やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉大なる魔術師の死

         __ , -------- 、__
      , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     / ;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;\
    /,,;,,,,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,,,,,,,;:::丶
   / :::::::::;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;:::::::::::::::ヽ
   i゙:::;:::::||::::::ii:::::::::::||::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::゙i
  i゙::::|;;;;| |;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::|
 . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
  .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|
  |;::::::::|,-----、    ~ニニ,,_`    |:::::::::::::::::::|
  `ヽ、i (、i´ノ     ´い,, ノ '    |;;;::::::::::::::/   なんで、クレイニンすぐ死ぬん?
  .   i ^~~~ー==--  ー'-+、     / ゙-、;;;;/
     {      ヽゝ          '-'~ノ
    λ   ''゙゙゙'''-''---、       /-'^
     ヽ,    ^~^         (
     /  `丶 、     , -   /^l
     |   /( ノ `''''''´~  __, - '  ゙i、
    {  / /| ̄ ̄ ̄ ̄   _,- '¨ }
    {/ /  ゙ー────'~   \|
    /               ヽ  \


すみません、AAが貼りたいだけの記事です。


 と、これだけで終わるのもなんなので適当に駄文を
 まず、クレイニンが死んだ。って、そりゃ前のイベント記事で書いたとおり。一週間も前の話だ。どうやらお墓がブリ城の隅っこに建ったらしいと、太公望さんとこのブログで知った

 なんともあっけない

 いや、一応殺す側には回ってしまったが、それにしてもあっけない。あんなにこれまで活躍していたのが嘘のようだ
 まぁ、ここ最近は寝たきりだったので活躍のしようもなかったけど、私の知る限り、彼はブリ城を火の海にしたり(ネズミ騒動)、悪魔と真正面から向き合ったり(イヌ婆さん誘拐事件)、あとは世界中の魔法障壁張ったりしたのも彼ではなかっただろうか。いかんせん、惜しい人材を亡くしたものだ

 『この口が言うか』という突込みが聞こえてきそうだ。でも、クレイニンを屠ったのは大和ではミナクス派閥だし、無限ではメリッサだ。というか、Fなんかに連れてった時点でカスカの差し金だ。私はなーんも悪くない
 私が惜しんでいるのは、その偉大な魔術師が、ヘイブン崩壊の原因を知るかもしれない男が、二年のリアル歳月を超えて目覚めたその男が

 なんの謎情報も出さずに死んでいった、という事だ!

 どうなのよこれ。普通、なにかあるでしょ
 死ぬ前とかに


『まさか貴様がっ!そうかあの話は真実だったのか!』

 とか

『ふふふ。いまさら私を殺したところで、もう手遅れだ!』


 とかさ。三流悪役っぽい台詞じゃなくてもいいけど

 ともあれ、クレイニンが死んだ事で大多数のプレイヤー側、つまり正義を愛するロードブリティッシュ側に有益な情報が一個も入ってこなかったのだ。なんというか、ああ、大変な事になったなー、で終わってしまっている。話がちーとも続かない。SL側にとっても『なんで殺す必要があったの?』って、謎が謎のまま残ってしまった
 つまるところ『クレイニンが知っていた情報』が、まったく明かされていないのだ

 ここまで引っ張る情報とはなんだ
 いまさら『ヘイブン崩壊はSLの力でしたー』とかしょぼい事言われても、『そりゃそうだろ』くらいにしか言えん。もっとこう『いや、実はSLとロードブリティッシュが手を組んでて、それ見ちゃったのよ』くらいの衝撃が欲しい。ここまで引っ張ったのだから、当然の要求だ。無駄に長い小説でオチがしょぼいと悲しくなるが、そうはならない事を祈る




 愚痴のあとは近況報告

 金曜日だったか、家に帰ったらメインPCがまたも飛んでいた。泣く泣くサブPCを起動してUOにログインし、バルクを貰いにルナ銀へ。いつもの日課だ
 そこでとある紳士に出会った。その人が床に捨てたDeedを一生懸命拾っていたら声をかけてもらったのだ。それは世界名作劇場(主に小公女セーラとか、足長おじさんとか)にありがちなステキな出会いだった

 Dread Ladyの称号を持ちながら屑バルグを拾うその姿に哀れみを感じたのであろうその人は、コラプーに屑バルクを直接渡してくれるようになった。そして話しているうちに家にまで呼ばれ、ブック一杯のDeedをそのままくれまでした。その数なんと1000枚以上

 話を聞くに、その人は38キャラの伝説鍛冶職人&テイラーを操り、日々Deedを貰い続けているのだとか。そして保管しているのは城や、その他Deed用の倉庫家。どうやら噂に聞いたバルク職人という奴らしい
 まだ注文を渡しても待機時間がリセットされ無かった頃は、こういった職人が何垢、何キャラも使ってバルクを取得していたらしい。まぁ、そういう昔の話はここを読んでいる人のほうが詳しいだろう

 とにかく、その人は貰うだけ貰って整理はセキュアが一杯になってからというスタイルらしいので、丁度コラプーはその整理日に運良く居合わせたようだった
 セキュア一杯までDeedを貯めるなんて、なんともうらやましい話だ。そんな話をしてホクホク顔で家に戻ってみたら

 うちもセキュアが一杯になった

 小さい家が悪いんです(今はそんなに小さくないけどね)
 久しぶりにセキュア0の息苦しさを味わった。忘れていたこの感覚。ひりつく様だ
 無邪気に欲しいものを拾ってチェストに放り込むことはもうできない。忘れてしまったあの子供の頃の夕焼けを懐かしむような目で、ストレージ情報のガンプを眺めてしまった
 そんなこんなで今は一所懸命にバルクをこなしております


メッセに入ってきた『追加で7千枚いらないバルクが出たけど、どうですか』というありがたい言葉に涙したFibでした。てか、リセットしても結合しない限りDeedの数が減らない!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/304-c640f210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。