やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺達のハロウィンは始まったばかりだ!


EA先生の次回作にご期待ください。




 ハロウィン仕様を含むPub56も導入から一週間が過ぎ、もう食指気味な人もちらほら。しかし、先週の三連休のうち二日もUOにINできなかった私は、まだまだハロウィンを満喫したとは言えない。たとえ10月31日のイベントと言えども、たとえ11月に入れば綺麗さっぱりハロウィンのハの字も消え世間はクリスマスケーキの注文予約が始まろうとも、私にとってはまだハロウィンなのだ

 とりあえず先週の活動報告から
 先週の金曜日にやった裁判所から始まるJasper捜査官が依頼してくるクエストの話は確か書いたはず。あの後日本語ローカライズされたようだが、まだそっちはやってない。それは来週の週末にでもやるとする。なので土曜日にやったTrick or Treatについて

 毎年恒例となったTrick or Treatのアイテムせびり。今年もまた町中に四肢が吹き飛んだ死体のオブジェが散乱する状況となった訳だが、その数は去年より少ない気がした。それもそのはず、今年のスペシャルなアイテムは去年とまったく同じなのだ。これではやる気もそがれるというもの
 しかし、EAもそこは考えているらしく、今年は乞食GMスキル保持者限定で、さらに特別なアイテムが出るとかでないとか。一年間魂石の欠片に封印し熟成を重ねた乞食スキルをお宮に移植して、いざ街中を駆け回ってみた

 結果としては約1700回の試行で蜘蛛の巣3つ。スペシャルは多分7つか8つくらい。去年のと混ぜてしまったのでよくわからん
 もらえた小さな蜘蛛の巣は全て/向き。できれば逆向きのほうが内装に使い易かっただけに残念。今週の平日はさらに回数を上げて、なんとかあと2つくらいは手に入れようと思う


 去年も書いたかもしれないが、Trick or Treatの極意というか効率的なやり方を書いておこう。忘れた時のための来年用の自分メモだ

 まず、この試練は死亡からいかに早く復帰するかが課題だ。基本的にアイテムをねだった結果は下記の通り

?Treatアイテム贈呈
 1-1 通常菓子(3種抽選)
 1-2 スペシャル菓子(5種抽選)←恐らくこのとき乞食GMだと7種の抽選となる

?TRICKイタズラという名の狂気
 2-1 歩くたびに騒音発生(無害)
 2-2 歩くたびに血溜り発生(無害)
 2-3 ポリモフ強制変身[下馬効果あり]←ポリモフ詠唱で解除(微タイムロス)
 2-4 邪悪な双子召還(タイムロスかどうかはスキル構成依存)
 2-5 65000ダメの即死(大幅タイムロス)

?乞食遅延
 3-1 何もなし


 ?はわかりにくいが、1分以内に同じNPCにアイテムせびっても貰えないアレ
 上記を見て分かるとおり、単位時間当たりのアイテム取得数を上げるには即死時の復帰をいかに早めるかが勝負の分かれ目となる。かつ、双子の対策もある程度必要になる。理想的なスキル構成は下記の通り


 騎士(ジャーニー用)
 瞑想(マナ回復)
 集中(マナ回復)
 織成(Gift of Life用)
 その他(双子に襲われたときに致命傷にならないスキル)

 双子に襲われたときのためにヴァンプになっておくのも手だ
 装備はマナ回復濁、マナコス濁のメイジ系。武器はなんでもいいが、魔法スキルがあるなら魔道武器でよい

 そして毎度おなじみマクロ紹介

1.ポリモフ解除(&騎乗)
 CastSpell[Polymorph] →(delay)→(use Item ペット)
               (UOA使用時)
2.扉オープン
 OpenDoor

3.アイテムねだり
 say[Trick or Treat]→WaitForTarg→SelectNearest[Mobile]→CurrentTarget


 say-waitとselectは逆でもよいが、タグが出るのにコンマ何秒かかかるので、その間にNPCへ走りこみ重なる直前でSelectが実行されるこの順番のほうが私は好きだ。Selectが先だとターゲットしたいNPCと違う奴にタゲが行ってしまう場合がある
 さらに、NPCの多いところではSelectNearestではなくSelectNextやSelectPreviousで組んでおいたマクロを発動した方が早い場合もある。キーの空きがあるなら三種組んでおくべきだ

 UOAがあれば、ペット騎乗も組んでおくと楽。あとはNPCの一杯いる場所へのルーン使用を4箇所くらい組んでおけばOK


 基本の動作は次の通り

 まず、街へリコ。そしてGift of Lifeを自分にかける。ここまでが準備
 ここからが実戦。NPCを見つけては駆け寄りつつおねだりマクロ発動。基本は馬に乗って移動し、決して立ち止まらない。移動は常に騎乗時の速度をキープする。また、各街のおねだりスポット(NPC大量密集地帯)を把握し、その間を無駄なく走る。安易なショートカットは避け、なるべく引っかからないように動く。UOの特性上斜め移動が好ましい


 TRICK時の対応

 騒音は無視
 変身はすぐにポリモフマクロで解除&騎乗。止まったら死ぬくらいの気持ちで迅速に対応すること
 双子も無視。相手は徒歩、こちらは騎乗なので引き離したあとのテレポ接触時のみ攻撃があたる。魔法スキルがある場合、いろいろ面倒だがEIが無ければ平気。ネクロは知らん。双子に殺されるようならそのスキルを抜くべき
 即死はもうしょうがない。おとなしく死んでGift of Lifeの効果で即蘇生。装備がよければ20秒足らずで復帰できる

 魔法スキルがあるお宮でやると双子がしょっちゅう毒をかけてくる。去年はヴァンプで回避していたが、ヴァンプ変身の時間が勿体無いので今年は毒も無視することにした。結果効率は上がったような気がする
 Gift of Lifeの効果時間はスキル値やアーケン石のSTRにもよるので、できれば5分は持たせるようにしたい。この回し方でやれば5分以内に必ず即死TRICKを引き当てるからである。もし効果時間が切れたとすれば、それは回し方が悪いのである。数多く引けば必ず死ぬ。それがこのTrick or Treatの真理だ


 ねらい目スポット

 今年は侵攻クエストの関係でヴェスパー南の護衛依頼NPCが人っ子一人いなくなっているのが残念だが、その分ジェロームの離島なんかに人が多いような気がする。是非チェックして欲しい
 また遅延の関係上、人とルートが被ると効率が落ちるので、できれば他人が巡回しているルートは外した方が良い。もちろん、相手の巡回タイミングと重ならなければ一分のスパンを開けて自分が回ってもまったく問題ない。人がいるかどうかは、そこらの地面を見れば一目瞭然だ


 このクエストはスペシャルなアイテムを貰うのが目的だが、半日やり続けるとだんだん”貰う”こと自体が楽しくなってくる。人間の脳とは不思議なものだ
 他にも色々な挑戦をやってみたくもなる。お宮がやっているのは、邪悪な双子を何人同時に出せるかだ。去年の記録は確か4人だが、今年はまだ3人同時までしか見ていない。赤ネーム(自分)に追っかけられながら酒場に馬で突っ込みお菓子を強請る様は、見ていて非常に気持ちが良い。テーブルを一周して出口でまごついている分身に一太刀浴びせて走り去るさまなど、痛快この上ない。EAは非常に良いクエストを導入してくれたものだ



 ともかく、乞食はまだまだ楽しむとして、今回のハロウィンのメインディッシュであるタリスマンと本取りもやってみた。メインディッシュというのはもちろん、アイテムプロパ偏重主義的な意味合いでだ
 本日、昼からちょこちょこやってみた結果、なんとか本2のタリス1という戦果を上げられた。しかし、ガンガン死にまくって保険金ががっつり減った。流石にお宮ではルート権の取りこぼしが多すぎるので戦士で行った結果がこれだ
 アンデッド特攻タリスマンの効果は絶大で、それまで骨リッチに50くらいしか当たってなかったダメージがいきなり二倍になった。これでもうルート権の取りこぼしは無いに等しい‥
 って、既にタリスマン取ったからもう骨リッチ倒す必要はない。墓場周りはなんとか一日で卒業する事が出来た。幸運だった


 そんなこんなでUOのハロウィンはまだ中盤戦。マラソンで言うなら折り返し地点‥というありがちな喩えの通り、まだまだハロウィンは続く。続くったら続くのだ


平日は忙しく、週末くらいしかまともにUOにINできないお宮でした。早くマジンシアクエや侵攻軍討伐をやりたい。でもその前に逆向きと中くらいの蜘蛛の巣を二階に飾りたい
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/277-c0ef234a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。