やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴天なれど風強し


今回はウザスレの内容を含みます。健全なUOライフを望む方は閲覧をお控えください。







 正直、書くべきかどうか迷った。ねとらじ騒動の顛末についてである
 なんといっても他人様のいざこざだ。そんなものを書こうものなら、『ウザネタでHIT数稼ぐな卑怯者』とそしりを受けるのは必然である。ただでさえ、最近本スレに露出して目立ってしまったのだから、ここは触れないでおくのが一番の選択だと思った
 だがしかし、私の乏しいUOライフにおいてこれはとても衝撃的な出来事であり、それを書かないというのはこのブログの主旨に反する。なので、私が見知った状況をなるべく時系列で記すことにする。あくまでこれから書くことは私の主観であり、事実に反する部分も当然あると思われる。それらを踏まえたうえでご覧いただこう



 ことの発端は7/12にtwitter上でつぶやかれた、あるUOプレイヤーの一言であった。内容は、メデューサのソロ討伐が自分に可能か、という問いかけだった。誰の呟きかは騒動に関係ないので、ここでは名前は伏せる。ソロ討伐未経験で生産主体の方らしい
 これに対してとあるプレイヤーがリツイートした。Namahage_UOというIDの人だった。リツイートの内容としては、まずはソロでなく誰かと一緒に行くことを薦めるものだった
 このリツイートに食いついたのがbando_burodoというIDの人。曰く、メデューサは他のボスに比べ簡単に倒せるという内容だった


 ここで出た二人が今回の主役

Namahage_UO
 『トラメルの果てからこんにちわ』という人気UOブログの管理人。ブログ自体は最近になって閉鎖された。閉鎖理由は有名になってしまったからとか
 忍者でのボスソロ動画を撮って動画サイトにアップロードしたりもしている

bando_burodo
 言わずと知れた、晩堂舞路度氏。自称キチガイの廃人UOプレイヤー。このブログでもなんどか取り上げた
 主にウザ行為をブログ他、ねとらじ、動画で見せる活動をしていたが、ここ最近は別ゲーに移ってしまいブログの内容もUOから離れ気味


 形は違えどどちらもUO内で廃人と呼ばれる人達である。その二人がこうしてボスソロについて意見を言い合う事は、特におかしな状況ではなかった。だが、少しずつ事態は進展し始める
 まず、7/13早朝、晩堂氏がブログを更新。昨日のtwitter上のやりとりを面白おかしくまとめていた。煽り成分も多分に含まれており、これにナマハゲ氏が食いつく
 昼間の間に多くのツイートが繰り返され、話題はウザスレに書いたの書かないのという泥沼の様相を呈した。最終的にねとらじ放送内で討論することで合意が得られたようだ

 昼間の間のやりとりで、とにかくねとらじが放送されるという事がわかり、私は非常に嬉しかった。予想としては、晩堂氏、ナマハゲ氏の二人によるボスソロのやり方、考え方や戦術面での話が聞けると思ったからだ
 思えばここ最近、UOのねとらじを聞いていない。放送自体はもろもろあるようだが、いかんせん酒場やなんやらの身内の馴れ合いおしゃべり放送ばかりで、"UO"の放送しているところが無い。中にはあるのかもしれないが、とにかく私には見つけられなかった。良い放送があれば是非教えていただきたい


 話が逸れた。ともかく緊急ねとらじ放送が行われることになった
 久しぶりにらじーを起動してtwitterをみながら待っていると、ナマハゲ氏の放送が始まった。どうやらスカイプ使うのもねとらじ放送するのも始めての模様で、音声設定やらに色々手間取っていたようだ。番組名はブログと同じで『トラメルの果てからこんにちわ』だったかな

 その後、音声が聞こえ始め、会場は和国のマジンシアとのアナウンスがあり、急いで見に行った。荒地だったマジンシアは綺麗な草原になっており、復興の準備がなされていることをこの時初めて知った。会場には動物変身した人しかおらず、とりあえず私もウサギになる。そういやFibでウサギになって実況を聞くというのはBBNNの放送以来かもしれない。懐かしい

 放送内容はあまり覚えていない。その後のインパクトが大きすぎたからだ。特に内容があったとも思えない。とにかく、ナマハゲ氏がゲストを二人呼んで、経緯の説明をしていた
 ゲストの二人は山田さんとマジックさん。放送前に音声テストに付き合っていたのがどちらか。あとは、会場に来ていたのをナマハゲ氏が見つけて誘ったのであったか。あと、会場には同じく事前の音声テストに付き合っていたケミカルさんなんかもいた。皆さん有名な人らしい

 後々調べてみたところ、マジックさんは和国の人で、ニコニコ動画でUOの生配信をしている人だった。まじっくステーションというコミュニティで、なんと私も入っていた。なるほど、以前に放送を見ているらしい。きっと面白かったからコミュに入ったのだと思う。次の放送があったら見てみよう
 山田さんはブログで有名な人‥らしい。私はこの一連の騒動のおかげで初めて見ることができた


 ともかく、こうして私のあまり好きでない退屈な馴れ合いチャットが一時間弱続いた。なぜか晩堂氏が来ない。はやくあのボイスチェンジャー音を聞かせておくれと心の中で念じつつ、じれて口に出したりもした
 そしてようやく晩堂氏を召還。ナマハゲ氏がスカイプのメッセージを送ったところ、『別枠で10分くらいならOK』という返事が来たそうだ。別枠ってなんだ

 これも後から色々調べてわかったのだが、どうやら晩堂さんは自身の放送にナマハゲ氏を招待するつもりで、ナマハゲ氏もそれを了承していたとのこと。これは晩堂氏のブログに書いてあったのと、放送を再度聴いて判断した私の結論。事実がどうかは二人にしかわからない。多分、そうなのだと思うけど
 そんな訳で、この長い放送のあいだも晩堂氏はずっと待ち続けていたそうな。そしてその我慢の限界に近い怒りがナマハゲ氏を直撃した

 スカイプに呼ばれるやいなや、怒り狂う晩堂氏。キレ芸だととらえ笑う三人。会場も盛り上がった。すごいパフォーマンスだ
 だが、聞いていくうちに違和感を感じる。本当に怒ってる。あれれ、ガチだ。静まる会場。沈黙するゲスト。畳み掛ける晩堂氏の抗議をはぐらかし続けるナマハゲ氏。会場にいての正直な感想は


 居 た 堪 れ な い


 もう空気最悪です
 今回のこの展開、ナマハゲ氏の行動にまずい点が多々あった。晩堂氏を怒らせる事を承知の上でやっておきながら、いざ相手からそれを指摘されたのに返す言葉がなかったのがなんとも痛々しい。こうして後から見ると、ゲスト二人を呼んだのも数の力で晩堂氏を圧倒しようとしてなのか、などとうがった見方をされてしまう行動をとっている

 一方、晩堂氏も怒りすぎだ。正直引いた。893かと思った
 だが、これから討論しようとしている相手がなしのつぶてで散々待たされた挙句、こちらの放送にくると思ったら自分で放送はじめて、あまつさえなぜか向こうが三人という状況でラジオに呼ばれたらと考えると、一概に晩堂氏を責めることはできない。ナマハゲ氏は最終的に晩堂氏の接続を一方的に切った上で放送を続けたが、裏で晩堂氏も放送をはじめた。その中で、相手が三人ということで必要以上に声を荒げたという話もあった。確かにその気持ちは共感できる。相手が三人なら三倍でかからないとやられてしまう
 また、ナマハゲ氏が接続を切ったのは晩堂氏が謝罪として金銭を要求したことによるが、これに関しては果たしてネタなのだろうか。本気で言っているようであれば恐喝罪の文字が浮かび上がってしまうので困る。ナマハゲ氏は切断後声も震え、本気で怯えていた様子だった

 晩堂氏をキックした後、ナマハゲ氏は放送を続けた。が、もはやペースを取り戻すことはできない。sudiva討伐の話題かなんかも上がったが、放送できる状態でないことは誰の目にも明白であったと思う
 落ち着くために会場を移動したのだが、禅都のどこかの家から別家に飛ぶあたりで晩堂氏の放送がはじまり、音声プレイヤーを起動したりするのに手間取っていたら一人取り残された。なのでこの後のナマハゲ氏の放送会場の様子はわからない。放送も聴いていたが、晩堂さんの方の話を聞いていたのであんまり記憶に無い
 一方、晩堂氏の放送は割りとクールダウンしており、状況の説明を色々としていた。聞いていると、氏が今夜の放送を楽しみにしていたのであろう事が伝わってきた。廃人と呼ばれ、キチガイとそしられ、(もっともこれは自身のプレイによって得た自業自得の結果だが)UO内で孤立無援の晩堂氏であれば、たとえ意見を異にし、煽り煽られという関係であっても、ナマハゲ氏とのUOについての熱い会談を望んでいたのであろう。同じ廃人仲間としてある種の分かり合える関係をこそ、晩堂氏は望んでいたのではなかろうか
 二つの放送はどちらも23時頃に終了した

 こうして放送は終わった
 その後、7/14朝のつぶやきを最後にナマハゲ氏は普段と変わって一言もツイートしなくなり、翌々日にはtwitterのアカウントが消えていた。ブログと同じくtwitterからも撤退したようだ
 一方、晩堂氏はトラメル放送に呼ばれたゲスト二人を標的として攻勢をかけていた。7/17現在、それぞれブログやコミュニティで謝罪文の掲載にまで至っている。途中で和国金の授受があったような節もあるが、詳細は不明



 今回の騒動、結局のところ知らない人から見れば、たんなるUOプレイヤー同士のいざこざでしかない。本人達以外ではウザスレ住人が喜んでいるだけだ。晩堂氏のブログネタが増えたことは、それはそれで楽しみの一つにはなったかもしれないが
 私としては、内容のあるUOねとらじ放送が新たに誕生しえなかったことが残念だ。もっとも、前半を聞いただけだと、あまり有望ではなかったのでそこまで落胆するものでもないが。ナマハゲ氏の喋り方や性格うんぬんに関しては誹謗中傷になるので、ここではコメントを差し控える

 本騒動のメインである二つの放送はtwitterヲチスレのレス番297にアップロードリンクが貼り付けてあるので、聞き逃してどうしても聞きたい方はそちらを参照されたし


watich板:Twitterヲチスレ
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/39588/1270202565/297


 なおナマハゲ氏は失踪してしまったが、上記スレッドに本人を思わせるレスがいくらか投稿されている。どのような人がどのような意図を持ってレスをしているかはまったくの不明ではあるが、ナマハゲ節のファンの人はこちらを見ると良いかもしれない。ただ、本人を真似たファンのレスである可能性も十二分にある。匿名掲示板であることに注意されたし






 さて、メインを書いたので後は気楽に書ける
 実は昨日、もう一つUOの放送に触れた。こちらはねとらじでなくUSTREAMの動画配信であったが

 本スレにリンクが貼られ、何かと思ってみてみたところ、『ひっそりUO放送』なるものが配信されていた。配信主は"TOM"という人で、本スレでは"とむ"と名乗っていた。UO上では別の名前だったが、TOMさんでいいと思う
 内容は、透明レプタロンに対してGMがどう対応するかというものだった。本スレでGMコールしてくれる人を募っていたが、最終的には自分でもコールしていた

 透明レプタロンは、ベテラン褒章で透明騎乗生物が導入された折に、野生のレプタロンまで透明になってしまった、言ってしまえばバグアイテムの部類に入るペットである。TC鯖で事態が発覚したにもかかわらずOrigin鯖まで導入が進み、結果として一般プレイヤーが普通に所持できてしまうことになった。一般鯖には導入されずにパブリッシュ内容は修正されたが、Origin鯖で捕まえたペットがいくらか一般鯖にも転送で流入している。今回の放送はこのペットが合法であるか違法であるかをGMに問うという内容だった
 大和のニューヘイブンでいくらかの観衆の元、GMコールがなされてその内容が配信されていた(SS参照)

 結果としては『合法、非合法の判断は現在のGMはしていない。明日非合法になるかもしれない』というテンプレ回答が返ってきた。予想通りと言えば予想通りだ
 臨時HPのチャットで盛り上がったのは楽しかったが、この配信について思う事がある。それはUOにおいて配信を行うプレイヤーの質の変化だ

 今回の配信は、明らかに若い人のノリだった。変な事をしてウケを狙う、いわゆる炎上騒ぎを起こす動画によくあるあのノリだ。配信の初めは画面上に大きく『GMでてこいや』と赤字で書かれており、挑発的であった
 また、当初配信主本人でなく他の人間にGMコールするよう依頼しているあたりも、他人任せ、というと強すぎるが他者依存の傾向が見受けられる。仲間内で盛り上がりたい、その為であれば無関係な人間の迷惑は省みない、というスタンスであった
 もちろんそのような事を配信主が公言しているわけではない。おそらく意図的にもしていないと思う。だが、根本の性格に"いまどき"の風潮があるため、今回の放送内容になったと思われる。これは何も配信主特有のものでなく、ここ最近のインターネットにおける動画配信において、若い人によく見られる特徴である

 UO配信が増えるのはUOの過疎対策にもなり喜ばしいことではあるが、本音を言えば、私は今回のこの配信はあまり好ましく思っていない。今回のような質問であれば、わざわざコールする必要もなく、調べればわかる。GM資源は有限であり、できる限り使わないにこしたことはない、というのが私の意見だ。もっともお金を払っているのだからどうしようと個人の勝手だろ、という人もいるだろう。確かにそうだが、私はGM資源を公共性のあるものだと捉えている

 文句をつけたが配信自体は非常に興味深い内容であるし、配信自体も楽しかった。配信者個人にも思うところはない
 良放送かと問われれば私は良かったと答える。実際のところ、私もチャットに参加して楽しんでいたし。そしてその配信主によってまた今夜放送がある


Sudiva討伐wiki
ttp://www35.atwiki.jp/avidus/pages/1.html


 TCでのSudiva討伐が本日7/17の21時より予定されているが、この内容を配信するそうだ。私の感想がただの勘違いで、配信者が好青年であり、このブログがアホの書いた的外れないちゃもんになることを祈る



いまどき、なんて言葉を使うほどに歳をとったことを、改めて実感するFibでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/378-289527d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。