やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンダーワールドのパズル部屋を突破


たまにはちゃんとUOやりますよ、私も






 導入より半年以上経った今頃になって、アンダーワールドのパズル部屋へ挑戦してみた
 確か、一週間くらい前にフェルナンドでやって敗退し、今度はお宮で挑戦することにした。参考文献はここ


Guild Full Moon パズル攻略
ttp://f27.aaa.livedoor.jp/~fullmoon/uosa/puzzle.html


 例によって人様の攻略法をそのまま使っての挑戦である。失敗する可能性など微塵も無い。とは言うものの、やっぱり結構時間がかかった
 パズルの概要は以下の通り


1.UW入り口近くで30分タイマーの鍵を取得

2.タイマー鍵が生きている30分の間に横の部屋でバズル1,2,3を解き、試作宝玉を得る

3.試作宝玉を使ってUW奥の部屋のカラーパズルを解き、報酬を得る



 まず、入り口近くで鍵を取る必要がある。地面に落ちている水色っぽい鍵をWクリするだけで鞄に沸くので、これは誰でもできる。以前はアビス入場クエストの鍵と間違えて貰ってしまったりもしていたが、まったくの別物だとようやく理解できた
 この鍵が置いてある地面の台座の前には本が乗っかっている。著者はWillburなる人物。内容は横のパズル部屋の説明。まず東と西のパズルを2つとも解いてから、北にある3つめのパズルを解けという風に書いてある。実際、横のパズル部屋の北側にあるパズルをやろうとすると、1,2を先にやれというシステムメッセが出る

 横のパズル部屋はスライム達がわんさかいる通路を通った先にある。扉は閉まっているが、タイマー鍵を持っていればWクリで入ることができる
 3つあるパズルはどれも投票箱のような金色のグラフィックで、台座の上にしつらえてある。Wクリすると鞄の中にパズルトークンがぶち込まれ、これをWクリすることでパズルガンプが表示されてゲームスタート。それぞれのパズルトークンは制限時間が10分で、それを超えると消えてしまう。一度消えても再度取得は可能だが、当然ながらタイマー鍵の制限時間を越えてしまうと部屋から追い出されてしまうので、もう入手できない。タイマー鍵自体は一日一回取得できるらしい

 ここのパズル3つはどれも以前に導入されてたもの。1,2はエクソダスダンジョンの前でやったGENERATOR CONTROL PANELってやつ。方眼上のパネルの左上にある白色ジェムを、右下にあるゴールの赤い部分まで動かしていくというもの
 3のパズルはパズルロックという名前で、確かハルドゥーンの宝箱でやった気がする
 どちらも失敗すると雷が落ちてきたり、毒をくらったりと大変な目にあう

 正攻法で色々考えて解こうとすると時間がかかるので、忍者変身で猫になってやった。気合の全パターンテスト。ともかく失敗を恐れないのであっという間にどちらも解くことができた。どんなにダメージを食らっても平気で回復していくアニマルフォームの力強さにはあらためて感心させられた


 3つ目のパズルを解いて試作宝玉を貰ったらカラーバズル部屋へ。こちらの解き方は上記の攻略記事をそのまま使わせてもらった。慣れるまで結構時間がかかったが、なんとかなった。コツはとにかくやって慣れるというところか。初日は失敗したものの、2回目でようやくクリア。SSの通り奥までいくことができた
 ここの部屋の注意点は唯一つ、部屋の前にたむろするスケルトンリッチが隠し通路を越えて入ってきたら、パズル開始前に叩いておくということ。パズルに失敗するか、あるいは成功しても結局入り口に飛ばされるので、そのときタゲを貰って下手すると集中砲火される。紙抵抗のステハイにいきなりそれをやられると困るので、面倒くさがらずに先に倒しておくべきだ

 そんなこんなで、とりあえずボロボロの縦に長いタペストリーを貰うことができたのだが、お目当ては流れ石なのでもう二、三回は通う必要がありそうだ
 前はパズル部屋にゴブリンだかが沸いててパズルを解くのも一苦労だったそうだが、あまりの難易度になるためいまは沸かせないようにしたらしい。私のようなヌルいプレイヤーにはこのくらいで丁度いい。UWは他にもパズルがあるし、よく見てない場所も残っているので、もうしばらく遊べそうだ。クエストなんかも結構あるしね




 さて、プレイ日記だけで終わろうかとも思っていたが、とりあえず最近のUO界隈の話もメモ程度に残しておこう

 まず、練成バグが本スレで話題になっていた。いわゆる再練成時の上限突破などだ
 やり方については、うおみんあたりで非常に詳しく解説されている大和のお針子さんなんかの記事が参考になるだろう。彼女の名前をとったあのやり方は、極まった練成をする際にはかなり有用だ。内容はかなり黒に近いグレー。そんなこと気にもしないこのブログではあるが、今回は書かない。というか、書けない。私が詳しくないから。そんなに練成やらんしね。材料ケチるためにマナ回復も1で止めるような人間には、あまり縁のないやり方だ
 もっとも、最強装備を目指すバリバリのUOプレイヤーにとっては無視できない情報だろうし、実際に使われているのだろう。一部は修正されたが、まだ使える技はいくらか残っている。ここに手が入るかどうかは運営の判断次第だが、果たして。運営は結構本スレなんかも見ているようなので、あまり騒ぐと修正依頼が開発側へ行ってしまうだろう。どうなることやら



 ほか、いつだったか紹介した晩堂舞路度氏が暴れている。あろうことか、出雲の双月亭に水樽爆撃をしたとか。twitter上でのエミュ鯖関連の発言が発端だそうだ。晩堂さんのブログではその内容が書かれ、設置している場面の動画も公開されている

 事の発端は双月亭店長がtwitterに書き込んだエミュ鯖への批判文である。真っ当な意見でエミュ鯖利用を否定するスタンスを表明している。これが2chのUO本スレにコピペされ、いつもはAAテンプレが張られる一桁レス番にも登場するようになった
 この文を見た晩堂さんは、自身がエミュ鯖利用経験もあることから、心の琴線に触れた様子で水樽置きに走ったようだ。ブログや動画でも触れている通り、暇つぶしくらいの軽い気持ちでやっているようだ
 やられた方の双月亭店長は相手にすればつけ上がるだけと判断し、静観を保っている

 どちらも知っている人なだけに、あまり触れないほうがよいかと思ったが、こういう話題を書く為にこそ、このブログがあるので、一応色々書いておく


 まずエミュ鯖利用について
 私は利用はしない。した事もないし、今後も利用する予定は無い。少なくとも現行のUOサービスが続く限りは手を出さないだろう
 理由としては、とりあえずUOに課金するだけのお金があるから。あとは存在が違法であるからという2点が大きい。特に違法性が気になる。UOの利益を著しく損なう行為とみなされて、利用者自身にもなんらかの刑罰なり訴訟を起こされる危険が伴う。学生の身分であれば多少の危ない橋は渡っても平気と思えるだろうが、こと社会人にとってはリスクが大きい。日本の法律では利用者側が罰せられることはない‥と思うが、訴訟大国のアメリカなんかでは、平気で訴えられるかもしれない。なので少なくとも海外鯖への通信は危険だ。逆に言えば、国内のエミュ鯖ならばそうそう危険はなかろう
 よくある懸念としては、データの引っこ抜きをされるのではという物もある。だが、最近のエミュ鯖では公式クライアントがそのまま使えるものもあるので、変な改造クラを入れなければそこまで心配はしなくて良さそうだ。ただポートは当然空いているので、OS自体の不具合を利用したクラックの間口にはなりえる。そこまでする人がいるかどうかは別として、一応、心配の種が一つ増えることにはなる
 また、公式とアカウント名やパスなんかを同じにすれば、当然ながらそれらはエミュ鯖運営者に丸見えとなってしまうので注意が必要だ

 そんないまの所、私にとってはあまり関係の無いエミュ鯖ではあるが、その存在自体が無くなってしまうのは困る。理由としては、現行のUOサービスが停止した場合、または私の理想とするものと著しく変化した場合の保険としてだ
 UOはEAがライセンスを保有するゲームである。当然ながら商売でやっているので、採算が合わなければある日突然、ではないにしろ、プレイヤーが減り続ければサービスが終わってしまう可能性がある。そうなったらどうすればいいか。もうUOはできないのか。と、困ったときにこそエミュ鯖を利用すればいいのである
 もちろん、現行のライセンス違反状態で運営されているところはまずい。訴えられたらすぐに止まってしまうだろうし。しかし、いまはUOシステム自体をEAが売りに出している時代である。しかるべきマージンを払って契約さえすれば、むしろそこが本家となるのではないか。というより、今現在の開発はOSIから離れ、ギャリ夫さんからも離れている以上、過去のUOから見れば、しかるべきライセンス契約をして独自の発展をしたエミュ鯖の一つ、という見方もできる
 鯖運営自体にもノウハウが必要だろうし、こうしてUOというゲームが将来的に長く存在し続けるためには、エミュ鯖が草の根で生き残っているのはその存在確率を高める上で有効な手段と言えよう

 また、サービス内容の保全という面からもエミュ鯖は役立っている
 もし、このままプレイヤーが減り続けて本家UOサービスが危機的状況になった場合、当然ながら企業としては延命策を取らざるを得ない。いまをしてもRM販売アイテムを追加したりと色々やっているが、この先これがより拡大していかないという保障はどこにもない。家維持に別途課金が必要なんて自体は可愛いものだ。ガチャやら何やら、儲けて回すためにはいくらでも悪どい手法を使うだろう。一般の客受けの良さを期待してグラフィックが全部萌え系になったりとかしても、サービス規約上、それらをプレイヤー側から止める術は一切ない。いくらクレームを送ろうが、それを聞いてEAが変更を取り消す保障はないのだ

 もちろん、そんな極端なことにいきなりなるとは思えない。EAJの中の人だって、UOの現役プレイヤーがもつ理想をわかっている、あるいはわかろうと色々やっている。UOがいきなりROのようにはならないだろう
 が、もしいまのEAJのプロデューサーが配置転換して、革新派の人が入ってきたら。もし開発側でさらなる人事異動がおこり、まったく別のスタッフが入ってきたら。それらの人がUOを我々が考えているUOとはまったく違う何か別のゲームにすべきだと考えたら。我々はひたすら洞窟に篭ってLvを上げて戦闘にだけあけくれる廃人御用達のゲームをすることになるのか
 それらの不安を解消するのがエミュ鯖である。もし、現行プレイヤーが大きな変更望まない場合、エミュ鯖に逃げるという選択肢があれば、そしてその事を運営側が関知しているのであれば、それは変更への抑止力となるだろう

 もっとも、いまのことろ私が望まない方向に大きくUOの開発が動いているという訳ではない。他の人にとってどうかは、わかりかねるが
 唯一つ、エミュ鯖に関して憧れるのはIris鯖だ。3Dクライアントの改造クラを使ってつなぐ鯖らしいが、UOで空を見れるとは。是非本家にもこういった冒険をして欲しい。というか、KRクラはこんな感じでやって欲しかった

Iris2 - Ultima Online - 3D-Client
ttp://www.youtube.com/watch?v=R-T9XwmkVn4

 いつか本家UOが終わったらここ行く



 長くなってきたのでエミュ鯖についてはここまで。あとは水樽か
 とりあえず、迷惑をかけているのは晩堂さんで、特に店長さんの方に非があるわけでもなし。しかし、こういう行為をUOではシステム上認めており、そういうゲームをしている以上、いたしかたないのかなと思う

 水樽置き行為は忌避されるべきものだが、水樽置き行為自体を禁止すべきではない

 というのが私のスタンス。あくまで他人事で、やられてないから言える。もし自分がやられたら、かなりショックだと思う。悪意ってのは、向けられるだけで消耗する。特に孤独民で人と接することの少ない私のような人間には、こたえそうだ
 だが、一方で動画をみて笑っていた自分もいる。白状しよう。動画面白かったよ
 陰湿に水樽を設置して終わり、という動画だったら暗い気分になるだけだろう。だが、あの喋りで笑かしながら置かれると、どうにも憎めない。バーキーパーがいるのにピッチャーを買いに街へ戻る所なんかも面白かった
 まさか知ってる人に被害がでるとは思わなかったものの、UOのこういった部分も含めて私はUOが好きなので、店長さんには気を強く持って頑張って欲しいと思う。相手にしないというスタンスは一番効果的だ

 良くも悪くも、昔はこういった自分勝手なプレイヤーがもっと多かったと思う。それらへの対処法は無視だ。徹底した無視により飽きて他の所へ行く。しかし、トラメル建築以後、際立ったウザプレイができなくなった人達は、悪意のはけ口を求めてエミュ鯖へと流れていった
 となると、エミュ鯖は隔離施設としても有用なのではなかろうか


 結局のところエミュ鯖万歳な内容になってしまったが、特に薦めている訳ではないのでご注意いただきたい。あくまで必要悪くらいの認識だ
 ウルティマの名前こそ使えないものの、UOシステムは現在EAから販売されているので、いまのUOよりもより良いものが作れる自身のある人は、是非正規の手続きでサービスを立ち上げて欲しい。それが色々な方面に対して一番問題ない解決作なのだと思う



お金と時間があり余っていれば、自鯖の一つでも立ち上げてみたいFibでした。かなりマゾい世界にする自信はあります
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/368-53e6a868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。