やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『突入』 〜いざ逝かん、死にゲートへ〜


GMイベントが連続しています






 先週は、目覚めたクレイニンの護衛というGMイベントがあったが、今週は金曜日から三日かけて『突入』と題したGMイベントが行われた。これもSAへの布石らしい
 とりあえず、告知のページをリンク


BNN:突入作戦
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89279


 他にもBNNには『氷と炎の物語』などが掲載された。米公式で英文は出ていたが、日本運営側のスケジュールに合わせて日本語に訳されたようだ
 ただでさえ意味不明な内容なので、そのうえ英語だと何を読んでるのかすら怪しくなる。こういうローカライズは大歓迎だ。非常にありがたい

 ともかく、今の状況を整理しておくと


1.クリドラを含むメリッサ軍がトラメルまで侵攻してきた!
2.魔法障壁があったはずなのになぜ?→なんか障壁復活したっぽい
3.じゃ、クリドラを召還している装置ぶっ壊そうぜ


 って事らしい。言い出したのは先日王様になったカスカ卿。一体どうやってこの装置の事を見つけ出したものやら。優秀な密偵をごまんと抱えているのだろうか。市民に対して表面上特に問題はないものの、腹の中で色々考えているし知っているカスカ卿が次の一手をうつこととなった


 って、そこで冒険者頼りってのがどうにもおかしい


 もっとも、侵攻してきたクリドラ狩ってたのは冒険者だけっぽいので、やっぱりブリタニアの戦力は冒険者によるところが大きいのであろう。行った先も狭かったので、少数精鋭を送り込みたかったのかもしれない。何より補給を勝手にやってくれる義勇兵ほど使い易いものはない。死んでも勝手に生き返るし、ゾンビ軍よりたちが悪い冒険者どもだ



 で、ここからイベントの流れを紹介。和鯖は全部終わったはずなので、ネタバレも平気だろう
 とりあえず、無限と大和の回に参加したのでミックスして紹介。流れは同じなはず



 まず、指定時間にユーのエンパスアピー前に集合した冒険者達。そこへ、すでに用意されていたお立ち台にカスカ卿登場。状況を説明してクリドラ召還装置破壊に向けて激を飛ばす

カスカ『我々の行く手を遮るものは何もない!』

 遮るものが無茶苦茶あった事を我々はこのあとすぐに知る

 ちなみにお立ち台に関してだが、金曜初回の無限では進入不可のただの石段があっただけだが、その後の回では木枠で囲まれた4×4くらいのスペースになっていた。その後のイベントで割とスペースが必要な事が判明したための措置らしい

 カスカ卿がどうやってゲートを出したかも謎。詠唱してなかったような気がしないでもない。このエルフ、ただの策略家ではなさそうだ
 ともあれ、我々はカスカ卿の出した薄い白緑のムーンゲートへ飛び込んだ。ゲートの先は西と北へ延びる7マスくらいのV字通路だった。そしていきなりダメージ表示が‥
 どうやら南東の方角にある部屋の隅っこからこっちを睨む影エレの仕業らしい。しかも二、三匹いるのであっという間にHP0。ただでさえラグっているのに、これでは回避行動もとれない。そしてV字通路の先からは獲物を見つけたLLやらサソリのお化けやらがわんさか大挙してくる


 公式死にゲートがここに完成した!



 実際、無限の回は酷かった。ゲートの周りは死体の山。常に断末魔が飛び交うまさに地獄。これでゲートが一方通行だったら、もう



『かすかぁああああああ!!!』


 と、ベルセルク並に叫べるシチュエーションだった
 が、これはどうやら運営も想定外だったらしく、次の回から通路には壁と扉が設けられ、怪物がゲートを出てすぐ襲ってこないようになっていた。影エレも配置を移動したのか大和では襲ってこなかった

 V字の通路は斜めに対称で、どちらもエリア真ん中の広場になっている部屋へ続いていた。途中には進みづらいバリケードやら針の罠やら毒の壁があり、当然ながらモンスも配置されていた。影エレに加えて先日クレイニンを襲ったあの色違い黒閣下もいた。[Intelligence]とかタグがついていたような気がする。色も緑から白、青、赤と色々いて目を楽しませた

 いや、楽しむ余裕もなく死にまくった

 部屋の前の扉は無限の回では普通に開いたが、その他の回では鍵がかかる仕様になっていた。通路内のモンスを一掃しないとGMが開けてくれないらしい。さっさと素通りして部屋の中で影エレと鬼ごっこしていたのが気に入らなかったのだろうか。ともあれ、血に飢えた冒険者達によってなんとか通路は制圧された。無限で30分くらいかかったような気がする。大和だともうちょいか。鯖によって敵の強さや量が調整されているので、どの鯖でもイベント全体で1時間のスケジュールとなっている

 ともあれ、落ち着いた部屋に遅ればせながらカスカ登場。ゲートから安全になった通路を普通に歩いてくる。このために冒険者が露払いしなければならなかったようだ
 部屋の中央には血の色をしたクリスタルが台座に置かれ、その周りはこれまた血でかかれたかのような五芒星の魔法陣が敷いてあった。果たして、こんなものでクリドラを呼んでいたのだろうか
 カスカはクリスタルに近づくと、精神を統一して『壊れよ!』となにやら気合パワーを注入。するとまばゆい光を発しクリスタルは粉々に砕けた。部屋中に散らばるクリスタル

 この何でもないクリスタルの欠片が今回のイベントで持ち帰るべきアイテムなのかどうかはよくわからない。形は光晶宮の鍵になっているあのクリスタルの破片と同じ。色は血の赤
 日頃のルート合戦で鍛えられた腕により、無限ではかなりの数を拾うことができた。が、やはり参加人数の多い大和ではなんとか一つ拾えただけ。今後高値になることを見越してツーラーも多数参加していたらしいが、この破片がなにか重要なアイテムとなることは多分、ないと思う。しかし、私の予想は外れるので有名なので、もしかしたら何かあるかもという期待は残る。ともあれ、参加して運良く拾えた人は記念に持っておくべきだろう


 クリスタルを破壊すればもうこんな場所に用はない。カスカ卿がすぐに撤収の号令をかけてまたゲートを出す。つくづく不思議な人だ
 無限のときはここで私はイベントを離脱した。通路内の死体から有益なものを拾えるかもと思いその場に残ったのだ。が、無限といえども捨て置かれた死体にたいしたものは残っておらず、名前を灰色にしただけで特にめぼしいものはなかった
 また、マップの左上に見えていた小部屋への隠し通路を探しもしたのだが、これも見つけられなかった。残念
 UOAMでマップを見ると、今回のイベントエリアのほかに7つだか9つだか別マップがあった。今後使われるものなのか、はたまたもう使われたものなのかは定かでないが、そちらに行ける日を楽しみに待ちつつ。無限のFibは通路で永眠することにした

 そしてここからは大和他一般鯖の様子
 エンパスアピー前に戻ってきた我々にカスカ卿が閉めの挨拶をする。作戦が成功して少々気が大きくなっているようだが、それを吹き飛ばすかのような出来事が起こった。なんとクリムゾンドラゴンが突然目の前に現れたのだ

 パッと出てきた訳でなく南から歩いてきた。巨体に似合わぬその動きに誰もが驚く
 そして『てめぇ、調子こいてんじゃねーぞ』的な因縁を吹っかけてくる。カスカはビビってガードを呼び続けるが、一向に現れる気配はない。というか、このドラゴンは黄色ネームだ。それにエンパスアピー前はEVも出せる圏外になっていた
 そういや、召還装置を壊したところで、すでにこちら側に来てしまったドラゴンをどうこうできる訳でもないので、”すでに侵攻予定のクリドラ全て”がこちらに来てしまっていたら、今回の作戦がいかに無意味だったかも知れたもの。なんともお粗末な展開だ

 と、うろたえるカスカ卿の横に別の人物が姿を現す。頭にドラゴンヘルムを被り薄い青のドレスを身にまとう女性のようなその人Fayaxionは、クリムゾンドラゴンのSyrakに退けと勧告していた。顔見知りのようだ
 Fayaxionも黄色ネーム。おまけに人型なのにPDが開かない。もしやと思っていたら言い争ううちにプラチナ?ドラゴンに化けた。というか、戻ったのか
 その姿にびびったのか、いまは時でないと悟ったか、クリムゾンドラゴンのSyrakは炎を辺りに撒き散らして退散した。それが今回のSS

 Fayaxionも『貴方達もここからお逃げなさい』みたいなことを言ったかと思うと変なエフェクト付きで消えた。竜はエフェクトと共に去ることがお約束らしい
 ちなみにカスカはいつの間にやら消えていた。小物過ぎて泣いた。今回のイベントで私の心は折れた。さようならカスカ卿。あなたは一時だけ輝いていた


 意味不明なまま終わってしまったかのような今回のイベントだが、色々と分った事がある
 まず、同じように意味不明のまま登場して去っていったThe Sixの面々だが、あれはどうやらドラゴンの模様。名前が似てるだけでそう言っているのだが、まぁそうだろう。いや、米公式の長文ストーリーにもちらほら出てきているのさ

 ミーアだとかエルフだとか言っていた私の予想はまたも外れたわけだ

 とりあえずあの時の話でBraxyionってのが名前だけ出てきていた。色々考えるとこいつが長老株で人間に味方してくれているドラゴンらしい。Fayaxionもこいつの指令で今回来てくれたとかなんとか。Fayaxion以外にもいくらかこっち(人間)側についてくれそうなドラゴンはいるようなので、単純な

 メリッサ率いるSL軍 VS カスカ率いる人間軍

 とはならないようだ。シェリー派閥や目覚めたクレイニンも含め、話は複雑になっている。まぁ、そこら辺は日本運営のBNN発表を楽しみに待つ事にしよう。いつぞやのイヌ婆さんの孫娘のように、放りっぱなしで終わらないように願うだけだ


 そういえば、ふと見つけた公式画像だが、これも竜の再来を意図してのことだろうか
ttp://ultimaonline.jp/beginners/b16.html
 いや、関係ないか



 今回のイベントとは関係ない二つの話

 大和のイベント後に、そこらに散らばる本から『ロードカスカ卿の演説(偽者?)』と題した本を見つけた。内容は、カスカ就任演説を色々美化したもの。これが非常に熱い。こんな演説を聴けたのであれば、もう少しカスカ贔屓が増えたであろうに
 読んでるうちに回収されてしまったが、その後撒いてる人に一冊もらった。書いた人は別で出雲の双月亭の人らしい。最近酒場もUO本もご無沙汰だが、やっぱり面白いことしている人はちゃんといるんだなと思った
 ついでに言うと、このネタで一冊書こうかと思ってやめていたのを思い出した。恐らく自分で書くよりしっかりと書かれたこの本を見て、書かなくてよかったと思い知った。私が書いたら文章の最後に『ジーク ジオン!』入れる欲求に抗えなかったであろうから


 あと、某かくにの人が出してきた難問が残っている
 今回の召還装置破壊が成功してカスカ卿が調子に乗って演説していた中でこんなくだりがあった


『ある者が言った』
『ブリタニアは高名な魔術師にまかせておけばよいのだ、と』
『馬鹿が!』
『二人とも馬鹿だ!』
『この俺様がやったのだ!俺様が救った!俺様サイコー!!』

※台詞は一部Fibの脚色が入っています


 と、こんな感じで喋っていたのだが、このなかの二人がいったい誰を指すのかというのが疑問なのだそうだ

 うん、さっぱりわからん

 その前の”高名な魔術師”ってのが誰かもわからん
 発言内容をSSで撮っておらず、ログも保存していないのでカスカの演説もはっきりとは覚えていない。はやいとこ太公望さんとこでログが公開されないか、心待ちにしているのだ
 というか、金曜日の時点でせっついているのにまだあがらん。どういう訳だ。このブログを書くのが今日になったのも、台詞を確認しようと、ぼうのーとの更新を待っていたためだ。結局痺れを切らせてうる覚えで書いている。あーもう。太公望さんどういう事よ



 ごめんなさい。自分でログ取ればいいんですよね m(_ _)m

 しかし、あのラグラグ状況でジャーナル保存したらどうなることやら。そういえば今回のイベントでも何度かクライアントがフリーズした。イベントの時はしょぼPC使うのを止めるべきだなこりゃ

 とりあえず、カスカの発言内容に心当たりのある方は、”かにかくに”というUOと関係ないタイトルかのように見えて実は徳の本質をつく漫画サイトのWeb拍手から、管理人にメッセージを飛ばしてあげてください。バシネットを被って喜んでくれるはず
 あとは、来週の予定



 真紅の竜を召還せしめたクリスタルはもはや無い。しかし、それは新たなる戦いの序曲をかき鳴らす戦太鼓の一打ちであったに過ぎなかった!
 次週、運命の戦士 第89292話 『対話』
 冒険の舞台が君を待つ!

ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89292


アリアンロッド調に次回予告をしつつ終わる
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/300-c59d3b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。