やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必要なもの


タイトルとはまったく関係ありませんが、マジンシアの侵攻が終わりつつあるようです。




 『残された時間は48時間!』

 という、扇動的な言葉で開始されるはずだったマジンシアの最終局面は、結局今日になってあっという間に終わった模様
 マジンシアのムーンゲートが変化してできた真っ黒い柱状の裂け目。それを囲むように湧き出す悪魔達の侵攻も、これで終わったようだ。随分と長いハロウィンだった

 最後のボスっぽいRift Guardianは、前にオフィディアン侵攻で出てきた???と同じ素体っぽかった。いわゆる風エレ。近づくと四方八方から魔法コンボを放ってくるので一体づつじゃないと、到底太刀打ちできない

 このボス、日本の12/4に突如として沸いた。本当ならアナウンスのあった土曜日あたりに沸くはずだったらしい。それも自動で
 ところがバグか何かで今日になっても沸かなかったので、しかたなく手動で沸かせたとか。面白すぎる展開だ

 昼間に沸いたので、当然昼間UOにINできる人達があっという間に倒した模様。ただ、ガーディアンを攻撃するとバーサーカーも沸くので、AF狙いのところは結構粘らせたとかなんとか。最後まで欲の渦巻くイベントだったようだ


 折角なので見てみようと思ったが、大和のお宮はいまだDoomに引篭もり中。というかもう放置されている
 なので、ここしばらく育てた瑞穂のお宮で行ってみた

 瑞穂のTは、もう終わっていた。それがSSの討伐後の方。閑散としていて何も無い。ムーンゲートだけが痛々しく残っていた
 瑞穂は防衛意識より欲の意識が強かった模様で(どこの鯖も似たようなものだが)、マジンシアの街は綺麗に整地されていた。なまじ残すより、いったん綺麗にしたほうが復興も早いような気もするが、今回はボスを倒したかどうかがフラグらしいので、街の様子はあんま関係なさげ。欲深い街の哀れな末路は盛者必衰の理を表しているようだ

 そしてFの方に行くと、こちらはなお健在で風が渦巻き雷がバンバン落ちていた
 バーサーカーも元気に登場していて、しっかりAF量産体制が築かれているようだった
 瑞穂はPKギルドが少ないのか、一般の青が主体となってバーサーカーを狩っていた。ときどき赤のステルスが弓を放つくらいで(ちゃんとお宮は2、3回転がったが)、大した被害も無く事が進んでいるといった風。この時間もそうなのかはわからない



 ともかくこれで、長かったハロウィンも終了。めでたしめでたし‥と言っていいのか悪いのかはそれぞれの判断でどうぞ。お宮的には面白いものが見れて非常に良いイベントだったと思う



 んで、瓦礫が残った
 拾えるからという理由で楽しく拾い、結構ベンダーに投げ入れていた。お陰さまで一つ400gpの瓦礫は飛ぶように売れた。うちの万年赤字ベンダーの中で売上げトップになった。うまうま

 実は、売りに出していなかった瓦礫も、今日知り合いに全部買い取ってもらった。持ってって良いよと言ったのだが金を払ってくれるそうなので、20Kと言ったら空気が凍った
 慌てて2Kと言い直したら、200K持って来てくれた。400gp×28が咄嗟にでなかった事はスルーした
 それにしても一つ7Kもするとは、なんとも大層なゴミだ

 その後、いくらで転売されてるとかは特に気にもしてない。階段やら、倒木とか、珍しいものが法外な値段で取引されている事もだいたい知っている。詳しい相場までは知らないが、ともかく、こういう物は一生使わないでセキュアに眠らせるよりも、業者の手によって大枚はたいてでも本当に欲しい人の元へ行った方がいいだろう
 今回引き取ってもらった人は、ベンダー商売で成功しているいわゆるお金持ちさんなので(恐らくという注釈つきだが)、ちゃんと市場に出回るはずだ。あるいは交換につぐ交換で、いつかはちゃんと飾られるところに行き着くだろう


 んで、ストレージが空いた!


 これが今は嬉しい
 別に対したものは持っていないが(それこそゴミばかりだが)、これでまたゴミ漁りの楽しい日々が戻ってきたのだ


 よくよく考えてみると、私のUOの楽しみ方はアイテム一辺倒な気がする。もちろん本を書いたりイベントを追っかけたりもするが、基本はゴミ漁りだ
 もしある日、山のような小切手がロックダウンされた城を譲ってやると言われたとしても、多分断りそうな気がする。それは即ち、過程を省略していきなりゴールに飛んでしまうようなものだ
 スタートのまん前にゴールがある双六がつまらないように、見果てぬ夢を追い続けている時こそゲームであり、楽しい時なのだろう


 もっとも、金がいらないとかそんな事ではない。逆に、gpに飢えている。この飢え具合が良い
 ボスソロこなしてエプロンバシバシ取ってるような人達は、今回のマジンシア侵攻では雑魚悪魔の死体からGPをルートしたりはしていなかった。なので、手動ルーターお宮、大活躍の巻だった。500gpを越える金の山を棺桶から引っつかんで袋に投げ入れる時の爽快感は、金持ちには味わえないだろう。お宮に必要なものは高級装備ではなく、GPを入れるための袋と空きセキュアなのだ




 なんとも貧乏臭い話になってきたので、次は少し大きな話

 旧仕様のゴーレムが出てきた。昔の仕様だと、ゴーレムの毒耐性が100%なので、毒武器を持ってスパーするとゴーレムにダメージが入らない。結果として、放置でスキルが上げられるのでとっても便利な一品だそうだ

 というか、以前にスパーで使った奴だった

 一応、お断りを入れておくが、プレイヤーが操作しない間にシステムの規定以外でプレイヤーの所有物によって利益が得られることを禁止する規約がある。用は、寝マクロすんなという事だ
 ゴーレムスパーはマクロすらいらない放置行為なのだが、これも規約的にNGなので、やっちゃぁならんという事だ


 でも、これが結構な値段で売れる
 120まで放置で上げるとなると、相対的に25差のスキル95以上のものが好まれるようだ。見つけたゴーレムはそれに満たなかったので、とりあえず黒岩先生の横殴りで鍛える事にした

 久しぶりにギルマスを呼んで、GHのまん前でスパー開始。堀の仕様変更でインゴの場所がころころ変わり、先生呼び出すのも結構面倒だった。プロスペツールでDullを掘れるようにしたところでガーゴツルハシ使用。これで30堀くらいしたところでようやく先生が現れた。パラリに2%の確率とあったが、まさにそのくらい。変なUO乱数の罠にはまらなくて良かった

 黒岩先生ことシャドウエレメンタルはペットの攻撃無効という鬼のモンスなので、ギルマスがクーシーをぶつけ、こちらは後からゴーレムをぶつけた。横殴りなのでこっちのゴーレムにダメージはこない
 作ったときは『なんかキモイ動きで嫌だな』とも思ったが、今ではかなりの高級品。高価な壷を扱うように、おっかなびっくりで育成した


 一応、画面を見続けてはいたが、かなり暇だった。やる人は漫画や小説でも用意するか、別窓でネットサーフィンでもしているのがベストだろう。正直、こっちもUO半分、ブラウザ半分で、ジャーナルに変化があったら確認するくらいだった。厳密にはこれも規約違反なのかもしれないが、クライアントが落ちないように時々バッグの中いじったりしてたので、まぁOKじゃなかろうか


 そんなこんなで苦労したかしてないかわからない純正品ゴーレムを売る事にしたのだが、昨日の今日ではまだICQの返信さえ来ない。非常にじれったい



 このブログの上の方では『大金はいらん』とか言っておきながら、結局のところ小切手の誘惑には逆らえない。こういう矛盾を孕んだ葛藤を生み出すウルティマオンラインは、なんと素晴らしいゲームなんでございましょ

 上手くまとまってないけど、今日はこれで終了




『俺、このゴーレム売れたらDoom諦めてYewに帰ろうと思うんだ‥』
的な発言をするとゴーレムが壊れそうなので、気長に待つことにしたお宮でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/227-ca08226d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。