんだし‥
 前にやったのと同じようにSampleWindow.xmlとSampleWindow.luaファイルをSouceフォルダ配下に設置し、中身をドキュメントからコピペする
 Interface.xmlとInterface.luaにも指定された通り記述した

 で、前回はここから先が怪しかったのだ。いったい/scriptなるコマンドをどこに入力すればよいのかわからなかった
 普通に考えれば発言ウィンドウなのだが、いくらコマンドを発行してもうんともすんとも言わなかったので別の場所があるのかと色々探したあげく、結局わからなくて諦めてしまったのだ
 だが、今回は違う。手がかりはそう、上記の開発者のコメントだ
 どうやらマクロのcommandアイコンを使えばscriptで始まるコマンドが発行できるらしい。これを足がかりになんとか事態の打開策を図れるのではと考え、挑戦が始まった


 まず、開発者コメの通りにマクロを組んで動くか試してみた。これは、問題なく動いた。ログアウトマクロの完成だ
 次に、ログアウトで使ったコマンドが発言スペースで有効か試してみた。これも動いた。つまり、/scriptで始まるコマンドは発言スペースで打ち込むべきものだったのだ。ようやく確信がもてた

 と同時に、結局SampleWindowが出てこない事態に涙した。何が違うのか
 ここで気づいた点としては、KRクライアントのころに比べて、Interface.xmlで読み込んでいるXMLファイルがかなり減っているということ。大幅にコメントアウトされていた
 まさか、無いファイルを参照してるのでは‥という予想は当たった。なぜ存在しないかというのは物理的に無いことに加え、しっかりとデバッグ情報に読み込み失敗が載ってきたからだ

 そう、実はSAクラにはデバッグ機能が存在した

 英語のドキュメントはわけわからんと読み飛ばしていたが、実はちゃんと『デバッグ画面見ろよな』と親切に書いてあった。で、出し方は発言スペース(console)で

/debugwindow

 と打ち込むだけで出すことができたのだ
 このデバッグウィンドウではUIの読み込みや関数の呼び出し情報が表示されるようで、出力レベルも調整が利く便利設計。UIの再呼び込みボタンがあるのがありがたい。何度も再起動する必要がなくなった
 で、この画面であれやこれややってみた結果、


 ドキュメントのSampleWindow.xmlソースは使い物にならない


 ことがわかった。HUDBackgroundBlack.xmlもDefaultWindowTitleBar.xmlも昔はあったのかもしれないけど、とりあえず今見た限りでは存在しないのだ。これらを参照しているからウィンドウのCreateに失敗している。折角ドキュメント内の文言をUOKRからUOSAに変えたのだから、ここも見ておいて欲しかった(TT


 こうなったら意地でもスケルトンウィンドウをだしてやると、色々いじくった結果、ニューヘイブンの初心者クエ用XMLを参考になんとか”とりあえずウィンドウは出る”サンプルXMLが出来上がった
 もし、やる気はあるものの最初の最初でつまづいて投げ出した私のような方がいらっしゃるなら、とりあえず下記のソースをコピペしてウィンドウを出してみてくだされ


<Interface xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:noNamespaceSchemaLocation="../../Interface.xsd">
    <Scripts>
        <Script file="Source/SampleWindow.lua"/>
    </Scripts>
    <Windows>
        <Window name="SampleWindow"  movable="true" layer="secondary">
            <Size>
                <AbsPoint x="640" y="480" />
            </Size>
            <Anchors>
                <Anchor point="bottomright" relativePoint="bottomright">
                    <AbsPoint x="-25" y="-90" />
                </Anchor>
            </Anchors>
                  <EventHandlers>
                    <EventHandler event="OnInitialize" function="SampleWindow.Initialize"/>
                    <EventHandler event="OnShutdown" function="SampleWindow.Shutdown"/>
                  </EventHandlers>

            <Windows>
                <!-- Default chrome. Alter this at your own peril. -->
                <Window name="$parentChrome" inherits="UO_DefaultWindow">
                    <Anchors>
                        <Anchor point="topleft" relativePoint="topleft"/>
                        <Anchor point="bottomright" relativePoint="bottomright"/>
                    </Anchors>
                </Window> 
            </Windows>
        </Window>
    </Windows>
</Interface>



 しおり機能付の本のUIは、きっとこれを見た志ある若人が作ってくれるに違いない。そう期待して今日はもう寝ます



PS.
 特定のサウンドボードを使っているとSAクラでハングする事象を発見してしまった。フィードバッグに送っておくことにする

今年もやってきた、スカベンジャーハント!


とりあえず1日目の様子です。









 さて、今年もこの季節がやってきた。今年で3回目となりもはや恒例といってもいいであろう、このイベントが始まるのだ


公式:スカベンジャーハント - 2010年2月19、20日 開催!
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89786


 バレンタインイベントは逃したが、これは参加せねばならない。じゃないとUOやってる意味がない!
 なんて、熱い気持ちを抑えられない人が数多く参加するイベントであるので、今年も行ってきた
 それにしても、今年も例によって、告知ページはやりたい放題だ



 ルールや内容については告知ページの通りだが、簡単に説明すると指定されたUO内のアイテム5種をひっかき集めて、ヒントのページのどこかに隠された箱にいち早く入れた人が勝ち、というオリエンテーションゲームである。指定アイテムは殆どが簡単なもので、競うべきは”いかに早く箱を見つけられるか”の一点となる
 ゲームは2日に分けて行われ、本日はその1日目。設置されるゴールの箱は3箱だそうだ
 一昨年、去年とも涙を呑んだので、今年こそはリベンジをと思ったが、そうは問屋が卸さなかった。以下、お宮で参加したゲームの様子をレポ。参加シャードはメインの大和



20:45

 ユーの大滝近くに作られたロマンチックガーデン。確かこの公園ができたのもこのイベントの為だったと記憶する。桜が咲き乱れる名所となって久しい。そんな公園に、既に多くの人が詰め掛けていた
 優勝賞品は”色違いの熊のぬいぐるみ”という、今年もほとんど名誉だけアイテムであるが、だからこそ燃えるのであろう。参加者の半数は既に騎乗生物に乗り、すぐにでも駆け出せる体制で待機していた。もちろん、野次馬気分の見学者も多かったが

 開始時間五分前になると中央階段の真ん中から火柱が立ち昇り始めた。熱くなれよ!ということだろうか。時間を忘れてないよという、運営から参加者に対してのメッセージ的な演出なのだろう

21:00

 ほぼ時間通り、黄色NPCのスカ部長こと Monji the Scavenger 登場。ピンク型の炎があたりを包む。痛恨のSS撮影失敗。ごめんなさい。見たい人は明日参加してください
 部長は登場するやいなやテンションも高く、すぐに説明が始まる。説明中に気になったのは、この発言が全鯖同時に流れているのだろうかという事。一箇所で話した言葉を他の和鯖にも転送しているのだろうか。まさかGM8人体制という事はないだろうから、事前設定か転送かのどちらかだろう。あくまで予想だが

 『俺が消えたと同時に箱に袋が沸くからな!』という言葉の通り、スカ部長が消えた後にお題の書かれた本の入った袋が設置してあるピンクの木箱の中に湧き出した。去年はここら辺でもたついた感じがしたが、今年はスムーズに行き渡ったようだ。やはり去年に比べて参加者も少ないようだ


 今年1日目の収集物は以下の通り

・タンバリン
・ワインの瓶
・ロマン選集 2
・ダイヤモンド
・羊毛

 一応、こういうものはちゃんと参加したほうが面白いので、私も真面目に取り組んだ
 ぱっと見てタンバリンとダイヤモンドは家のセキュアのどっかにあると判断し、まずは羊毛を刈りにデルシアへいった。少しもたついたがなんとか羊から毛を採取することに成功。つづいてブリ銀へ飛んで南の酒場でワインを購入。その足でロマン選集 2を買いにブリの北にある音楽ホールへと走った。エルウッドクエでお馴染みの場所だ
 実はこのロマン選集、去年だか一昨年だかも同じお題で買いに走った記憶がある。なのでホールまで一目散に走ったのだが‥まさかの売り切れ
 みんな早いなと思ったが、あとからあとから人が来ては立ち止まるのを見るに、どうやら誰かが買い占めた様子。うーむ、ここを先にこなすべきだったか

 家に戻りタンバリンとダイアモンドをセキュアから引っ張り出す。残るは本だ
 15gpの普通の本にRomantic Selection IIと書いて出そうかとも思ったが、確かNPC本と普通の本ではプロパの値に差があるので弾かれるだろうと思い直し、地道に探すことにした。確か、前回もそんなことを考えてたような気がする
 ジェロームに音楽ホールだか舞台があったような気がするとか、トリンシックになんかそれっぽい人がいたようなとか、あやふやな記憶をたよりに徘徊するも、全て無駄足に終わった。ニューヘイブンにも職業がchapmanの人はいなかった。てか、ブリの音楽ホールにしかいない人だったような気がする
 結局ブリに戻って購入した。この時点で既に時間は21:16。第一ヒントはおろか、第二ヒントまで出ていた


1日目用ヒントページ
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89790


・トクノ 勇島 カエデの近く

・トラメル Vesper北 献身の神殿西

・イルシェナ "Now we are even!" 屋外


 いまでこそかなりゴールに近い画像になっているが、当初は漠然と大陸が載っているだけだった。イルシェナは範囲が大きすぎるので諦めた。トラメルも近場のルーンがないので諦めた。トクノに一縷の望みをかけてリコールした


21:17

 そもそも、UOのフィールド画面でカエデがいかなるものなのか、私は記憶していなかった。なんとなく、赤系の色をしているのかなと、そのぐらいの認識だった
 トクノボス沸きゾーンから西へ進路を取り、山脈西側を通り火山を南から回ってファンダンサー道場まで走った。そして道場の前でようやくカエデを発見。そうか、こんなグラフィックだったのかと理解した
 さて、道場の周りに箱はない。となるともう、この中なのか。そんな考えで恐る恐る中へ踏み込みつつヒントページを更新すると、最終の第三ヒントがようやく表示された。そして、そのヒントによると、トクノの箱はルンビ牧場の南側にある三叉橋にあるそうだ。残念
 この時点でたとえいままで誰も箱を見つけていなくても、近場の人が先に入れることはほぼ確定となった。私のスカベンジャーハント1日目はこうして終了した

 一応、勝利者の顔を拝んでおこうと三叉橋まで行ったが、受付終了の白い箱はあるものの勝利者の姿はなかった。そういえばこのら辺て、骨メイジとかルンビとかが跋扈する危険地帯だったような。恐らく隠れてらっしゃる勝利者さんへ賛辞を送りその場を去った
 折角だからとイルシェナの天使宮にも行って見たのだが、ここでも勝利者の姿は見えなかった。あまつさえ天使に魔法を浴びせかけられ、這う這うの体で逃げ出すことになった。そんなにカルマ低かっただろうか


 ともかく、こうして1日目が終了した。だが、まだ前半戦が終了したに過ぎない。続く明日の2日目に勝てばよいのだ。そして勝つためには情報の分析だ
 今回も、明日に向けての有益な予想情報をここに記そう。ちなみにこれまで当たった試しはないので、そこらへんも含めて読んで欲しい


予想ファセット

・フェルッカ
・マラス
・イルシェナ


 普通は1日目と被らないようにフェルッカ、マラス、テルマーとなりそうだが、そこはそれ。恐らくSAにアップデートしていない人のためにテルマーは外されるのでは‥
 ああいや、違う。日本運営がそんな殊勝なことをするハズがない。これはもう、テルマーが来る。そう、まずはテルマーが第一候補だ。そしてテルマーときたら、もうここしかない

 テルマー ドラゴンウルフの村

 確かにロストビレッジも捨てがたい。しかし、あそこは素で異界のモンスが出没する。勝利者がその場で殺されるのは不味いので、より安全性の高いドラゴンウルフの村が安牌だ。恐らく、橋の影にでも隠すに違いない


 さて残りだが、イルシェナが1日目と被って除外されるとなると、フェルッカとマラスになる
 マラスはこれまで二度とも北東の一本ロープの綱橋の先にある大陸だったので、今年もそこが一番のスポットだ。一昨年、去年ときたから今年はないだろうというのをあえてぶち壊す、確固たる何かが運営にはあるような気がする
 で、最後のフェルッカだが、これはもうわからない。きっと、Fのデモテンあたりなんじゃないかな。うん、適当だ


予想アイテム

 とりあえず、羊毛がきたので次は薪になるんじゃないかなと思う
 あと、ロマン選集がきたからといって、次もNPC本が来るんじゃないかという予想ははずれだ。もう本はない。去年からの傾向だ
 おそらく、これまた酒場あたりで買える食料のボウル系が一品、資材が一品。あとは細工で作成可能な蝶番とか歯車あたりが来るだろう。ガチで勝利を狙うなら細工師で参加したほうが良い
 残りは不定だが、神秘呪文で使われる秘薬あたりが狙い目と言えば狙い目だ。購入可能なものといえば限られるので、全種用意しといたほうがいいかも
 まとめると

・薪(刃物で木から取る奴)
・ボウル(シチューを除く9種のどれか)
・細工品(Ingot1〜3が材料の小物)
・神秘呪文の秘薬(ドラゴンの血除く)


 これだけ書いとけばどれかは当たるだろう

 さて、この予想により勝利を手にすることができるか、それは明日にわかること。今日参加を逃した人、もともと参加する予定のない人も、明日は挑戦してみてはいかがか。こういうのはみんなでやったほうが楽しいからね




 さて、一応他にもお得になるのかわからない情報を書いておこう
 昨日からUOの日本運営もtwitterを始めたそうだ。折角だからと、昔とったアカウントでフォローしてみたのだが、今回のスカベンジャーハントのイベント中にこんな発言がなされていた


---
UOJapan ロマン選集(Romantic Selection I, II, III)はブリテインで販売しているのです #UO_JPN
---

 まさかのヒント発言。去年だか一昨年だかに参加しいない人の為のフォローかもしれないが、これが明日もあるとしたら‥
 特にtwitterのアカウントがなくても運営チームの発言は下記URLで見れるので、参考にしてみてはいかがか


twitter:UO日本運営チーム(UO Japan)
ttps://twitter.com/UOJapan


 昨日開始してから既に、以下の重要な発言もあるので、イベントに関係なくチェックしてみる価値はあると思われる

---
派閥の一部システム(財務長官など)が機能しない問題の原因発見なう。Pub64の変更が原因で要コード修正。派閥参加中の皆様にはご迷惑をおかけいたします。 #UO_JPN
---
「Q. 毒洗浄液のアイテム脱色効果は意図されたものなのでしょうか?」 「A. 仕様です。安心してお使いください」 by Wasia #UO_JPN
---



明日の結果はこのブログに書くかどうかわかりませんが、とりあえず参加はする予定のFibでした。

溢れ満ちる愛


バレンタインだったようですね







 さて、いつもこのブログでは『ネタがない』などと言い続けているが、それでもブログが続いているのは取りも直さずイベントのお陰。ブリタニアで行われる各種のイベントを見学しにいってはそれを書いてネタとしてきた訳だ。が、しかし今回はなんと大きな2イベントをスルーしてしまった


・バレンタインイベント(GMイベント)
・第50回大和ダイナマーケット(PCイベント)


 ダイナマは毎度お世話になっているこのブログの主要コンテンツの一つ。大和のPCイベントだ。バレンタインの方はGM季節イベントに分類されるのだろう
 イベントを逃した言い訳としては急な仕事で‥って、この台詞、去年のクリスマスイブにも言ってたような気がする。別に恋人とデートでUOにログインできないとかそんなそんな痛い空想物語をでっち上げるつもりはさらさらないので、誤解なきようご理解いただきたい。帰宅できてればUOやってたさー

 とりあえずダイナマは公式日記を見るからいいとして、バレンタインイベントの方は何があったのだろう。各シャードのブリ銀に箱が出現したとか、中からNPCが出てきて電波な会話をしたとかいう話らしいが、詳細は不明。どうやらクリスマスのイベント時にも出たNPCらしいので、私にはさっぱりな話だ。えーい、なぜピンポイントで私のいない間にイベントが起こるのだ。残念無念



 さて、そのバレンタインであるが、今年も例によってバレンタインパッチがあたった。内容物については某スレで見ていたので覚悟はしていたが、実際に貰ってみてわかったことがある
 とりあえずここで、ギフトの内容を整理しよう。バレンタイン期間中にログインするとバックパックに沸くギフトは下記の通り


・バレンタイン箱
 長方形の縦長箱で今回初出?。セキュアの画像も特殊

・可憐なバラ
 バラ一輪。毎度のfromメッセージ付。上記の縦長箱に入っている

・ハート箱
 ハート型の箱で今回初出。地面に置くと脈打つグロ仕様

・チョコレート
 通常のチョコより大き目のチョコ。空腹は満たさない。ハート箱に入っている


 で、箱のセキュア空間が狭くて物が入れづらいとか、ハート箱の脈打ちがキモイとか、そういう苦情を全て空のかなたへ消し飛ばす威力のある問題がこれ



 チョコレートの数 24個




 ありえん。何がどうなってこんな数にしたんだ
 そら、少ないより多い方が気持ちは伝わるだろう。だがいったい、何をどれだけ伝えたかったんだ。課金に関する感謝の印か
 そら、家でも銀行でも空きストレージに余裕のある人はいいだろう。だが、うちのセキュアの残りストレージ数は現在2だ。2だよ2!
 そんな状態で24個のチョコを貰って

『 食べてね(^^(はーと 』

 とか言われたって


 食 べ る し か な い



 じゃないですか。もっとも、捨てるという選択肢もあるのだろうが
 いやいや、捨てちゃいかん。幼少のみぎりより食べ物を粗末に扱うことなかれと教えられてきたお宮はじめ、マイキャラ達は誰一人食べ物を地面に投げ捨てるような真似はできないのである。仕方がないので全部食べることにした


フェルナンド 「ぼりぼりぼりぼり」

雑魚弓 「ぼりぼりぼりぼり」

お宮 「あ、銀行にはいっちゃった。面倒‥‥ぼりぼりぼぼり」

かれぷー 「甘いの嫌い」



 ここにきての反逆である。生産者は我がままだ
 実を言うと、中の人がこの24回のWクリックに飽きてきたのだ。しかし、生産者であるかれぷーは手持ちのバルク本を地面に置いて再ログインした手前、食べないことには片付かない。バルク本を持つと121アイテムになるので、少なくとも23個は食べなくては。いや、バルクを貰うときに空きが1つは必要だから、やっぱり完食しなければならない
 ここで中の人が閃く。UOAがあるじゃないか。試しにチョコを食べるだけのマクロを組んでアイテムのターゲットをタイプ指定にしたところ


かれぷー 「お、おいしい!こんなにチョコがおいしかったなんて!」
かれぷー 「ぱくぱくぱくぱく」


 ここに来て快調な食いっぷり。かれぷーがチョコ好きという設定になった


トレハン親父 「すまんが、わしも甘いものは苦手での」
低まー 「こんなに食べられない」
男ガーゴ 「よろしく」

かれぷー「まかせなさい。ばくばくばくばく」


 こうして我が家のチョコレートの半分以上をかれぷーが平らげた
 それにしてもこんな小噺すら書きたくなるほど、うっとおしいギフトだった。もうお腹いっぱいだ
 もしこのチョコレートがWクリしづらい既存の大きさだったら、そしてUOAが無かったら‥薄ら寒いものを感じる
 そう考えると、このチョコレートの大きさはWクリックしやすいように、という


 UO開発者なりの 愛 なのではなかろうか



お宮 「だったら数、減らせや」

 ですよねー




 えーと、これだけだと毒にも薬もならない話で終わってしまうので、別の話題を(このブログはいつもそうじゃないか、という突っ込みが聞こえる)
 一つの英文に対する訳の違いについてだ。長いので、しょっぱなの一文だけ引用してみよう



 公式:プロデューサーからのメッセージ - 現状と今後
 ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89785
>今どうしてるって? 忙しいよ。



 ブリカツ:2010年2月13日 Uriahのコメント
 ttp://uo.lycaeum.net/archives/009222.html
>状況をお知らせしたい。我々は多忙である。



 ブリタニア資料館:プロデューサーの手紙 - おいらたちはどこにいて、いったい何をしているのか?
 ttp://www.britain.sakura.ne.jp/modules/news/article.php?storyid=1795
>おいらたちはどこにいるのか? 忙しくしている。



 とっても忙しそうなことは伝わってくる
 で、なんでこんな引用をするかというと、訳し方によって随分と印象が変わるものだなということを言いたかった
 きっかけはうおみんの記事。とあるプレイヤーがUO開発陣を褒め称える記事を書いていたのだ。彼曰く、現在の開発陣は過去最高の開発能力とUOに対する深い思い入れを持っているそうだ。彼がそう思うに至った理由は、上記の”公式の訳文”を読んだためだそうだ

 彼の主張が真実であれば幸いであるが、私が興味をもったのは公式の訳文がそれほど人に何かを訴えるものであるかという点だ
 上記三つの訳文を見ると、一人称の違いに目がいく。公式では硬派な『俺』、ブリカツでは真面目な『私』、資料館では、どうしてこうなった的な『おいら』

 どの訳が正解と言う訳でもない。違う言語を使っているのだから翻訳で差がでるのは当たり前だ。原文がフランクな感じなので、資料館は『おいら』となったのだろう。親しみやすさが出ている

 一方ブリカツはというと、基本的に内容を正確に伝えることを第一に考えて事務的な『私』になっているのだと思う。ビジネスの場面で顧客に見える文章だと、やはり『私』が一番無難だ。個人的にはこれが一番、プレイヤーとして読んでいて好感が持てた。多分私が社会人だからだろう

 そして公式はというと、『俺』という、ある意味強い自己主張を伴う一人称を使っている。訳したのはやはりヨッシーさんなのだろうか。この『俺』という言葉は、兄貴肌のプロデューサーがこれからUOを引っ張っていくのだ!という強いリーダーシップを感じさせられる。うおみんの彼も恐らく、そういう部分からやる気を感じ取ったのではなかろうか

 公式ではこれまで、こういう米開発者からのメッセージの訳では大抵の場合『私』を使っていたと記憶する。それがここ最近、特にヨシイエさんが幅をきかせてきてからだっただろうか、こうやって原文のニュアンスを上手く伝えようと色々工夫しているように見える。開発者のメッセージ以外でもNPCカスカの一人称が王になってから偉そうな『ワシ』になったり、色々考えている気がする。もっとも前からそうだったと言われればそうなのかもしれない。でも、昔の重い公式ページのときは、BNNのイベントページなど訳のわからない直訳がそのまんま載っていたのに、いまでは割と日本語として読める文章になってきている。あくまで私が、そんな気がする、と思っている程度だが
 センスが試される翻訳だが、その文章によって得られる感想が課金に結びつく大事なものであれば、今後も公式には頑張っていってもらいたいものである

 ちなみに、UriahことMr.Crownerは去年の10月あたりからUOのプロデューサーとなった人。前に4gamerでインタビューに応えてたので一応、リンクを貼っておこう


4gamer:「UO」プロデューサーへのムービーインタビューが実現!
ttp://www.4gamer.net/games/037/G003712/20090817031/


 確かに訳としては『俺』がしっくりきそうな人物のようだ。5年以上UOに携わっているとのことなのでUOに対する理解も深いのだろう

 だが、今回のUriahさんのメッセージを読んでも、そこまで現開発チームの開発能力が高いという感想は持てなかった。わかったのは雪の日に出勤して開発してたって事くらいだ。六ヶ月で査定だか、もしかしたら契約期間の更新があるっぽいので、それまでに結果を出したい、と言う熱意だけは伝わった
 人がバンバン切られて人員不足になるなか、それでも結果を出せと言うのは酷かもしれないが、これも仕事だ。忙しくない開発など開発ではない。無責任に”頑張れ”と励ますだけだが、頑張って欲しい
 Draconiなき後、どれだけの事をやってのけるか、開発の今後も注視していこう



そんな開発と運営を応援する意味で、GT180を一本突っ込んだFibでした。ろくろくログインもせずに金を突っ込む私は、きっとEAJの有料顧客リスト(鴨リスト)に載っていることだろう

パブリッシュ64が入るそうです

強引にこれで一本書いてみます。







 二週間ぶりのご無沙汰となってしまった。もっとも週に一回の更新をお約束しているわけでもなし、というか、ネタがなければ半年だって沈黙する事もいとわないこのブログ。放置をとやかく言われる筋合いはまったくない。私は悪くない。私はやってない


 すみませんでしたm(_ _)m


 実のところ、メインPCが壊れていたのである。それで復旧作業をしなければと色々やっていたらこのブログのことをすっかり忘れていた。いや、覚えても一応はいたのだが、いつも通りの面倒くさい病が発病してしまい、先週はお休みとなった。楽しみにされていた方々にはまことに申し訳ない
 結局のところ努力も実らずメインPCはいまだに直る見込みがない。このブログもサブPCで書いている。UOもずっとメインPCでやっていたのでサブPCでやるといくらかの違和感を覚える。なのでバルク引き以外はほとんどログインしてない。もっとも、この違和感うんぬんは言い訳でしかないのはご承知の通りだ。生産キャラの忠誠度上げになかなか手がつけられず、ずっと放置中。だがこの、やらなきゃいけない事があるのに何もしない、という怠惰な環境こそ私にとって最高に多幸感を得るこのできる状態であるから仕方ない。無意味な愉悦に浸っております


 で、特にネタもないので、いまさらながら皆さん既に十分ご存知であろうパブリッシュ64について書いてみる。いつも通り斜め読み推奨。なにせTCで何一つ確認していないのだから。新仕様でウハウハしたい人は、別のもっと詳しいところを読んでくだされ



公式:パブリッシュ64 アップデート情報 - 2/5更新
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89769



・バレンタインギフト

 まだわからないのでなんとも言えない。また名前の入れられるカードでも配るのだろう。だが、最近の開発Tのやる気はハンパないので、びっくり系アイテムが導入されるかもしれない。@期待
 一応、ログインオンラインはやる予定。各鯖に作ったキャラ達の鞄の中身がそろそろ重たくなってきてヤバイ。特に旧職業クエストの忍者のとこにいるキャラは銀行にもいけないので、125アイテムになった時点でアウトだ。虫歯キャンディーなんかは食べてしまってもよさそうだ



・新しいガーデニング資源

 ガーデニングで育てた植物からコットンとかバークとか砂糖が取れるそうな。全ブリタニアの庭師にとっては嬉しい変更なのではなかろうか
 特に、パラゴンドロップのみの砂糖袋がサトウキビから取れるようになるのがありがたい。これでチョコも作りやすくなるというもの
 SAからこっち、ガーデニングはかなり色々優遇されている。ガーデニングから生み出される資材が別のところで必要になる、という良い循環ももたらしているのでこういう仕様追加は歓迎だ
 亜麻から何故か綿花が取れることに突っ込みを入れるべきか迷ったが、ガーデニング自体よくわかってないのでスルーしておく



・ボスの改善

 SAボスをまだ見てない。βの時にメデューサを見たくらいだ。そのうち挑戦しにいくこともあるかもしれないが、いまのところノータッチ



・Seed Trading Box (種交換ボックス)

 スタックしない種をスタックさせるためだけにNPC追加とは‥。サーバパッチでいくらでもどうにかできそうな気がするのだが、種類が多いからとかそんな理由でなのだろうか
 スタックしない種はパッチレアとなり値が上がったりして。いや、誰もそんなもの欲しがらんな



・Mysticism [神秘] スキルの変更

 練成・EIが補助スキルだったのがフォーカスに変更とな。しかし、神秘60フォーカス40のお宮に隙はなかった
 もとい、隙だらけでなんの関係もなかった
 コロ助でブイブイいわせてた人には辛くなるのかな。しかし、TC情報ではあんましかわらないとかなんとか。これでスキル構成を変更しなくちゃならなくなった人は、とりあえずまた考える楽しみができたと前向きに受け取ってもらおう



・ハウス間テレポーターの変更

 やっぱりシギル運搬してた人いたのか、という感想しか出てこない変更。私が使うことはなさそうなので好きにしてもらってよいかと



・アイテム保険の改善

 上限は800gとなったようだ。前にTCで見たときと金額は変わったのだろうか
 今度気が向いたときにでも調べよう



・不具合の修正

 こういった修正の中に自分の知らない単語が出てくると、ああ私の知っているUOからもう随分変わったのだな、なんて感慨に耽ってしまう
 というか、Gregorio the Bandit (山賊グレゴリオ) って誰だ

 不具合修正で目を引くのが、人間のスキル保障で補正のきいていたSpMマナ消費の低減が無くなるということろか
 ML以降、戦闘民族であるエルフの優位性が目立っていた。だが、ヴァンプに必要なネクロのスキル値がリアル値で求められるようになり、スキル枠のきつい白豚をやるには人間も選択肢の一つとして認知されてきていた。しかし、ここにきてそれを突っぱねるかのようなこの修正。これで和鯖における白豚は、ほぼエルフ一色となると思われる。とりあえず、エルフ転生クエ攻略用の物資セット販売なんかができそうな気はする



 結構多く不具合があったものだなと思うが、それぞれ対応してくれるのはありがたい。バグ潰しは地味だが、こういう細かいところでしっかりやってくれると、プレイヤーとしてもUOに期待が持てるというものだ




 とまぁ、適当に書いてみたが、ほんとうにどうでもいい事しか書いてない。なのでもうちょっとちゃんとした事、というか告知をしておく


LUNA COLLECTION 3rd Memorial 特設ページ
ttp://bsoup.skr.jp/lunacolle2010/


 今年もやってきましたルナコレ。タイトルの通り今回で三回目となるUOのファッション系PCイベントである
 URLが違っているので今年はページを別の人が作ってるのだろうか。名前的に桜の人狼で活躍する黒石鹸さんぽい。いや、適当にURL追っかけて見ただけなのでまったく知り合いでもなんでもないが。ともあれ、毎年進化するルナコレ恐るべし
 大会は2/27(土)22時からで、場所は前回と同じくマラスの西北西。詳しくは特設ページを見てもらうとして、気になるのは今年から観客審査も採点に加味されるようになったということ。客の沸かせ具合がより重要になるようだ
 あと気になるのが参加者について。エントリーの締め切りが2/11(木)に迫っているが、先ほど見たらまだ4名とのこと

 大和でGM裁縫師のキャラ限定という応募条件は、確かに他鯖からの出張組にはつらい。特に人の減っているいまは参加者も限られてくる。が、だからこそ狙い目でもある
 最近のUOプレイに倦怠感がある。なにかひとつ派手なことをしたい。注目されたい。喝采を浴びたい。みんなと和気藹々と楽しみたい、そんな人で条件をクリアできる人は、是非ともご参加を。スタッフ一同心待ちにしておりま‥‥えっと、私はまったくの無関係な人間だが、きっと待ってると思うので是非エントリーして欲しい

 ちなみに、ネタファッション禁止を謳う大会ではあるが、だからこそ安易な一発ネタに走らない積み上げる形の話芸を披露できる場でもある。昨年度の優勝者も巧みなプレゼンで場を沸かしていた。なのでエンターティナーを目指す人にもお勧めの舞台である。笑わすのも一興。だが、自分がこれと決めたファッションの魅力をいかに相手に伝えることができるか、という部分をこそ強調したい。プレゼン能力を伸ばす場ととらえても、この大会は魅力的だ
 自作のファッションを新たなUOのムーブメントにまで押し上げることができるこのチャンス、逃す手は無い

 もちろん、説明がしどろもどろでも、そこはそれ。基本はみんな服のほうを重点的に審査するので特に問題は無い。なので口下手、もといタイプが下手な人でもその辺は安心だ。純粋にファッションで勝負したい人も、いや、そういう人こそ、この大会に応募して欲しい。誰でも『案外イケるんじゃね?』という服装のひとつや二つはあると思う。それがテーマと合っていればOK。今回のテーマは

   Let's begin the new epoch
〜 来たれ,新時代のファッショニスタ 〜

 なので、基本的にガーゴイルならなんでも良いわけだ。新種族だしね。ガーゴキャラ持ちは全員応募で決まりだ
 裁縫師の集いといいながらルールのQ&Aを見ると全身フルプレでも出れるとある。私としてはメタルの魅力をもっと見せて欲しいので、そういったものに魅力を感じている人も是非出て欲しい
 ちなみに上位にランクインすると賞金が出るそうなので、金欠の人にも美味しい話だ
 染色の幅も広がって去年より自由度がかなり増したブリタニアのファッション界。そこに新しい旋風を巻き起こすのは誰か。明日の流行を作るのは、あなたしかいない!


 これだけ書けばひとり二人は応募してくれるだろう。いや、前に参加したときは普通に楽しかったので、皆さんも是非ってことで。別に宣伝料貰ったりしてるわけではないのでお間違えなきように


 しまった、宣伝料もらっとけばよかった



 もっとも、HIT数100くらいのこのブログなら72gpくらいが関の山だろうが
 あと、ルナコレHPから色々辿って行ったらこんなものを見つけた

ニコ動:UOで人狼5周年記念動画〜「名無し村 the Movie!」[予告編]
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm7403447

 人狼フリークには今更だろうが、part1を見たところなかなかの良編集だったのでこれから続きをみる予定。疑心暗鬼になるので参加するのは大変だけど、こうやって裏側を知りながら進行を見れるのはとても面白い

 そんなこんなで、今週はこれまで。次はもうちょっと『これやってみた!』的なことを書きたいものだ



72gp市で仕入れたトレハン地図を消化しようと思いつつ、なかなか腰の重いFibでした。地図がセキュアから溢れとる
予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。