やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラサン最後の戦い


Fの蜘蛛城に行ってきました。





 昨日、Tの黒岩破壊には立ち会ったのだが、Fの方は見てなかった。夜中にメカカナさんから「Fも終わったそうです」と聞いていたのだが、一応この目で見てみようと行って見た

 最初はそのまんまぶらりと行こうとしたが、蜘蛛上手前のオフィディアン集団にちょっとビビった。昔、フェルナンドでここを突破しようとしてあえなく玉砕した光景が走馬灯のように蘇った。一応、お宮は全ロスしても問題ないのだが、確定で突っ込むのも馬鹿らしいので、装備を家に置いて再挑戦。家のセキュアが空いていて本当によかった

 いまだオフィディアンに占領されたFパプア。魔法屋の魔方陣で転送された直後にシャーマンだかにタゲられて死亡。走って屋外に逃げたが毒で止めを刺された。だが、ヒーラー小屋近くには蛇の影が無かったので速攻生き返って死体回収に成功。なんといっても生きていれば忍術変身ができる。騎乗生物と同じ速度で走れるのは便利なのだ。生きている方がいい。いつものオスタ姿でパプアの街を走りぬけ、一路蜘蛛城を目指す。そしてとうとうオフィディアンの巣窟である蜘蛛城北の魔の通路に差し掛かった

 今回も北から回っていったのだが、北から通路に入る場所が分かりづらくて難儀した。ウロウロするハイドオスタの横をオフィディアン達が歩き回る。なんとか降りる場所を見つけて、外周の通路を歩いていく。これは生きて蜘蛛城に行けるかな、などと思ったところでリビール。そしてハイドも当然失敗。おなじ爬虫類なのに見逃してくれと懇願して逃げるお宮を、訳のわからん攻撃が4,5回襲う。そして案の定、灰色の世界

 一度死んでしまえば怖いものは無い。そのまま走って蜘蛛城に到着。しかし、蜘蛛城も赤ネームのオフィディアン達に襲われていた。少ないテラサン達を蛇が囲んでなぶり殺す。逃げようとする蜘蛛に容赦の無いバーディッシュの一撃が加えられる。見渡せば蜘蛛の死体ばかり。阿鼻叫喚の地獄絵図だった
 ここにくるなら効果音をONにしておく事をお勧めする

 地下に降りると、すでにそこはオフィディアンがほぼ占領したかのような様子だった。とりあえず祭壇の方まで走った。橋を渡って祭壇付近まで来ると既にオフィディアンの姿はなく、蠍の憩いの場となっていた。そしてTで黒岩があったところにたどりつくと、まさにTと同じで破壊された石の階段やらが転がっていた

 UOAを入れてよかったことの一つに、幽霊になってもカラーで画面が見れるという点が上げられる。チキンになって記念撮影したのがSS。その後は宇宙経由でムーンゲートで帰路についた


 ともかく、テラサンが一方的に虐殺されるシーンを目の当たりにして、戦争の恐ろしさをちょっと味わった気分。オフィディアンもテラサンもとにかくよく喋る。何を言っているかは意味不明だが、(時々英語の台詞も吐き出すが)必死に戦っている様子は伝わった。普段は(お宮を)殺す側が、ああまで殺されていると、ちょっと手助けしたくなるのは人の性だろうか。ま、侵攻が終わればまたどっちも敵になるんだろうけどね


UOKRになったらUOAが動くかどうか、心配のつきないお宮でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/112-e9ff8274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。