やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第37回大和ダイナマーケットと気になる記事


今年も元気にうるうるぅ (;>_<)ノ







 年が明けてもこのテンションで続けていきたいと思っていますので、どうか暖かく見守っていてください
 はい、そんなわけで新年のご挨拶は別にしての2009年一発目の記事は大和ダイナマーケットの話題。このブログの4分の1はダイナマでできていると言っても過言では無いくらい、いまの私の数少ないUOプレイの場である


 3年が経過してダイナマーケットもリニューアル。開催日を毎月第二日曜に移しての初回開催が1/11にあった
 場所も移動して同じトリンシックでもより南、港付近での開催となった。当日はかなり時間の無い状況で22時開催に滑り込む形で参加。ステージの場所がわからなくしばらく辺りをうろうろした。どうやらステージ上ではコミクリが設置されている模様でマーケットのそこかしこで赤ごるぁの声が聞こえる異様な盛り上がりでマーケットは始まった

 宣伝が功を奏してか、客足はかなり多かった。また出店する側も多く、新規の人もちらほら見かけた。販売している品も多種あり、マーケットとして活気付いている様子がうかがえる。リニューアルは成功と言えよう

 ただメインストリートから舞台が離れたせいか、芸人さんが芸を始めても人の集まりが悪いように思えた。舞台は海に突き出した特設ステージとなっており、どうしてもここでないと広めの場所がとれなかったため仕方ないとのこと。一度幕の後ろに下がると段差に落ちて二度と戻れないという欠陥舞台だった。急ごしらえなので仕方ないのだろう

 とりあえず、今後ダイナマーケットでステージショーを考えている人は開始前にメインストリートの方で宣伝やふれ込みをしたほうがよいと思われる。折角の芸が見てもらえないのはもったいないしね
 一応コミクリを仕込んではいるものの、組長曰く三回交換したとのこと。2000チャージあってもあっという間に無くなるそうな。1万チャージくらいのコミクリを販売して欲しいものである。‥‥そういえば宝石でリチャージできる仕様だったはずだが、その場合どのくらい金がかかるのだろうか。今度確認してみよう


 マーケットでは色々なものが売られていたが、詳細は後日UPされるであろうダイナマ公式サイトの運営日誌でも見てくだされ。こっからは個人日誌

 今月もとりあえずいつも通りフェルナンドで参加。先月売れ残った幸運壷をなんとか売っぱらおうと四苦八苦したが、ようやく買い手が現れた。年を越しての現金収入に嬉しさもひとしお。売れ残った航海士の地図はそこらの人にあげてしまった。あれは二つも三つもいらん
 そして今回もちまちま作ったてんぷら粉販売。こっちも在庫は全部はけた。なかなかに快調。やっぱ人が多いといいね。物が飛ぶように売れる

 売るものも売ったので買い物に走ったのだが、先月今月と続けて買ったものがひとつある。The Sakabaという名のPC本。たしかそんなタイトルだったような気がする
 酒場関係の情報誌の体裁で書かれており、毎回大和の酒場が紹介されている。また、あの酒豪によるブリタニアにおける酒の解説(考察)や瑞穂文芸大賞連覇の文豪が書く連載小説など豊富な話題で読み応えのある内容となっている。またたび出版‥だったと思うが、ともかく探せばわかると思うのでダイナマにお越しの際は是非手にとってみて欲しい。よく作られてるよホント

 そんなこんなで盛況のうちに終わったダイナマの閉会式の様子が今回のSS。ダイナマの話題はこれで終わり



 続いてはとうとうやってきた『運命の戦士』ストーリーの続編!
 まずはこれを見て頂こう


BNN:貧乏から金持ちに
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=89138

BNN:国王令
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=89140



 いやぁ、やってくれましたよカスカさん。私は信じていた。あなたならやってくれるであろうと!
 いつのまにやらできた、おそらく残った貴族の寄せ集めであろう王立評議会による選出で我らがカスカ卿が王となられたからには、現在市民を脅かす侵攻軍もきっとどうにかなるだろう
 という訳で、非常に分かり易い政治的脅威がとうとうその姿を表したことになる

 ここでこれまでのおさらいをしておこう

・統治評議会はFoAに皆殺しにされた
・カスカはFoA≒シャドーロード勢力と通じている
・現在ブリタニアの各街に侵攻している軍はシャドーロード勢力


 なんかブリタニアがヤバゲ

 黒岩探査装置の事故から10ヶ月が経とうとしているが、いまだに勢力分布がハッキリしない。FoAはもともと単独で秘密の悪の結社みたいなイメージだったが、目的は世界の破滅なのでシャドーロードの流れを汲んでいるという見方でもういいかと思う。悪の根源シャドーロード勢力の末端機関がFoAだ
 んで、FoAとは別口でThe Sixなんかの侵攻もあったわけだ。アイテムスキーの冒険者達によって狩られた訳だが、The SixはFoAとはやっぱり別組織なのだろう。評議会殺人事件のときも、なんとなくFoAは使いっぱしりにされてる気がしないでもない。もう少し中心に近いところにカスカがいるんじゃないのか
 メリッサはメリッサで謎。シャドーロードに屈した彼女だが、いつの間にやら侵攻軍の指揮をとっている。そしてメリッサの上に『女王』なる存在がいるらしい。当初はミナクス姉さんあたりかと噂されたが、メリッサがシャドーロード勢力ならミナクスとは組まなさそうだし、どうにもこうにも
 とりあえず見えている勢力だけ書き出してみる


イベント系
・メリッサと謎の女王率いる侵攻軍(現在、絶賛侵攻中)
 メリッサ

・FoA(SLの手先。新興宗教がやってるヨガ教室みたいなもん)
 エリックとかサラとか

・The Six(勝手な予想では帰ってきたガーゴイル族でSL系)
 ヴァルヴァカ、リヴァタク、他

・トップが腹黒い新王立軍
 カスカ王

・きっと冒険者はこいつらを応援する事になるであろうシェリーとユカイな仲間達
 シェリー、アイリーン、アベリー、リカルド

システム系
・古式ゆかしいシャドーロード派閥
・ミナクスファンクラブ
・アバタール原理主義(通称:CoM)
・阪神トゥルーブリタニアンズ


 The Sixはことごとく倒されたのだが、リバイバル出演があったような気がするので実は生きてました的に言われてもおかしくない
 他にはアンドリューやらブラクシオンなんかがSL系で浮いている。SL自体が三位一体みたいな感じなので、おそらく内部派閥の違いかなんかなんだろう


 ちなみに今回のBNNでいまだに生きていることが分かったリカルドとアベリーだが、なぜいまだに生かされているのかの理由付けはおそらく明らかにされないと見た。『単に話を動かす為だけに生かされている説』に一票だ。100k賭けてもいい
 もちろん『シェリーや誰かをおびき寄せるための餌説』や『リカルドに秘密があって懐柔する為に生かしている説』なんかもある。もっとも後者はアベリーが生かされている理由にはならんかもしれんが。誰か賭けないか?

 ともあれ、危険がいっぱいで今後も緊張したシナリオが楽しめるだろう。SAは2009年導入予定だ。果たしてそれまでにどう動くことやら



ブリ王こそ唯一の王とのたまう輩の前でALL HAIL KING CASCA!を叫ぶFibでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/286-7e0484f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。