やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第12回大和ダイナマーケットとリカルド裁判


本売りを続けております。




 今週はUOもブログも低調だった。毒上げをやるのも面倒で、なにも手に付かない。ダイナマ用の小説をちょろちょろ書きながらボケーとしていた
 そして金曜日。テキストに書いた原稿をUOの本にコピペして、なんとか原本を作った。通常、ダイナマ開催日の一日前にはやっておくべき事だ。今回もギリギリだ
 ダイナマHPへの宣伝書き込みも開催一時間前というていたらく。これじゃ宣伝にもならん

 最近、お宮のバックパックに物が溢れすぎている。通常状態ですでに80を越えている。しかもそのアイテム群はほとんどブレス品。あとはお酒とかテーブルとか、くだらないものが大半だ。なので、2冊+袋の20セットはとうてい入らない。荷ラマで運搬はこれからのスタンダードとなりそうだ
 荷ラマを引き連れてトリンシックに行くと、すでにヤッピーの前座が始まっていた。今年最後の開催であるためか、新作披露が多かった
 マクロを編集していると、となりに灘さん登場。作家で本を売るなら商売敵だ。手持ちのお金が無かったのでそちらの本は買えず。売り切ったらお互い買おうと言っていたら22時になった

 売れ行きはまずまず。なんとか20セットがはけた。今回は知り合い半分、通常のお客さん半分といったところだ。内容が暗い話なので、売り文句も微妙。ま、こんなもんだろう

 本がはけたので、錬金上げで作ったポーションを売ってしまう事にした。家のセキュアをなんとか空けたいのだ
 荷ラマのパフを引き連れて家の中へ。ポーションを入れた箱を開けると、色とりどりの樽があったのだが‥
 正直、どの色の樽がなんなのかわからない
 空瓶に取り出して、また樽に戻してみる。変な名前のポーションであることが判明。オレンジ色しているが、GHPではないらしい。はてさて
 んで、道路で声をからして叫んだものの、結局売れなかった。売ってる本人すら効果がわからない物を誰が買うというのだ

 あとは、イベント追っかけで有名なかおりんを見かけた。ラマ屋ラジオによく出ていて、毎月のイベントレポートをお宮はいつも楽しみにしている。イベント追っかけといえばブリカツ管理人のシエルさんも有名だ。で、この二人はイベントフォロアーズというギルドに入っている。もしかしたら、どっちかはギルマスかもしれない。精力的に活動しておられるのだ
 その二人が、ダイナマ終了後に街中でスパーをやっていた。滅多に無いチャンスと撮ったのが今回のSS

 実は、スパーは見かけてすぐに終わってしまっていた。オスタのお宮が

*もう一度殴り合ってくれないかな‥*

 とリクエストして再開してもらった。攻撃が入ると同時に用意していた文字を発言した。でっちあげだ!という声を背中に、走って逃げた。世の中、何が真実かはわからないものだ



 真実という話題で一つ
 リカルドの裁判がそろそろ和鯖でも始まりそう。一足先に導入されたオリジンでの裁判を、今朝傍聴してきた

 リカルド裁判について少々解説しよう
 先のオフィディアン侵攻はリカルドによってもたらされた人災であるとして、盗賊のリカルドは当局に逮捕されてしまっていた。このリカルド、過去にオフィディアンの国宝である冠を盗んでしまったのだ。怒ったオフィディアンは人間に対して戦争をしかけてきたのだが、評議会が王冠のレプリカを用意してなんとか和平締結に至った。しかし、戦争責任は誰が取るの?といったとき、このリカルドが槍玉にあげられてしまったのだ

 裁判はライブイベントとして、自動で行われる様子。場所はYewの大法廷。入場に際し、ペットや武器の持ち込みはできないようで、入り口に銀行員と厩舎係りが配置されていた。傍聴するには裁判所奥にいる緑のガードをWクリックして入る。和鯖で見に行く予定の人は、先にチェックしておいたほうがよいだろう
 傍聴中は[squelched]というタグがキャラネームの後ろについて、一歩も席から移動ができない。さらに、開廷の際は勝手に起立したりする。発言はしなかったが、もししたら退去させられるかもしれないので注意が必要。アイテムを床に置いたり、装備を変更する事はできた

 裁判は、裁判長、被告リカルド、検事カスカ、弁護士、証人等の大人数がガンガン喋る。通常のシーアやGMイベントと違って、すでにクライアントに入っているシステム側のメッセージを使っている模様。オリジンの裁判でもNPCの発言は日本語であったので、ここら辺は間違いないと思う。なので、言葉が乱れ飛び、見ていてかなり面白い。ネズミのシェリーである程度NPCの経路移動+メッセージ機能は確認できたが、複数人の同時展開はUOの可能性がまた一つ広がった感じがした

 裁判の内容は実際見てもらったほうがいいが、ともかく波乱含みの展開だった。これ以上書くとネタバレになりそうなので、和鯖で一通りやってから内容についても書く事にする。ただ、最終的に出た結論は、まぁ当然という結果だった
 昔、プラクティスという裁判物の海外ドラマがあったが、陪審員長が結果を告げる時の緊張感はそれに匹敵するものがある。是非、傍聴をお勧めする


 あと、一応裁判の補足として、伝聞証拠を知らない人はWikiで見ておくといいかも
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%9D%E8%81%9E%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%89%87
 よく、弁護人が証人の証言を止めるときに使う


UOでまた一つ魅力的な機能が追加された事に満足しているお宮でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/154-4e2c0046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。