やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計仕掛けのドラゴン


久々にUOで大笑いしたので、勢いで書きます。



 このブログではいままで散々EMの悪口を書いてきた。もちろん、EAJやGMや開発といった、とにかく目に付くものすべての愚痴を書き続けてきたような気がする。よくない事だ。なんの生産性もない
 そんな不毛で愚かな行為に終止符を打つべく、今日は楽しいEMイベントの内容をリポートしよう

 参加したのはこれ


大和EM公式:第8回 銀蛇自警団出動指令 – 恋するドラゴン
ttp://yamato.uoem.net/?p=1899


 銀蛇自警団というのは、大和独自の団体。EMが操るファントム卿の手足となって色々な事件を解決するのが通常のスタイルらしい。ワールドストーリーでも他鯖ではロイヤルガード隊長あたりの役どころを、大和だけはこのファントム卿が行う。大和EMのお気に入りキャラらしい
 今回も銀蛇自警団というタイトルなので、サーペンツホールドのお立ち台からスタートするという案内だった。開始時間の5/24 22:00に遅れないよう気をつけて現地へと向かった


 22時になるとファントム卿が姿を現した。冒険者、もとい銀蛇自警団員達は30名くらいいただろうか。Pub76が入った直後でもイベントは盛況だった
 ファントム卿はまず、近況報告を行っていたようだった。カーラの墓碑に”トリンシックのバラ”と刻んだとか、色々言っていた。恐らく前回の話の後日談なのだろう。前回も前々回も出ていないのでよくわからない。もしや一見さんお断りイベントなのかとも思ったが、

>今回は初心者向けの内容となっております。初めての方もお気軽にご参加ください。

 と案内にあったのを思い出した。恐らく今回の話とは関係は薄いのだろう。本題に入るのを待った


 そしてようやく本題へ
 ファントム卿が現れたときから、実は卿の横に赤いドラゴンが鎮座していた。ロアはしなかった、というかスキルがないのでできなかったが、名前を見る限りでは a dragon [young]とか書いてあったと思う。うろ覚え
 どうやらブリの街で暴動が起こったときに、母ドラゴンとはぐれた幼いドラゴンという設定らしい。私の目には成体に限りなく近く見えたが(というか同じグラだが)、設定上幼いという部分は強調しておいたほうがいいだろう。バリバリ肉を食っていたので、産まれたてというほどではなさそうだが

 で、なぜかファントム卿がこのドラゴンの世話をしている。説明はなかったが、恐らく前回の話でそこらへんの経緯があってのことだろう。イベント初心者は黙っていたほうがよさそうだった。にも関わらず


お宮 『野に帰してあげなよ』


 とか、すべてを台無しにするような暴言を思わず口走ってしまう初心者もいた。困ったものだ
 そして今回の話は、このドラゴンがとにかくよく餌を食べるのを解決するのが目的のようだった。ドラゴンのメタボが問題なのかだろうか
 ともかく、その大食の原因というのは

『母親と会えないことによるストレス』

 から来ていると、ファントム卿は考えたようだ。愛に飢えているそうだ
 で、そのファントム卿の独自理論から、

『愛を与えれば解決する』

 という結論が導かれたそうだ



お宮 『アホかw』



 いやいやいや、待ってくださいよファントムさん。そりゃ、そういう可能性もあるかもしれませんがね。まずは獣医にでも診せて、それからでもいいんじゃないですか。ていうか、成長期ですよね。あなた、ドラゴンの飼育に詳しくないとか言ってたのに、幼いドラゴンの一日の摂餌量知ってるっておかしくないですか


 いや、まて
 こんな瑣末な事で突っ込みを入れるのは駄目だ
 今日の私はEMイベントを楽しむために来たのだ。多くの人間がイベントを楽しむ権利を有している。もちろん私もだ。ここでイベントの目的を壊すような発言をするのはマナー云々ではなく、ルール違反だ。そう、私はルールを守る。オール・ハイル・ブリタニア!


 引きつった笑いを浮かべながら話の続きを聞いた

 ファントム卿はどうやらスーテック先生とも面識があるようだった。あのダンジョンアビスの奥で狂ってる魔術師だ。だが、どうも大和EM公式HPの予告を見た限りではまともに会話が成立しているようだった。同じ名前の別キャラだとばかり思っていたら、普通にアビスのスーテックのことだと言うのでビビった
 どうやら大和のスーテックはまともな人らしい。いや、岩本虎眼のように正気と曖昧を行ったり来たりしている設定なのかもしれない。ここら辺も前回とか出ていれば状況が把握できたのかもしれない。初心者はとにかく黙っているしかない

 とにかく話は進み、ファントム卿は幼いドラゴンへ愛を与える方法を語った。曰く、スーテックの機械レシピで機械仕掛けのドラゴンを作って幼いドラゴンにあてがおう、とのこと。母犬を亡くした子犬にAIBOをあてがおうというののブリタニア版だ
 で、その機械ドラゴンの材料というのが特殊な材料のほか、以下のものが必要とのこと




N革: 100枚くらい?

white wyrmの鱗: 50枚




お宮 『お前は鬼かーーーーーー!!!』(心の叫び)



 ってかなに、意味がわからない。幼いドラゴンの愛を満たすために白いドラゴンには犠牲になってもらいましょうねって、いや、え、なに、冗談ですよね

 『幼い柴犬のためにAIBOを用意しました。外側は狼の生皮5,6匹分でっすw』

 とか、もうありえん。大爆笑
 笑いすぎてこれ以上頑張れそうになかったので、団員達がゲートで移動するところでそっとフェードアウトした。いやはや、凄かった




 さて、レポートと言いながら中途半端に終わってしまった
 もっとも、この手のイベントは最後までちゃんと参加した団員さんたちがせっせとポイント貰う為にレポートを書いてEMサイトで公開してくれてるそうなので、顛末はそっちを見てもらえばよいだろう
 今回の話も、ちゃんと銀蛇団シリーズを通して参加している人には納得のいくストーリー進行なのだろう。と思う。そうであって欲しい


 今回のシナリオフックである愛を求めるドラゴンという設定も、ともすれば私のように発想の貧困な者であると『野生に帰すための方法を模索する話』とか『人に害を及ぼす危険があるために処分するかしないかで揉める話』といった、つまらない物になってしまいがちだ
 それを、このような話に膨らませるEMの手腕は見事なものだ。発想が飛びぬけている。とても私のような凡人には真似ができない


 また、EMイベントというシステム自体の良さも再認識した。TRPGでは一旦卓が立つとある程度はGMの作ったストーリーに沿った進行を余儀なくされる。せっかく集まったし、GMも苦労してシナリオ作ったのだろうという人情によってセッションが続いていく
 だが、明らかに導入がおかしくキャラクターが動く必然性も、選択肢の合理性もないとわかればEMイベントは個々の判断で途中退場することができる。EMイベントのこういう所が良い
 確かEMが導入されて一年位経ったころだったか、『もうEMイベントは好きにやってくれ』というスタンスになったが、いまこの時点では『とにかく導入だけは見て笑って帰る』という新たな楽しみ方を発見した。また一つ、私のUOにおける楽しみが増えたのだ


 あと、ファントム卿がゲートに入る前に言っていたが、今回のシナリオは初心者向けと書いてあった件については『EMイベント初心者向け』であって『UO初心者向け』ではないとのことだった。そう書けばいいのに書かないのは理由があると思うので深くは掘り下げないが、ともかくUO初心者の人はUOに慣れてからEMイベントに参加すべきだろう
 もっともこれは大和だけの話かもしれないので、他鯖はそれぞれの案内をみて判断して欲しい。私はUO初心者ではないがEMイベントは初心者なほうだ。今回の(EMイベント)初心者向けのイベントでも導入を素直に受け入れられなかった。つまり私の理解力や前情報の収集力に問題があったので、もう少し力をつけてから参加することにする


 今回のイベントで惜しむべきは、SSを一枚も撮ってなかったこと。もったいないことをした
 代わりに昔、ML導入時のGMイベントでユーのハートウッド村へのゲートを開くためにひたすらクリックしまくったクリスタルの土台がいつの間にやら引っぺがされて、誰のものかよくわからない家が建っていた大和ブリ城前の絵を載せておく。どうやらここもファントム系列に買収されたようだ



Pub76が入ってからコブトスが盛況なようなので、週末あたりにでも行ってみようと思っているFibでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/406-77d2f3bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。