やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレイニン暗殺 in MGN


二周目って奴です。








 そんな訳で無限である
 昨日の大和の回では遅刻してしまった為、メリッサ先生の地下墓地での説明を聞く為に無限の回にも参加した

 こっちでもちらりと敵対派閥の人をみかけたが、中まで入って来てはいない様だった。あたりにはステハイの人もちらほら。無限なだけに、イベント参加者の生存率は他の鯖より高そうだった
 そして時間になるとノスフェントールのおっちゃんの声が聞こえてきた。ほどなく魔法陣の上に黒いゲートが出現した

 くぐった先は前回と同じ地下神殿っぽいところ。もうメリッサ先生は壇上で待ち構えていた
 で、なんやかんやで集まったのがSSの通り。人数の少なさを嘆く先生であった
 そしていざ戦場へと赴いたのだが、ここからが無限の面白いところだった



 なんと、クレイニン護衛団が結成されていた



 5,6人のギルドとそれにいくらかの青ネームの人が共闘してSLメンバーを排除しにかかっていた
 その護衛団の中に先日大和でカスカ卿の演説本をくれた人がいて、護衛団の趣旨を説明してくれた。失礼ながらその人の名前をすっかり忘れていた。大和ではお宮だったのに無限のFibに声をかけてくれたのは、どうやら先日のブログをご覧になったとかならないとか
 やばい。ますます迂闊な事を書けなくなって来た。本当に、一体誰がこんな文字だけブログを読むのやら。いまこれを読んでいるあなたは、そうとうおかしい人だと自覚してもらいたい

 ともあれ、クレイニンを助けたいというその心意気、気に入った!

 イベントだからという理由で漫然と参加した自分を悔いつつその場で飛龍の餌となり、以降を幽霊で見学することにした



 クレイニンの生存ルートが見れるかもしれないと思い、期待に胸を膨らませていた矢先、騎士の館に強襲がかけられた。なんと相手はPERO(‥だったと思う)というTB派閥のギルドだった
 なぜTBが?と疑問に思い外に出てみたところでPEROの人のこの発言

『無限はPEROのものだ!』

 どうやら、昨日の大和で制圧したギルドと同じく瓦礫狙いらしい
 そしてPERO対クレイニン護衛団の戦いが始まった。篭城を続ける護衛団にPEROが散発的な攻撃を仕掛ける。護衛団も階段にEFやFFを張って防衛線を築いていた
 最終的にはGドラまでけしかけてきた彼らだが、護衛団の必死の防衛の前に、その牙城を切り崩す事はできなかった


 さらに派閥タグもギルドタグも出ていない赤ネームが接近。どこかで見覚えのある名前だった。確かニコニコ動画で生放送をやっていた人だ
 何がどうして赤ネームになったのかはわからないが、こちらも騎士会館に突撃しては返り討ちにあっていた。さらに彼の仲間と称する青ネームも幾人か来て、場は度々混乱した
 街中で蘇生されていた彼の人が『高画質で中継中』みたいな事を言っていたので、これらの様子はどこかで放送されていたのかもしれない。それを見てまた人が集まったと、そういう事なのではなかろうか

 元々気配を感じはしていたが、どうやら本格的にウザ行為に目覚めたらしい。しかし、ウザスレに載るには彼の技術はまだ未熟だった様で、幽霊でほっつきまわったかと思っていたら程なく消えていた


 無限と言えば他にも悪名高い赤ネームの人がいくらかいるが、そういった類の人は来なかったようだ
 他に来たのはSL派閥の三人組。俄かSLメンとは違い、ちゃんと派閥をやっている人たちで、こちらはTBのPEROが来ているから迎え撃つ為に来ていたようだった
 PEROと市街戦を繰り広げていたが、PEROが騎士会館前から姿を消したので、それに合わせてどこかへ行ってしまった
 あとで派閥ストーンで確認したところ、無限ではTBとSLで街を二分してとりあっている模様だった。TBが暴れまわっているところへSLが来るのは道理に適っている。TBのアジトがどこだか知らないかと道行くホコツに聞いていたり、なかなか熱心に活動をしている様子。そういえば浸食中のシギルが拠点にいくつかあったっけ



 その後も幾度かPEROの襲撃があったが、なんとか耐え切った。時計の針は22:00を回り、一時間以上防衛していたことになる
 そして22:20ごろ、ついにメリッサが姿を現した
 このときまでFibは、幽霊になってからも何度か街のヒーラー小屋で蘇生してもらい、会館に戻っては殺されるのを繰り返していた。護衛団の方も、ニワカSLは害にならないと判断したのか、執拗に攻撃はしてこない。彼らはもっぱら、外からのTBを警戒していた
 丁度そのとき、Fibは生きて会館前で他のSLメンバーと話をしていた。二階からメリッサ登場の知らせを受けて、慌てて館の中に入る

 するとそこには、いままで必死に防衛していたクレイニン護衛団が一様に、幽霊ローブを着て立っていた。恐るべきメリッサ
 生き残ったメンバーが果敢にメリッサに攻撃しようとするが、やはり相手は黄色ネーム。攻撃はできない
 さらにクレイニンの立つ場所から北西の部屋の隅に移動してしまった。そこは当初から進入不可ゾーンに設定されていた。このあと起こるクレイニン殺害シーンに他のPCが被らないようにするための措置だと思われる
 息巻く幽霊達、罵る声、諦めにも似た悲痛な叫びを無視し、メリッサはクレイニンに近づいてゆく。クレイニンは何も反応しない。そして大和の時と同じようにあの台詞がメリッサの口から流れ‥

 クレイニンは死んだ


 結局のところ、結末は変わらなかった。平行世界における事象の改変は失敗に終わったのだ
 いや、失敗だったのだろうか
 彼らの、護衛団の行動は他のシャードでは見られなかったものだ。結末は同じでも、そこに到る過程の違いは事象の改変と言えなくはないか。少なくとも無限において、冒険者は最後までクレイニンを守ろうとしたのだ。これもまた、大和の時とどうように、オリジナルの歴史となる。なさねばならぬ。だからこそこうして、同じイベントのリポートを私が書いている
 彼らの行動に確かな意義があったことを、ここに記す


 その後メリッサはあっさり帰っていった。役立たずなSLメンバーに愚痴でもこぼすかと思ったが、それはクレイニンを殺す前に騎士会館内で言っていたので、もう語る言葉もなかったのであろう
 その後の騎士会館はPEROの襲撃に合い、気合の抜けた護衛団は散り散りに逃げていった。さらにメリッサが帰ったあとの騎士会館前ではなぜか大規模な爆発が起こっていた。大和の回にもあったのかもしれないが、危うく死に掛けた



 そして最後に、今回の影の功労者であるPEROメンバーを街角で見つけたので、今回の騎士会館の襲撃理由について聞いてみた。シカトされるかと思ったが、すんなり話してくれたのはありがたかった。無限の民だからか派閥系の人だからかは分らないが、私のようなメラーがよくお世話になるWを連発する人達ではないようだった
 で、その襲撃理由だが


1.暇潰しのため
2.クレイニンを拉致監禁している不届きな輩(護衛団)から彼を救出し、然るべき場所へ安全に護衛しようとしていた


 という、二種類の答えを二人から貰った
 どちらが真相かはそれぞれの判断もあるだろうが、2はなかなかに面白い。そういう答えを返すプレイヤーがいることが、ちょっと嬉しかった
 さらに話を聞こうとしたところで、またもSLメンバー三人組の襲撃に合いPEROの人達も走り去ってしまった。なにはともあれ、こうしてまたブリタニアの歴史に新たな一ページが加わったわけだ。どっとはらい





 余談になるが、今回の無限では当然一人しかいないFibで参加した。ログインしたとき、彼はまだ先日の突入イベント時のダンジョンにいた
 エンパスアピーのゲートは出るとき見たら消えていたが、中のゲートはちゃんと残っていて外に出ることが出来た。こうやって居残り組みがいるであろうことを見越してのGMの配慮か

 実は出口の横に誰が置いたかケーキが一つあったのを前回ログアウトの時にちらりと記憶していたのだが、今回ログインしたときにもまだそれがそこにあった。人がいないからか、それともそういう場所なのか、あそこでは物が腐らないらしい。いや、ケーキに腐り判定がなかったのかもしれない
 ともあれ、すでにFibの腹の中に収まったケーキを調べようもない。あの場所にも戻る事はできない

 今回の事件も、年表上はただ”メリッサがクレイニン殺害”とだけ書かれるかもしれない。だが、見た人にしか分からない味があった
 UOのイベントを楽しみたいのであれば、是非ともその場に参加して、ご自分の目で味わって欲しい。味は食べた人にしかわからないのだから



上手く閉めようとしてよく分らなくなったが、終わる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/302-d0b9edac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。