やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LUNA COLLECTION 2008


また1キャラ、名前を晒しました。Corruptedです。






 多分、このブログでもキャラ紹介とかはしてないと思う。折角の機会なのでやっておく
 女エルフのCorrupted(=堕落したor腐敗した)
 名前からして腐ってる。当然、体色もくすんだ緑。髪は赤いスパンキング。バルクキャラの制服であるアンブラローブを愛用。称号もDreadでカルマ最低
 基本的にルナ銀行二階の礼拝堂と宿の間にある壁が寝床。ゴキから降りるのは中にバルクを入れるときだけ
 手持ちキャラの中では一番稼働頻度が高い。平日はバルク引くだけなので、当たり前なのだが。ちなみに、稼働頻度二番手はトレハン親父。船のリフレッシュを週二回行っている。お宮は二週間に一回くらい起動。Fernandoは資材がなくなったら出番なのだが、最近はあまり見てない。Fibは多分腐ってる

 冷遇されているCorruptedだが、腕は良い。一応、武具は一通り作れる(レシピ除く)。武器学もGMなので、この前は三国志やってる人にHQ品作成依頼をされたりもした。だが、職人気質はない。どちらかというと、生産ギャンブルの為に生まれてきたようなキャラ。SAで導入されるガーゴの特性によっては簡単に消されてしまうだろう

 銘目的の名前からも分かるとおり、バリバリの生産人を目指して作成された。確か、6キャラ追加スロット導入で作ったはず。1キャラで修理から作成までできるので便利。ただ、堀がないので鉄の溶かしだけはFernandoでやっている。Fernandoが資材調達でこっちが二次生産といったところだ
 しかし、錬金術や書写、料理といった武具以外のものは作れない。Fernandoを消したらそっちをもう一キャラにまとめようかとも思っている。生産2キャラ目の名前としてはInfectedあたりにしようかと画策中。黒岩汚染ぽくてよい。クラプーといいコンビになりそうだ。はやくSAの仕様が明らかにならないものだろうか


 話が逸れた
 そんな、大して思いいれもないキャラクターであるクラプーに転機が訪れた。服飾店として大和で名を馳せるLUNA*LUNAが主催するLunaCollection2008に出場することになったのである




 というのが、前回までのお話
 で、土曜日の今日(昨日)に実際のコンテストがあった
 開会は22:00からだったが、実はそれまでに結構手順を踏んでいた。まず、作品(自分が言うのは何か違和感があるが、仕方ない)をSSで撮って送った。それは前回のブログを見てもらえば分かる通り。そして一週間前の3/1にリハーサルをやっている
 その日は出場者7名中5名が集まった。残り二人は事情により欠席。当日の進行や立ち位置を確認し、発表順を決めた
 発表順は厳正なるサイコロで決められたが、ここで鬼のピンゾロを引き当てて1発目の発表となった。というか、その場にいる全員が2D振って2〜5の出目だった。4が被ったので振りなおして落ち着いた。その場にいなかった二人は当然6番目と5番目。みんな、出たくて仕方が無いんですねというスタッフのコメントに苦笑いしていた

 参加者をざっと見た感じ、ガチで来そうなのが3人。クラプー(私)ともう一人はネタ勝負っぽかった。募集HPのBBSでおっさん仮面を名乗ってた人なのだろうか。聞いて見たら、案の定そうだった。こいつとはいい酒が飲めそうだ


 リハではスタッフがかなり熱っぽく喋ってた。そのせいもあって、少し真面目に考えることにした。当初の予定である途中でバシ被ったりエフェクトバリバリのBOM地獄はスタッフ側の望むイベントの姿ではないらしい。そりゃそうか
 なので大人し目にしながらも、ある程度客を沸かす必要が出てきた。なんといっても一発目。掴みは大事だ

 以前にもどこかでファッションコンテストを見たことがある。確かに上手い取り合わせは見ていて勉強になる。しかし、長いとダレる。タイプが遅いと会話も進まず、進行が長く感じた。ぶっちゃけて言えば退屈だったのだ
 恐らく、中の人が男だからだろう。どっかの話では男は女より色を認識する能力が劣るとか。なので微妙な色の変化に鈍感で、服も色合いより形重視の傾向になるとか
 送ったSSを見返して思った。まさにその通りだ。私に微妙な色合いを求められても困る。色タブなんて16色ありゃ十分だと思ってる口なのだから

 というか、みんなおかしい

 服はノーマル色が一番。UOの服は染色できる仕様ではあるが、あくまで既存品の特定部分の色を変えるだけだ。つまり、元々そのデザインでは一番良いと思われる色合いのものを、わざわざ別のものに変えてしまっているのだ。だからディテールが崩れる。光の当たり具合がおかしくなってリアリティが損なわれるのだ。私が求めるキャラクター画像はピンクのニット帽ではなく、職人の打ったハンマーの痕が微妙に残る金属鎧なのだ
 熱く語ったが、おそらく服飾をやり込んでいる人はその一歩上、そんなディテールの崩れた色合いが組み合わさり織り成す神の着こなしを求めているのだろう。きっとそう
 なので、そこまでできない私は分相応にノーマル色にこだわるのである。Thigh bootsの2Dフィールド上での光具合は最高だ



 で、つまるところ、このままでは落選まっしぐらなのだ
 被り物禁止、自爆や一切のテロ行為禁止、大型ペット禁止(馬にFu○kされるネタは自主規制済)、全裸は即失格という過酷な条件を元に、何がうけるか色々考えた

 そして結局、通販ネタになった

 木曜夜に草案作って金曜に修正。本番当日の土曜に実装となった
 しかし問題発生。コマンドが長すぎるとUOクライアントが認識しなくなる。一応、規約的にはOKだと思われるUOマクロ編集ツール(UOストリーミングに影響しない)を使ったのだが、いざ設定してUOを起動してもクライアントがこける。しばらくやったが無理だったので、UOAマクロにすることにした

 クラプーのUOAマクロは再作成以外はまったく使っていないので、9つに分けて入れた。入れた後でwaitを入れるのがかったるかった。これが嫌でUOマクロにする予定だったのに、とんだ誤算だった
 結構な時間をかけて設定完了。試しに動かしてみたら、割と良かった
 ただ、マクロキーを1から9までのキーにふっているので、誤爆が多かった。自分が今何番を喋っているのかわからなくなる。本番でのミスは致命的だ。だが、すでに時間は20:30を回っていた。当日に行う最終打ち合わせの時間だった


 なんとか遅刻もせずに会場に到着
 いつもはバルク本を抱えている青ゴキも厩舎に入れた。おかげで鞄はいっぱいいっぱい。とりあえず控え室に走った
 特に問題もなく打ち合わせ終了。雑誌がどうのこうの話していたようだが、こっちは別の事に気を取られていた
 中の人がお腹へって来たのだ

 恐らく大丈夫という勝手な解釈で一旦UOを落とす
 食事をして戻ってきたのが21:50。開園10分前
 そういや、15分前には控え室に行きますとか言ったような気がする。やばい
 走って向かったところ普通にセーフ。まだ到着してない参加者もいた

 ここで問題発生
 実は、今回の服、エルフだと頭装備が変換されてカチューシャになってしまう。なのでポリモフで人間にならなければならない
 しかし、ポリモフ変身だと肌の色が選べない。白人至上主義ではないが、感覚から言って肌が濃い目だと作品のイメージも変わってしまう。事前に出したSSと異なってしまうとまずいので、何回かかけなおした。だが、変身して変わるPDの肌はみんな濃い目。PDの裏の色が変更できればいいのだが、これでは顔とバックの境界がわからん
 そうこうしているとマナが尽きた。瞑想もないので急な回復は無理。生産なのでマナ回復装備も無い。時計の針は冷酷に時を刻んだ

 何度目かの変身の後、ようやくこげ茶でなくなった。だが、くすんでいる
 本当ならもう少し黄色のかった明るめの色がよかったのだが、この際贅沢は言えない。これで行くことにした


 開会式の最中は緊張していた
 思えば、これだけ衆目を浴びるのはUOの中では始めてだ。しかし、トップバッターというのは良い。こんな緊張が長く続くのが一番嫌だ。こういうのはトップかラストのどちらかがいい
 そんなときに、第二の問題発生

 アンブラローブが脱げない

 正確には、ローブを鞄に入れても戻ってきてしまう。ルーンブックの上にドロップしたのかと思い何度かやってみたが駄目。戻ってしまう
 ふと画面左をみると、no moreの文字
 まさかとPDのバッグにカーソルを合わせる

125/125

 なんという神のイタズラ
 いや、確か控え室で着替えをしているときに気づいていた。その時はとりあえずOKと思っていたが、まさかこんな罠が仕掛けられているとは
 アピールの性質上、途中でもう1アイテムバッグに入れる予定だった。つまり空きを二つ作らなければならない。控え室の隅にある箪笥に走り、とりあえず鞄とかいらないものを二つ突っ込んだ。号令かかってから気が付いたら完全にOUTだった。危ない危ない


 PTチャットからGOの指示が飛び出したのを確認して走った
 懸念どおりマクロの押しミスはあったものの、アピールはなんとかやりきる事ができた
 周囲の反応はあまり見る余裕がなかった。Wの文字が画面端に見えたときに、安心した。観るる人あってのイベントだと実感した



 ショーの詳しい内容は観た人だけのお楽しみという事で、舞台裏についての話を続ける
 1番手は出番が終わればあとはフリー。拘束もされていないのでとりあえずルナ銀に戻った。会場にあれだけ人がいるのに、ルナ銀にもいつも通り人がいた。過疎過疎と叫ばれているが、単に分散しているだけのような気もする。特に大和はギルド単位で人が動くので、銀行前の人が少ないのも仕方ないのかもしれない
 感慨にふけりながらもバッグのバルク本をいくつか銀行に詰め込んだ。ストレージアップコード、入れといてよかった

 その後はこっそり会場の後ろ側で見学
 二番手のユニクロさんも通販ネタだったようだ。事前に「女物の服を男キャラで着て出る」旨の宣言があったのでこちらは自重したのだが、やっぱりネタが被った。さらに下系の発言。考えることは皆同じかっ

 その後も発表は滞りなく進み、入れ替わり立ち代りオサレさんが出ては喝采を浴びていた。ピンク系一色になるかと思っていたが、みなそれを懸念して独自カラーを持ってくる人も多かった。騎士本持ちスタイルが好評だったが、SW本を持つか持たないかで迷った挙句に捨てた事が悔やまれた。迷って毒100%のスカルプチャーにしなかっただけマシと言えばマシなのだが

 そんなこんなで出場者全員の発表が終了。最終発表時には控え室に戻って待機していたが、発表を終えた出場者はみな肩の荷が降りたかのようにリラックスしていた。
 ‥多分、私がそうだったからそう見えたのだろう
 ネタ担当としてはやる事はやったので、あとは入賞者に拍手して帰るだけなのだが、なかなか集計がまとまらない
 楽屋裏では早くもスタッフがお疲れ様モードになったり、特別審査員の某マターリな人が下ネタ発言したりとカオスな様相だったが、総責任者のティファニーさんだけが机に向かったままピクリとも動かず作業を続けていた。恐らくあの人がいなかったらこのイベントは無かったのだろう。心の中でお礼を言っておいた

 でも、心の中だけでは気持ちは伝わらないものである
 ふと鞄をみると、ルナ銀に毎日のように捨てられては私に拾われているバレンタインカードが一枚残っていた。早速使ってみる


『全部Lady Melisande のせいです、Lady TIFFANY。Corruptedより』


 こんなカオスな内容になる予定だったのだが、名前が入らない。何度か使ってみたが駄目だった。バグかなと思い諦めたが、これは予兆だった


 順位の発表を前に、一応こちらとしても期待はしていた
 おそらく1位、2位は無理。狙えるとしたら3位か特別賞だ。2番手のアピールを最後の部分しか見てないので優劣が付かない。7番手もなんとなくそれっぽい格好だったので、油断はできない

 3位はトィンクルさんだった。確か前にマラスの店でお宮が服を買った店の店長さんだ。その服でRLに行ったら、皆別人だと思ってたとかなんとか。いやはや

 2位は‥‥忘れた。というかここから余裕がなくなっていた

 急に動き出すPCファン。なにか雲行きが怪しい
 徐々に動きにくくなるマウスカーソル。ハングってる様な気がする。どうやらあまりの人の多さに処理がおっつかなくなってるっぽい
 そんなにヘボイPCでもないのだが、やはり2世代前となるとキツイのか。いや、性能よりも、ここ最近急に音が聞こえなくなったりするのでOSのなんかのファイルが壊れているか設定が壊れてるっぽい。冬に再インストしたばっかなのに、もう寿命なのだろうか。またHD付け替えるのは勘弁して欲しい。さっきバレンタインカードに名前が入らなかったのも、これのせいかもしれない

 そんな事を考えながらとりあえず『落ちるかもしれない』とPTチャットで主催者側と出演者に伝える。骨は拾ってくれ

 そして栄えある優勝発表の前の特別賞
 名前が呼ばれた


 1秒ごとにザ・ワールドの発動する世界でどうにか絨毯の上に立つ
 色々言われたり言ったりしたがあまり覚えていない
 とりあえず親父ギャグをかましてほくそ笑むという、低俗な目標もクリアしておき、なんとか後ろに下がることができた。もう落ちても大丈夫

 メインより高性能なサブPCに電源を入れたものの、結局最後まで落ちずに済んだ。舞台裏での挨拶もそこそこに一旦クライアントを落として72gp市へ駆けつけた。既に日付は変わり、時刻は0:30となっていた

 ランタンゲットも出来ずに家に戻ってきたところで気が付いた
 確か表彰されているときに、BPAを後で渡すと言われていたような気がする
 急いでクラプーで入りなおして会場に行ってみると、まだスタッフの人が残っていた

 そして店長のTIFFANYさんと、なぜかこの場にはあまりそぐわない全身S皮鎧のヤングメンが机を向かいに座っていた

ヤングメン「それでこのイベントに〜(うんたらかんたら)」

クラプー:‥‥?


 そこで気づいた。取材だ
 リハの時に聞いたが、今回のこのイベント、雑誌の取材が入るとかなんとか言っていた。てっきりBNNのローカルニュースででも取り上げられるのかと思っていたが、どうやらマジ取材だったらしい。リアルの雑誌だったのかぁとか思っていたが、はたと気づく



 Corruptedの名前が出るんですよね


 ブログも含めて、あまりキャラ名は出さないようにしている。出すのはヨゴレ担当のいつでも切り捨てられるMiyaとかFibとかFernandoの担当だったのだが‥
 まぁ、仕方ない
 いったところでネトゲのキャラなので問題なし。さらに言えば、名が売れるのはいい事だ。悪いことじゃない
 なんというか、名が売れる=晒されるというイメージが強いのでついつい隠す傾向になってしまう。これではいかん
 という訳で、今回の記事の最初にクラプーの紹介を入れてみた。こいつが来年生き残っているかどうかはガーゴイルの仕様いかんだ。せいぜい今のうちに、銘入り武具でも作っておくと事にする



肝心の優秀者について何も触れていないが、そこら辺はSSを参照していただければ幸いである。
スタッフ及び関係者一同に今一度、感謝の念を表明して終わる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/240-c429b606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。