やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネカフェキャンペーン第六話(最終話)


蘇るさっ!何度でも!








 当然ながらネタバレなので、まだ観てなくて参加予定の人は読まないほうがいいっす







 とりあえず、現時点で大和と北斗の回を観た
 あえて『参加した』でなく、『観た』と書いたほうがいいだろう。今回は観劇の要素が強かった


 では、例によってあらすじから


 前回、四将軍最後の一人であるオズボーンを倒したその拠点に残された死の渦。それを宮廷魔術師が解析してエネルギーを送っていた場所に転送されるテレポータに改造した。この報告を受け、評議会は結論に達した。いまこそゴルモアを討つべし、と。そしてその任は冒険者とそれを率いるエレインに託される事と成った

 って、冒険者が正規軍として扱われることになった@大和。問題があったのか、北斗ではその話はなかった

 ロストランドの拠点へゲート移動。その先にある光りの中に飛び込むと、同じくロストランドのテラの聖地に飛ばされた。UOAに『Teraの聖地』って書いてあったから多分そうなのだろう。行った覚えがない。ウッシャー君がちょっと湧いていた

 平地に石造りの砦っぽい変な建物があり(屋根なし)、その中にゴルモアおじさんが座っていた。入り口の鉄柵が開かないと騒ぐと、徐々に上がっていった。招き入れてくれるらしい。扉一つで右往左往とはと、あとでゴルモアに笑われていた

 ゴルモアはフルプレをつけた普通のお爺さんぽい印象。昔はドロップして高値で売り買いされたらしい超レア鎧も、今回は全てブレス仕様。もう持ち逃げはできないようだ

 エレインとゴルモアとの会話は、だいたい誰もが予想する通り。目だってこれといったものも無いので省略。一応、SSの大き目の部分が戦闘前の会話部分。しかし、ここまで乗り込んでおいてゴルモアの目的がわかっていないというのが凄い設定だ
 いや、目的は一応わかっていたのかな。ブリタニアの支配とかなんとか。で、その支配がいかなる形でなされるのかといった点は明らかにされていない。前回、前々回のゴルモアイベントの時にでも説明があったのだろう。新規には辛いもんだ
 もし現在のブリタニア政府より、より市民生活が向上する政治を行おうとしてたとか言われたら大変だ。大魔王=悪という図式が頭にインプリンティングされている人が書いた話っぽいので、そこら辺はあまり触れられていない。状況的にイラクを攻撃したアメリカっぽくなっている。義勇軍恐るべし

 そして戦闘開始。赤ネームのゴルモアは黒閣下のグラの色違い。オレンジ色して容赦なく雷を範囲に打ってくる。カース系の魔法も範囲に打っていたようだ

 んで、まったくHPが減らないまましばらく経つとまたイベントシーン

 エレインがピンチになってゴルモアが笑っていると、ミナクス登場。ゴルモアは世界を破壊するのが真の目的だったらしく、現トラメル側を狙っているミナクスには都合が悪いとわかったので、幻影を投影しての登場だった。このミナクスも全身ブレス装備。プレイヤー側に激レアアイテム奪取させる気は無いようだ
 二人の会話により、ゴルモアが復活したのはミナクスの策略だった事が判明する。復活の力は不死の宝珠の欠片でまかなわれていたとかなんとか。砕かれた宝珠の欠片は危険なのでロードブリティッシュが次元の彼方に持ってったという設定になっているらしく、その取りこぼし分をミナクスが持っていたんだと

 んで、その宝珠はミナクスが回収していった(SSの右下部分)
 呪文はこんな感じ

Kal Ort Bet Ylem An Corp Por
(召還 魔法 小さい 物質 回避 死 移動 )


 不死の宝珠引き寄せ呪文らしい。ブリカツのページで調べた
 んで、もうここに用はないと、すぐに消えて行った。この時も魔法で消えた。呪文は以下の通り


An Ort Quas Por
(解除 魔法 幻影  移動)


 エセリアル体の投影解除呪文と思われる
 んで、力の供給源がなくなったゴルモアはピンチに。グラの色もオレンジからくすんだベージュ(影部分青)に変わった。TCでよく観る、おかしな染めタブで出てくる特殊色だ
 そして戦闘再開。今度はちゃんとHPが減っていく。手下に黒閣下出したりとかもしたが、どこのシャードでもなんとか倒したのだろう。というか、基本的にエレインが盾役やっているので遠巻きから攻撃してればいつか倒せるシステムになっている。エレインはHPが経ってもGMパワーで回復するので特に問題なし

 とりあえず大和の回ではお宮で参加したのでGoDを連発してルート権を取ってみた。死体の中にはショボイマジックが三点。多分、赤閣下か黒閣下を素体にしているのだろう。一番価値がありそうだったのは、プレイヤー側が射掛けた矢の束くらいだ

 倒した後は城に凱旋して、チョロっと話してめでたしめでたし
 最終回らしく、実にまとまりのよい話になっている。一応、元凶のミナクスに宝珠持ってかれている訳なので、脅威が去ったわけではないというオチも、完全勝利より、より勝利の感慨にふけることが出来る演出だと思えるので良い
 第六話はミナクスとか宝珠とか、もちろんゴルモアもそうだが、珍しいものを色々観れたので満足だ。北斗では砦の扉が決戦前に閉まり、逃げ場なしの状況で全滅しかけたが、危うくなるとGMがちゃんと開けてくれた。勝利を約束されたイベントらしい、適切な配慮だ

 今回のイベントを総評すると、可もなく不可もなく、といったところ。点数としては甘めの採点で72点。そこそこ楽しめた



 そして大和の回なのだが、一部他シャードと異なる展開があった
 前回だか前々回のゴルモアイベントの時にゴルモアからドロップした(誰かの発言では盗んだそうだ)Soul Eaterなる刀をプレイヤーの一人がイベントに持ってきていた。そしてそれを、敵の本拠地に乗り込む前にエレインに渡したのだ
 値段がつかないほどの激レアアイテムをイベントに投入した訳である

 そのアイテムを渡したのはイベントフォロアーギルドの一人だった。友人から借りたか譲ってもらったかしたらしい。その刀はミナクスシーンのあとで、手持ちのクリスを壊されたか壊したエレインの代替武器となり、グラフィックも紫から純白に変えられて使用された。また、凱旋した城でのやり取りの中でアイテム名自体をSoul SaverにGMパワーで変えられた
 その謁見の間ではエレインに託された刀だが、イベントチャンネルのログを見るとイベント後に返されたようだ。試し切りをしたところ光がでたとかなんとか。元々の機能なのか、新たに付与されたのかはわからない。話がスムーズに進行していたので、あらかじめ打ち合わせがあったのかもしれない。真偽はわからないが、あえて聞くこともないだろう。刀を渡したプレイヤーはちゃんと演技していて会話に矛盾も無く、全体として非常に良い話となった。これが甘めに採点した要因の一つだ


---
本スレに晒されいたので、わかりやすいこちらに追記
Soul Saver は大和Tブリ城会議室から一つ東の小部屋に

In Memory of Showing True Sacrifice by Lady Runa

という看板とともに設置された模様。
試し切り云々は大和のイベントチャンネルログより(2007/11/17 13:55)
---


 ちゃんと力の言葉で意味のある呪文を作ったり、6話という長いスパンを頑張ったGMを称えておこう。ネカフェからの接続時間をなんとか稼ぐ必要があったからこその六話だと思うが、登場人物とストーリーからいっても四話構成が妥当な話だ。案の定、毎回ボスを倒すだけという討伐一辺倒の話が続いて中だるみもした。だが、イベント進攻している中の人は、六話を8セットやっているのである。仕事でもダルイであろう。よく頑張った



 これまで駄目出しばかりしていたが、そればっかりだとGMのやる気を削ぐだろうから、今回の一連のストーリーでよかったところを振り返ってみよう


・新規の人があまり行かないであろう、ロストランドを舞台とした
 よい広告になったと思う。少しでもロストランドに興味を持ってくれれば幸いだ

・テント爆破が思いのほか派手だった
 あの爆破エフェクトは一見の価値がある。PSCボスやらない人は中々見る機会がないのだ(最近のイベントでは事あるごとに見ている気もするが)

・エレインを号泣させた
 誰かを泣かせるには、その横の人を泣かせるべし。これが私の小説を書く上でのモットー。流石にプレイヤーを泣かせるまでには至らなかっただろうが、それでもこれまでのイベントとは一味違うものがあったと思う
 さて、プレイヤーを本気で泣かせる為にはどうすればいいか。それは私も知りたい

・ロイヤルガードが謁見の間で待機する冒険者に色々喋っていた
 後半よく見かけた。恐らく、裏で色々打ち込んでいるのだろう。TCとロイヤルガードで微妙に口調が違ったりする所に芸の細かさを感じた




 さて、そんな感想ばっかりで全然評価になっていないまとめはいいとして、このイベントは成功したのであろうか
 面白かった、面白くなかったではない。EAJの運営としての成功かどうかだ
 今回のイベントは建前上、ネットカフェでのUOの利用を促進するのが狙いだ。キャンペーンの説明にある通り、ネカフェからの接続時間を計測しているはず。果たしてどのくらいあったのだろうか

 全鯖のイベントを見ていたわけではないが、イベントの参加者は各鯖およそ30人前後。あくまで平均してだ。では、このうち何人がネカフェから接続していたのか。どう多く見ても3人以下だ。無限なんかは殆ど見知った顔ばかりで、どう考えても既存の自宅から接続しているユーザだ。参加者の意見も『わざわざネカフェに行こうとは思わない』という声しか聞いていない。キャンペーンの景品を見ても、ネカフェ代金払うくらいならUOストアで購入した方が易く済むものばかりだから、当たり前と言えば当たり前か

 では、ネカフェからの接続を3人と仮定しよう。大体1話で1:30かかっているから、ネカフェの利用時間はパックで3時間くらいが妥当か。イベントは6話あって8シャードでやっている。全部掛け合わせると、432時間となる
 1時間の利用でネカフェ平均400円(ちょい高いか?)とすると、ネカフェの売上げは17.3万円。単純に見ると、少な過ぎだ
 もっとも、イベントやっている時間にイベントには参加せず、気ままにブリタニアを彷徨っているだけでも時間のカウントはされているはずである。実際はネカフェからの接続ももっとあったのだろう。むしろ、これを機会にUOにはまってくれればという狙いだろうから、単純な接続時間を見ても意味はない。種を蒔くのが目的だ。各鯖三人がGT180を年間二つ買えば、売上げ37万を越える。GM二人を4時間×3日×6話分千円で雇って14.4万。実際は打ち合わせなり準備なりで倍はかかっているとしても30万。どっこいどっこいだ。むしろ、新規ユーザはさらなる新規を呼ぶ可能性を秘めている。うまくすれば何倍もの利益が出るはずだ


 では、蒔いた種は地に根をおろしただろうか


 それはユーザ側も運営側もまだわからない。ユーザ側がそれを知る術は、今後運営がネカフェキャンペーン第二段をやるかどうかでわかる。これで顧客が増えたのならば、運営としては再度やらない手はない。今回の接続情報の経過を見て、新規顧客が定着するならば早くて来春にでも、第二段が来るのではないかと思われる。結果が楽しみだ




ともかく、熊マスク被った男とわけのわからんモデルの映像を延々と写す動画を作るよりかは、今回のイベントの方がよっぽどマシだと思うお宮でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/222-2343e684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。