やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団-風-公演 『錬金術師の夜明け』


久しぶりにUO公演を観て来ました。





 "劇団-風-"は今年9月で創立5周年を迎える大和のプレイヤー運営の劇団だ。UO内の劇団でも老舗の部類に入ると思われる。他に私の知る劇団と言うとチロルくらいしか知らないが
 200/8/9 22:30 より、演目『錬金術師の夜明け』の公演があったので久しぶりに足を運んでみた


 毎回公演の前にはルナムーンゲート前に送迎用のゲートが出される。今回も団長自らゲーターをやっていたので飛び込んだ。挨拶するのを忘れたが、まぁいいだろう
 当日は大和では連句会、他の鯖でも北斗祭り、ブリビバ、UBBM、八徳学校などイベント目白押し。いつもより客の数は若干少なめだった

 今回の劇の内容はYewの森に一人で住む錬金術師が町の娘との出会いにより研究の目的を問い直されるというもの
 劇団風は常に”劇”を意識したセンスの良いセット造りをする事が特徴だが、今回も限られたスペースに役者や語り部が上手く配置され、それぞれの台詞が映える工夫かなされていた。台詞の間や立ち位置、姿勢もスムーズで、かなりの練習がうかがい見れる

 反面、なぜYewの森に錬金術師が一人で住んでいるか、その家付近の森まで娘がなぜきたのか等の説明が抜けていたり、私の嫌いな語尾に不要な"?"をつけるなど個人的に気になる所が多々あった。娘が重要な場面以降に錬金術師をストークし続けた理由をあえて台詞にしていないのか設定すらないのかもわからない。普通、ロマンスの匂いをもう少し出すものではなかろうか
 一方、時間経過を語りで済ますか説明台詞を登場人物に喋らせるかは脚本と全体の印象で決めるのだろうが、今回は語りでよかった。語り部がいたお陰で話し全体が引き締まった感がある

 これら勝手な私の感想は全て劇団-風-の劇の質が高いからこそできる話。観終わったあと”これは真面目に作られた一つの作品だ”と思えるUO内の劇はそうそうない。やはり、この劇団は気合が入っておる


 劇が終わった後のフリートークでは、劇団員を募集しているとのことだった
 そういえば、前に観たときはカビ熊さんや総裁がメンバーで出ていたような気がするが、今回のパンフには名前が出てなかった。引退したんだっけか
 現在メンバー三人。ギリギリの所だ
 団員募集中、特に女優団員(ネカマOK)とのことなので、やる気のある方は連絡を取ってみてはいかがか


劇団 -風-HP
http://earth.endless.ne.jp/users/fellow/bnc/


前回は見逃した訳で、本当に久しぶりの観劇となった。再公演があるかどうかはわからないが、見逃した方は次の機会にでも観ておく事をお勧めする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/264-bd7f27be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。