やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロストランド新兵は黒岩ドラゴンの夢を見るか


たいした話ではこざいません。





 とりあえず、まずはこの話からしよう
 一週間ほど前の日曜日朝。前回の日記を書き終わり、一眠りする前に本スレをチェックしたところ、見事にここのURLが貼られていた。最近流行のブログランキングに関するレスだった。リンクをクリックして見覚えのあるページが出てきたときはかなり驚いた
 twitterで謀らずも『晒された』とつぶやいてしまったが、特に気に病んではいない。そもそも2年ほど前、自分自身で本スレにここの誘導リンクを貼ったことがあるのを思い出したからだ

 恐らく、いまこの記事を読んでいる人はいつもの『長いだけで内容の薄い駄文愛好会』の面々だけではなく、本スレでお勧めのブログということでとりあえずRSSに放り込み、今日この日に新着がでているのでとりあえず開いてみた、という人もいるはずだ。その方達に言っておく


 このブログは読む価値がない


 いや、そこまで言うと言い過ぎか。読む価値があると思える人は割りと希少な存在と言える。うん、このぐらいだろう。理由はいうまでもないが、一応説明しよう
 まず、UOの最先端ニュースは取り扱っていない。重要な情報も載せていない。そもそもそんな情報を書いている本人が知らない。ここに書かれる情報は全て、パラリやブリカツ、公式HP、その他有名どころのブログに載っている情報を書いている私本人が読んで知りえたものだけだ。二番煎じでしかない
 それ以外は、いい加減な一人のUOプレイヤーが、暇に任せて楽しんだ乏しいUOプレイの記録だけである。紹介していただいた方には申し訳ないが"高度な分析"はおろか、"分析"すらしていない。イベント参加についても単に

 『今日はこのイベントに参加しました。面白かったです』

 という内容を、あの手この手で膨らませて書いているだけだ。なので、数少ない時間を使いUOブログ巡りを楽しみたいのであれば、最新仕様をいち早く検証するところとか、ディープな内容を系統立てて網羅するところとか、そういった身のある場所をこそチェックすべきだ。決してこのブログはお勧めできるものではない。いますぐそのRSSに登録したこのブログのリンクを削除し、記憶からも抹消してもえれば幸いである








 さて、いつもの人だけ残ったのかな
 一応、再度言っておきますが、このブログ、基本的にあんまし表立って宣伝してません。リンク集とか、どこにも登録してないしね
 以前は口をすっぱくして言っていた、というか書いていたのですが、ここ最近は面倒だし安定していたのでめっきり書かなくなってしまった。なので、中にはそんな話利いたことも無い、知らないぞって人も当然いらっしゃるでしょう。基本的にこのブログは、ひっそりと、誰もコメントせず、UO内外共に特に話題にもされず、ただただ私がUOの愚痴をこぼすだけのブログ、そういう存在であればよいなと思ってます
 決して『晒すな!漏らすな!』と押し付ける訳ではなく(当然そんなこと無理ですし)、知ってる人だけ知っている、どうでもいいブログ、というスタンスでこれからもやっていく予定です。ブログはオナニーと同じだと揶揄されますが、まさにそう、この野外オナニーは深夜の公園の森の奥深くで行われるものであって、昼の日中に駅前でやってはいかんのです。色々問題になります
 えーと、喩えが判りにくいですかそうですか

 もっとも、褒められて嬉しくない訳ではありませぬ。いえ、正直言えば大変嬉しゅうございました。ただ、露出が多くなると面倒ごとが増えるでしょうし、それらを跳ね除けて続けられるほど私がUO一辺倒という訳でも無いので、読んでくださる皆さまもそこら辺をご理解いただき、引き続きユルい、なぁなぁな関係で続けていけることを望んでおります
 あと、UO内で『ブログ読んでます!』とか言われても、ビビって逃げるのであまり公にしないでぐだされ。ツーラーの手先と石を投げるのも勘弁してください。凶悪DUPEとか私は知りません

 さて今回は、本スレの影響で迷い込んでしまった方に、このブログがいかに意味のないものかを十二分にご理解していただくため、壮大な自分語りをさせていただきます。無関係な人間のどうでもいい過去話ほど無意味な情報はありませんから





 さて、語調を戻そう
 このブログは『だ、である』調の口語で書いている。書いている本人としては『ですます』調で喋るので毎回違和感を感じ続けている。だが、おそらく読むほうとしては言い切り型の文章のほうが読んでいて気持ちがよいだろうから、そうしている。私も読み手としては言い切り型の方が好きだ
 ただ、終始言い切り型だと、全体としてとても横柄に感じる。なので、記事の一番初めと終わりだけ、少し丁寧な言葉にワザと変えている。読み手が最終的に少し気分良く読み終わせるための演出だ。記事の中で好き勝手な暴言を吐いたとしても、最終行で丁寧言葉を使えば少しは勘弁してやろうと考え、ウザスレに晒すのを思いとどまらせる、という効果を期待している。なんともセセコマしい考えだ。果たして効果は出ているだろうか
 ブログ自体の色合いも、なるべく白っぽくして誠実さをアピールしつつ、真っ白ではないグレーにしている。真っ黒でもなく、さりとて白というわけでもなく、曖昧な色合い。記事の内容に合わせているつもりなのだ。何度か変えようかとも思ったが、結局このスタイルに落ち着いた


 次に、上でも触れた本スレについて
 私はよく本スレを見る。ここで言う本スレとは2chのUO本スレッドだ。ただ残念なこと常時規制プロバイダなので2chはROM専の避難所住人だ。したらばの方もPvP以外はちょこちょこ見ている
 以前にこのブログのURLを本スレに貼ったのは2008年の7月。評議会殺人事件のヒント集をまとめた記事だった
 あの時は、本スレのROM専人数を調べていた。なんとか昔の記事をサルベージして確認してみたが、そんなことが確かに書いてある。自分で言うのも何だが、相当な暇人ぶりだ
 2年前に本スレに貼ったときはIP別で206、翌日は130のHIT数を記録している。当時の更新時HIT数は60だったようなので、格別の数字となっている
 さて今回はというと、IP別で日曜日は355HIT、翌月曜は158を記録している。最近は更新時200HITを超えないくらいなので、今回もやはり格別の数字だ。gooの日付ランキングの数字が入るのは心臓に悪い
 前回は数字から色々計算してROM専人数を割り出していたが、今回はそんなことはしない。なぜなら、どんなにIP別でHIT数を見ようとも、Google先生のBOTが何HITしているかわからないため、正確な数字がでないことがわかったからだ。前にちょこっとアドバンスの機能を無料で試せたときに見たら、半分以上がGoogle先生だった。なのでもう、数字が無意味だと悟った。決して同じ作業をするのが面倒だからと言う訳ではない。面倒だからではない。重要なので2回言っておこう



 続いて、このブログの成り立ちについて(ページを閉じるなら、ここら辺が目安だ)
 このブログは当初、フェルナンドというキャラクターの冒険日記を書く予定だった。目論見としては、UO界で最高のエンターテインメントとなり、アフィリエントでウハウハ、UO内でちやほやを目指していた
 だが、当然ながらHIT数は伸びず、書いているこのgooブログもアフィリエイト広告を出すには有料オプションをつけなければならないことが判り、計画は頓挫した。記事は減り、書く気力も失せた。2005年春頃の話だ

 そして2006年春、MLも入り、UOの中でのキャラ作成もひと段落したところでこのブログはイベントリポートとして再開される。当時よく使っていたステハイ忍者のお宮をメインに据えて書かれ始めた。この頃になるともう、ブログのHIT数を伸ばすことは無理と諦めており、とにかくEAJの悪口ばかりが目立つ。体制に不満をぶつける反骨精神溢れる内容になっている。指摘は的外れなものばかりだが

 そしてそれが今でも続いている。覚えてはいないが、どこかでお宮からFibという名前に変えている。これはお宮が女性キャラクターでありながら、書いている本人が男であるため、『ネカマウザイ氏ね』と言われる事を避けるために取られた処置である
 UOの過疎が進むにつれ運営批判から擁護に回るようになった。これは少しでもUOの人口を減らさないようにと考える、プレイヤーそれぞれが取りうる防衛本能の発露と言えるだろう。また、書くのが面倒になり更新頻度も週に1回から酷いときは月に1回という体たらくぶりである。なので、"UO日記"は誤りであり、タイトル詐欺となっている


 Fibという名前は、全和鯖に同じ名前のキャラクターを作り、一応の顔にしようとした際に使った名前だ。特に思いいれもなく好きでも無いのでいつか変えたいと思っていたが、その時期は過ぎてしまった。また、メイン鯖の大和では現在Fibというキャラクターは使っていない。ガーゴイル種族の登場でリストラされてしまった。なので他鯖ではほとんどFibさんと呼ばれるが、メイン鯖では各キャラクターの名前で呼ばれている


 呼ばれているなどと書いたが、ほとんど人と接触しないUOプレイを続けている。ただ、完全なる孤独民、常時ステハイでネームカラーが画面の横に出たら走って逃げるというほどのものではなく、時々思い立ったようにイベントに参加する。メインが大和なので大和のイベントが多いが、他鯖にも出張する

 対人、派閥経験0。Fは時々散歩する程度。トラメラー

 ボスソロ経験0。人に連れられて見に行くことはあっても、ソロでこなしたことはないし、こなせるだけの技量も装備も無い

 狩り、反復作業が嫌い。銀行前に捨てられているゴミは嬉々として拾う

 UO内での物書き経験有り。昔、大和ダイナマーケットの立ち上げ当初から2年間ほど、毎月PC本を書いてお宮の名前で売っていた。大和には私より前にMiyaの名前で小説を書いて有名になっている人がいるので、もし著者Miyaの本を見かけたら恐らくそれは他人のそれ。そもそもお宮の名前は他人に紛れる為に和名で多く使われているものを検索してつけた記憶がある。大和にMiyaさんは多いはず

 2005年の2月からUOをやっている。SE中期か
 Pub16前やTF分離前を懐かしむ古参がゴロゴロしているUOにおいてはひよっ子の部類に入るが、さりとて昨日今日始めたニュービーというほどのフレッシュさはない。非常に中途半端
 基本1垢でやっている。つい先日初めて、倉庫用のアカウントを作ってセキュアの肥やしを押し付けた。その後課金していないので、その垢は次の懐ブリまで動くことは無い
 キャラ構成は以下の通り


戦闘
・白豚崩れの雑魚弓戦士(エルフ男)
・良個体を探さないBTM(エルフ女)
・投擲神秘魔法戦士(ガーゴ男)
生産
・ステハイが意味をなさなくなった一次生産(エルフ男)"フェルナンド"
・レシピをあまり読んでいない二次生産(ガーゴ女)"かれぷー"
趣味
・買物担当バード系トレハン親父(人間男)
・変身大好きステハイ忍者(人間女)"お宮"


 白豚戦士以外はみなマゲを入れている。全員秘薬低減装備というのが、私のケチくさい性格をよく表していると思う
 垢歴は5年を超えているが、スキルが720MAXになっているキャラを把握していない。そういうのはもう、面倒で見るのをやめてしまった

 莫大なUO内資産を持っているわけでもなく、仕様をいち早く検証するような熱意もなく、何かをことさら追求し極めているわけでもない。知識が多い訳でもなく、人に誇れるようなこだわりも特に無い
 もちろん、有名ギルドのマスターなどでもないし、というか一人ギルドだし、友達100人できるかななどと歌うほど交友関係が広いわけでもない
 よくよく考えると、なんでこんな人間の書くブログを好んで読む人がいるのか不思議だ。UO関連のHP数が少なくなってきたことが影響しているのだろう

 さて、長々と自分語りをする予定だったが、語る内容も尽きてしまったので、いつもの通りどうでもいい日々のプレイ記録に移る





 Pub66.2で導入されたベインvsオフィディアン戦を、昨日になってようやくやってみた
 オフィディアン特攻を持って走り回ったが、忠誠度が40になったところで挫折。いやはや、これを2000まで貯めないといけないとは先の長い話だ。このイベント開催中になんとか貯めようと思う。黒ドラの炎も一度くらい見てみたいし

 ロストランドでオフィディアンを狩りつつ、ベインの新兵について考えてみた。最初こそ一般市民からの志願兵だった彼らだが、いつの間にやら亜人特攻が効くモンスターになってしまった。果たして、その鎧の中の素顔はどうなっているのか
 SAクラなら鎧を取っ払って服だけのPDを見ることができると前に聞いた事を思い出し、結構な量のパッチを当てつつ起動してみた。だが、望む結果は得られなかった。PDこそ出るものの、衣装タブを選んでも鱗鎧のままだった

 であればもう、引っぺがすしかない。鎧をルートされた死体でもいいのだが、できれば生身の生きている彼らの顔を見てみようと、防具破壊をしてみた。こういうことはネタ好きな誰かが既にやってるだろうが、今回は探すのがおっくうだったので自分でやった。SSがその結果


 地元大和でやろうと思ったが、一般鯖では回転が速く、ちまちま削っているとすぐにどちらかの勢力が勝ってしまい一時休戦で新兵が消えてしまう。なので重い腰を上げてTCに赴き、ロストランドまで走った
 最初こそ鉄扇で削っていたのだが、HPの自然回復が遅く、赤ネームのポジなのでこちらから回復することもできない。SWとか神秘とか色々試したが上手くいかず、結局ダメージ量の低い素手で殴り続ける作業となった。誰かあの、『この対象にポジティブな行為』うんぬんかんぬんをすり抜ける、裏技的な回復手段を見つけて欲しい。そして教えて欲しい
 もっとも、忍者の分身によるタゲ外しを行ったので、こちらが殴られることは無く、一方的に殴るだけの放置でできたので作業自体は楽だった。ただ、一回目の挑戦では、誰かがオフィディアンを全滅させたらしく途中で殴ってる相手が消えてしまった
 二回目はうまくいったのだが、やってる間に邪魔が入るか結構心配だった。なにせ土曜の13時前に始めて兜が脱げたのが19時である。実に6時間もシャッターチャンスを狙っていたのだ。ああ、この時間を本鯖のオフィ退治に使っていれば、いかほどの忠誠度が貯まったであろう。こんなことばかりに熱中してしまう

 そんなアホな事でも達成感は得られたので、記念のSSを取りつつ適当な嘘話をくっつけてうおみんに投稿したりもした。兜だけ剥がしの写真が見たい人はそっちを見ていただこう
 そして全身の鎧を剥がし終えたのが21時18分。私の土曜日はどこへ吹き飛んだ
 ともあれ、こうして不毛な挑戦は終わった。とりあえず中の素体は普通のNPCベースだと言うことがわかった。ああいや、それは死体を見ればわかる話か。ほんと何やってんだか
 他、殴ってて気づいたことをまとめておく

・受け流しだけでも武器の耐久は減る
 新兵の持っていたダガーも結構磨耗していた

・STR10、タクアナ0のレスラーが新兵を殴ると1〜2のダメージ。ただし、裸に近くなると3
 表示上1〜5なのだが、ここら辺の計算は面倒なのでパス

・防具が壊れるのは耐久が0/1の状態で、さらに耐久が減ったとき
 0/0があるかと思ったら無かった。これはどこかで聞いた気がする

・相手の防具が壊れると、画面左下に壊した旨の英語のシステムメッセージがでる
 初めて見た



 他、活動記録としては一週間前のことだが、座談会なるものに行ってきた
 これまで、UO内作家達が身内で開催してきたと言う『作家座談会』。第五回目の今回は一般公開もされるとのことなので、先週日曜日の夜21時、飛鳥シャードへいってみた。発起人はつよりさんで、会場はYewゲート東、Happy Place^^(図書館本店)の屋上だった

 当日、ゲートからの誘導松明を追っかけてYewの森をつっきった。海まで出たところでようやく会場につく。これは松明が無いと確実に迷う
 恐る恐る建物の中に入ると、屋上のほうから話し声が聞こえた。もちろんこれは比喩的な表現で、切れ切れの台詞が画面上部にちらちら見えた。そして階段を上がり屋上に出ると、その場にいる全員がおしゃべりを止め、一斉にこちらを向いた。ような気がした
 屋上にいたのは5人。ここの図書館の館長さん、司会のYuhさん、もっちーさんにレビアさんに、どこかで見たような名前だと思ったら劇団風の元座長もいた。6人に居る見えたが、最後の一人は案山子のバーキーパーだった

 とりあえずアンケートを書いてくれと言われ本を渡された。一ページ目の内容を見て以降のページに書こうとしたが、このときマウスのシングルクリックがWクリになる不具合が酷かったせいで書くのにかなり苦労したのを覚えている
 アンケートを記入し終わるとそれと交換で、『4番の席へお座りください』と書かれた本を渡された。え、いや無理
 人見知り激しい私は当然ながら辞退し、見学者席に座る。テコでも動かんぞオーラを振りまいた。その場の『空気読め』的な視線を『いや、そっちに座ったらもっと空気を悪くする』というテレパシーで跳ね返し、とにかく座談会の開催を待った
 この感じ、前に双月亭に行った時に似ている。あの時は確か、ドーンの女王就任について語ろう会か何かだったか。今回は見学者席なのでいくらかマシだ。黙っていても許される


 時々私の事を『作家』と呼ぶ方がいるが、それは大きな間違いだ。百歩譲っても、お宮というキャラクターがかつて大和で作家をやっていた、それだけだ。そう、元作家なのだ。作家じゃない。なのであの輪の中には入れない
 そう強く主張したのは遅れてきたメカニカル次郎(ジロウの漢字はこれで良いのか?)さんとの裏チャット。大和ダイナマーケットの舞台でちょくちょくUO落語をやっている、いわゆる噺家の次郎さんが遅れて会場入りし、私と同じように見学席に座った。折角なのだからとパーティーチャットに誘ったところOKしてくれたので、その後ずっと座談会の裏で会話が続いていた
 もし場の話題が尽きて盛り上がりに欠けるようなら二人して参戦しようという話をしていたところで、またも人が増えた。私も人のことは言えないが、とかくUO作家をやる人は時間にルーズらしい。一人増え、二人増えと会場は段々に賑やかになっていった

 と、そこへガーゴイルの人がやってきた。とりあえずこんにちわと挨拶をしている。名前をみると某党の元幹事長。アレレ、見た事あるぞ


 晩堂さんじゃないか


 そういえばここは飛鳥シャード。『Yewゲートのそばに自宅があるんだっけ』とはじゃむさんの言葉だったか。そうか、松明に釣られたか
 はてさてどんな展開になるのかと手に汗握ったが、Yuhさんの横でホバリングしていた彼は、一呼吸その場に留まり、そして消えた
 後に残る沈黙
 「なんだったんでしょうね」という誰かの言葉により、座談会は何事もなかったかのように続行した

 このとき、私はYuhさんが問答無用でバンしたのかと思ったが、後で晩堂さんのブログを見たところ、どうやら自分から家を飛び出たそうな。早とちりしてしまった
 それにしても学会の集会とは酷い。ここに三色旗などな

Yuhさん 青シャツ
元座長 薄黄のタブレット
館長 パーマネントスカーレットなドレス

 いやいやいや

 それは冗談として、確かに集団として怪しいのは否定できない。全然内容知らないで迷い込んできたら、そら逃げるわ
 その後遅れてきた人の情報により、松明誘導が北側の海の方向に向けられていたことが判明。ちゃんと晩堂さんのブログにもそのいたずらが彼の仕業だと書いてあった。マメだと思うし、靴をわざわざ置く所に少しセンスを感じてしまった。とにかく、次回このイベントに参加する、あるいは図書館に用のある人はしっかりHPで場所を確認していくことをお勧めする。Yewゲートから少し南に向かい、あとはまっすぐ東に向かえばとりあえず近場までいける。六文儀を買っていけばなんとかなるかな

 座談会はそれからも、だんだんと人を増やしつつ続いていった
 内容としてはまず、それぞれの自己紹介が行われ、ついで好きなテーマや本の書き方など多岐に渡った。一冊に収まらず数ページオーバーしたときにどうするか、といったUO本を書いた人なら経験のある、ニヤリとするテーマなども出ていた。特に、後書き否定派が多かったのには驚いた
 こういった、書き手の意見を聞くのはなんとも面白い。意外なところで共通点があったり、人それぞれバラバラな面もある。もし次に書く機会があれば参考にしよう

 また、そうやって話を弾ませる作家の面々を尻目に、野次馬チャットも見学者を次々と取り込んで好き勝手につぶやいていた。『愛と憂鬱の野次馬チャットへようこそ』とか言っていたが、どこに愛があるのかは発言した本人にも謎のままなので解説はご遠慮させてもらう

 会話ログは取っていないが、誰かが速記したとかなんとか言っていたような気がするので、探せばどこかに今回の記録が載っているかもしれない。ただ、やはり雑談がメインなので、生でその場で見るのが一番楽しいと思う。全然知らない作家の人でも、話を聞いてみると読みたくなってしまうから困る。次のUBBMで探してみよう
 今回わかったのは、一見さんでもとりあえずUO本を書いたり見たりした人であれば座談会は参加可能である、ということだ。そうでなくとも、少なくとも見学席に座ってる分には問題なかった
 次回は開催するかどうかすら決まっていないが、もし機会があれば行って見てはいかがか。ただ、その前にUBBMやら浮き猫さん主催の各種文学賞イベントがあるので、まずはそちらの参加を検討されるべきだが




 とりあえず、こんなところか
 書いている人間が飽きたところで唐突に終わるのも、このブログの一つの特徴だ。特にオチを考えながら書いているわけでもない。人生と同じく、終わりはその時々によりけり。もちろん、冗長であったりもする


 明日はGreatLakesのEMイベントに参加する予定。何かがある、程度にしか聞いていないのでとりあえず行って見る。月曜日までの期間限定で、配布物もあるらしい。取り損ねたく無い人はお早めに
 また、日本でも七夕に合わせて7/6にGMイベントが開催されると予告が出ていた。こちらは毎度の大食いが予想される。予告ページが既に悪ノリ路線なので参加するには気合を入れる必要がありそうだ。とにかく、胃腸薬を準備しつつ待つことにする


とにかく、シチューだけでも手に入れるため、来週は少し真面目に戦線に参加する予定のFibでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/375-43b41e86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。