やっぱりフェルナンドのUO日記

ウルティマオンラインに関する雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリ銀お宮 危機一髪


本当ならば今頃、私はコッタン&ノエル結婚記念用の小話を書いているはずでした。






 衝撃的なことが2点あった。それまでの経過を含めてここに記そう

 今日も今日とて、ブリ銀前でダラダラと立っていた。珍獣指定されてそうなKAGEやandと仲良くしゃべっている姿は、はたから見ればその仲間だろう。オスタで立っているのもおかしいと言えばおかしい。なんでオスタで立つようになったかは、忘れた。多分、イベントの時にすぐにブリ城へ走るためだったような気がする
 そして珍奇発言の連中とのおしゃべりがひと段落したころ、おめでたい名前や音楽の名前や怪しい商人がやってきて、また井戸端会議がはじまった。もう、UOはチャットソフトと化しているような気がする。一日一回のトレハンが唯一の救いか

 その会話中で、きたるコッタン&ノエルの結婚式で渡すお祝いの品をどうするかという話題が出た
 お宮が「エロ本」を書こうとしたが止めた事を伝えると、みんなが一斉に引いた。正確にはチャットHのHowTo本を書こうとしたのだが、垢BANが怖くて止めたのだ。だが、どうやら実行しなくて正解だったらしい。そしてこのままでは本当にピンクのフルエプロンになりそうだと言った所、ジャズさんから「部屋に飾れるようなものでいいんじゃないか」という、貴重な提案があった。さらに黄色い花なんかどうだろうという話になり、お宮はひらめいた


――― 黄色っつったらハンカチだろ!


 そう、幸せの黄色いハンカチだ。これはいい。別にコッタンは刑務所に入ってるわけではないが、入るかもしれないその時の為にいまから送っておいて問題なかろう


お宮 「黄色いハンカチ百枚にする!」

ジャズ 「セキュアがもたないんじゃw」


 まったくもって、正論である
 なのでスタックするものを思い浮かべたら、オイルクロスというナイスアイデアをまたも閃く。これはいい。そこらで拾えそうだし

 お宮が新郎新婦にゴミを送ろうとしているのを見かねたジャズさんが、HQオイルクロスというパッチレア?なものを渡してくれた。よかった。なんとか格好がつく
 さらに、お宮が素敵な言葉を添える為の本を書くと言うと、ヘイブンの初心者クエで特殊色の本が貰える事も教えてもらった。至れり尽くせりじゃ

 1キャラ1回しか貰えないとの事なのでフェルナンド起動。こういう時に本当に重宝する。いつ消してもスキル以外おしくないキャラというのは貴重だ。スキルもソウルストーンの欠片で回収できるだろうし、本当にフェルナンドはいつ消えてもおかしくない
 そんなフェルナンドが自宅に姿を現すと、ちょうど通りかかった人が家の中を覗いている。不審人物だ

 だが、声をかけたらただのお客さんだった。一応、自宅にベンダーは置いてある。捨てるに捨てられないゴミを入れているので、中の物はバルグ以外すべて500gp以下。当初の予定では人気のベンダーにするはずだったが、もう完全な「有料追加セキュアボックス」だ。他人様が買い求めるようなものは、まずないだろう
 当然その旨を伝えてヘイブンへリコ。こっちはお客にかまっている暇などないのだ
 ヘイブンの魔法屋二階でクエは受ける事ができた。あらかじめ持っていったリコールの巻物5本が黒い背表紙の本になった。ただの本より気持ちがこもってそうに見える。OKOK

 ホクホク顔で戻ってきて本を戸棚にしまう。本はあとで書くとして、包みはどうしようか。お宮でログイン後、セキュアを物色。確かプレゼント用の箱がどっかにあったハズだが‥
 無意味に作った忍者セットをベンダーで売るとき、黒くて分からない為にBOXでセット売りにしたのを思い出し、ベンダーを覗いてみた



――― ん、なんかベンダーの中身が少ない


 はじめはバグで、中身がロストしたのかと思ったが、良く考えればこれはベンダーである。という事は







 売れてます!





 いやー、まさか売れるとは思わんかった^^
 何が売れたかすらわからん状態だったが、唯一判明したのはお宮がダイナマ用に書いた本のバックナンバーがそれぞれ一つづつ売れていたという事。これ買う人いたのかぁ。販売しといてなんだが、びっくりである

 で、自分の書いた本を取り出して読み返してみる
 なんとも恥ずかしい文章だし、いまさらながらに誤字とか見つけて焦ったりもした。ただ、一点気になるところが


 以前、コッタンのお嫁さんになるノエル女史を「どこかで聞いた名前な気がする」と書いた記憶があったが‥




 お宮の書いたUO小説で、バリバリ名前使ってた


 それは、第一回大和ダイナマーケットで販売した「ヘイブン鍛冶屋危機一髪」という話。第一回という事もあり、かなり適当に書いた奴だ。一ページ目から

『私の名はNoel。』

 とか書いてる。そして小説の中では、このような暴言が書かれていた



『ってか、お前 Noelとか変な名前 つけてんじゃねーよw それで鍛冶屋のつもりかよ 調子のってんじゃねーぞw (中略) なんとか言ってみろよ ヘタレがwww』






 速攻でベンダーから在庫を撤去しましたm(_ _)m


 し、しかし、今日一冊売れてもうた。あー、なんだこりゃ。こんなもん見つかったらニジェルムに入れん(ToT)
 一応、あとがきで全シャードのNoelさんに謝ってるから、勘弁して欲しい

 しかし、なんでノエルって名前にしたっけかなぁ。ブリ城の中で適当なNPC名を探した記憶がかすかにある。話のオチでNPC名と被ってないとならなかったので、しかたないと言えばしかたない
 まー、そんなに売った覚えもないし、このまま闇に葬り去るのがいいだろう

 あと、上記の本は出来も悪いので、二度と販売するつもりは無い。どうしても読みたい人は‥‥諦めてくれ



思わぬところで思わぬ出会い。UO小説って本当にいいものですね〜
では、また〜
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tumitovatu.blog.fc2.com/tb.php/90-6a39d89a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

予約宿名人

 | ホーム | 

FC2Ad

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

リンク

プロフィール

Fib

Author:Fib
大和を中心にちょぼちょぼ活動してます。

月別アーカイブ

GameTime

 

Copyright
(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。