やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イベント目白押し


なんか、イベントが多すぎです。



 昨日眠くて断念した、木曜日夜のGMイベントの話から


 その日は生産キャラでバルグ整理をしていた。バックパックが証書の山で埋まっているところでIRCが鳴り出す。レナルドが発信したらしく、紫ネームがブリ銀前にでたようだ。とうとうInuイベントが進むのかと期待を膨らませながら、とりあえず自宅に戻りログアウト。イベントキャラのお宮で再ログインする
 何故か動きが遅い。試しに歩いてみたところでコネクションロスト。ん、いま画面の隅に赤ネームが見えたような‥

 頑張ってなんとか再々ログインすると、あぁやっぱり灰色の世界
 どうやらブリガントが沸いていたようだ

 とりあえず野良ヒーラーを探すが、こんな時に限っていない。いつもは堂々と人の家の階段を登って、リクライニングチェアーでダラダラしてるぐらい図々しいのに、どいういう事だ。仕事しろ。
 焦りながらヒスロス島をひた走る。ジャングルは木が被りまくりで走りづらく、加えて灰色なので遅々として進まない。そしてなんとか、画面端に青字発見


――― か、河が!

 大河が行く手を塞いでました(ToT)
 いつもならテレポートなりシャドウジャンプで超えれる河も、いまは越えられない壁として目の前に立ちふさがる障害だった
 回り道するより別のヒーラーを探した方がよいので、方向を変えて走る。そしてなんとか蘇生&死体回収
 そして近くにいたブリガントを土エレ先生で成敗。しかし、棺桶の中にルートされた装備はなかった‥。秘薬低減の胴鎧がない‥。さらに色々つっこんでおいたバッグもなくなっている!


バッグに入っていた物
・酒ピッチャー×5
・派手な色の椅子
・アーケインジェム(EBI酒場用)
・雑記用赤本
・魔導レイピア
・地味色魔導ロングソード
・木盾
・秘薬低減皮鎧セット
・渋い色のマント



 あー、冒険者セット取られたー


 冒険者セットとは、最近お宮が着だした「いかにも古臭いそこらのNPC傭兵っぽい皮鎧装備セット」の事である。冒険者の気分を出す為に使うものである。要はコスプレ。ただし、魔法が使えないとダルイので、秘薬低減は100%になるようにしている。‥‥いた
 別に揃えるのは苦ではないが、なんというか大切な物を失ったような気分だ

 しかし、悲嘆にくれている暇は無い。こんな事をしている間も、刻一刻とイベントが進行してしまっているのだ。ともかく代えの装備をつけてブリ銀前にリコール。人が集まっているので、まだ移動はしていないようだ。イベントの邪魔をするのも悪いので、レナルドとパーティー組んでチャットで状況を教えてもらう


 GMイベントの内容は以下の通り

『少女レオナは占い師を目指している。占いをする為には3つのアイテムが必要だが、それがわからない少女はブリ銀にいる人に聞きに来た』
『本に書いてある三つのアイテムは、木の器、キレイな数珠、落ちる水』

 すでに木の器は誰かが用意したらしい。ウッデンボールが少女の足元にある。さらに数珠についてもネックレスかビーズだろうと当たりをつけた人が用意したようだ。とりあえず数種類持っていく様子。ここら辺から参加した
 最後の落ちる水は『滝だろう』という事でトリンシック西のペンテッドケイブ入り口へゲートが出る。レオナと見物者は移動

レオナ「落ちないかなぁ。パシャパシャ」

 しぶきを集める殊勝なレオナは、ネカマの鏡のような演技をしていた。見習わなくてはならない
 数珠がネックレスかビーズなのかわからない少女に対し、「やってみればわかるよ」とのGM願ったりの意見が出た所で、いざ占い挑戦タイムとなった
 ネックレスを使ったところ不発だったので、ビーズを使うことにした。そして宴がはじまる


レオナ「えーとぉ、なんか、いっぱいある瞳がウィンクしてる‥」

 見学者からどよめきが漏れる。なんか怖い
 そして次の瞬間




 ゲイザーが沸いた





 どうやら今回の趣旨が見えてきた

 【レオナ占う】 → 【現実に起こる】

 そして占いの結果はどう転んでもモンス沸き^^;
 あれれ、この上まだ何かを失えと言うのですか

 しかし、イベントは粛々と進行していく

 【林が見える】 → 【リーパー沸き】
 によって、場所が狭くなったのでちょっと移動。誰かさんが(多分JETさんあたりだ)追加のビーズを調達してきたので、まだまだ占いは続きそうだ。このノリは危険な気がする

 そして次誰か占って欲しい人はいないかという問いかけに、レナルドの目が光った

レナルド「みや、占ってもらえば」

お宮「‥‥‥‥」



 ここで断るのは、あきらかに場の雰囲気を壊す。えーい、毒喰らわば皿までじゃ


お宮「お願いしマース」

レオナ「女性の方ですね」

お宮「‥‥‥」


――― いえ、ついてます

 などと言ったらどうなる事やら。個人的には
 『心は男でも体は女です』
 と言いたかったが、ここは自重してハイと素直に答えてみた

 で、何故か恋愛占いになったらしい。好みのタイプを聞かれた
 ここでお宮は考えた。ゲイザーからきてリーパーになっている。次はもう少しランクアップが必要だ。ビーズの数は残り3つ。最終的に古代竜とは言わずとも、黒閣下あたりの絵が欲しい。なので次のターゲットをリッチ一本に決める


お宮「好みのタイプは、お金持ちです」


 出会いが無いとかウンタラカンタラ言っていたが、GM側に沸きモンス選定をしてもらう為に、時間を稼いた。向こう側がどういうインターフェースか知らないが、ある程度時間的余裕があったほうがいいだろう。果たして‥


 リッチ沸ききたー (SS参照)


 自分で自分を褒めてあげたい気分だ。いや、たまたま次の用意していたモンスがリッチだったのかもしれないが、これはかなり気分がいい。ロールプレイとしてがっくりしている発言をしつつも、今日の仕事は終わった感で見物人の輪に戻る

 その後、期待したランクアップはなくハーピーと氷蜘蛛が沸いただけ。今回は虐殺系ではなかったようだ
 少女の読んでいた本が占いの本でなく、人に呪いをかける本だという落ちがついた。しかもその本はライキュームからパクったものらしい。こっそり図書館で本を返したところでイベント終了。ひねりのあるシナリオ進行で、楽しめた。最初から参加できなかったのが、唯一の心残り



 昨日GMイベントがあって、今日はコンパニオンフェア。開催地は出雲、倭国、瑞穂らしい。お宮とは別の野次馬キャラで出雲のフェアを見学しにいった
 しかし、他の事をやりながら画面を見ていたので進行が分からなくなってしまう。放置状態で見ていたところ、一人シニアコンパニオンが会場に残り、近場の人とおしゃべりしている模様。とりあえず混ざってみる
 シニアコンパニオンであるエレクトラさんの話し相手になってたのは大和で見かけるdoさん。どうやらdoさんもコンパニオンらしい。そういえばプロフを見たような気がする。コンパニオン同士話が弾んでいる様子だったが、暇なのでしゃしゃり出て喋ってみた

 結果、出雲の伝統ある挨拶が

 「のなのなぷー」

 である事がわかった。プリン好きのシニアコンパニオンの言う事は絶対だ



――― 出雲独特のノリなのか、コンパニオン特有のアレなのか、そこは触れてはいけない気がした


 あと、大和か出雲へ引っ越したという人が話しに混ざってきた。裏切り者扱いしたところdoさんに「コラー」と怒られた。ごめんなさい、最近黒ゴルァの影響で毒舌っぽくなってる。まぁ、クリプレ貰う為に和鯖全部に限界までキャラ作ったので、私自身大和オンリーという訳でもないのだが^^;

 ともかく、明日の大和では21時からフェアが開催されるとdoさんが口を酸っぱくして言っていた。言われなくても、イベントには飢えている。なので楽しみにして待つことにしようじゃないか



Pub40が入ったようなので、とりあえず徳クエストでマントと盾の両方貰っておこうと思うお宮でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/71-f31812ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。