やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が為に樽は爆ぜる


お久しぶりです。



 新年度になってようやく落ち着いてきたので、久しぶりにこのブログをかいてみようと思う
 しかし、更新を止めてからかなりの月日が経っているので、何を書けば良いのやら。基本的にここは日記として私のUOのプレイ模様をそこはかとなく書きつくることを目的としていたが、一応その前はイベント追っかけ日記だったので、復帰一発目もまずはイベントの話からにしよう


 公式イベントの実施は2012年の3月末でIGMからEMへ完全移行したそうだ。
 EMイベントといえばこれまでもこのブログで散々ケチをつけつづけて申し訳ない事をしてきた。もっとも、いまでも『私のバックから零れ落ちるアイテムも拾うがいいわ』というばら撒きイベントは嫌いなので、今後もこういう場面に出くわしたら文句を言い続けるだろう。もちろん、アイテムは拾いながらだが
 EMの2名の新人さんのうち一人は元シーアとのことで、IGMが確立した和鯖でのイベントポリシーの匂いが少しでも残ることを期待する


 で、そのイベントだが、まずは状況説明をしなければならない
 このブログの更新が止まったのは確かドーン女王が殺されてバーチューベインを追っ払ったあたりからだったと思うので、そのあとのワールドストーリーを簡単におさらいしておこう。もちろん、私が思い出すためだ

 大きくはガーゴイルのザー女王の娘リスタ(Rhista)を救出するイベントがあった。2011年の夏ぐらいだったかな
 相手はデファイラーとかいう悪魔で、テルマーを侵食するよくわからん闇の一派らしい。昔、ザー女王が女王になる前からテルマーにちょっかいを出しており、乳母係のザーが乳母にしか使えない呪文で封じ込めようとしたら娘も一緒に封じてしまったそうな。そしてザーは女王になったのだが、いまになってデファイラーの封印が解けるとかで、色々冒険者たちが頑張って倒すことに成功した。娘のリスタも永い眠りから覚めて無事に助け出された。めでたしめでたし
 そんな訳で登場人物が一人増えている。ドーンが死んだのでヒロイン候補の数はプラマイ0だ。このままガーゴイル勢が増え続けると華がなくなっていく気がするので、ミナクスあたりに頑張ってもらいたい。ビキニ鎧の女幹部をだしてくれ

 そんな話がありつつ、時はさらに進む。この次の大きなストーリーが今回の話にも絡むのだ
 まず一発目はBNNのこれだった

悪寒
ttp://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=90737

 人々が疑心暗鬼にかられ、街の風紀が乱れているといった内容。その後も似たような内容のBNNニュースがいくつか出ていた。その後、とうとう街に暴徒が出るようになった。金が無いと起る抗議者(青NPC:the angry protester)や、街に放火する暴徒(灰色NPC:the angry rioter)だ。時々は襲撃者(赤NPC:the city rioter)なんかもいたらしい
 こいつらに金や食べ物をめぐんで怒りを収めたり、守備隊長のとこまでロープをかけて引っ張って行ったりすることでその街の忠誠度を上げることができるようになった。確かPub74からだったかな。うろ覚え

 私もムーングロウでちょろちょろやったが、結局最上級ランクの忠誠度までは上げきることが出来なかった。確か、500人くらい捕まえてキャプテンへ引き渡せばよいそうなのだが面倒すぎた。その手前の100人捕まえた時点で旗が購入できたので満足してしまった。忠誠度については公式にも説明が載ったので、そちらを確認して欲しい

街の忠誠度
ttp://ultimaonline.jp/game/system/sa/crafting/other_loyalty.html#town

 暴徒がいなくなったらどうやって上げるのか不明だが、ともかく9月くらいまではやってるとのことなので気になる人はチャレンジしてもよいだろう


 そんな八徳の街が荒れている一方で、イルシェナにも異変が起きた。こちらは覚醒シリーズになるのかな。BNNで色々話が出ている。クエストの内容も含めてまとめるとこんなところ

・カリー(Callie)という考古学者がエクソダスとおぼしきどこかで赤ローブの魔法使いに捕らえられた
 →その後の展開待ち

・ジュカやミーアは世界が終わるという夢を見ている
 →ハーラン(Harlann)というジュカのウェイマスターが何か知ってる模様
  →現在ガーゴシティで療養中

・ジュカの砦が吹っ飛び、ミーアの棺桶部屋を含むあそこら一帯が封鎖された
 →ガーゴシティにいるシロンのクエストをこなすと入れるようになる
  →中で遺物を集めてジュカやミーアに渡すとそれぞれの種族に対しての忠誠度が上がる

 どうやらジュカのシロンというのは役職らしく、大和のシロン(Shirron)はArgahrokというジュカだった。こちらもハーランと同じくガーゴシティにいて、タウンクライヤーが叫んでいる『救ってもらえないでしょうか?』という伝言の主だ

 このクエストもちょこちょこやったが、遺物を持っている墓荒らしが結構強いくせにGPを持っていないというマゾ仕様だったので、割りと放置気味。忠誠度を消費してもらえるスタチューにも興味はないし
 墓荒らしを放置すれば遺物は人間社会の方へまわってきて然るべきところに収まるであろうことを考えると、人間にとってはベールに包まれた隣人の秘密を覗き見るよい機会なのかもしれない


 と、こんなところが前置きになる
 で、4/6,7,8で実施された、あるいはこれからされるイベントの流れを紹介する。EM4人で8鯖回すので、まだ実施されていない鯖もある。ネタバレが嫌なら〜という言葉を書くのも面倒なので、いつも通り警告無く全部書くのでそのつもりで


 スタートはガーゴシティ集合。ロイヤルガードの人が出てきて、ブリに設置されたよくわからない樽の聞き込みをするという話になる。ブリティンにはMysterious Keg Made In Ver Lor Regという名前の樽が要所要所に配置されていた。この樽が怪しいということでガーゴシティでの聞き込みとなる。Ver Lor Regはガーゴシティの正式名称。英語に直すとHome of the True Lightらしい

 大和に関してはローカルで銀蛇騎士団だったか守備団だったかの設定をつけたしているので、サーペンツ集合だった。ロイヤルガードの人の役を団長だったかをファントム卿という厨二をこじらせてしまったような名前の男がやっていた。話の流れは一緒

 聞き込みといっても手当たり次第でなく、いきなり鍛冶屋のWisLemに走っていった。樽も爆薬なのかとかよくわからない状況でだ。普通は樽屋に行って卸している店を聞くとか、色々あるような気がするけど
 もっとも、手前のPubで樽がブリに設置されてから、Ver Lor Regの細工屋手前のガーゴNPCが散々『樽が盗まれた』とか喋っていたので、方向的に間違ってはいないのだが

 で、ガーゴイルのWisLemに話をきく
『アホな奴らが封鎖されたイル通路の岩を吹っ飛ばすために持って行ったんじゃないのか』
『ブリにあるのは初耳』
『爆薬なら水につければいいんでない』
 といった内容が聞けた。ついでに、傷ついたハーランをゴーレム工房のカーラス・ゼム(Kharas Zhem)が匿っているという内容も心の声で伝えていた
 この場面ロイヤルガードとWisLemで二人のEMが担当して掛け合いをしている
 この商売人のガーゴイルはBNNにも出ている。こちらを参照されたし

覚醒 - 第二章 第二節
ttp://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=90838

 で、なぜかロイヤルガードの隊長は”ブリティンに設置された樽は爆薬である”と確信し、”城を追い出された暴徒達が放火して回っているのでブリティンが危ない”という発想になり、急遽ブリへ取って返すことになった。ちょっと強引過ぎるような気がしないでもない。せめて、銘の入れ方がどうこうというやり取りがあって、ブリに設置された樽がVer Lor Regから盗まれた樽であるという確信を得てから動く、といった流れにしたほうが自然だったのでは
 ともあれ、冒険者達は暴徒が大挙するブリティンへ向かう


 ブリティンの街は赤ネームのCity Rioterがわんさか沸いていた。通常のより硬いのかどうかよくわからんが、一匹なんとか倒したら吊り橋の一部のアイテムを持っていた。ルート出来ない(持ち上げられない)仕様だった。残念
 最初に参加した瑞穂ではいつの間にやら終わっていた。なんでもブラックソーン城へ続く橋が壊されたとかなんとか。どうやら、真相を掴んで駆けつけたが間に合わなかった、というストーリーらしい
 ここら辺は次の無限の回で張り付いて見ていてもよくわからなかった。なんとなーく橋が壊れていって、あーあ、という流れだった

 翌日の大和の回では一風変わっており、バカップル二人が『男になるぜー』『きゃーすてきー』とかいう小芝居をした上で橋が爆破された。銀なんとか団長は止めようとしながらも特に動かなかったので、『リア充爆発しろ』を地でいったのだろう
 通常、自爆テロは死ぬ事を覚悟した上で誰かの為にという信念に基づいて行われる。なので恋人が横にいる状態で導火線に火をつけて二人で吹っ飛ぶというのはおかしい。だがしかし、何かの思想にどっぷりつかり、クスリで頭が飛んでいる二人だったというのであれば、あの演出もそれはそれで筋が通るかもしれない。そういう説明は一切抜きだったので、大和だけコント風味になっていた。単に自爆テロを揶揄し小馬鹿にしているだけなら、演出考えた人が爆発すればいいよ


 そんなこんなで話はまったく進まないまま、状況だけが進んだイベントだった
 いまもブリティンは暴徒で溢れている。治安回復のために一体どのような方策が取られるのか。そもそもいまブリティンや各街を治めているのは誰なのか。そこら辺がもう少しわかってくれば、解決の糸口にもなるやもしれない
 また、イル中央部へ調査に向かうと言っていたロイヤルガードの人が何か掴むかもしれない。それまで我々にできることと言えば、暴徒の鎮圧のみである。ブリタニアの明日はどっちだ


以上、そろそろ新マジックの仕様でも調べてみようかと考えているFibでした。



2012/4/8 23:20追記
 飛鳥のEMイベントにも参加したところ、WisLemの台詞回しが大幅に改善されていた。ロイヤルガードとの掛け合いも自然なものになっており、十分に見れるものとなっていたことをここに記す
スポンサーサイト
予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。