やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

議論の枝葉に華が咲く

twitter三昧の毎日です。








 さて、まずはいまさっき凹んだ事実をここに記録する
 毎回このブログを書くときにgooの編集画面に入るのだが、そこにアクセス数が表示される。1週間くらいのアクセス履歴も見ることができる。私はここを毎度見ては、結構人来てるな〜なんて一人ニヤついていた。最近の意識では1回の更新で100HITくらいいくなと思っていた

 が、違った

 gooにお金を払っていない無料ユーザにも課金ユーザの使えるアクセス解析機能を限定的に使わせてやる、みたいなキャンペーンというかお試し期間のようなものがあったらしく、本日それを試してみた。以下の結果だった


3/14
順位 閲覧元URL 閲覧数
1 Googlebot 123 PV
2 Mozilla 29 PV
3 InternetExplorer 7.x 21 PV
4 DoCoMo 16 PV
5 Netscape 4.x 13 PV
6 SoftBank 7 PV
7 EzWeb 6 PV
8 はてなアンテナ 4 PV
9 InternetExplorer 6.x 3 PV
10 Safari 1 PV
11 Opera 1 PV


 Google先生お気に入りのブログだった><


 もう、何だそれはと。なんだかいいように弄ばれてた気分だ
 だが、まあよい。つまるところ、このブログは私が思っているよりももっと過疎ブログだっただけの話だ。そりゃそうだ。無リンクの僻地まで来る人は稀だ。ここはイルシェナのロックダンジョンの端っこくらいの場所なのだ


 ならば!こんな紹介をしてもきっと許されるはず


晩堂舞路度ブログネットワーク
ttp://blog.livedoor.jp/bando_burodo/

 人様のブログの紹介なんてほとんどしないのだが、これは是非書きたかった
 知ってる人は知っているだろう晩堂舞路度<バンドウブロド>氏が久々にUO復帰とあいなった。前と同じく廃アクトで活動されているそうで、ねとらじ以外に、動画やブログもやっているようだ。ブログの更新頻度は高い

 氏の紹介としては、クズという言葉に尽きるだろう。いや、貶しているように見えるかもしれないが、彼にとっては褒め言葉だ。『白豚』『チートツール』『RMT』こそUO、と言い切るそのプレイスタンスは他のプレイヤーと一線を隔す。これほどまで明け透けに自分をさらけ出すUOプレイヤーを私はいまだかつて見たことが無い。それでいてUOを愛している。そう、UOが大好き、という生易しいものではない。UOに人生をかけている

 演出であるか本気であるかはネットの向こう側なのでわかりかねるが、ともかく氏の見せ方が非常に上手い。魅せられる
 人間誰しも後ろ暗いものに惹かれる気持ちはあると思う。それらを的確につかみ形にしている部分は、私を含め最近のUOプレイヤーにない力強さだ。彼の言葉は、綺麗にまとめて美味しくいただきましょう的なものではない。ガツガツと粗野に食いちぎる獣のそれだ。だが、それがいい。尖がっている

 ツール系を含めサービス規約違反の話題が当たり前のようにでるブログなので、閲覧はともかくリンクには注意してもらいたい。UOファンサイト登録しているような人は特に注意だ。このブログはしてないので平気だが
 特にお勧めはアトランティックルナへ行ったときの動画。これは必見だ

晩堂舞路度ニュースネットワーク 02
ttp://zoome.jp/bando_burodo/diary/5/

 廃人ブログは対人系が多いが、それらとはまた違うUOの廃プレイが見られる晩堂舞路度ブログネットワーク。彼の活動も含め、今後も目が離せなくなりそうだ





 さて、チートツールはUOを滅ぼす悪いものであるという考え方は当然あるわけで、それらサービス規約を守りつつUOを健全に発展させるべく活動をはじめた人達も紹介しておこう


UO Twitstorming
ttp://uomin.com/?m=pc&a=page_o_free_page&c_free_page_id=28


 上記はうおみんのページだがアカウントが無くても見られるフリーのもの。内容はtwitter上でUOに関する仕様追加の提案発言をまとめたものである
 妄想といえばパラリというのがUOの定説だった。だが、EAJのtwitter参加によりUOプレイヤーも同サービスへいくらか参入し、UOに関する発言が増えている。当初は#UO_JPNというハッシュタグをつけて発言がなされていたが、発言者や内容に大きな偏りがあった。ひらたく言えば、#UO_JPNで検索すると、一人二人の妄想が延々と表示される状態だったわけだ。前にここで『資料館の荒れたフォーラムと同じ』と書いたが、まさにあんな感じ
 が、それはあまりに不味いと本人含め周りが動き、@Lycaeum アカウントが作られた。名前からわかる人はわかるだろうが、ブリカツのオークの人が管理している
 @Lycaeum では毎回お題が出され、それについて各人が返信という形で自分の考えを発言する。それらを一覧にしたのが上記のURLだ。言い方は悪いが隔離用措置といったところか
 発言はまとめてフィードバッグに送るそうだ。まだ試験運用中で細かいことはおいおい決まっていくことになっている


 色々と難しいところだが思いつく事を素直に書いていこう
 まず、#UO_JPNタグで妄想を垂れ流すことが良いか悪いかについて。私はまったく問題ないと思っている。twitterは少なくともUOのサービスとは切り離された存在だ。そこで何が発言されようとも、それを誰かが制限する道理はない。たとえばUOがなぜか大流行してユーザが爆発的に増え、#UO_JPNのタグつき発言が毎分100を超えたとしても、それはしょうがないことだ。その発言のほとんどがパラリ的なものでも、それらをどうこういうべきではない。そういう物なのだから
 『特定の人の発言ばっかりで他が見えない』というような時は、見ている方でその人を非表示すれば良い。表示をこちらで選択できるのだから、UO関連の発言に#UO_JPNタグをつける事は推奨されこそすれ、忌避する必要はまったくないと思う。私自身、人の妄想を読むのが苦ではないからこそこんな事を言っているわけだが。でも、そういうのが嫌いな人は、フィルタをかければいいのだ。荒れてこその本スレなんて言葉もあったが、フィルタリングできる分、twitterではより自由に発言がなされるべきだと思う


 では、#UO_JPNタグ荒れの回避策として今回作られたLycaeumアカウントの運用が悪いかと言えば、もちろんそうじゃない。ユーザが自制して混沌とした言葉の渦を意味ある意見として集約しようとするその行為は立派なものだ。現に、いまのところ上手くいっている。私もLycaeumへの返信で大いに妄想を垂れ流している。それで満足している。これはこれでよい。そう、みんなで上手くやっているのだ

 えーと、何が言いたいのかわからなくなってきた。つまるところ、パラリで声高に意見するより、2chで愚痴を書き連ねるより、twitter上でLycaeum宛てに返信すればフィードバックまで届くのでより建設的なのでみんなきてねー、とそういうこと。いまだ参加者が少なく感じるので、宣伝だね、この文章は

 あと、twitterは普通にやるより専用アプリを使ったほうが色々と便利そうだ。私は初心者がお手軽に使えるウェブアプリのついっぷるを使っているが、見る発言が増えるようであればTweetdeckあたりにしようかと思っている。何はともあれ、今日も妄想を書き連ねよう。UOをやってる暇がなさそうだが


 っと、UOの事書くの忘れてた。あくまでここはUO日記なのでUOの事も書きますよ
 えーと、現在、ダイナマーケットで買ったカラーヒヨコを鍛えてる。蛙によく似たヒヨコにClumsyを撃ち込むだけの簡単な作業だ。特に意味は無い
 ついでに火ゴキとか馬も鍛えてるけど、こっちは鍛えれば少しは意味があるかな。どうでもいい事をやるのも結構楽しい。私はこういったUOプレイで、一応の満足を得ている。これが終わったら久しぶりに戦闘面で何かやるつもり






言うべきか言わざるべきか、迷うようなら言ったほうがいい。間違ったら訂正すればいい。そう思って今日も適当に書いているFibでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/361-3df071db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。