やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレイニン暗殺 in YMT


タイトルからネタバレ。しかし、そろそろ今日のイベントも始まるのでまぁよかろう







 先週からBNNの大量更新が続いている

BNN:クリムゾンドラゴン(Crimson Dragon)
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=89287
BNN:プラチナムドラゴン(Platinum Dragon)
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=89289
BNN:救世
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=89293
BNN:対話
http://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=89291

 内容を要約しておこう

 クリムゾンドラゴン(以下、紅竜)一派がSLの手引きかなんかでブリタニア世界に戻ってきた。プラチナムドラゴン(以下、白金竜)一派はそれが気に入らないのでどうしたものかと悩む。これがBNNの上2本の話
 前回のGMイベントではカスカ卿率いる冒険者達が紅竜がこちらの世界に来るのに使ったクリスタルを壊した。そのあとすぐに紅竜が現れ、それに呼応して白金竜も現れ一触即発の事態となった。だが、どちらも身を引いた。ともかくこれで紅竜vs白金竜の構図が明らかとなった
 そしてその場を逃げ出したカスカ卿は『まだクレイニンがいる!大丈夫だ』と世論の安定を図ろうとするも、悪のメリッサが何かしら謀をしているとうのがBNN下2本となる


 そして満を持して行われたのが今回のGMイベント

BNN:指示
http://ultimaonline.jp/news.phtml?id=89300


 大和、瑞穂、倭国、北斗は4/10(金)に実施されたが、残り4鯖は未実施。今日の夜やるとのことなので、私ももう一回どこかで参加する予定
 このイベント、やる事は単純で『クレイニン宮廷魔術師の暗殺』である。なので舞台はフェルッカ。ShadowLoad派閥に所属するPCが参加対象となる

 以下、SSがない文章リポート



 まず、このイベントに参加するための前提を満たす為にSL派閥にあらかじめ入っておいた。所属したのはもちろんフェルナンド。こういう腐れ仕事を任せられるのは彼をおいて他にいない
 派閥に入るならCOMがいいかなと思っていたが、結局入っても特にやることもなさそうなのでどこでも一緒か。どうせニワカ派閥参加だ。来週には抜けているだろうし

 SLの拠点を探すのに苦労した。なにせいままで一度も行った事がない。Tにはない施設‥‥だと思うがよくわからない。ともかく、普段行かない場所なのでFのYewの森を散々ほっつきまわった。地下墓地に到着するまで、30分くらいさまよっていた

 加入したてを襲う敵対派閥がいるだろうと思ったら、誰もいなかった。SL派閥の本拠地は入り口の建物から一旦地下に下り、地下道を通って北にある大きな建物へと続いていた。他にも東側やらさらに北側に通路が延びており、鍵開け修行でお馴染みの宝箱のある建物へと続いていた。そういえば、こんな構造だったような気がしないでもない
 入り口や本拠地には骨だの肉の腐り落ちた死体だののオブジェが散乱し、陰惨な空気をかもし出していた。長居したくない場所だ



 そして当日。イベントは20:40からとの事だったが、帰宅したのが10分前。急いでログインしたが既に開始時刻と思しき時間は過ぎていた
 しかし、告知にもあるとおり若干遅れるかもという話を信じてとりあえずSL本拠地に赴く。案の定敵対派閥の人が、なんちゃって派閥初心者を狩る為に待ち構えていた

 なんと1人である

 ちょこちょこあたりに死体もあったが大規模な戦闘があった様子はない。単騎に制圧されるSL派閥の未来に悲しみを覚えつつ、はてさてどうしたものかと、思案に暮れた
 結局、強引に突破を試みた。が、入り口をEFで塞がれており、当然ながらテレポで移動などという高等技術も判断もできないフェルナンドは地下道で死亡。一旦逃げようとリコを唱えたのだが毒で潰された。そういや、プロテク貼るの忘れてた

 本拠地に入る事もできずにどうしたものかと思っていたら、画面左下にメッセージが出てきた。なんでも本拠地に出た黒いゲートで"chaos"と発言せよとこと。なんとNosfentor御大自らのお言葉だ
 幽霊でいけるか微妙だったのでとりあえず近場のヒーラーで蘇生。派閥に入っても青なので普通にヒーラーが蘇生してくれる。ありがたや

 死んだら死んだでいいかなと急いで拠点の地下墓地へ戻る
 すると先ほど走り回っていた敵対派閥の人がいた。だが襲ってこない。なんでも飽きたらしい。名前を見るとミナクス派閥の人のようだった
 キルポイントを集めていたとも言っていたが、しかし大和のキルポイントTOPは億を超えていたような。これを覆すのは無理だとはっきり分るし、多分本当に飽きたのだろう。そりゃ、無抵抗の野次馬殺すのが趣味って人もそうそういないだろうし
 その人にせっつかれて黒ゲートへ向かう。EFが邪魔で入れないかと思ったら、ちゃんと消してくれた。迷惑なのか親切なのか図りかねる人だった


 ここから先はSL派閥の人しか入れない場所
 地下の狭い通路の先は少し開けた祭殿と思しき壇のある部屋だった。北西に設えた壇の手前にはマグマが煮えたぎっている。そして壇上にはあのメリッサその人がいた
 メリッサを囲むように、いま加入したてと思しき冒険者が10人くらいいた。みんな派閥ローブを着ている。どうみても『これから遠足に行く園児達』であり、フェルナンドもその輪に入る

 部屋の北東側には黒い色をしたエルフ製の溶鉱炉が置かれていた。その周りで”ダガーが出ない”と言っているピンクのドレスを着た女性がいた。どうやらフォージをWクリして例のダガーを受け取れと指示が出ていたようだ
 遅れてはならぬとこちらもフォージをつついていみたが、それらしきものは出てこない。実際はおそらく初めのWクリで出てきていたのであろうが、バックパックの中にまぎれこんで分らなかったのだ。私のメインPCの画面設定は暗めなので、黒い色の物はバックの背景色と区別がつかない。シャドウルニックなんかは、まずわからない

 そうこうしているとメリッサが赤いゲートを出した。そして入るように促している。一体どこへ行けと。というか、この集まりの目的をまだ話してもらっていない
 いや、フェルナンドが遅れて行っただけで、すでに話は終わっていたらしい。しまった、大事なところを聞き漏らしていたようだ
 他の人はちゃんと話を聞いていたらしく、一人、また一人と赤いゲートをくぐっていく
 フェルナンドも追いつくために必死にフォージをWクリ。しかし何も起こらず、いつしか部屋の人数はメリッサを含め4人となってしまった
 そしてメリッサもゲートに消えた


 もうしょうがない。武器がなくてもなんとかなるだろう
 そう決意して赤いゲートに飛び込んだ。一瞬のうちに辺りの景色が変わり、トリンシックにいた
 港にほどちかいトリンシックのとある道端でフェルナンドは焦った。あたりに誰もいない
 予想としては近場にPCがたむろっており、そこについていけばなんとかなるかと思っていた。が、人の影は皆無。NPCさえいない

 フェルナンドは走った。トリンシックの街をひた走った。過去にダイナマーケットが行われていたのと同じロイヤルバンクのある北の大通りまで行ったりもした
 が、それらしき人の群れには遭遇できなかった。今度は橋を渡って東の島へ向かった。赤ネームのNPC盗賊に襲われ危うく死に掛けた。ここにも誰もいない
 失意の淵に立たされ、仕方なくSLの拠点にリコで戻った。嬉しい事に先ほどの襲撃者がまだそこにいた。地下の様子やトリンシックで迷子になったことを話した。呆れられていたかもしれないが、同情の言葉をかけてもらった。なんとも不甲斐ない
 ここで時間を潰して、帰ってくるかもしれない人を待つかと諦めかけたところで、襲撃者に殺されたであろう別の幽霊が出てきた。蘇生したところ、黒ゲートから先に行けないと言う。フェルナンドと襲撃者で合言葉を教える。もしかしたら時間切れで機能しなくなったのかもしれないと、試に唱えてみたら再度地下施設へ行けた
 どうせならダガーなるものも貰っておこうと再度フォージをWクリしたりもした。ここで、実は鞄の中にすでに入っていた事に気づく

 地下にもまだ数人他の人が残っていた。その中の一人にトリンシックでどこに行けばいいのかわからない言うと、なんと知っているとのこと
 その人に誘導して貰ってようやく人が集まる場所についた。騎士会館だったか、あの八徳クエストでデーモンを倒すお使いをさせる騎士のいる館だった


 館の中はすでにパラディン達の死体がごろごろ。そして二階に上がると先ほどのSLローブ集団がなにやら探していた。クレイニンが消えたと話していた
 今回のイベントの趣旨がクレイニンの抹殺であることはこうして知りえた。話の流れとしてそうだろうとは思っていたが、ようやく知る事実だった

 ん、このままクレイニン殺しちゃっていいの?

 しかし、今はSL派閥に籍を置く身なので仕方ない。今回は悪役として立ち回ることになった
 クレイニンは程なく見つかった。屋上にテレポしたのか弱すぎて一回死んだのかはわからないが、とりあえず青ネームで出てきた。PDは吸血鬼のように肌が白かった。病人という設定だからだろうか

 フェルナンドも土エレを出して攻撃。人はこうやって個人の感情や考えによらず、場の流れによって戦いをしていくものなのだろう。ともあれ、およそ一介の宮廷魔術師とは思えないほど頑丈なクレイニン討伐が始まった


 すでにある程度ダメージが入っているのかHPバーは4分の1ほど減っていた。が、減らない
 何が彼をそこまで変えたのかというくらいに強い。いつの間にやら炎の斜線が辺りに出てくる。マジックアローの連打技なんかも見れた。って、これクリムゾンドラゴンじゃないか
 時々ウィスプ語と思しき言葉を発するクレイニン。土エレとEVの猛攻をものともせずに微小ダメージを大量に与えてくるクレイニン。なんかもう、人間じゃなくなっていた



 とはいえ、少しずつ削れてはいるようだった。結局のところクリムゾンドラゴンと同じスペックなのであれば、時間さえかければ倒せるのであろう。時々沸くパラディンの攻撃をあしらいながら長い退屈な削りあいが続くかと思われたその時、彼は来た

 そう、SL拠点を単騎で制圧していた彼である。ここにも来たのだ
 しかし、数が多く、初心者に混じってそこそこ戦闘できる人もいるこの騎士会館を一人で制圧する事はできなかった。二階に乱入してテレポで逃げまくってベランダから逃げていくかと思われた彼は、しかし逃げなかった

 増援が来た

 同じギルドタグをつけているミナクス派閥の”真っ当な”派閥戦闘屋達だ。その数、5人に満たなかったと思う。そして瞬く間にあたりは制圧された。恐らく祭壇より数倍楽な乗っ取りだったのであろう。見事なお手並みだ
 そして彼らはクレイニンにEVをぶつけ始めた。どうやら削りを続行するらしい


 メリッサ率いるSL派閥がクレイニンを暗殺しに来たかと思ったら、なぜかミナクス派閥がクレイニンを追い詰めていた


 実はこれタネがあり、イベント終了時に沸く瓦礫アイテムが目当てだった模様。海外鯖で先に実施されたイベント内容の情報でとあるギルドが暇つぶし程度で動いたものと思われる
 ともあれ、自分達で削る必要もなくなったのでニワカSL派閥者はそのまま安心してイベント見学を続行。幽霊達の応援を受けながらじわりじわりとクレイニンの体力は削れていった
 悪の木っ端戦闘員(SL派閥の我々)を捻り潰し、頑強なボス(クレイニン)を固定して倒すその姿はなんだか戦隊モノでも見ているかのようだった。そういえばミナクス派閥の人は赤、青、緑と色を統一している(SS参照)。色を一色で統一するという発想は、子供の頃のそういった特撮ヒーローの影響を受けているのかもしれない。識別楽そうだし



 ようやくクレイニンのHPが尽きようとしたところで、突然にメリッサが登場した。一体いままで、どこに行っていたのか。しかし、幽霊で立ち尽くすSL派閥の我々も、土エレをけしかけたり矢を射掛けるミナクス派閥も無視し、メリッサはすたすたとクレイニンの横へ。そして『これから私の感謝の気持ちをあなたに贈るわ』などと告白まがいの言葉をかけたあと

 *Ul Flam*

 なるマントラを詠唱。Flamは”炎”って意味なのは分るがUlの方は不明。大きいという意味のVasよりさらに大きいのを現しているのかもしれない。織成呪文あたりで使われているのかもしれないが、詳しくはわからない
 ともあれ、クレイニンは死んだ。焼死だろうか
 って、これどんなに削れてようが削れてまいが、結局これで倒すのかいな

 そのあとは証拠隠滅のためと称して、メリッサはさらに破壊の言葉を唱えた。詠唱自体はしなかったのでマントラはわからない。あたり一面炎の大エフェクトがあり、オブジェクトのロックがいくつか外れた模様。マジンシアの白デーモンと同じ効果っぽい。ともあれ、全てが終わった

 ミナクスメンは外からの略奪者を警戒し入り口にEFを張ったりと気の抜けない様子。一方、見学目的のSLメン達はメリッサを追っかけて建物の外へ。メリッサはようやく幽霊を前に

『あの子達、全然役に立たなかったけど まぁいいわ クレイニンは殺せたし』

 などと、内容は怖いのだが、なんだかほのぼのする言葉を発し、帰っていった
 引率ご苦労様といったところか


 色々あったが、面白いイベントだった
 ただ、このイベント。例えば他のTB等が防衛に回ったとして、どんなに頑張っても最後にメリッサが来てクレイニンを殺すのかどうなのか、そこが気になる。結果がプレイヤーに依存されていたら、さらに面白いだろうなとは思った

 あと、これははっきりと言っておかねばならない所だが、大和のクレイニンはミナクス(派閥)によって倒されたのだ。最後こそメリッサが持っていったが、それで彼らの戦績を無かった事にすると言うのは可哀想だ。後の世まで語り継ぐべし。ミナクスは偉大なり



 で、後日談になるが、どうやらあの爆破だかのときに『Clainin's Spellbook』なるアイテムが鞄に沸くらしい。これが今回のイベント参加のご褒美なのだとか
 ダガーを使う事もなく、クレイニンが死んだ時も爆破の時も自身が死んでいたためにフェルナンドの鞄には何も残っていなかった。博物館で貰える奴のアッパーバージョンらしいので、欲しい人は今日のイベントでしっかり貰っておくべきだろう。もっとも、派閥アイテムなので使い続けるには派閥に入っていなければならず、それが苦にならないのであればだが



 こうやって派閥に誘導するイベントもあってしかるべきだ。PvPの魅力を感じるきっかけになりえる。今回、いくらか増えたであろう各鯖のSL派閥所属者達のうち、その一人でも多くが派閥戦の魅力を知ることになれば、今回のイベントは成功したと言えるのではなかろうか




ちなみにフェルナンドはこのまま盗賊の道を歩ませる事になりましたので、Fで遭う事がありましたら、なにとぞよしなに
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/301-e6867af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。