やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルロワイヤル on ブリテイン


昨日と今日で二つのイベントに参加しました。


 まず昨日、突然めりまに北野先生から告知が入った

「これから、みなさんには殺し合いをして いただきます」
 ウルティマオンライン バトルロワイヤル



 おおおぉ



 楽しそうなイベント発見。さっそくヘイブンの八徳学校へ赴く
 現地では既に参加者らしき人間があつまっていたが‥


 全員 裸(ら)


 今回のイベント参加条件が、装備を含め持ち物すべて禁止とのこと。教室の入り口で参加したくとも躊躇する人もいた。お宮は‥




 自宅も銀行もセキュア限界です(ToT)


 頼まれれば裸でブリ銀前走り回る事も平気なお宮なのだが、バックパックの中のルーンブックや雪玉の山をどこにも置けない。場所の関係上、最終的に装備は銀行に預けたいのだが、すでに120を超えるアイテムがぎっしり詰まっている。時間も押しているのでこれからセキュア整理など無理。今回は諦めて見学するかと教室の後ろで待っていたが‥



 やっぱり参加しないことにはイベントは楽しめない!


 チャレンジ精神は大事だ。というわけでフェルナンド起動。最近は本の量産だけをする作業員になってしまったが、まぁなんとかなるだろう。お宮以上に扱いの酷いキャラだが、こういう時には重宝する
 なぜかゴキに乗っていたが厩舎は満杯。なので野生化してもいいやと裸のままゴキに乗ってヘイブンの街に降臨。変態丸出しだ。フェルナンドの貸し金庫もセキュア上限ギリギリ。RBをなんとか詰め込んで学校へ走る
 教室の中ではすでに先生の説明が始まっていた
 実直な生徒を演じつつ、ゴキを教室の隅に待機させ、席につく。裸のフェルナンドに与えられたのは黒い服と青いスカート、それに靴だった。そして北野先生の説明が入る


北野「これから、みなさんには殺し合いをしていただきます」
生徒「おぉ」


 ざわつく教室。いいねー、この台詞を聞きたかった
 すると、一人の生徒が席から立って文句を言う

国信「やってらんねー」
北野「コラー」

 焼死する国信



 さいこー


 はい、BR好きです。映画も原作も好きです(映画の2は微妙)
 色々頑張って再現しようとする所が好感触。北野先生という事は、映画版をオマージュするつもりっぽい。そしてBRギルドに所属する
 話の展開を期待しつつ待っていたのだが、そこで会話が途切れてしまう
 おかしいなと思っていたら‥


 コネロスしてる!


 急に回線の調子が悪くなったようだ。急いで再ログイン。しかし、先生の説明はすでに終わり、これから出されるゲートに入る事になっているっぽい。状況が不明だ
 私語はいかんと思いながらも、周りの人に聞く。ゲートをくぐる前に袋を渡され、その袋の中に説明が書いた本があるらしい
 一人消え、二人消え、そして最後に残ったのはフェルナンドだった


フェルナンド「楽しくなってきやがったぜ!」


 暴言を吐いてゲートをくぐる。場所はブリテインの中央広場のようだ
 本の内容は

・基本、アイテムは渡されたもの&敵から奪ったもの以外は使用禁止
・ただし、沸きアイテムは拾って使用可
・NPCからの買い物禁止
・スキルは何を使ってもよい

 そしてギルドメッセージで北野先生からエリアの告知が入る。めりまに掲載されたMAPによると、このゲームはブリ西地区(ブリ1銀を含むブリテイン市内で河をわたらない範囲)だった

 しかし、開始早々ブリ1銀に集まるように指示される。どうやら本を貰ってない人がいたようだ。ブリ銀前で整列して本再配布後、仕切り直してゲートをくぐる。ゲームの開始だ



 フェルナンドが貰った物は  「ナイフ」


フェルナンド「いいねぇ。血を吸いたがってるようだ」




 まぁ、タク、アナはもとより武器スキルなんて皆無なのだが、なんとかなるだろ。人間なのでスキル値20の最低保障があるはずだ
 フェルナンド唯一の得意技ハイド&ステルスでブリテインを歩き回る。普段見慣れた街が、いまは戦場だ

 時々追いかけっこを見かけるが、どうやら追いかけているのはいつも同じ生徒だった

 INUNABE

 名前からしてヤバイ。どうやらLTワンドを所持しているらしい

フェルナンド「触らぬ神に祟りなしだ」

 フェルナンドはコソコソと隠れたままその場を後にした。その後、適当な人間にアタックしたが、みんな逃げられてしまう。というか、こっちがやられそうになる場面の方が多かった
 INUNABEのLTワンドチャージを減らそうと1、2回アタックをかけたが逆に追い詰められてしまう。なんとか銀行の中へ逃げ込んで扉を閉めてハイド。視線チェックが厳しい

 で、小一時間ほどたってかなり人も減った。ほとんどの人間がINUNABEにやられたらしい。当初LTワンドと思っていたものは、実はただの花火ワンドだったらしい。だが、歴戦の傭兵INUNABEによって花火ワンドは、人間を殴り殺すに足る凶悪な武器と化した。死んだ生徒はブリ銀前で蘇生してもらって並んでいる。そこに余裕綽々のINUNABEがいた。まったり北野や生徒と話している。一矢報いなければならない


フェルナンド「死ね!」

 フェルナンドの振り上げた銀色に光るナイフは、たしかにINUNABEの胸に刺さった
 ‥はずだった。だが、流れる血をものともせずINUNABEの放つ横殴りの一撃に、フェルナンドの体は吹っ飛んだ

フェルナンド「やべぇ」

 逃げるもあっという間に追いつかれ、脳天直撃セガサターン(古い)
 灰色の世界でINUNABEの「びびったw」の言葉を聞き、とりあえず満足。直球の言葉は人の感情を強く揺さぶるのだ


 その後、INUNABEがガード死というハプニングがあり、Isenokamiが優勝という結果に終わった。楽しいひと時だった



 で、このイベントはまだ試作段階らしい。今回の結果を叩き台にして試行錯誤を繰り返していくであろう。意見もめりまに投降して欲しいと言っていたので、少し考えてみる

・エリアについて
 今回は9人の参加者で行った訳だが、エリアは丁度いい広さだった
 参加人数によって調整するべきであろうが、当然徒歩となるのであまり広すぎると生徒同士が遭遇しなくなってしまう。ブリ全体だとかなり寂しい結果になっていたかもしれない

・ゲーム時間について
 今回は明確に何時までというリミットがなかった。うまく最後の一人が決まったからよかったものの、あれ以上やっていたらダレていただろう

・スキルの制限について
 使用できるスキルに制限は無かった。おかげで自分の持てる力をいかんなく発揮できた。持ち物の制限があるため、スペルブックが必要なスキルはまず使えない。戦士系に優遇されているが、一度魔法が使えるようになると、それだけでメイジ有利が確定してしまう。難しいところだ

・持ち物制限について
 配給品以外使えないというのは良いと思う。しかし、武器スキルのマッチングか勝負の分かれ目というのは、今回の結果を見てもよくわかった。生産職はまず生き残れないだろう

・勝利条件について
 そもそもこのゲームの勝利条件があやふやだ。元になったバトルロワイヤルでは脱出の可能性があったからこそドラマが生まれた。最後の一人になるまで戦うという条件だけでは、参加者は戦士キャラに限られてしまうだろう。これはどうにかなるものだろうか
 あと、一発逆転の要素がないと、ただのハイド生産職人などは隠れただけで終わってしまいそうだ。派閥の罠などを利用するか、MPKができる場所でやるべきなのだろうか

 ここまで考えてみて思ったことは







 戦闘だけを楽しむなら、Fで仮想すりゃいい



 そもそもUOは対人ができる仕様なのだ。現在も大和は対人が活発だ。他のシャードに比べれば活発だと聞いている。三国志やオクローでの仮想などもやっているらしい。派閥システムを利用して、Fでやるのもいいのではなかろうか。このイベント自体、対人の魅力を知ってもらおうという対人系の人の勧誘だったのではないかと思い始めてきた。最近の対人は敷居が高いと聞きいままで敬遠してきたが、せっかくUOをやっているのだから、とりあえずいつかはそちらの方も楽しんでみたいものだ
 で、バトルロワイヤルに近づけるとするなら、先生を倒したら終了、本部を選挙したら終了などの条件を事前に伝えるなどが考えられる。あとは舞台をスカラにしておいて島から脱出できたら終了などもいいかもしれない

 ともかく、段取りが悪かったと主催の人が謝っていたが、イベントをやろうというやる気自体に拍手を送りたい。なにかいい案が浮かんだらめりまに投降してみよう


 昨日の話だけでいっぱいいっぱいになってきたので、今日のGMイベントの話はあした書く事にする。覚えていればいいが‥


ともかく早く寝たいお宮でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/70-00f14539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。