やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖バレンタイン記念祭


今年は土曜日に被ったので、チョコ業界も大変そうです





 さて、バレンタインが今年もきた。モテない男にモテなささを実感させるなんともつらい時期だ。やれお菓子業界の陰謀だの、St. Valentine's Dayはバチカンの典礼暦からは外されただのとといちゃもんもつけたくなる訳だが、なによりもかによりも義理チョコもらって3月にお返しという、この一ヶ月のスパンをおいた返礼が面倒だ。お中元でいいじゃないか。送りあえばいいんだよ

 そしてUOでもバレンタインのプレゼントが配布された。2/13にインしてみるとピンク色のバスケットが鞄に転がり込んできた。開けてみるといつも通りの名前を入れられる赤いカードが。今年も白がレアなのだろうか
 他にはドラッグしづらいチョコ。黒いチョコはバスケットの中で迷子になる
 そしてベーコン。こいつはブリタニアの珍奇な風習を際立たせる一品として、毎年美味しくいただいている

 ‥‥まだ入っている

 というか、バスケットをあけた瞬間からその存在を誇示するかのように居座る赤い何か。名前は「ときめくハァト」。なんじゃこりゃ
 グラフィックは最初、ベルか何かのようにも見えたが、よくよく見ると心臓っぽい。ホントは違うものかもしれないが、私の中ではもう、胸を掻っ捌いて取り出した心臓だ。流石洋ゲー。残酷描写もお手の物
 で、その「こときれそうな心臓」だが、Wクリすると専用のガンプが出てきた。どうやら特別な機能がついているらしい。色々触ってみた結果、どうやらこれは愛のメッセージを相手に伝えるためのものだと分った

 使い方はまず、ガンプからメッセージを入力する。ポエムっぽく書くのがコツなのだろう
 メッセージは12個入れられて、修正もできる。そしてガンプから確認を選ぶと、チェンジリングっぽい妖精が出てきて入力したメッセージを読み上げてくれる
 そして問題なければガンプからターゲットカーソルを出して誰かをタゲ→メッセージを読み上げるという仕様だ


使い方1
 ・12個の素敵な売り文句を並べて行商のお供
  すでにやっている人もいた。インパクトはあるが、UOマクロやUOAマクロとたいして違いはないような気もする。発言者が妖精になるので誰が売ってるかジャーナルから確認しづらいという欠点があり、物珍しさによる客引きくらいにしかつかえなさそう

使い方2
 ・掛け合い漫才の相方
  登録文章は12種。しかも発言時間が一定なので、かなり難しい。上手く組み上げれば面白そうだ。ヘラルドと合わせてトリオ漫才もできそう

使い方3
 ・肉壁
  Fでは通行障害になる。派閥で、PSCで、ボス戦で色々使えそうだ
  と思ったら次パブで修正されるそうな

使い方4
 ・愛のメッセンジャー
  これ、ポエムとか入れれば口説き用に使えんじゃね?


 とまぁ、そんな訳で普通に使うのが一番。間違っても「パンツの色は?」とか聞き続けるセクハラ使用はお控えください
 ちなみにメッセージを入れて確認まではしてみたが、まだ誰かに使ってはいない。今度ギルマスに合ったら、Inu婆さんの予言集でも聞かせてみようと思う



 バレンタインと平行してパッチが当たった。その中には日本語ローカライズなるものも含まれていた。日本語環境でUOを楽しんでいる人にとってはアイテム名の表示が変わるというかなりショッキングな内容。案の定、本スレやらパラリは荒れ模様となっていた
 確かに文句は出るだろう。慣れ親しんだアイテム名が突然日本語になってしまったのだから。これでは海外とのアイテムのやり取りにも支障をきたすというのが、ネガっている人の言い分。一部のアイテムでは翻訳のセンスも問題になっている。人それぞれ好みがあるわけで、全ての人間がしっくり来るような翻訳は無理だ
 翻訳で難しかったであろうGlobeが世界儀となっていたのが笑えた。地球じゃないから地球儀とはできない。シャドウアドオンのGlobe of Sosariaなどはソーサリア世界儀となるのだろうか。見ものだ

 日本語表示が気に入らない人は英語環境でやればいいじゃないか。そんな反応をする人もいた。やり方は簡単。UOフォルダ配下のuo.cfgだったかに

UserLanguageCodeString=ENU

 と追加する。日本語に戻す時は追加した文を消すかENUをJPNにすればOK。試しにこれをやってみた

 まず、UOクライアントの立ち上がりでちょっとした違和感があった。いつもは「ウルティマオンライン」とUOロゴと重なって出る絵がMLパッケの絵になっていた。そういやカタカタは日本語なわけで、KRの時にいまの絵になったんだっけか
 入ってみると長期報償のガンプやら画面上に出てくるバーもみんな英語。アイテムのプロパティも全部英語になるので武具関連はちょっと慣れが必要そうだ。重量表示も懐かしのweightになっていた
 なんだかんだ言って日本語表示に慣れたのだなと思いつつ、設定を戻した

 個人的に今回のローカライズ、正直どっちでもいい
 ただアイテムを日本語表示にするなら、漏れなくやって欲しい。中途半端はいかん。もっとも全部日本語にするとなると膨大な予算が必要になるだろうし、全部の変換テーブルを用意したら、UO自体が重くなりそう。それに現在フィードバックが大量に送りつけられている事だろうから、ほどなく元に戻るだろう。いまのうちに珍奇な翻訳を見つけて笑っておくか


 そもそもなぜ、このような現役ユーザからみて暴挙とも思われる仕様が追加されたのか。勝手な予想をしてみる。ここからは全部私の妄想
 UOの日本運営は現在エレクトロニック・アーツ株式会社がやってるらしい。EAJの名前が変わったのかEAJの上なのか、というかEAJがまだあるのかどうかそこら辺はよくわからないが、多分、UOの運営は大体同じ部署でやってると思われる。GMとか担当者とか中の人は入れ替わりで変わってるだろうけどね
 で、そろそろ年度末なわけだ。今年度のUOは、盛り上がったか盛り上がらなかったかと言われれば、ユーザ目線では盛り上がってたのだが、企業がみた収益面では、どうみても盛り下がっているハズ。11周年アイテム販売やらはあったものの、全体的なアカウント数の減少は利益の縮小につながっているのだろう
 そうなると困るのはUOの運営担当者。評定に響くだろうしね。だから利益が下がるならそれを打開する案を出さないといけない
 なんだかんだで長年UOをやっている人は、もうどんな仕様が追加されようが課金は続ける。EAの奴隷状態だ。固定層は正直、ほっといていい
 そして入ってきては止めて行く流動層がいる。ここを押さえて、辞めないようにしていく案が担当者の宿題になっているのである

 しかし、開発は本家アメリカがやっている。日本の運営ができることといえば、制限された権限の中でやるイベント程度。あとはHPの更新とかか
 本来であれば地道なユーザ対応を遅滞なく処理する業務に精を出してもらえていればいいのだが、日本運営のユーザサポートは既に出来る限りの事はやっている。担当者が上司に報告する「こんな素晴らしい改善案」ってのは限りなく少ないのだ
 と、そんな中で考え付いた担当者

 『そうだ、日本語のローカライズを充実させよう。アイテム名が日本語になれば、これまでとっつきにくいと敬遠していたライト層が定着してくれる!』
 『英語の分らないお子様や中高年にも親しんでもらえるウルティマオンライン!』

 多分、こんな感じで稟議を通したか、提案書が出たのであろう
 お馬鹿な上司も判子を押して、めでたく今回の日本語ローカライズ(一部)が導入された
 で、動かぬはずの古参ユーザの怒りをかったと。アホか

 日本語ローカライズは以前にも一度行われ、当時のプレイヤーの大顰蹙をかって戻された経緯がある。その時『なぜユーザはこういった反応を示したか』という分析は当然ながらされたはずだ。いや、万一されてなくたって『日本語ローカライズはアウト』という経験は一度している
 それがなぜ、今回のこういった『再犯』につながったかといつと、当時の事を知る人間がいないか、いてもその人間、たとえばペーペーのバイトGMには発言権が与えられていなかったという事だ。これは企業として問題である
 既存顧客のニーズを正しく分析していない、過去の経験を蓄積していない状態で、どうしてプレイヤーに良質の娯楽を提供できようか
 もし、以前の日本語ローカライズ失敗を知る人間がいないのであれば、今回のことをきちんと文書化して次代に残す。もし以前を知る人間がいたのであれば、そこから意見をくみ上げるシステムを構築して欲しい。それは確実にEAの利益につながるのだから


 ここまで『日本語ローカライズ=悪』というスタンスで書いたが、個人的には前にも書いたとおりどっちでもいい。UOの良さがまた一つ減ったなといった程度。この気持ちは、KR導入で2Dのマップがガタガタになった時以来だ。あの落石防止工事がされたダンジョンの山とか、もう前の綺麗なグラフィックには戻らないんだろうな。そこが残念。あれで知り合いも誘いづらくなったし
 これからUOをやる人は、やはりKRでやるのだろう。ヌルヌル動いて、それでいて反応が遅いKR。相変わらず初期クエの誘導ガンプの文字が切れたままのKR。カスタマの水タイルが一部表示されないKR
 少なくとも今回の日本語ローカライズ、KRが問題なく動く動くまでになった、少なくともSAの導入まではまったほうがよかったと思う。どんなに日本語化が進んでも、新規プレイヤーはKRで定着するとは思えないのだから

 ちなみにバレンタインプレゼントで貰った「ときめくハァト」は英語表記だと「A Throbbing Heart(鼓動する心臓)」だった。やっぱ心臓なのかアレ




お次の話題は、今年もやりますスカベンジャーハント

 去年好評を得たGM主導イベントであるスカベンジャーハントが今年も執り行われることになった。しかも今年は2/13と2/14の二夜連続

 スカベンジャーハントのルールは結構面倒。本に書かれたとおり物を5品集めて、世界のどこかに隠されたボックスに一番先に入れた人の勝ちという競争だ
 集める品は大抵、安価で売ってるか簡単に手に入るもの、のはず。特にルールに規定はない。PSC120とか回避眼鏡とか言われたら誰も参加しないだろうから、そこはまぁ、IGMも分っているはず。アイテムはなくなっちゃうからね。詳しいルール説明はイベントページを参照されたし

http://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89178

 相変わらず「スカ部長」とか運営のつまらない悪乗りが、もとい趣向を凝らした微笑ましい工夫が見て取れる。スバラしい企画だ。実際、去年は楽しかったんだよ
 今年も参加するつもりだったのだが、時間を30分間違えていて会場に行ったときにはすでにイベントはスタートしていた。なんたる不覚。とりあえず詳細を記そう


 2/13 21:10
 そろそろ時間かと思い会場へ。しかし、人気はなく閑散としていた
 今年は少ないなと呟きつつ置いてある箱を見るとお題の書かれた本の入った袋がぎっしり。こいつはフライングできると急いで引っつかんで中を確認した。お題は以下の通り

ペンとインク、ワイン、クッキー、ベーコン、詩の本

 ペン、ワインは適当にそこらで買える。クッキーは厄介で料理で作る以外はパン屋を探して買わないといけない。ベーコンは恐らく今回のバレンタインプレゼントのアレだろう。詩の本に心当たりはないが、20ページの赤本か既に内容が書かれた本のどちらかだろう。どっちも15gpで買える
 なんにしても、本に書いてあるアイテム名は全部英語。ただしこのアイテムの中にも日本語ローカライズの犠牲者が。なぜこのイベント直前のローカライズか。ここでも各部門同士の連携の不備が露呈してしまった

 ともかく、それらを即効で用意した後、ヒントのページを見ると既に二つもヒントが出されていた。おかしいなと思いイベントページを良く見ると21:00開始とな。どうりで人がいない訳だ。完全な出遅れスタートだ

 気になる箱は今年の一日目はフェルッカ、トラメル、トクノの3箇所に隠されているとのこと。Fは早めにいけばどうにかなりそうだったが、いま行ってもPKのリスクが高い。トクノもルーンがないと無理目だ。なのでトラメルに絞って挑戦する事にした
 トラメルのヒントはすでにトリンシックの地図が出た状態となっていた。第一ヒントで「アイリーン」と出ていたので、もし初っ端から参加してたらかなり有利だったのにと臍をかんだ。現在行方不明のアイリーンはトリンシックの貴族。家は銀行の目の前だ
 リコで飛んだら既に人がいた。探しているうちに第三ヒントが開示された。本棚の中だそうだ。アイリーンの家の本棚を探してみると、確かに箱があった。既に誰かが中にアイテムを詰め込んだ状態で‥
 箱の近くに人はおらず、ハイドしているのかすでに景品の交換まで終わっているのかもわからず、話を聞くこともできなかった。なんとも不完全燃焼のまま終わってしまった。この無理やりにも熱くしたテンションで、今日の二日目に挑戦しようと思う

 さて、折角なのでここを見ていただいているあなただけ限定で二日目の傾向と対策を伝授しておこう。見事当たったら預言者とか、やっぱりEAの関係者とか褒め称えてくれていいよ


・場所 イルのミスタス、マラスのハンスの宿、トラメルのブリ西畑
・アイテム チョコ 望遠鏡

 場所は1日目と同じで三箇所だろう。となると残りのイルとマラスが舞台になる。残り一箇所は無難にトラメルだ
 で、イルでヒントが出しやすく、プレイヤーがモンスに教われなさそうな場所といえばガーゴイルシティであるが、そこは去年やった。同じように考えるともう、ミスタスくらいしかない。ミーアの村でもいいのだが、あそこはマイナスカルマだけ襲われるという公平さに欠けるとこだ。なのでミスタスのモンスが沸きにくい酒場あたりが妥当と思われる。あとスパイダー洞窟近くの二本オークの居酒屋も候補には挙がったが、いかんせんマイナーすぎる
 マラスは前回はかなりゲートから遠い北東?だったかの隅っこだった。今回は場所的に砂漠のピラミッドが有力だが、あそこは入ったら出られなくなる人もいそうだし、これまたプレイヤーが死んでしまう確率が高い。ハンスホテルあたりが無難だ
 トラメルは1日目がトリンシックだったので、二日目は野外になるだろう。なんだかんだで遮蔽物が手ごろな西畑あたりがいいだろう。イベント後にそこで遊べといわんばかりの温泉やらペット慰霊碑もあるし。捜索範囲は広くなりそう

 場所はそこらだとして、入れるほうのアイテムはなかなか当たりをつけるのが難しい。とりあえずこれまではチョコ、ベーコンとバレンタイン配布アイテムがきているので、今日もきっとバレンタインアイテムになるだろう。ベーコンは昨日つかっちゃった人もいるだろうから今日はチョコ。あるいはカードになるかもしれないが、カードは普通に使いたい人もいると考えるであろうから、やっぱりチョコだ
 で、あとのアイテムはさっぱりわからないが、とりあえず望遠鏡を推しておく理由はShipwrightしか売ってないから。多分こういう、面倒なのをいれるはずだ

 さてさて、この予想が当たっているかまったくの的外れか、それは今日のイベントに参加して、ご自分の目でお確かめください


 他に書くことといえば、ルナコレは参加者がどんどん集まってきているので、どうやら出ない方向で決まりそう。一観客として楽しませてもらおう
 本スレの15日の討伐イベントは本当にやるかどうかよくわからないが、時間があいてたら行ってみようと思う



バレンタインプレゼントを回収していたら案の定侵攻中で、鞄からGPを抜き取った”罪のない”犯罪者と死闘を繰り広げたFibでした。あの、盗んでおいて罪がないというところが不条理だ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/291-69eea8d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。