やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「俺のセキュアが火を噴くぜ」

Pub53が導入される模様です。




 このまえPub52が入ったと思ったらもう次のPub。仕事が速いのか、仕様を小分けに入れるようになっただけなのかは置いといて、いろいろ面白そうな修正が入りそうだ

ttp://www.uo.com/fof/fiveonfriday110.html


 とりあえず、春の大掃除2008キャンペーンで渡せる交換アイテムの種類が増えるというところに目が行ってしまう

* Holiday and Valentine's gifts
* SoS and MiBs
* Power and stat scrolls (all kinds)
* Treasure maps
* Artifacts (various kinds - minor, Doom, etc)
* Grobu's Fur
* Fishing Nets

 UOが終わるその日まで、家の前に不法停泊させている船セキュアの地図は残るものと思っていた。だが、それもPub53で潰えるのだ。ふはははは

 しかし、一部のトレハンマニアからは地図の入手が困難になるとの嘆きの声が。確かに捨て値でベンダーに置くくらいなら交換してしまうから市場には出回りにくくなるだろう。だがしかし、低レベルの地図ならそこらのモンス狩ってればいくらでも溜まる。Lv1ならシーサーペント、Lv3ならDoomの毒部屋とか土エレとか。Lv5ならラビリンスのサソリでいいだろう。捨て値で売られている現状は、掘るのが面倒という理由以外に、入手の容易さもあるのではなかろうか。なのでトレハン自体を楽しみたいのならば自力収集でどうにかなると思う。トレハンに行った先で地図が増えるのもよくある話だ

 AFが交換対象になったのも興味深い。ただのボンクラよりカースボンクラの方が価値が出るという逆転現象には笑ったが、ともかくPub53で武器AFの類は一掃されるだろう。ゴミパワスクと合わせて、これでこそ大掃除というもの
 このニュースを見て慌てて自宅ベンダーを覗いたところ、MAFもゴミパワスクもそのまんま残っていた。やはりうちの店に常連客はいないようだ。そっと回収した

 しかし、クリプレやバレンタインアイテムの回収はどうやるのか不明。1セット丸々用意しなければならないのか、個別交換なのだろうか。自宅ベンダーに山とあるそれらをわざわざ回収するのも面倒なので、いまも鋭意販売中。交換対象のポイントも不明だし、ポイントが足りなさそうならつっこむくらいでいいだろう。というか、あんましガツガツやる気にもならなくなっている。あれば渡すくらいでいい
 そういえば、バレンタインカードが4,5セキュア分ギルドハウスにある。これが高ポイントだと凄いことになりそうだ


 そんなポイントを得る方ばっかりに目を向けていると、いざ交換するときに困る事態に陥る可能性がある。今回の報償はどれも内装アイテムばかりだ


# Virtue tiles (to see what these look like, visit the Chamber of the Virtues in central Britain.)
# A beehive
# an archery butte
# a firepit
# a nest with eggs
# a yucca tree, a stand of bamboo, or a potted cactus
# a mounted Dragon head, for hanging on the wall
# Horse Barding (for decoration only!)

 最近カスタマ熱が再燃してきたので、近々家の改装を行う予定ではあった。なので、ここで貰えたものを組み込んだカスタマをしてみようと思う。徳のタイルなんかは面白く使えそうだ。内装家垂涎の囲炉裏が貰えるのもよい。投機に失敗した9周年トークンが大量にあるので、絨毯を贅沢に使った石造りの家を目指すことにする

 もっともA special Luck bracelet and ringなるものも報償に入っているようだが、これは一体何のことやら。お友達紹介プログラムで貰える例のネックレスのアクセ版だろうか。うちのBTMも前まで幸運装備であったが、あまりに幸運を追い求めすぎると抵抗が厳しくなってしまい、どこに行っても転がる羽目になる。スキル補正と抵抗を重視するように装備を一新してみたら割りと使えるようになったので、いまのところは幸運装備はあまり欲しくはない。記念にもらえればもらっとくくらいだろう
 幸運の限界値がまた上がるとなると、計算だけはしてみたくなる。プロパの公開が楽しみだ

 で、ネズミ穴が入ってないのは仕様か



 他、アイテムオンライン以外にも、Pub53ではバグ修正が結構もりこまれている。主要なところをピックアップしてみる


>Players are able to resize instead of demolish houses by saying "I wish to resize my house".

 前々から告知のあった家の建て直し仕様。うちも少し広くなるかもと思ってTCの同じ場所に行ってどこまで広くなるか試してみた。しかし、現在の家すら建たない。南側の木が邪魔して地面を上手くタゲれないのだ。いま住んでいる家は人様から貰った家なのだが、いったいどうやって建てたことやら。あれこれやっていたら建築ツールの連続使用制限にひっかかった。TCだったからいいものの、これが一般鯖だったら泣く。リサイズを試みるも建築ツールの使用制限にひっかかって建てるに建てれないという状況になる人、きっと出ると思う


>Creatures will no longer teleport into private houses
 リーパーやオークメイジに悩まされていた人の不安が少しは解消されるかもしれない。しかし、沸きがほとんどない今の場所に慣れてしまったので、そうそう危険地帯に引越しはできん。今も時々各地の空き地を探して入るのだが、よささげな場所が空く気配はそうそうない。広い家が欲しいなら過疎鯖かFに行くしかないようだ


>Blood Oath can now be removed by eating an enchanted Apple or using Remove Curse spell
 料理が売れるかとも思ったが、BO喰らって困る白豚ならリムカは唱えられて当然なので、需要は期待できそうにない。リムカ失敗時の保険的に持つ人もいるだろうが、誰も彼もとはならないだろう。ともかく、戦士の人にはありがたい仕様の追加だ


>Lady Sylvanis will no longer chase people quite so far
 誰?



 その他にも、Fで砂と花崗岩が2倍取れるようになるとか。岩は欲しい色を限定して集めようとすると結構困難。これならFに行こうかという気にもなるだろう。砂はスタックしない時点でオワットル
 修理DEEDで熊マスク等の今まで直せなかったものが直せるようになるのも、生産のいない人にはありがたい仕様だろう。街にいた裁縫職人に修理を頼んだら修理DEEDを渡されたあの日以来、メイン鯖以外では修理DEEDのお世話になる事にしている。これで熊マスクも安心して被れるというもの。もっとも壊れるほど使ってはいないのだが

 ともあれ、Pub53に期待を寄せながら終わる




 いや、終わらない。続いては大和限定シーアイベントの話

 BNNなどでちょこちょこ見かけるHelenaの日記。ジェロームの外れにある家に住む娘の話なのだが、これについて少し書いてみる
 シーアの手がける連続イベントで、割と凝っているのが特徴。先週あたりから日記が更新され始め、ちゃんとUO内のジェロの家にロックダウンされている青本にもBNNと同じ内容が書かれ続けている
 話の内容は冒険者の父Blakeを心配する娘Helenaの話なのだが、既に一回プレイヤー参加のイベントも行われている詳しくは太公望さんのところにログが載っているのでそこを参照してもらうとして、あらすじだけ紹介しよう


1日目〜4日目
 Helenaの日記が更新される。内容は父を心配している日常の描写

5日目
 父の冒険者仲間Sherwinが死霊に取り付かれ、それを倒すプレイヤー参加イベントが発生

6日目〜10日目
 倒したはずの死霊が父Blakeに取り付いている様子。日記の内容は、心配してあれこれ対策を練るHelenaの描写


 面白いのが6日目以降、Helenaの足取りをプレイヤー側も追っかける事ができるところ。日記に『アンブラに行き誰それに話を聞いてみた』という記述があると、実際にアンブラに該当する黄色ネームが出現。キーワードからの展開で話がきけ、アイテム集めのミニイベントが発生している。プレイヤーはストーリーの軸に沿って、自分視点で話を楽しむことができる

 これはMMOでこそ本領を発揮できるシェアワールドライクなイベントだ。プレイヤーは日記を読み、父Blakeと共に行動し、独自の視点から解決方法を知る。一つの事件が多角的な視点で描写され、それらを通してみると全体像がつかめる。私の場合は人様のブログを読んで内容を知ったので、メディアミックス展開にもなっている
 情報に接する機会が多ければ多いほど、人の記憶には残るもの。シーアイベントなので特定鯖限定になるのも仕方ないが、このような良質イベントを創るシーアがいて、それにGOサインを出すEAJであれば、UOの未来にも希望の光が射していると‥‥言える。言うべきだろう

 週末に話が動きそうなので、とりあえず今日の夜中はブリ銀でぶらぶらしている予定。ここ最近、シーアイベントはご無沙汰なのでできれば参加してみたい
 ただ、話の内容が玄人好みなので人死には出るかもしれない。ハッピーエンドな話以外は認めない類の人は注意したほうがいい。なんといってもこの話のタイトルが『明日も君と生きるために』なのだから。省略されたところを補完するとしたら

明日も君と生きるために(あなたはここで死んでね)

 なのかもしれない。NPCの命は一回こっきりの価値あるものだが、アバタール候補生の命はパンの耳ほどの価値もないこの世界。危険がぁぶなぃ



 長くなったのでここらで終わるのがいつものブログの流れだが、今回はもうちょっと書く
 イベントなどにもいくらか関係するかもしれないが、あなたは最近UO上でemoteをしているだろうか。emote、いわゆる感情表現だ。コロン+スペース後に内容をタイプしてエンター。発言内容の前後に*(アスタリスク)がつくアレだ

 面倒なので私はそうそうやらないが実はこの機能、結構重要なのだ
 どう重要かというと、『いま自分は他のキャラクターを演じている』という自覚があるかどうかの判断基準になる。ロールプレイしてるかどうかという事だ。ロールプレイの定義で揉めた古き時代にならい、ここでのロールプレイは狭義のキャラクタープレイである事を断っておこう

 最近のUOはつまらないという話はどこでも聞かれるが、それを少しでも払拭する為に、私はあえて感情表現の使用をお勧めする
 ロールプレイの楽しみの一つは、自分とは別人格を演じるという現実からの乖離だ。普段はおとなしい人でも演技中なら粗暴な振る舞いができる。男が女を演じても良いし、逆もしかり
 大和は対人鯖としての過去もあり、一般的にロールプレイの気風があまり観られない。PC=中の人となる。従って乱暴な言葉使いをする人は中の人まで乱暴であると見なされてしまう。PC≠PLという感覚を育て、ロールプレイを広め、ひいてはUOをより魅力的なゲームたらしめるためには、emote表現を流行らせるのがよいのではないかという結論に至った

 もちろん、キャラプレイだけでなく、役割的なロールの場面でも感情表現は有効に使われている。最たる例はカウンセラーの使う

 *smile*

だろう。あの発言をみて、誰もカウンセラーを操作している中の人が画面を見ながらにっこり笑っているとは思わない。だが、中の人がカウンセラーキャラクターににっこり笑わせようとしている事は伝わる。カウンセラーキャラクターに笑わせることによってこちらに伝えようとしている意図をプレイヤー側は受け取るのである。言葉にすると面倒だが、そういう事


 ともあれ、エモート発言をUOAに入れてワンボタンで使えるようにしといてくれ。それでFibを楽しませてくれ、という話。こちらもできるだけ善処しよう
 狩りの腕は上がっても、UOの会話術は上がっていないそこのあなた。始めるのは今だ。ブリタニアの民よ、隣人を楽しませるエンターティナーたれ


『だが断る』を禁止しつつ、終わる
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/253-4be03e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。