やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収穫祭の季節だが、大丈夫か?

一番いいランタンを頼む。






 そんな訳で季節はもう秋を通り越して冬となった。ちょっとUOにログインしない間にブリタニアは大きく変わっていたようだ。ほとんどが伝聞やニュースサイトを見て回っただけなので、不確かな情報が多いが、とりあえず最近のことを書いてみる



・Pub68.3導入

BNN:パブリッシュ68.3: アップデート情報 - 10/29更新
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=90119

 ハロウィン仕様に加え13周年記念のアイテムやライブストーリー用のNPC及びクエストの追加、さらにはSOS引き上げ箱の中身やHS仕様に絡む硝石関連の修正と盛りだくさんになっている
 いままさに入ったばかりということで、詳細は上記ページや他ブログを参照してもらおう

 ハロウィンは毎度のTrick or Treatに加え、今年もカボチャが湧くそうだ。なんでもログインしているキャラクターやペットの名前がついたカボチャが湧くとか。ギルドタグや称号なんかも入るようなので、とても長い名前のものもあるようだ
 中にはカボチャランタンも稀に湧くとのことで、自分の名前のカボチャランタンを探す人もいる。ログイン人数の少ない無限などは比較的楽とのことだが、それでも探すのは苦労しそう。一般鯖で見つけるには相当の根気が必要だ。ルナ銀の白BOXが自分以外の名前のカボチャランタンを入れる交換用の箱として使われているようだが、一部、鯖処理が重くなるのでカンベンしてくれとの苦情も出ているようだ。鯖ごとに交換場所もできつつあるようで、捜している人はまずそちらに向かうのもよいだろう

 また、Trickで貰えるもののなかには鉄の処女やらギロチンやらと、その筋では垂涎の内装品がある。今年もこれくらいは取っておこうと思う

 13周年のアイテムは各キャラに引換券が配られるそうだ。ギミック的に面白いのはやはり白革染めの桶か。皮染めできるのようなので、既存装備で試してみようと思う
 古時計や陳列棚なんかも内装に組み込めそうで嬉しい。しかし種類が多いので全部は貰えそうに無い。果てさて、どれを貰うべきか悩みどころだ

 ハロウィン仕様なのかライブストーリーの一環なのかよくわからないが、アンブラにヘルハウンド用のお菓子を売るNPCが追加されている。このNPCから買ったお菓子をヘルハウンドに使うと、古代ヘルハウンドという無茶強いモンスになるそうだ。倒すと血染めのサッシュが貰えるとか。戦闘好きもハロウィンを楽しめるようにとの配慮かな。しかし、そのお陰でスラッシャーエリアや霊性のベイン駐屯地が大変なことになっているらしい。近くに行く人は注意したほうがいいだろう


 トレハンの仕様変更に続き、SOSにも変更が入った。高級AFの追加や金の詰まった箱など、魅力溢れる内容となっている。ハロウィンがひと段落したらこちらもやってみよう


 ストーリーイベントの追加としては、なんでも今度はベインが真実の本の写本を求めているとか。以前にばら撒かれて集めた奴と同じグラ、いわゆるバルクオーダーブックの色違いを八徳装備と交換で手に入れるクエストだとか
 そしてその本をベインに渡すと腐敗した本に交換してくれるらしい。交換するにはベインへの忠誠度が7500以上必要だとか。以前に貯めたキャラは2500くらいまでなので、残り5000を貯めるのがしんどい。暇があったらやってみよう。しかし、これをこなせば晴れてベインとして認められるとのことなので、やっておくに越したことはない。きっと美味しい目を見れるに違いないとの予想だ


 盛りだくさんのパブリッシュでどれから手をつけてよいのかわからないくらいだ。一応、HSも遅ればせながら入れたので、硝石なんかを掘りつつ少しずつ手をつけていく事にする





・EMとEAJ

 10/23(土) 大和で日本シャード担当のEMお披露目式があったそうだ。ニジェルムの一角が華やかに装飾され、大勢の人が集まったとか。時期を前後してカボチャランタンの色を染めたりと、日本EMの活動がようやく活発化してきた
 そしていつの間にやらWebサイトまでできていた

ウルティマ・オンライン大和
ttp://yamato.uoem.net/

 どうやらEM Minilionという人と、EM Asiantomという人がyamatoの担当らしい。そしてyamato以外のページはまだできていない
 現在、このページのTOPには『ブリティン第1銀行デザインコンテスト開催』なる記事が出ている。ブリ銀のデザインを一般公募するらしい

 そういえば以前和鯖で市長選挙をやったおりに、海外鯖でもブリ銀の装飾をすべきだ見たいな話になって、向こうではムーンゲートがつけられたりボーナス入りのアーケインサークルが設置されたりと、色々装飾が行われたっけ。そしてその流れで和鯖でもブリ1銀の装飾がEMの仕事となったのだろうが、これはどうなのだろう
 一応、大和のブリ銀は市長選挙の結果タロンさんが市長となり、それによって今現在の形になった経緯がある。これはEAJが担当したものと思われる。そしてこれに対して本国直契約のEMが新たに装飾を施すということになる。ブリタニアの世界観に合わせて市長選までやって、ローカルストーリーという形で穏やかに進められたブリ銀の姿が、ある日突然、神の様な力により様変わりするわけだ。これではEAJの立場が無い
 もっとも、EAJ側としてはそれでプレイヤーが喜ぶなら好きにやってくれ、程度に思っているかもしれない。そこら辺の事情についてはよくわからない

 だがしかし、EAJ側の思惑を少し垣間見ることはできる。それはEMお披露目会のあった10/23同日にGM予告イベントをぶつけてきた点だ。なぜわざわざ被せるのか。客を減らす目的だったのだろうか
 果たしてこれが和鯖担当EMへの宣戦布告なのか、それとも鯖負荷軽減のための善意のアシストなのかは図りかねる

 というか、その日UOにログインもせずに遊びほうけていた私には、予想すらできない

 もっとも、GMイベントの方が先にスケジューリングされていて、EM側がそれを知らずにぶつけてきたという話もある。というか、GMイベントは結構前から予定を組むのが常なので、そっちのほうが可能性大か
 とりあえずGMイベントのほうは毎度の虐殺系だったと伝聞で聞いたが、そうだったのだろうか。海外鯖でやっていた画材集めの日本語版かなとも思ったが、どうも様子が違うらしい。予告を見た段階では設置NPCによるお使い系のようにも見えたのだが。一応、その後の続きが今日の21:30から行われるようなので、見に行って見る事にする

絵描きと料理人 〜ふたつのみどり〜
ttp://ultimaonline.jp/community/news.phtml?id=90109



 また、EMによるブリ銀装飾コンテストに合わせてツールの問題も浮き彫りにされた
 それはコンテストの募集要項にInside UOを参考にしてくれと書かれていた点について、プレイヤー側からEAJの示すプレイ規約に反するのではないかという指摘が上がったからだ。特にtwitter方面で色々意見が出ていた。資料館の人とか、海外EMイベントまとめの人とかの発言が目立っていた

 EAJではこれまで、UO pro指定以外、いわゆる運営側が認めていないツールの使用を禁止してきた。これは現在もそうであるが、そのUP pro指定に入っていなかったツールの使用をEMが推奨していたのが問題となった
 Inside UOというツールはいわゆる解析系のツールだ。クライアントのファイルから画像データを引っこ抜く、UOHEなどと同系列のツールとなる。‥使ったこと無いのであくまで憶測だが、多分そうだろう。で、この画像データでサンプルを作ってデザインコンテストに応募してもいいよ、というのがEMからのメッセージだったのだ。EAJが使っちゃいかんと言っているツールを使ってよいという、明らかな矛盾だ
 もっとも、これらツールを米国開発側は禁止していないのが現状であり、その現状にあっていないEAJ側の対応の不備もあって、議論が白熱したのかもしれない。FL等の明らかなハック系に比べ画像の引っこ抜きはまだ可愛いほうだというのが、開発側の見解なのだろう

 そしてプレイヤーの声に応えるべく、たったの一日でEAJ側からInside UO及びUO Cartographer が和鯖でも使用解禁となった


日本公式:「ウルティマ オンライン サービス規約」一部改訂のお知らせ
ttp://ultimaonline.jp/news.phtml?id=90135


 開発者レビューを受けたプログラム、という新しい項目が設けられている。UO proに入れずにこのような項目を新設したというのが解せない。今回の件に関してはおそらく、本国とも連絡を取り合ったのだと思う。『正式な認可はできないが、使ったって問題ないだろHAHAHA』ぐらいの適当な事を言われたのだろうか。苦肉の策、というか開発と日本運営の温度差を感じる出来事だった

 また、今後もこのようにEMの独断によりツールの使用がなし崩し的に認められていくのかもしれないという懸念が残る。UO Cartographer はUOAMの後継として機能的になんら問題はないものの、Inside UOは私の勝手な基準ではグレーなツールだ。UOデータの解析行為にあたるわけで、確か、どっかの規約で禁止されていたはずだ。ちょっと探してみたら、ちゃんとあった


>また、お客様がソフトウェア(ソフトウェアで使用される専有のコミュニケーション・プロトコルを含みます)をリバース・エンジニア、逆コンパイル、逆アセンブルすることは禁じます。

ウルティマ オンライン用EAオンライン利用規約 5. 権利及び義務 (d) オフィシャル・サービス: より抜粋


 パケットの中身を調べるなよ、的な文言はサービス規約にあったが、より詳しい方のウルティマ オンライン サービス規約ってのに載っていた。探してみるもんだ
 で、Inside UOはサービス規約の23では許されたものの、この規約に抵触するのでは、と思ったが、その記述の下に、明示的に書面で示された場合を除きうんぬんの抜け道があった。つまるところ、EA=EAJってなことになって、その上でOKが出ているのだから問題ないのだろう。こうして晴れてクライアントの(InsideUOを使っての)解析が合法となったわけである
 リスト上ではInside UOの横にUO StraticsのURLが載っており、ここから落としたものが正式に認められているInside UOとなるのだろう。だがページの下には普通にソースコードが載っているわけで、こっちからソース落として自分で勝手に書き換える人もいるだろう。より高機能版のInside UOが世に出まわることは火を見るより明らかだ。そうなった時に一体誰が責任をとるのか。これまで解析行為を禁止してきたのは、UOの裏側を見せて顧客場慣れに拍車をかけない様にして来たためではないのか。今回の件が悪い方向に向かわないことを祈る



 ツールはそれはそれでよいとして、ブリ銀装飾について考える
 まずこれは、EMの自己主張行為であることに疑いは無い。今後和鯖で活動していく前段として、その力を知らしめるためにはブリ銀の装飾はよいアピールとなるだろう。プレイヤー応募というところで、自前の勝手な装飾ではないことを主張しブーイングを回避しているのも上手い

 気になるのは、カボチャランタン染めに関してもそうだが、明らかに特定少数に対してだけEMがもたらす利益が反映される点だ。人数の都合上仕方ないとはいえ、このまま活動を続ければ、EMイベントに参加するEM好きだけがその恩恵を受ける。それが単なるGMイベントと同じミニストーリーの経験としてだけであれば問題ない。だが、和鯖のGMイベントと違いEMイベントでは時々、レアなアイテムなりの放出がある。これがプレイヤー間の不均衡を生み、ひいてはプレイヤーの減少に繋がらないかという懸念を覚える次第だ

 これまで和鯖のGMイベントでレアなアイテムを出さなかったのは、特定プレイヤーだけが優遇された場合に他プレイヤーが受けるであろう不公平感を出さないためだ。これは国民性といってもいい。横並びが好きで出る杭は打つのが日本人の昔からの習慣だ
 だが、海外のイベントを模して行われるEMイベントではそうも言っていられない。今後、ブレス属性の鋏など、ぶっ壊れ性能ではなくとも微妙に便利なアイテムの配布なんてものがないとも言い切れない。そしてそれらを享受できるのはEMによって選ばれた小数のプレイヤーだけである。このシステムを日本で上手く回すためには、やはりEAJのように日本特有のローカライズが必要だと思う。いつぞやのEAJがローカライズしたサイレントローブ配布が非難の嵐だったことを考えると、この手のイベントは根本から変えないと成功は難しいと考える

 他の人間を出し抜いて一番になりたいという欲求は誰しもある。だが、それらの努力を放棄し、ゆるゆるとしたゲームライフを送りたいと思ってウルティマオンラインを選んだ人間は、いまのプレイ人口比では決して少なくないと思う。むしろ、そういうガツガツした人はさっさと別のゲームに行ってしまっただろう。そんな日本内でのウルティマオンラインサービスにおいて、EMイベントがどのように映るか
 自分の誕生日をゲーム内でイベントとするMesannaにどれだけの人間がついていき、どれだけの人間が眉を顰めるか、注意深く見守っていく必要がある。少なくとも追放された韓国GMと同じような所業をして欲しくはないものだ。なぜ彼、あるいは彼女が追放されたのか、どうして追放する必要があったか、その理由を今一度考えた上で、EMイベントを実施して欲しいものである。少なくともEAJ管轄のGMやシーアはそこら辺をわかっていると思われる
 今後のウルティマオンラインに幸多からん事を




勝手に憂いているだけで、特に何もしないFibでした。いや、HSは遅ればせながらちゃんと入れて、売り上げには貢献しましたよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/387-35293868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。